FX会社比較!素人・初心者でも安心のおすすめ人気口座一覧

このページでは、人気のFX業者を口座数、スプレッド、取引ツール、スマホアプリ、スワップポイントなど様々な観点から徹底比較しています。

また、記事後半では各FX会社のメリット・デメリットも紹介します。

FX初心者や新しく乗り換える人も口座選びの参考にしてください。

FX業者の口座数、年間取引高でわかる人気比較ランキング

評判の良いFX会社を選ぶコツは「口座数が多い」「取引高が多い」業者を選ぶことです。

「口座数が多い」ということは、それだけ多くの投資家が利用しているということで、初心者でも使いやすく、サービスやサポート対応などが充実しているということです。

「取引高が多い」ということは、資産の多い大口の投資家が多く利用しているということで、スプレッドの狭さ、約定力の高さ、取引ツールの使いやすさなど取引環境が優れているこということです。

年間取引高 総口座数
DMM.com証券 890兆円
(世界2位)
596,359
(国内1位)
GMOクリック証券 1,282兆円
(世界1位)
489,421
(国内2位)
ヒロセ通商 384兆円
(国内3位)
207,234
(国内5位)

参考:矢野経済研究所「有力FX企業16社の月間データランキング」

国内FX口座数はDMM.com証券が第1位なのに対して、年間取引高はGMOクリック証券が第1位です。

この数字からわかることは、DMM.com証券は数多くのトレーダーに支持されていて、特にFX初心者の多くが口座開設して実際に使っているということです。

口座数で負けるGMOクリック証券が年間取引高で優っているということは、投資に慣れて資金力を増してきたトレーダーが積極的に取引に利用しているFX口座であると推測できます。

スプレッドを比較

人気FX会社のスプレッドを一覧で比較しました。(1万通貨取引の場合)

FX会社 千通貨 ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 NZドル円 ランド円 ユーロドル
DMM FX × 0.3 0.5 1.0 0.7 1.2 1.3 0.4
GMOクリック証券 × 0.3 0.5 1.0 0.7 1.2 1.3 0.4
SBI FXトレード 0.27 0.69 1.19 0.77 1.79 0.99 0.48
マネックスFX 0.2 0.5 1.3 0.5 4.0 4.0 0.5
YJFX! 0.3 0.6 1.1 0.7 1.4 1.4 0.5
インヴァスト証券 0.3 0.5 1.0 0.6 1.7 1.8 0.3
JFX 0.3 0.5 1.3 0.7 1.3 1.3 0.4
ヒロセ通商 0.3 0.5 1.3 0.7 1.3 1.3 0.4
外為オンライン 1.0 2.0 3.0 3.0 6.0 15.0 1.0
マネーパートナーズ 0.3 0.7 1.2 0.9 1.8 1.9 0.8
FXプライムbyGMO 0.6 1.3 1.8 1.3 2.0 3.0 1.0
外為どっとコム 0.3 0.5 1.0 0.7 1.0 1.0 0.3
FXブロードネット 0.3 0.5 1.0 0.6 1.3 14.6 0.3
外為ジャパン 0.3 0.6 1.1 0.7 1.4 1.4 0.5
FXTF 0.3 0.6 2.0 1.4 2.4 5.0 0.8
楽天FX 0.3 1.1 1.0 1.2 3.9 3.9 0.4
アイネット証券 0.7 1.4 2.0 1.5 2.0 15.0 0.7

※スプレッド変動制。それ以外のFX業者はスプレッド原則固定。

最近はどこのFX会社もスプレッドはかなり狭く設定しており、人気通貨ペアはある程度似たり寄ったりのスプレッドになっています。

しかし、実際は時間帯や値動きによりスプレッドが広がることも多々あるため、見た目の狭さだけでなく、より総合的なコストの安さが重要となってきます。

▼少しでも狭いスプレッドで取引したい人は次の記事をご覧ください。


スプレッド比較
スプレッドが狭いおすすめFX会社ランキング!一覧で徹底比較

FXにおける取引コストは、手数料とスプレッドの2種類です。手数料はほとんどのFX会社で無料となっているので、実質的なコストはスプレッドのみとなります。 スプレッドとは買値…

