FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座

はじネコ
FXって聞いたことあるけど全然やり方がわからない!
せんせえ
ご安心あれ!このサイトはキミのような初心者くんがFXで失敗しないためのお助けサイトだよ。

このサイトでは、FX(外国為替証拠金取引)の始め方・勝ち方を初心者向けにわかりやすく解説していきます。投資で成功するための基礎知識やなぜ失敗するのかも併せて説明します。

副業や投資としてFXに興味があっても、実際にやったことが無いとどんなものなのかよくわからないですよね。

FXを始めるにはいくら必要なのか、安全なのか、どれだけ儲かるのか、損するのか。

今やFXは、主婦や学生でもスマホ1台あれば始められて、資金も1万円程度の少額からスタートできるお手軽な投資になりました。

FXでうまく資産運用ができるようになると、日々の生活を少し豊かにするところから、FXを仕事にして大金を掴むまでガラッと人生を変えることができます。

私はFX歴10年以上になる専業トレーダーです。今でこそFXで稼いだ利益のおかげで自由な暮らしができていますが、トレードスタイルを確立して勝てるようになるまで何回退場したか数え切れません。

FXを始める前にこのページを読めば、初心者でも着実に勝ち組トレーダーへとステップアップしていけるでしょう。

FXとは何か?

FXとは、「Foreign Exchange」の英略です。日本語だと「外国為替証拠金取引」と言い、外為と略されます。

円・ドル・ユーロ・ポンドなどの為替を交換(両替)して、売買差益を狙う金融商品です。

もっと簡単に言うと通貨がこれから高くなるか(円高)、もしくは安くなるか(円安)ということを予測する投資です。

FXは投資の中でもかなり手軽に始めることができるので、投機やギャンブルのように考えてしまう人もいますがそれは違います。

正しくリスクをとり、それに見合ったリターンを得る投資行動です。運否天賦ではなく、日々の相場の努力が結果を分けます。

参考記事FXとは何か?仕組みを投資初心者向けに簡単にわかりやすく解説

FXのメリットとデメリット

レバレッジで効率的に投資ができる

レバレッジ

FXは最大25倍までのレバレッジをかけることができます。

レバレッジはよくテコの原理に例えられます。

もしあなたの口座資産が10万円なら、レバレッジをかけることで25倍の250万円まで通貨売買が可能になります。

これにより、少ない資金でも大きな利益を出すことが可能です。

ただし、得られる利益の額だけ損失も出る可能性があるということをしっかり理解しておきましょう。

24時間トレードできる

FXは世界中のどこかの市場が開いていれば取引ができるので、平日でも24時間トレードができます。

株取引だと9時から15時までしか取引できないので、学生やサラリーマンなど日中忙しい人では短期売買ができません。

FXなら仕事終わりの夕方や深夜など空いた時間にいつでもトレードすることが可能です。

スワップポイント(金利)を受け取れる

スワップポイント

現在、日本は預金してもほぼ金利が付きませんが、オーストラリアやニュージーランドなどは高い金利(利子)が付与されます。

FXでは保有する通貨に応じて、スワップポイントとしてその金利の差額を毎日受け取ることができるのです。

ただし、金利差は長期的に見ればいずれ逆転する可能性もあることを覚えておきましょう。(金利変動リスク)

 

どれくらいのリスクがあるか

FXは他の投資と同じく元本保証されません。損をする可能性があるということです。

何も考えずに適当にトレードをしていては、ほぼ間違いなく資産は減っていきます。

リスクを極力抑えて大きなリターンを得られるようにしっかりと勉強しましょう。

FXの損益計算

では、実際にどれくらいの金額が上下するのかを見てみましょう。

10万円の元手で米ドル/円を1万通貨買ったとします。

1万通貨のポジションを持った場合、米ドル/円が1円上下すると、損益は10,000円上下します。

米ドル/円の1日の平均値幅が約1円です。

つまり1日の底で買って、天井まで持つと1万円の利益です。

逆に天井で買ってしまい、底まで下がると1万円の損失となります。

FX初心者はレバレッジ設定を低めに抑えるべき

この例だとレバレッジは約10倍になりますが、個人口座の最大レバレッジは25倍なので、持つポジション量次第でもっとリスクを取ったトレードや、逆にリスクを抑えたトレードも可能です。

