FX初心者が覚えるべき基礎用語一覧

FXを始めるにあたって、知っておかなければいけない専門用語をこのページにまとめました。

FXの基本用語は知らないと困ることになりますので、しっかり意味を押さえておきましょう。

レバレッジとは

FXのレバレッジとは、「てこの原理」とも表される、少ないお金で多くの金額を動かせる仕組みです。

国内FX業者ではFX個人口座のレバレッジは最大25倍までと法律で定められています。

あなたの手持ち資金(証拠金)が10万円なら、その25倍の250万円の金額までFX取引ができるということです。

参考記事レバレッジとは?

ロスカットとは

ロスカットは、損失の拡大を防ぐため、証拠金維持率(有効比率)が一定を下回ると保有しているポジションの全てを強制決済するシステムです。

急激に相場が変動した際に受ける損失をなるべく抑えるための仕組みです。

ロスカット

FX(外国為替証拠金取引)は、もともと元本保証されていません。

レバレッジを大きくかけることで、ばく大な利益を上げる可能性がある代わりに、どこまでも(証拠金の額を大きく超えて)損失を被る可能性があります。

この場合、預け入れた証拠金を全額失うばかりか、さらに損失額分のお金を支払わなくてはいけません。

それではいけないので、ある程度の損失が出た段階で自動的にポジションの一部または全部を強制決済することで、損失が一定額以上まで膨らむことを防ぎ、最低限の資金を残すことができます。

これがロスカットです。

参考記事ロスカットとは?

ポジションとは

ポジションとは、あなたが保有する外貨資産のことを指します。

建玉とも言います。

もし、あなたが米ドル/円を1万通貨購入したら、現在のポジションは「米ドル/円の買いを1万通貨」ということになります。

新規にポジションを取ることを、「ポジションを建てる」や「ポジションを持つ」と言います。

何もポジションを持っていないときのことを「ノーポジション」と言います。

参考記事FXのポジションとは?

ロングとショート

ロングは「買う」こと、ショートは「売る」ことを指します。

FXでは、買いから入るだけでなく、売りから入ることもできます。

米ドル/円の新規買い注文を出して約定すれば「買いポジション」、米ドル/円の新規売り注文を出して約定すれば「売りポジション」があなたの保有ポジション一覧に追加されます。

買いポジションはロングポジション、売りポジションはショートポジションとも言います。

ロットとは

ロット(Lot)とは、FXの取引単位のことです。

国内業者の多くは1ロット=1万通貨単位としています。

その場合、1.0lot=1万通貨、0.1lot=1000通貨となります。

ただ、1ロットを何万通貨に設定しているかはFX会社によって異なり、外資系のFX会社では1ロット=10万通貨単位の業者が多いです。

そのため、発注上限やキャッシュバック条件などがロット数で表記されている場合、1ロットがいくらなのかを確認しておく必要があります。

スプレッドとは

スプレッドとは、売値(bid)と買値(ask)の価格差のことです。

ほとんどのFX会社では取引手数料が無料になっているので、FXにおいてはこのスプレッドが実質的な手数料のようになっています。

上の画像だと、売113.427と買113.430のあいだの0.3がスプレッドです。

参考記事スプレッドとは?

pipsとは

pipsとは、為替レートの最小単位という意味です。

円の1pipsは1銭です。

米ドル/円を1万通貨保有したときの1pips(1銭)の損益は100円です。

FXでは、円以外に様々な通貨が取引できるので、それらをまとめてわかりやすく言うためにpipsという単位が使われます。

参考記事pips(ピップス)とは?

スワップポイントとは

スワップポイントとは、国と国との金利差から得る利益で、低金利通貨(日本円など)を売って高金利通貨を買うと、金利差から得る利益を毎日受け取ることができます

しかし、逆のトレードをしてしまうと(低金利通貨を買って高金利通貨を売る)金利差額を支払わないといけません。

スワップポイント

オーストラリアドルの金利2.5%、日本円の金利0.1%の場合、豪ドル/円を買うと、

2.5% - 0.1% = 金利差2.4%が毎日もらえます。

参考記事スワップポイントとは?

チャートとは

ATR

チャートとは、過去の為替レートの値動きを、時間を区切ってグラフとして表示したものです。

相場の流れを一目で確認することができます。

国内のFX会社はそれぞれ独自のチャートを採用しており、表示できるテクニカル指標や描写ツールなどが異なります。

レンジ相場とトレンド相場

トレンド相場とレンジ相場

相場には「レンジ相場」と「トレンド相場」の2種類の波があります。

「レンジ相場」は為替レートの上限と下限が決まった範囲内で動いている相場のことです。

「トレンド相場」はレンジ相場をブレイクして、上昇もしくは下降の方向に向かっていく相場のことです。

「レンジ相場」と「トレンド相場」ではそれぞれ取るべき手法が異なりますので、まずはこの2つの相場の違いをしっかりと理解しておきましょう。

順張りと逆張り

FXの取引手法には、トレンド方向に沿ったポジションを取る「順張り」、トレンド方向に逆らったポジションを取る「逆張りの2種類があります。

順張りと逆張りでは、エントリータイミングや手法が変わってきます。どちらが自分のトレードスタイルに合っているのかを確認しましょう。

参考記事FXの「順張り」と「逆張り」タイミングや手法まとめ

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、将来の政治、経済、金融情勢などのファンダメンタルズ要素を一切考慮せず、これまでの値動きと時間軸から将来の値動きを予測する分析方法です。