続きを見る

PC取引ツールのチャート機能を比較

FXで勝つために高性能なチャートは必須です。

パソコンで取引やテクニカル分析をするには、機能性もさることながら、長時間見るに耐えるデザインであることも重要です。

操作性、デザイン、カスタマイズ性、テクニカル分析の4つの観点から、人気FX業者6社の高機能チャートを評価しました。

PC取引ツールの高機能チャートを比較した場合、総合的に見るとDMM FX」と「ヒロセ通商」が特に優れています

GMO
クリック証券
DMM.com
証券
FXプライム
byGMO
ヒロセ通商 YJFX! 外為
オンライン
Platinum
チャート+
プレミア
チャート
プライム
チャート
LION
チャート+
EX
チャート
ブラウザ版
チャート
操作性 C A B A A B
デザイン B A B A C A
カスタマイズ性 B B C B B B
テクニカル分析 A B A B B C

▼人気FX業者6社のPC高機能チャートを徹底比較しました。


FXチャートソフトおすすめランキング!FX会社6社の分析ツール比較

FXで勝つために高性能なチャートは必須です。 各FX業者は、個性的な高機能チャートソフトを無料で用意していて、常に使いやすいようにバージョンアップを繰り返していますが、中…

続きを見る

スマホアプリチャート機能を比較

近頃はスマホアプリの機能も向上し、スマホだけでのFX取引も十分可能となりました。

各FX会社によって、スマホアプリの操作性、動作の軽快さ、利用可能なテクニカル指標など機能性は様々です。

操作性、デザイン、カスタマイズ性、テクニカル分析の4つの観点から、人気FX業者の高機能チャートを評価しました。

スマホアプリのチャート機能を比較した場合、総合的に見るとFXプライムbyGMO」「GMOクリック証券」「DMM FX」が特に優れています

GMO
クリック証券
DMM.com
証券
FXプライム
byGMO
ヒロセ通商 YJFX! SBI FX
トレード
外為
オンライン
MT4
FX DASH DMM FX プライム
アプリS
LION FX Cymo
操作性 B B A B A C C C
デザイン A A B B B B B A
カスタマイズ性 C C B B B B C A
テクニカル分析 B B B B B A C A

▼人気FX業者のスマホアプリのチャート機能を徹底比較しました。


FXスマホチャート比較
FXスマホアプリのおすすめチャートはこれ!FX会社8社の分析ツール比較

専業トレーダーでない限り、外出先ではFX業者のスマホアプリをメインに使って取引している人も多いですね。 私もその一人。もともとメインで使っていたFX口座のスマホアプリしか…

続きを見る

スキャルピングOKのFX業者比較

スキャルピングは、数秒~数分以内で新規注文と決済注文を1日何十回~何百回も繰り返し、利益を積み重ねるトレード手法です。

しかし、FX業界はスキャルピングにはとても厳しく、最悪、口座凍結もあり得るので業者選びは慎重に行わなくてはいけません

スキャルピングOKのFX会社を比較した場合、総合的に見るとヒロセ通商」と「JFX」が最もスキャルピングには適しているFX業者です。

※表は左右にスクロールできます。

FX業者 注文
執行方式
スキャル 取引コスト 約定力 約定スピード
評価 スプレッド 取引手数料
ヒロセ通商(LION FX) DD 公言あり A 原則固定 無料 公開(99.9%) 公開(最速0.001秒)
JFX(MatrixTrader) DD 公言あり A 原則固定 無料 公開(99.9%) 公開(最速0.001秒 )
セントラル短資(ウルトラFX) NDD 公言あり B 変動 無料 公開 公開
YJFX!(C-NEX) NDD 公言あり B 変動 無料 非公開 非公開
OANDA JAPAN NDD A 原則固定 無料 非公開 非公開
外為ファイネスト(PRO) NDD 公言あり B 変動 0.003%/片道 非公開 非公開

▼スキャルピング歓迎の業者を様々な要素から徹底比較しました。


スキャルピング
スキャルピングOKのおすすめFX業者をプロトレーダーが徹底比較

スキャルピングは、数秒~数分以内で新規注文と決済注文を1日何十回~何百回も繰り返し、利益を積み重ねるトレード手法です。 しかし、FX業界はスキャルピングにはとても厳しく、…

続きを見る

スワップポイントを比較

スワップ金利狙いの長期トレードを考えているのであれば、スワップポイントの高さは最優先すべき項目です。

次の記事で人気FX業者のスワップポイントを徹底比較しています。


FX会社のスワップポイントを一覧で徹底比較

スワップポイントは高いほうが絶対に良い FXでは、通貨の金利差による利益を毎日もらうことができます。これをスワップポイントと言います。 豪ドル/円やNZドル/円、トルコリラ/…