レバレッジを高めるほどリターンは大きくなりますが、当然リスクも高くなります。トレード損益の振れ幅が大きくなるということです。

最初は高くてもレバレッジは約10倍まで、つまり10万円の資金につき1万通貨くらいまでにとどめておくことをオススメします。

せんせえ
レバレッジは自分で調節するものです。どこまでリスクを許容できるかでリターンも変わります。

ロスカットでリスク(損失)は限定される

FXには、あなたが有り金を全額溶かしたり、含み損で借金になる前にポジションを強制決済するロスカット証拠金不足を防ぐためのマージンコール(追証)というシステムがあります。

ロスカットがあるおかげで、どれだけ失敗しても基本的には入金した以上に損をして借金になるようなことはありません

ロスカットは証拠金維持率が一定以下になると強制執行されますが、設定基準はFX会社によって異なるので必ず確認しておきましょう。

はじネコ
最悪の場合でも必要証拠金の額は残るということですね。

 

少額から始める手順

FXの始め方には次の3種類があります。未経験者には、少額かつ低リスクで始められる1000通貨単位の取引をおすすめします。

始め方 リスク 目的
デモトレードから始める なし 取引ツールの使い方を確認する
少額(1,000通貨)で始める 実際の取引に慣れる
10,000通貨で始める FXで稼ぐ

FXの練習ならデモ口座でデモトレード

多くのFX会社には、仮想のお金でFXの練習ができるデモ口座(バーチャルFX)があります。デモトレードは、取引ツールやスマホアプリの使い方を確かめたり、FXの仕組み自体を覚えるものです。

全く投資経験のない初心者は、新規注文・決済注文のやり方、売りから入る空売りの意味など、実際に使ってみないと理解しづらいので、デモトレードで確認しておきましょう。

参考記事FX初心者はデモトレードで練習しよう!

しかし、デモトレードには落とし穴があります。実際のお金で取引しているわけではないので、デモトレードの感覚でリアルトレードに移って損をする人が非常に多いのです。

そのため、投資初心者は少額の1000通貨単位からFXを始めることをオススメします。

少額取引なら資金4000円〜1万円で始められる

FXは1,000通貨単位という少ない取引単位なら、1万円準備すれば十分に実際の取引を始めることができます。

1,000通貨の取引では、一度の取引損益は200〜1000円程度の非常にリスクの低いトレードが可能です。

取引自体は4000円〜5000円あれば始められますが、その場合、証拠金維持率に全く余裕がなくすぐにロスカットされてしまうため、最低でも1万円は用意してください

少額投資で取引経験を積むことで、FXに慣れて長期的に利益を出していくことができるようになります。1000通貨単位に対応したFX会社は次の記事で詳しく紹介しています。

1通貨、100通貨、1000通貨単位比較!FX少額取引業者おすすめランキング

この記事では、1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者を教えます。 人気のFX業者を徹底比較し、現役トレーダー100人の口コミを元にランキング形式でご紹介します。 …

続きを見る

本気で稼ぐなら10,000通貨単位で取引

FXで実際に稼いでいこうと思うと、1万通貨以上の取引をする必要があります。

1万通貨の取引なら、元手は最低10万円準備すれば1日に5000円〜1万円の利益を出すことも可能です。

すでに投資経験がある人は1万通貨で始めて、FXで稼ぐことを目標としていきましょう。1万通貨以上のデイトレードで稼ぐ本気のFX会社は次の記事で詳しく紹介しています。

FX口座おすすめランキング!初心者向け業者比較【プロトレーダー監修】

この記事では「FX初心者がデイトレードで利益を上げるために最もおすすめの口座」を教えます。 プロトレーダーが人気のFX業者を比較し、さらに現役トレーダー100人の口コミを元に…

続きを見る

 

初期資金はいくらから始めるべきか

いくらの元手から始めるかは人それぞれ懐事情が違うので、金額も異なります。

一般的には初回入金額は10万円〜100万円くらいでスタートする人が多いようです。

しかし、FX初心者はいきなり100万円などの大金からは始めずに、少額の資金から開始すべきです。

参考記事FXは資金いくらから始める?

FX初心者に少額スタートをおすすめする理由

初心者が少額から始めるべき理由は、最初はほぼみんな失敗して資金を大きく減らしてしまうからです。

そのため初期資金としては、あまり大きすぎず、かつ真剣にFXができる金額、10万円〜30万円くらいをおすすめします。

実際に私も一番最初の元手は10万円からスタートをして、今では月100万円以上の利益を出しています。

主婦や学生など、いきなり10万円以上の金額を用意できない人は、もっと少額の1000通貨で1万円から試しに始めてみるというのもFX入門として有効です。

 

FX初心者にオススメの口座

FXを始めるためには、まずFX会社で口座開設をしましょう!

