くりっく365のメリットとは?店頭取引FXとの違いを解説

投稿日:

LINEで送る
Pocket

FXで勉強中の方は時々「くりっく365」という文字を見て「これなんだろう?」と疑問に思うことがあるのではないでしょうか。

FXなのかそうでないのか。一体どこが違うのか。

くりっく365の公式ページやその他のサイトを見ても初心者の方にはちょっと難しかもしれません。

今回はそこを簡単に説明していきたいと思います。

くりっく365とは?

くりっく365という呼び方は「あだ名」のようなものです。

「くりっく365」はあだ名の部分にあたり、本名にあたる部分は「取引所為替証拠金取引」です。

株式会社東京金融取引所(金融取)が2005年に公的な取引所FXとして上場しました。

要するに、多くのFX会社と同じく、FXができる場所です。

「取引所為替証拠金取引」だと、長いしカタいですね?

「くりっく365」の方が「取引所為替証拠金取引」よりは親しみやすそうなので、そう呼ばれているのです。

FX会社とくりっく365の違いは?

くりっく365は他のfx会社とは何が違うのか確認してみましょう。

まずはくりっく365の公式ページに書かれてあるこちら。

「くりっく365」は、2005年7月に本邦初の公的な取引所FXとして、金融取が上場した取引所為替証拠金取引の愛称です

ポイントは「公的な」と言うところと「取引所」です。

私たちが日々FXで使っているFX会社は、学校で言うところの「私立」で、くりっく365は「公立」と考えると公的の意味がわかりやすいかなと思います。

次のポイントは取引所です。

私たちがFX会社の口座を開設してFXのトレードをすることを「店頭取引」と言います。

一方、くりっく365でFXのトレードをする場合は「取引所取引」となります。

くりっく365は取引所での取引、FX会社は取引所ではないところでの取引です。

ただ、これは形式的なもので、一般にFXをするトレーダーにとっては特に違いはありません。

くりっく365はレートの透明性が高い

くりっく365はレートの透明性が非常に高いのです。

くりっく365では、マーケットメイカー(MM)の6社(コメルツ銀行・ゴールドマン・サックス証券株式会社・ドイツ証券株式会社・野村證券株式会社・バークレイズ銀行・株式会社三菱東京UFJ銀行)がそれぞれ提示したレートの中で、各商品の最良価格(ベストレート)を合成し、東京金融取引所でレートの提示を行っております。

したがって、委託者(投資家)が取引可能なくりっく365におけるレートは提示するMMのベストレートとなります。

https://www.click365.jp/sp/contents08.html

これがくりっく365 のレートの出し方です。

ちなみに、一般的なFX会社のレートはFX会社が設定したレートです。

何が違うのかと言いますと「くりっく365は各マーケットメーカーが提示しているレートの一番いい買値と一番いい売値をチョイスして提示している」とレートの出し方をオープンにしている一方で、FX会社はレートの出し方をオープンにはしていません。

レートの提示の仕方はくりっく365の方が透明性がありますね。

くりっく365は約定拒否がない

さらに、くりっく365にはまだメリットがあります。

それは約定拒否なしいうところです。

基本的に約定拒否はナシ!有利なスリッページに制限なし!というスタイルです。

相場の急変時も安心ですね。

また、私たちに有利なスリッページが発生した場合はマーケットメーカーが提示する一番有利なレートで取引を成立させるとのこと。

これはありがたいですね!

クリック365はスワップポイントが高い

くりっく365のスワップポイントは買いも売りも同じスワップポイントです。

買いのスワップポイントが80なら売りのスワップポイントは-80となってます。

さらにFX会社よりスワップポイントが高い傾向があります。

例として、GMOクリック証券には店頭取引の「FXネオ」と取引所取引の「くりっく365」があります。

2017年2月1日のドル円のGMOクリック証券のくりっく365の買いトレードのスワップポイントは80となっています。

一方、GMOクリック証券のFXネオの買いトレードのスワップポイントは51です。

確かにくりっく365の方がスワップポイントが高いですね。

2月23日現在、2月のスワップポイントをチェックしてみたところ、1日だけ365が低い日がありましたがそれ以外は365の方が断然高いですね。

ちなみにこれはドル円のスワップポイントですので、高金利通貨だともっとスワップポイントがつきます。

例えばトルコリラ円だと2月15日に363となっています。

すごい額ですね。

くりっく365の公式サイトからは口座開設ができない

「よし!くりっく365やってみよう!」と思ってくりっく365の公式ページを見てみても、どこにも口座を開設するページが見当たりません。

くりっく365でトレードしたい場合は「くりっく365を取り扱ってもいいよ~」と認定を受けたFX会社のくりっく365専用の口座を開設しなければいけません。

例えば「GMOさんのFX口座開設してるし、くりっく365やってみよ~」と思ってもくりっく365でトレードはできないのです。

くりっく365でトレードするためには、GMOさんの「くりっく365専用の口座」を開設しなければならないのです。

ちなみに、くりっく365 でトレードしたい場合、GMOさん以外の会社でもトレードできますがいずれもくりっく365 専用の口座を開設しなければトレードできません。

ただ、どこの会社でくりっく365 でトレードしようともレートは同じです。

「くりっく365 を扱ってもいいよ」と認定を受けたFX会社を通して取引所で取引をするというイメージです。

FX会社によってレートが違うと言うことはありません。

他にも、くりっく365は1,000通貨などの低めの取引は行っておらず、1万通貨からの取引しかできません。

手数料無料のくりっく365業者が増えてきた

そして一番大事なポイントが「コスト」です。

スワップポイントがどんなによくても、手数料が発生したりスプレッドが広いともったいないです。

くりっく365は元々手数料を取っていたのですが最近は手数料無料の会社が増えてきました。

増えてきましたが、まだ完全に無料なわけではありません。

会社によってはまだ手数料を取っているところもありますので要チェックですね。

スプレッドについてはくりっく365は固定ではなく変動ですのでFX会社の方が良い時もあればくりっく365の方が良い時もあります。

「くりっく365ラージ」という、手数料有料で10万通貨からの取引をする商品の方はタイトスプレッドがウリの商品ですので平均スプレッドを公表していますが、くりっく365の方では特に公表していないようです。

くりっく365の口座を開設後は、メジャー通貨、高金利通貨など自分の興味がある分野に絞ってスプレッドを日々チェックしてみましょう。

まとめ:くりっく365 でトレードする際のポイント

最後にくりっく365 のメリットとデメリットをふまえ、どんなトレード方法がいいのか考えてみましょう。

まずはメリット、スワップポイントの高さです。

せっかくスワップポイントが高いのでこれを狙ってトレードを組み立てていきたいですね。

スワップポイントをベースにするなら高金利通貨の買いトレードです。

手数料無料でくりっく365 で買いトレードをして長期でポジションを保持すれば、デメリットであるスプレッドが多少広めであってもそこまで影響がないと思われます。

為替差益とスワップポイントがもらえるのであれば多少広めのスプレッドでも目をつぶっていいのかなと考えられます。

トレードの際はくれぐれも慎重に。

スワップ狙いなんだし、どこでもいいから買っちゃえ!はナシですよ。

くれぐれも「為替差益とスワップ狙い」でトレードするように気をつけてくださいね。

万が一、相場の急変があったとしても約定拒否はしないと言っていますので安心ですし、私たちに有利なスリッページが発生した場合はマーケットメーカーが提示する一番有利なレートで取引を成立させてくれます。

「金融取も取扱会社もスワップポイントから利益を得ていません」と言い切っているところも透明性があって安心ですね。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
LINEで送る
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX口座開設

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.