続きを見る

約定力を比較

約定力は「約定率の高さ」と「スリッページの少なさ」の総合力のことを言います。

FX会社はこの「約定率」と「スリッページ平均」をあまり公表していません。

基本的に、業者にとって不利な数字となるので、これらを公表しているFX会社は約定力に自信がある証拠と言えるでしょう。

結論から言うと、約定力が高いFX業者は「マネーパートナーズ」「FXプライムbyGMOです。

▼約定力に定評のあるFX業者を徹底比較しました。


約定力の高いFX業者5社を徹底比較!

今回は、約定力に定評のあるFX業者5社をピックアップし、FX取引における約定力の大切さについて解説します。 さらに、よくFX業者がアピールしている「◯◯率100%」「◯◯No.1」の実…

続きを見る

キャッシュバックキャンペーン比較

FX会社の中にはお得なキャッシュバックキャンペーンを行なっているところもあります。

条件は各社様々で、口座開設をしただけでお金がもらえる業者や取引高に応じてキャッシュバックされる業者などがあります。

中には、かなり条件の良いものもあるので資金の少ない人は積極的に利用してみましょう。

※左右にスクロールできます。

順位 FX会社 条件 金額 初回最低入金額
1位 マネーパートナーズ ログイン 1,000円 指定なし
2位 SBI FXトレード ログイン 500円 指定なし
3位 FXプライムbyGMO 入金 500円 10万円
1回取引 1,000円
4位 FXブロードネット 入金 2,000円 20万円
5位 ヒロセ通商
[Lion FX]
のりかえ+
1万通貨取引
2,000円 1万円
6位 インヴァスト証券
[シストレ24]
1往復取引 10,000円 指定なし
7位 みんなのシストレ 1往復取引 5,000円 指定なし

▼他にも取引高に応じたキャッシュバック情報などをまとめています。


FX口座開設キャッシュバックで稼ぐ!おすすめ人気キャンペーン比較

FXで必勝法があるとするなら、キャッシュバックキャンペーンを利用することです。これは間違いなく世の中にあまりない、ローリスクハイリターンな投資です。 口座開設でキャッシ…

続きを見る

MT4対応国内FX業者比較

取引ツールには絶対MT4を利用したい!と言う人も一定数います。

しかし、国内業者でMT4に対応したFX業者はあまり多くありません。

取引条件は各社でかなり異なりますので、自分の取引スタイルに合ったFX業者が選べるように、MT4対応業者のスペックを比較しました。

次の記事を見れば、あなたがどのMT4業者を選べばいいかがわかります。


MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2017年版】

このページではMetaTrader4(MT4)に対応した国内FX業者を徹底比較します。 初めてMT4対応業者を検討する人でも違いがわかりやすいようにまとめました。 各社ごとに、スプレッド…

続きを見る

FXデモ口座を比較

デモ口座を開設すれば無料でデモトレードが可能なので、FXの練習や取引ツールの使い勝手を試すには最適です。

中には、通常は市場が休みで取引できない土日でも、仮想レートでチャートが動いている口座もあります。

ただし、デモ口座を利用できるFX会社は限られており、取引ツールも本番環境同様に全て使えるわけではないことに注意してください。

FX会社 特徴 スマホ
対応
土日
トレード
DMM FX DMM.com証券は国内口座数第1位
総合力の高い業界最大手
×
GMOクリック証券 FX年間取引高連続世界1位
総合力の高い業界最大手
×
ヒロセ通商 キャンペーンが充実した人気業者
土日もトレード可能
JFX 元外銀ディーラー現社長が毎朝戦略配信
外為オンライン セミナー等が充実、自動売買も可能 ×
FXプライムbyGMO 情報量が多く、戦略レポート配信が充実 × ×
YJFX! 取引ツールの使いやすさで人気 ×
外為どっとコム 情報量が充実 ×

※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

▼おすすめデモ口座とデモトレードで学ぶべきことがわかります。


FX初心者はデモトレードで練習!無料おすすめアプリ・デモ口座比較

FXで稼ぎたいと思っても、そう簡単に勝てるほどFXは甘くはありません。 常勝トレーダーの人達だって勝てるようになるまで、試行錯誤した時代があるのです。 FXを始めるにあたって…