あなたがトレードで為替差益を狙っていこうと思っているなら、重視すべきは「取引コストの小ささ」と「取引ツールの使いやすさ」です。

スワップポイントによる金利差益を狙っていくなら、重視すべきは「スワップポイントの高さ」と「取引コストの小ささ」です。

ほとんどの人にはトレードを繰り返して為替差益を狙うスタイルの方が向いています。スワップポイント狙いのトレードは、より多くの元手が必要になるのと、回転が効かず資金効率が良くないからです。

FX始めるならこの業者!比較でわかったおすすめFX会社

はじネコ
FX会社が多すぎてどこを選べばいいかわかりません!
せんせえ
そういう人のために本当にオススメできるFX会社だけを教えるよ。

FX会社はパッと調べただけでも50社以上、マイナーなところも含めると何社あるのかわからないくらいたくさんあります。

できれば一番良いFX会社で口座を開設したいけど、どこがいいのかとてもわかりづらいですね。

私は20社以上の口座を開設して使い勝手を試してきました。そのなかでもこれからFXを始める初心者に本当にオススメなFX会社を次の記事で教えます。

初めてFXをする人やメイン口座をお探しの人には次のFX会社がおすすめです。

1.『DMM FX』:DMM.com証券は国内口座数第1位の最も総合的に優れたFX業者

2.『GMOクリック証券』:チャートと取引ツールの使いやすさでFX取引高世界1位

3.『SBI FXトレード』:1通貨4円の少額から取引可能な初心者向けのFX業者

DMM FX|初心者に一番おすすめのFX会社はココ

dmmfx

DMM FX』を運営するDMM.com証券は国内口座数第1位であり、それだけ多くのFXトレーダーから支持されていることがわかります。

取引する上で重要な「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」の4つの要素全てが高水準です。

キャッシュバックやポイント還元など、取引をするほどお得なシステムも実施されており、初心者から資産1億円程度までのトレーダーなら間違いなくメイン口座にして良いFX会社です。

専業トレーダーの私もメイン口座として使っており、初心者が最初に開設する口座としておすすめです。

※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

DMM FXの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

DMM FXを運営するDMM.com証券は国内口座数第1位※で総合力も高く初心者におすすめです。 特にスプレッドの狭さと安定感が抜群のため「デイトレード」を中心に取引する人に向いてい…

続きを見る

GMOクリック証券|テクニカル分析にこだわるならココ

GMOクリック証券』は、FX取引高5年連続世界第1位でDMM FXと人気を二分しているFX会社です。

特筆すべきは、豊富なテクニカル指標が利用できる「プラチナチャートプラス」と使いやすさに定評のある取引ツール「はっちゅう君FXプラス」です。

総合的に優れた業者で、特にテクニカル分析に力を入れたい初心者におすすめのFX会社です。

GMOクリック証券(FXネオ)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

SBI FXトレード|少額からFXを始めたいならココ一択

SBI FXトレード』の魅力は、国内FX会社で唯一1通貨4円から取引が始められることです。

特に、1万通貨以内の少額トレードではトップクラスのスプレッドが提供されており、初心者でリスクを抑えてFXトレードをしたい人におすすめの業者です。

SBI FXトレードの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

SBI FXトレードは、1通貨4円から取引可能でスプレッドも狭く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「SBI FXトレー…

続きを見る

FX口座開設方法と審査のポイント

FXの口座開設はとても簡単です。申込は全てネットで完結し、早いFX会社だと即日に口座開設することができます。

口座開設申込で必要なもの

申込時に、「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」をアップロード送信・メール送信・FAX・郵送のいずれかの方法で提出する必要があります。

「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」にはそれぞれ以下のものがあります。

本人確認書類 マイナンバー
運転免許証
各種健康保険証
住民票記載事項証明書
住民票の写し
個人番号カード
通知カード
マイナンバー付住民票の写し

口座開設の審査について

口座開設は一定の資産と収入があれば、誰でも可能です。

ですが、口座開設には一応審査があり、中には審査で落ちてしまう人もいます。

FX口座開設の手順と審査内容については「無職、学生がFX会社13社を審査落ちゼロで口座開設した方法」の記事で説明していますので、気になる人は目を通してみてください。