簡単にいうと、移動平均線などのインジケーターを表示したり、チャートに線を引いたりして、未来の値動きを予測する分析方法です。

代表的なものに「チャートパターン分析」や「テクニカル指標」を用いた分析方法があります。

参考記事テクニカル分析

FXのトレードスタイル

FXのトレード手法には、大きく分けて「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」の3種類があります。

手法ごとの目安
手法 トレード時間 トレード回数 利幅
スキャルピング 数秒〜数分 数十回/日 1〜10pips
デイトレード 数分〜数時間 数回/日 10〜100pips
スイングトレード 数日〜数週間 数回/月 100〜500pips

スキャルピング

スキャルピングは、1回のトレード時間が短いため、トレードできる機会が増えます。しかし、利幅が小さく、細かい取引を何度も繰り返す集中力、状況に応じて即座に利確・損切りをする判断力が要求されます。

デイトレード

デイトレードは、相場を十分に分析する時間的余裕と大きな利幅を狙った取引が可能です。しかし、ポジション保有後は、相場の流れに変化が無いか随時チャートを確認できる環境も必要です。

スイングトレード

スイングトレードは、ある程度、長期トレードとなるため、大きな利幅を狙いつつ精神的に余裕を持った取引が可能です。しかし、日々の分析を欠かさず行い、トレンドの流れが変わったと感じたら即座に決済する判断も必要です。

カテゴリ一覧

FXの1Lot、1枚、1万通貨単位とはどういう意味?

2017/10/20   -FX用語

この記事では、FXでは避けては通れない「Lot」「枚数」「1万通貨」という用語を解説します。 これは、FXでの利益と損失に直結する大切な言葉で「取引数量を表す単位」のことです…

no image

FXの「ボラティリティ(ボラ)」とはどういう意味?

2017/04/09   -FX用語

「ボラティリティ」とは FXの「ボラティリティ」とは、価格の変動率つまり値動きのことです。 たまに「ボラリティ」と言う人がいますが、正しくは「ボラティリティ」です。 相場…

no image

FXの「リバ」とはどういう意味?

2017/04/09   -FX用語

「リバ」とは? FXの「リバ」とはリバウンドのことを指します。 相場が急落や急騰した後には、リバウンドで多少は元に戻す動きが期待できます。 ごく短期のスキャルピングでトレ…

no image

FXの「ポジショントーク(ポジトーク)」とはどういう意味?

2017/04/09   -FX用語

ポジショントークとは 「ポジショントーク」とは、自分の保有しているポジションが有利になるように他人やマスコミに情報を拡散することを言います。 略して「ポジトーク」とも言…

FXの「順張り」と「逆張り」タイミングや手法まとめ

2017/03/26   -FX用語

この記事では「順張り」と「逆張り」の意味、メリットとデメリット、エントリータイミングや手法を説明します。 FXの取引手法には大きく分けて「順張り」と「逆張り」の2種類があ…

FX ポジション

FXの建玉(ポジション)とは?ロングとショートの違い

2017/03/26   -FX用語

FXの基本「ポジション」と「決済」 ポジションとは FX(外国為替証拠金取引)では、ポジションという言葉がよく使われます。 ポジションとは、あなたが保有する外貨資産のことを…

レバレッジ

FXのレバレッジとは?設定はどうすればいい?初心者でもわかる解説

2017/03/26   -FX用語

この記事では、FX初心者がレバレッジで疑問に思う「一体どれくらいリスクがあるのか?」「何倍がいいのか?」といったことを説明します。 FXのレバレッジとは、「てこの原理」と…

FXのスリッページとは?おすすめの許容スリップ設定はどれくらい?

2017/03/10   -FX用語

スリッページとはどういう意味? スリッページとは、自分が注文した値段と、実際の約定した値段が変わってしまう(すべる:スリップ)ビックリするような現象です。 スリッページ…

FXのスワップポイントとは?毎日がおこづかいのリスクは?

2017/02/20   -FX用語

スワップポイントとは? スワップポイントとは、国と国との金利差から得る利益で、低金利通貨(日本円など)を売って高金利通貨を買うと、金利差から得る利益を毎日受け取ること…

FXの「おはぎゃあああ」とはどういう意味?

2017/02/12   -FX用語

おはぎゃあああとは? 「おはぎゃあああ」とは、投資スラングの一つで挨拶の「おはよう」と叫び声の「ぎゃあああ」を組み合わせたものです。 深夜に相場が急変動して、投資家が目…

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.