続きを見る

FX口座おすすめランキング

初心者向けおすすめFX口座ランキング

FX初心者が口座選びで重視すべき点は「スプレッド」「約定力」「取引ツール」の3つです。

この3つはトレード結果に直接影響するため、デイトレードで利益を出していこうと考えるなら必ず意識しないといけません。

これらを満たしたFX初心者に本当にオススメなFX会社は次の記事をご覧ください。


FX口座おすすめランキング!初心者向け業者比較【プロトレーダー監修】

この記事では「FX初心者がデイトレードで利益を上げるために最もおすすめの口座」を教えます。 プロトレーダーが人気のFX業者を比較し、さらに現役トレーダー100人の口コミを元に…

続きを見る

1000通貨以下対応のFX会社比較ランキング

投資を一切したことが無い人は、まず1000通貨以下の少額取引で相場に慣れた方がいいです。

また、初心者でどうFXの勉強をすればいいかわからない人は、動画セミナーやマーケット情報などの情報コンテンツ量もFX会社を選ぶポイントです。

少額取引で条件の良いFX会社や、情報コンテンツが充実している「初心者が取引しながら勉強できるFX会社」を次の記事で紹介しています。


1通貨、100通貨、1000通貨単位比較!FX少額取引業者おすすめランキング

この記事では、1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者を教えます。 人気のFX業者を徹底比較し、現役トレーダー100人の口コミを元にランキング形式でご紹介します。 …

続きを見る

FX自動売買(システムトレード)比較ランキング

FXの自動売買には、レンジ内で売買を自動的に繰り返す「リピート系注文」とストラテジーが勝手に売買する「システムトレード」の2種類があります。

最近は多くの業者がこの自動売買サービスを提供しており、システムや手数料など違いは様々です。

次の記事では、自動売買サービスを選ぶ上で重要なことや初心者でも扱いやすいおすすめ業者を紹介しています。


FX自動売買おすすめランキング!初心者でも儲かる人気システム比較

初心者でも勝てる本当におすすめのFX自動売買システムが知りたい! でも、選ぶポイントがわからない、どんなサービスが良いかわからないという人も多いのではないでしょうか。 FX…

続きを見る

FX取引高ランキング世界1位 GMOクリック証券

使いやすい取引ツールとスマホアプリで取引高世界第1位

メリット

GMOクリック証券は2012年1月~2017年6月まで5年連続月間取引高が世界第1という輝かしい実績があります。

単純に、それだけ多くの投資家に選ばれて取引されていることから、FX業者としての信頼性と総合力の高さは折り紙付きです。

FX初心者ならGMOクリック証券を選んでおけば間違いがないということです。

取引コストであるスプレッドは全29通貨ペアで業界最狭水準、高金利通貨で人気のトルコリラも取引が可能でスワップポイントも高水準です。

特に、取引ツール「はっちゅう君FXプラス」とスマホアプリ「GMO FX-DASH」は使いやすさに定評があり、親会社であるGMOインターネット株式会社の開発力を生かしたシステムの安定性や24時間サポートも人気の要因です。

デメリット

デメリットとして、最小取引単位が1万通貨からなので、1万円程度の少額からFXを始めたい人には向いていません。

また一度の最大発注数量は100万通貨までなので、資産数千万円以上の大口取引をしたい人にも少し合わないでしょう。

Exモードを利用すれば一度に500万通貨まで取引可能ですが、スプレッドが拡大してしまうので注意が必要です。

デイトレードならスプレッド業界最狭水準 DMM FX

dmmfx

スプレッドの狭さと安定性が高くデイトレードに最適

メリット

DMM.com証券はローラのCMでもお馴染みで、FX国内口座数第1と大多数のFXトレーダーに選ばれていることがわかります。

特徴は、取引コストが国内業者トップクラスに安く、デイトレードをメインでFXをする人には特におすすめできます。

スプレッドが全20通貨ペアで業界最狭水準で、早朝や経済指標発表前後などスプレッドが拡大しやすいタイミングでも他社より安定した為替レートを提供しています。

PC用取引ツールは初心者用の「DMM FX ADVANCE」、上級者用の「DMM FX PLUS」と利用者のレベルに応じて選ぶことができ、スマホアプリも使いやすく高評価です。