 

FX取引を始める準備として知っておくべき基礎知識

ここからは実際にFX取引を始めるにあたって下準備となるトレード知識を解説します。

FXの取引コスト

FXの取引コストには「スプレッド」と「スリッページ」の2つがあります。当然この2つは小さいほど良いです。

スプレッドとは

スプレッドとは、売値(bid)と買値(ask)の価格差のことです。ほとんどのFX会社では手数料が無料になっているので、FXにおいてはこのスプレッドが実質的な手数料のようになっています。

スリッページとは

スリッページとは、あなたが注文した価格と実際に約定された価格でズレが発生してしまうことです。スプレッドのようにFX業者が明示的に示していないので、「隠れコスト」とも呼ばれています。

FXの注文方法の種類

FXには、成行、指値、逆指値という基本的な注文方法の他、IFD、OCO、IFO、トレールといった注文方法があります。

特に、成行、指値、逆指値は必須レベルなので、必ず使えるようにしておきましょう。

FXの基本的な注文方法の種類についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

FX初心者におすすめの通貨ペア

初心者におすすめの通貨ペアは人それぞれ意見があると思いますが、私は「ドル円」「ユーロ円」「ユーロドル」の3通貨ペアをおすすめします。

理由は次の3つです。

  • スプレッドが狭く、値動きがある
  • 流通量が多く急激な変動は起こりにくい
  • メジャー通貨なので情報量が多い
参考記事FX初心者におすすめの通貨ペアと選び方

ファンダメンタル分析とテクニカル分析

FXの相場分析方法には、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」の2種類があります。

ファンダメンタル分析とは、各国の経済指標から景気の強さや政策金利を分析して、その国の通貨は買われるのか売られるのかを分析する方法です。経済的な知識と分析する時間が必要なため少し敷居が高くなります。

テクニカル分析とは、為替相場の値動きをチャートの上で分析する方法です。初心者はテクニカル分析から入るのがわかりやすいでしょう。

最終的にはどちらか一方ではなく両方の分析方法の特徴を知り、場合によって使い分けていくことが収益を最大化するコツです。

FXで重要な経済指標、指標カレンダーの見方についてはこちらの記事で解説しています。

 

FXトレードのやり方

FXは適当にトレードしてもビギナーズラックで勝てることがありますが、そのままだといずれ痛い目をみることになります。

最初から大きな資金でトレードするのではなく、トレードルールが決まるまでは低資金で運用するのが大損しないコツです。

FXのトレードスタイル

FXのトレード手法には、大きく分けて「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」の3種類があります。

手法ごとの目安
手法 トレード時間 トレード回数 利幅
スキャルピング 数秒〜数分 数十回/日 1〜10pips
デイトレード 数分〜数時間 数回/日 10〜100pips
スイングトレード 数日〜数週間 数回/月 100〜500pips

スキャルピング

スキャルピングは、1回のトレード時間が短いため、トレードできる機会が増えます。しかし、利幅が小さく、細かい取引を何度も繰り返す集中力、状況に応じて即座に利確・損切りをする判断力が要求されます。

参考記事FXスキャルピング手法!1分足、5分足で月100万円稼いでいるコツと勝ち方

デイトレード

デイトレードは、相場を十分に分析する時間的余裕と大きな利幅を狙った取引が可能です。しかし、ポジション保有後は、相場の流れに変化が無いか随時チャートを確認できる環境も必要です。

スイングトレード

スイングトレードは、ある程度、長期トレードとなるため、大きな利幅を狙いつつ精神的に余裕を持った取引が可能です。しかし、日々の分析を欠かさず行い、トレンドの流れが変わったと感じたら即座に決済する判断も必要です。