また、独自のポイントキャッシュバックを行なっており、頻繁に取引をするほどお得になるサービスや、FX業界初のライン問合せサービスなどサポート面も充実しています。

デメリット

DMM FXもGMOクリック証券同様に最低取引単位が1万通貨からなので、1万円などの少額から始めることはできません。

また、数秒単位の取引を繰り返す秒スキャと呼ばれるスキャルピングを高頻度で行うことは規約で禁止しており、状況次第では口座凍結となる可能性もあります。

3年連続顧客満足度ランキング第1位 ヒロセ通商

食べ物のキャンペーンが豊富でスキャルピングもOK

メリット

ヒロセ通商は食品のプレゼントキャンペーンが特に有名で、一定量の取引をするだけで冷蔵庫がいっぱいになるほどの、餃子、ラーメン、パスタ、ステーキなどが毎月送られてきます。

一人暮らしのサラリーマンや主婦などから特に人気があり、オリコン日本顧客満足度は3年連続業界第1に輝き、年間取引高も2017年には国内第3位まで上昇しました。

1000通貨単位からの取引が可能でドル円なら4000円から売買できるので、少額からFXを始めたい初心者や大学生などにおすすめです。

また、ヒロセ通商は数秒のうちに新規、決済取引をするスキャルピングを推奨している数少ないFX業者です。スキャルピング手法をメインに取引する人に向いています。

取扱通貨ペアが50種類と他社と比較してもかなり多く、豪ドル円とNZドル円は国内業者の中でも高いスワップポイントを受取れるため長期投資にも向いています。

デメリット

ヒロセ通商のデメリットは、早朝や相場急変時などで他社よりもややスプレッドが不安定になってしまうことです。

そのため、早朝6時や7時からでもバリバリ取引をしたいという人はスプレッドの広がりに注意が必要です。

1通貨4円から取引可能 SBI FXトレード

FX業界一スプレッドが狭く、少額取引の安定度が非常に高い

メリット

SBI FXトレードは、1通貨4円の少額からFXができる数少ない国内業者です。多くのFX会社は最低取引単位が1万通貨や1000通貨からとなっており、それ以下でトレードできるのはとても貴重です。

また、ほとんどの国内業者は20歳からでないと口座開設できませんが、SBI FXトレードは18歳から開設可能なため、未成年のFXではほぼここ一択となるでしょう。

他の特徴として、ドル円のスプレッドの狭さが挙げれらます。

1万通貨の取引ならドル円のスプレッドが0.27銭とFX業界一狭く設定されており、オリコン顧客満足度ランキング、手数料・スプレッド満足度部門でも第1に選ばれています。

東証一部企業のSBIグループで安定感も高く、少額でFXを始めたい人におすすめです。

デメリット

SBI FXトレードのデメリットは大口の取引ではスプレッドの設定が広くなってしまうことです。

ドル円の場合では10万通貨、それ以外は1万通貨を超えると他社よりもスプレッドが広くなるため、クロス円やドルストレートをまとまった資金で運用したい人だと他社を選んだ方が取引コストが安くすませられます。

DMM FXと同システムで少額取引が可能 外為ジャパンFX

DMM.com証券の2つめのFXサービス事業が外為ジャパンFX

メリット

外為ジャパンFXは、DMM FXで有名なDMM.com証券のもう一つのFX事業です。

スプレッドや取引ツールといった基本的な取引スペックはDMM FXと全く同じに、1000通貨から取引することが可能です。

DMM FXは1万通貨からしか取引できないので、外為ジャパンFXの方が初心者や少額スタートの人でも始めやすいサービスと言えるでしょう。

非常に人気のあるDMM FXとほぼ同一なので、システム面でも安心して使用することができますし、サブ口座としても活躍できます。

デメリット

DMM FXと比較すると、取扱通貨ペア数が少ない、取引応援ポイントサービスがない、デモ口座が用意されていない、など若干サービスとしては見劣りします。

DMM.com証券のメインFX事業はやはりDMM FXといった印象です。

約定力100%と豊富な情報サービス FXプライム by GMO

FXプライム

長期スワップポイント狙いと確実な約定力を求める人向け

かつては伊藤忠商事株式会社の子会社でしたが、現在は「GMOクリックホールディングス」の傘下となりました。

メリット

FXプライムbyGMOの特徴は、落ちないサーバーと約定率100%で約定拒否がほぼ無いことです。米国雇用統計などの大幅な相場変動が想定されるような状況でも確実な約定が狙えます。