順張りと逆張り

FXの取引手法には、トレンド方向に沿ったポジションを取る「順張り」、トレンド方向に逆らったポジションを取る「逆張りの2種類があります。

順張りと逆張りでは、エントリータイミングや手法が変わってきます。どちらが自分のトレードスタイルに合っているのかを確認しましょう。

参考記事FXの「順張り」と「逆張り」タイミングや手法まとめ

また、時間帯によっても値動きの癖や傾向が異なるため、順張り、逆張りのしやすさが違うことを知っておきましょう。

参考記事FXの時間帯の特徴とおすすめ取引時間!値動きや傾向も解説

記録をつけて自分のトレードを検証する

実践しているトレードを自分でしっかり検証することはとても重要です。

取引履歴とチャートを見返して、なぜそこでエントリーしたのか、なぜそこで手仕舞いしたのか、を思い出しましょう。

そしてトレードルールの通りに実践できているのか、より良い改善点はないかを見つける努力をしましょう。

チャートの動いていない土日にその週のトレード検証をするのがおすすめです。チャートが動いていないというだけで冷静になって相場を見ることができます。

また、その時に感じたことを日記やブログに書いておくのも効果的です。後で見返した時に、気がついたことをしっかり実践できているのかを確かめる良い機会になります。

こういった日々の積み重ねで少しづつトレードは上達していきます。

 

チャートの見方を勉強しよう

はじネコ
FXってどこでエントリーしたら勝てるんですか?
せんせえ
効果的なエントリーポイントを見つけるには、チャートの見方を知らないといけないね。

まずはチャートの見方を学びましょう。チャートとは、過去の為替レートの値動きをグラフにしたものです。

チャートを見て、ただ上がった下がったと思うのではなく、どこで反転するだろうか?と考えることが重要です。

それをチャートやテクニカル指標の形などから見つけ出すのがテクニカル分析です。

抵抗線・支持線・トレンドラインの引き方を覚える

チャートには、下値支持線(サポート)や上値抵抗線(レジスタンス)といった水平線、トレンドラインやチャネルラインといった斜め線を引くことができます。

これらのラインとローソク足のぶつかるところは、値動きが反転したりそのままブレイクして勢いづいたりトレンドの分岐点になる箇所なので、為替チャートの分析にはとても重要です。

参考記事トレンドライン、サポート、レジスタンスの引き方など解説

FXのチャートパターンを覚える

チャートには、ヘッドアンドショルダー(三尊天井)やダブルトップ、ダブルボトムといった反転型のチャートパターンと、

ペナント型、フラッグ型、ウェッジ型といった保ち合い型のチャートパターンがあります。

チャートパターンを勉強することで、今はトレンドが出ているのか、レンジ相場内にいるのか、どれだけ上昇・下落余地があるのかを知ることができます。

参考記事【保存版】勝てるFXチャートパターン分析!これが鉄板の種類だ

 

テクニカル分析で手法を確立させる

テクニカル指標の種類一覧とおすすめ

テクニカル指標には、値動きのトレンドや強さを表す「トレンド系」と買われ過ぎ、売られ過ぎを表す「オシレーター系」があり、それぞれで役割が異なります。

見た目や用途が少しづつ違ってくるので、色々試して自分にあったテクニカルチャートを見つけてみましょう。

特に、移動平均線はテクニカル指標の代表的なもので、初心者はまず最初に取り入れるべき指標です。

FXでの利食い・損切り幅の目安とルール決め

エントリーポイントを決めたら、どこで利益確定と損切り(ストップロス)の決済をするかも決めなくてはいけません。

利食い・損切り幅の比率と勝率のバランスで期待値がプラスになっていなければFXで勝ち残ることはできないのでこの設定はとても重要です。

利確や損切りの目安は値幅であったり、テクニカル分析であったり、根拠は人それぞれ異なりますが、自分に合ったルールを採用して決済の精度を高めていくようにしましょう。

参考記事FXで利確ポイントのタイミングや目安を決める7つの利益確定ルール

特に、トレードルールが決まっても、いざ損切りというのはなかなかしたくないものです。誰だって損はしたくありません。

しかし残念ながら、損切りをしないことには安定した勝ちにはつながりません。

損切りは勝つための必要経費と割り切って、日々のトレードに取り組みましょう。

参考記事脱・損切り貧乏!損切りルールの適切な基準、幅、目安は?

 

FX初心者がやりがちな失敗例と落とし穴

せんせえ
実は初心者が失敗するパターンというのはほとんど決まっています。

FXで大損する=強制ロスカットされるです。

強制ロスカットされる流れの基本は「損切りできない」→「含み損がどんどん増える」→「ナンピンする」→「流れ変わらずロスカット」です。

FX初心者が強制ロスカットで失敗しないコツは次の3点に気をつけるだけです。

  • 損切りを徹底すること
  • レバレッジが高くなりすぎないように資金管理すること
  • メンタル強化してトレードルールを守ること

FXでは、トレード手法を確立することは重要ですが、資金管理やトレードルールを徹底することはそれ以上に重要です。

FXにも慣れてトレードルールも決まったけど、なぜか思ったように勝てないという人は「もっと儲けたい、損したくない」というトレーダーの欲や恐怖を制御しないといけません。

 

よくある質問

FXを始めるのに必要なものは?