また、取引戦略を解説したFXプライムストラテジー動画やリアルタイムのオンラインセミナー、全国会場セミナーなど情報提供が充実しており、初心者が勉強しながらFXをする環境が十分に整っています。

他にも、高金利通貨のトルコリラが高スワップで運用可能なことや、「ちょいトレFX」という初心者でも利用可能なシステムトレードなどが魅力です。

デメリット

デメリットはスプレッドがドル円0.6銭と、スプレッド競争をしている他社と比べるとやや広めなことです。

しかし、情報コンテンツの充実さは勉強代と考えても十分お釣りがくるだけの価値があります。

プログラム知識なしでシステムトレード インヴァスト証券

ストラテジーを選ぶだけで誰でも自動売買ができる

メリット

インヴァスト証券の「シストレ24」はストラテジーと呼ばれる売買戦略から好きなものを選んで自動売買をすることが可能なサービスです。

世界一の取扱ストラテジー数の中から過去の実績や取引成績などを元に、今の相場に合いそうなロジックを選択できます

自分のメンタルや感情に左右されず、24時間休まず自動で取引してくれることが大きなメリットです。

デメリット

システムトレードは中長期でポジションと利益を積み上げていくスタイルなので、最低でも30万円ほどの元手が必要となります。

また、相場にあったストラテジーを選択できるかどうかで成績が決まるので、選ぶ人の分析力や相場観も問われます。

お得な外貨両替と滑らないFX マネーパートナーズ

100通貨取引や外貨両替、自動売買など独自サービスが魅力

メリット

マネーパートナーズは8年連続約定力No1の大量注文でも滑らないFXが特徴です。

「パートナーズFXnano」では100通貨単位から取引が可能で、ドル円だと400円あれば売買ができるので初心者でも安心です。

また、「連続予約注文」というIF DONE注文を最大20件まで同時発注する半自動売買も低コストで運用することができます。

他にもドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元といった外貨の現物を空港などで受け取れる「外貨両替サービス」を行なっており、海外旅行をする人にはとても便利なサービスです。

銀行窓口や両替所で行うよりもコンバージョンの手数料をかなり安く抑えることができます。

デメリット

マネーパートナーズのデメリットはスプレッドが広がりやすいことです。

少額のパートナーズFXnanoは比較的安定していますが、パートナーズFXは早朝や指標発表時に他社よりも拡大することが多いです。

iサイクル注文で自動売買が可能 外為オンライン

iサイクル注文の自動売買と無料会場セミナーが充実

メリット

外為オンラインでは「iサイクル注文」というリピート系注文の自動売買が利用できます。

過去のシミュレーションから高い利益を上げているものと同じ設定を選ぶ「ランキング方式」や、シミュレーション結果を元に設定を選ぶ「マトリクス方式」を利用することで、初心者でも設定に迷うことなく自動売買が始められます

また、外為オンラインでは無料の会場セミナーを頻繁に実施しており、取引ツールの操作方法、FXの特徴・基礎、実践・テクニカル分析などレベルに合わせたセミナーを全国で受講することができます

自動売買、裁量取引ともに初心者向けのサポートが充実したFX会社です。

デメリット

外為オンラインのデメリットは何と言ってもスプレッドが広いことです。

ドル円1.0銭、ユーロ円2.0銭、ポンド円3.0銭と他社の3倍ほどスプレッドが広く設定されているので、スキャルピングなどの短期取引には向いていません。

レバレッジが1倍、10倍、25倍から選択可能 YJFX!

キャッシュバック、T-POINTが貯まるキャンペーンがお得

メリット

YJFX!の「外貨Ex」は、全22通貨ペアで1,000通貨単位から取引可能で、レバレッジは3種類のコース(1倍、10倍、25倍)から選択できます。

スワップポイントは平均的ですが、スプレッドは全体的に狭めでバランスのとれたFXであるため、通常相場での取引環境としては全く問題ありません。

また、Yahoo JAPAN IDとの連携で、キャッシュバックやT-POINTを貯められると言ったキャンペーンも魅力です。

デメリット

全体的な総合力はまずまずですが、上位の業者と比較すると抜きん出た特徴がなく今後に期待したいFX会社です。

また、独自の自動売買システム「トレードコレクター」も2017年にサービスを終了してしまいました。

大手楽天グループの知名度と安心感 楽天FX

楽天グループのさまざまなサービスを受けられる

メリット

通貨ペア数・スプレッド・スワップはとても平均的なスペックです。

むしろ、取引以外の部分の方がメリット多く、楽天証券カスタマーサービスセンターは2016年、HDI-Japan(ヘルプデスク協会)が実施している「問合せ窓口格付け」「ウェブサポート格付け」において、最高位評価の「三つ星」を受賞しています。