FXを始めるにあたって必要なものは次の4つだけです。

  • スマートフォンかパソコン
  • FX口座
  • 本人確認書類とマイナンバー(口座開設に必要)
  • 取引資金(最低1万円程度)

スマホ1台あれば、FX口座開設から売買まで全て可能です。

もちろんデスクトップPCやノートパソコンがあれば、その方がより大きな画面でトレードできます。

スマートフォンやパソコンのスペックに高性能なものは必要なく、格安スマホなどでも特に問題ありません。

FX初心者におすすめの入門書や為替本は?

FXにおいて本というのは予備知識と振り返り的な意味が強く、当然、本を読んだからといって実際に勝てるようになるわけではありません

本を読むよりも、少額でも自分で取引とチャート検証を繰り返した方が、より早く上達します

しかしFXは、相場が休みの土日や移動中のわずかな時間でも貪欲に勉強をしたいという人こそ勝てる世界だと思います。次の記事では初心者におすすめの投資本を紹介しています。

FX初心者におすすめの本!読むべき人気の入門書からチャート分析の勉強まで

今回は、FX初心者向けから中級者向けの投資本をそれぞれのレベルや役割別にご紹介します。 ただ、FXにおいて本というのは予備知識と振り返り的な意味が強く、当然、本を読んだか…

続きを見る

FXを始める時期やタイミングはいつがいい?

FXは買いからも売りからも入ることができるので、円高局面でも円安局面でも利益を出すことができます。時期による有利・不利はないので、始めたいと思った時が始め時です。

参考記事FXは円高・円安どっちでも儲かる!はじめる時期やタイミングについて

FXは投資初心者の素人がやっても勝てない?

FXは9割が負けると言われていますが、実際のところ割合的には勝っている人の方が多いようです。

2016年は「イギリスのEU離脱決定」「トランプ相場」など予想外の展開が多く、個人投資家は過去4年間で最も苦戦しましたが、そんな状況でも勝っている人は5割もいます。

それ以前は年間で勝ち越している個人投資家の割合の方が多いのです。(外為どっとコムの顧客調査による)

もちろん勉強せずに適当に売買していては勝てませんが、正しく経験を積んでいけば素人でも勝てるようになることがわかりますね。

裁量トレードとシステムトレード(自動売買)どっちがおすすめ?

FXには、個人の判断で取引する「裁量トレード」とシステムが自動売買を行う「システムトレードの2種類があります。

どちらも一長一短あるため、一概にこっちの方が良いとは言い切れません。

ただ、システムトレードは基本的に中長期的な投資になるので、ある程度長い目で結果を見守る必要と余裕を持った資金が必要となります。

また、自動売買でも個人の裁量が必要になる場面は出てくるので、自動売買を始めるにしても、まずは裁量トレードで経験を積んだ方がより良い結果を出せるでしょう。

自動売買サービスに興味のある人は、次の記事で徹底解説していますので参考にしてみてください。

FX自動売買おすすめランキング!初心者でも儲かる人気システム比較

初心者でも勝てる本当におすすめのFX自動売買システムが知りたい! でも、選ぶポイントがわからない、どんなサービスが良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。 FX…

続きを見る

FXの税金は?

FXで利益があがると、一律20.315%を所得税として納める必要があります。

また、FXで損失が出た場合、確定申告をすることで最大3年間は繰り越すことができます。

参考記事【2017】FXの税金まとめ!確定申告いくらから、経費、税率など

 

まとめ

FXを始めるにはどうすればいいのかをザッとまとめてみました。

これまで「FXってよくわからないことが多くて一体何をどうしたらいいの?」と思っていた人もいるかもしれません。

実際、私も何十冊も本を読んだり、トレード検証を繰り返したりして、ようやく自分の形になりました。

投資はいつ始めても遅すぎるということはありません。

私はFXを始めて、間違いなく人生が変わりました。これは誇張ではありません。

最初は10万円ほどの資金でリスクを抑えて、まず一歩踏み出してみることが重要だと思います。

更新日:

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.