また、取引数量に応じてキャッシュバックや楽天スーパーポイントを獲得できます。楽天の資本力も安心できる点です。

しかし、楽天FXに関しては現状でそれらのメリットよりデメリットの方が遥かに大きいのであまりオススメしません

デメリット

過去に楽天FXは、システムエラーによる異常レート配信と、大きなシステム障害による行政処分があります

特に、スプレッドの拡大は度を超えたものであり、過去にドル円では最大1500pipsスプレッドが広がったことがあり、それ以外にも300pipsや50pipsなど他社では考えられないほど広がります。

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

カテゴリ一覧

YJFX!スマホアプリ「Cymo」の評判(iPhone・Android)

2017/11/14   -スマホアプリ

この記事では、YJFX!「外貨ex」のスマホアプリ「Cymo」を実際に使い、操作性や機能などの解説も含め、スマホだけで取引が可能かどうかを詳しく検証していきます。 YJFX!は、スタ…

SBI FXトレード スマホアプリの評判(iPhone・Android)

2017/11/12   -スマホアプリ

この記事では、SBI FXトレードのスマホアプリを実際に使い、操作性や機能などの解説も含め、スマホだけで取引が可能かどうかを詳しく検証していきます。 SBI FXトレードはスプレ…

FXプライムbyGMOスマホアプリ「プライム S アプリ」の評判(iPhone・Android)

2017/11/10   -スマホアプリ

FXプライムbyGMO(以下、FXプライム)は、裁量取引の「選べる外貨」、バイナリーオプションの「選べる外貨オプション」、システムトレードの「ちょいトレFX」といった、さまざま…

GMOクリック証券スマホアプリ「FX DASH」の評判(iPhone・Android)

2017/11/08   -スマホアプリ

この記事では、GMOクリック証券のスマホアプリ「FX DASH」を実際に使い、操作性や機能などの解説も含め、スマホだけで取引が可能かどうかを詳しく検証していきます。 GMOクリック…

外為オンライン スマホアプリの評判(iPhone・Android)

2017/11/07   -スマホアプリ

この記事では、外為オンラインのスマホアプリを実際に使い、操作性や機能などの解説も含め、スマホだけで取引が可能かどうかを詳しく検証していきます。 外為オンラインは、取引…

ヒロセ通商スマホアプリ「LION FX」の評判(iPhone・Android)

2017/11/05   -スマホアプリ

この記事では、ヒロセ通商のスマホアプリ「LION FX」を実際に使い、操作性や機能などの解説も含め、スマホだけで取引が可能かどうかを詳しく検証していきます。 ヒロセ通商は、取…

DMM FXスマホアプリの評判(iPhone・Android)

2017/11/03   -スマホアプリ

この記事では、DMM FXのスマホアプリを実際に使い、操作性や機能などの解説も含め、スマホだけで取引が可能かどうかを詳しく検証していきます。 DMM FXを運営するDMM.com証券は、…

くりっく365の全業者を比較

2017/10/28   -FX会社比較

くりっく365・くりっく365ラージは、東京金融取引所から承認を得た以下の26社で取扱いしている「取引所FX」のことです。 スプレッド・スワップポイントは各業者共通で、基本的な…

東郷証券(旧efx.com証券)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

2017/10/24   -FX会社の評判

東郷証券(旧efx.com証券)のサービスは他社と比較してどうなのか、口コミや評判はどんな感じなのか気になりますよね。 このページでは、22のFX口座を使用してきた筆者が、東郷証…

SBI証券(SBI FX α)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

2017/10/03   -FX会社の評判

この記事ではプロトレーダーがSBIホールディングス株式会社のグループ会社「SBI証券」の「SBI FX α」について、さまざまな角度から評価をして、その特徴や他社と比較した強みと弱…

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.