FX口座開設方法の手順!流れ・必要書類・審査時間まとめ

投稿日:

この記事では、これからFXを始めたい人が口座開設のやり方で迷わないように、

  • FX口座開設の流れ
  • FX口座開設の必要書類
  • 審査のポイントとかかる時間

をわかりやすく解説します。

もし、まだどのFX会社で口座開設するか決まっていない人は「FX口座おすすめランキング!初心者向け業者比較【プロトレーダー監修】」も併せてご覧ください。

FX口座開設の流れ

FX口座開設の流れは、次のようになります。

  1. FX口座開設に必要な書類を用意する
  2. 口座開設したいFX会社の申し込みフォームに入力する
  3. 本人確認書類とマイナンバーをFX会社へ提出する
  4. 審査(数日)
  5. ログインIDの書かれた郵便が自宅へ届く

申し込みを完了してから、提出した本人確認書類やマイナンバーなどの必要書類に不備がなければ、手続きが早い業者なら最短で翌日に口座開設が完了します。

多くのFX業者では申込完了から2営業日ほどで口座開設が完了し、その後IDとパスワードの記載された書類が簡易書留で郵送されてきます。

ログインIDが届いたら、もう取引画面へログインして取引を開始することができます。

 

FXの口座開設に必要な書類

まず、FXの口座開設に必要なものは次の3点なので、事前に準備しておくことでスムーズに申込みすることができます。

  1. メールアドレス
  2. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  3. マイナンバー(通知カード、個人番号カード、マイナンバー付き住民票)

メールアドレス

メールアドレスは普段使用しているもので大丈夫です。

もしプライベートなメールアドレスが無いなら「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールで大丈夫ですので、1つ取得しましょう。

登録したメールアドレスには、

  • 審査結果の通知
  • 約定通知
  • 為替レートのアラート通知
  • 追証・ロスカット通知

などのメールが証券会社から送信されてきます。

実際に取引を始めてからもメールは1日に1通送信されてくるかどうかなので、拒否したいほど頻繁にメールが届くようなことはありません。

本人確認書類とマイナンバー

必要書類は次の3パターンのいずれかで、これはどのFX会社でも基本的に同じです。

マイナンバー通知カード+顔写真付き本人確認書類、個人番号カード、マイナンバー通知カード+顔写真なし本人確認書類2点

マイナンバー確認書類は必ず必要です。

それ以外の本人確認書類については、マイナンバーを確認できる書類が「通知カード」か「個人番号カード」かで変わってきます。

①マイナンバー通知カード、マイナンバー付き住民票の場合

マイナンバー通知カードに併せて、以下の書類を「顔写真付き」のものであれば1通、「顔写真なし」場合は2通必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(日本国旅券)
  • 住民票の写し(発行から3ヵ月以内のもの)
  • 印鑑登録証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
  • 「在留カード」または「特別永住者証明書」
  • その他官公庁から発行又は発給された本人確認書類

②マイナンバー個人番号カード(顔写真あり)の場合

他に必要な書類はありません。

マイナンバー個人番号カードの1枚だけでOK。

 

審査ポイントを抑えた申込フォーム入力のやり方

ここからは実際にFX口座開設の手順と記入例を画像を見ながら説明していきます。

申込をするときに、「ヘタなこと書くと落とされるんじゃないか?」って思う項目がありますよね。どう書けば正解なのか迷ってしまった人は参考にしてみてください。

ここでは私がメイン口座で使用しているDMM FXの口座開設画面で説明します。基本的に他のFX会社でも同じ項目なので、他社の場合でも同様だと思って大丈夫です。

「個人口座」か「法人口座」を選択

最初に「個人口座」か「法人口座」かを選択します。

これから始める人は「個人口座」を選択します。

「個人口座」と「法人口座」ではかけられるレバレッジの上限が異なります。

すでに他の事業などで法人化している人で、事業の一環としてFXを始める人は「法人口座」を選択しましょう。

参考記事FX法人口座の作り方とレバレッジ比較【2018年版】

契約締結前交付書面、各種重要事項に全てチェックを入れる

次に、契約締結前交付書面の確認と各種重要事項に全てチェックを入れます。

名前、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所の入力

お客様情報として、名前、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所を入力します。

特に気にする項目は無いので正直に入力しましょう。

電話番号を入力しますが、確認の電話などはかかってきませんので気にする必要はありません。

メールアドレスは間違いがないかよく確認しましょう。

「ご職業情報」はなんでも大丈夫

ご職業

職業はなんでも特に問題はありません。専業主婦や学生、無職だから審査に落ちるということはありません。正直に現在の職業を選択しましょう。

また、ここで会社員や公務員を選択したからといって、職場に在籍確認の電話が来ることも無いので安心してください。

しかし逆に証券会社の社員だったり、上場企業の役員を務めていたりすると、口座開設ができない場合があります。特に証券会社に勤めている場合は、かなり厳しくなります。

せんせえ
資産や収入があれば無職でも大丈夫だよ。

「財務情報」の「年収」「自己資産」は超重要!

財務情報欄は重要です。特に年収と自己資産は審査に大きく関わってきます。

項目ごとにどのような記入が望ましいか見ていきましょう。

年収

年収は審査を通過する上で重要です。年収がゼロだと審査は厳しくなるでしょう。

最低でも「100万円〜250万円未満」で答えられることがベターです。

フリーター・アルバイトなどでも年収100万円程度あれば、あとは自己資産を見てどうなるかといったところです。年収が100万円以下だと基準に達していないとして落とされた例もあります。

また、どれを選択しても年収の証明を求められることはありません

FX会社が直接調べたりすることは無いので、少し多めに書いてしまうこともできなくはありません。「収入に変動幅があるから良い時の収入で申告する」くらいであれば問題無いでしょう。

年収が少ないからといって審査に通らないということはありませんが、少ないより多いほうがいいので、私はどこで開設するときも気持ち多めの額を選択していました。

はじネコ
収入がある程度は無いと、「どうやって生活してるの?」って思いますもんねえ。

自己資産

この自己資産が審査を通過する上でもっとも重要となります。

自己資産が最低100万円以上なければ審査に落ちる可能性が高くなります。

そして自己資産も年収と同様に、額の証明を求められることはありません

私は無職だった時に「250万円~500万円」を選択し審査を通過しています。

せんせえ
投資は余裕資金でするものだから、当然資産はある程度持ってる前提になるね。

保有している自己資産について条件をつけているFX会社は少なくありません。

具体的には、所持している自己資産50万円以上(インヴァスト証券)とか、100万円以上(GMOクリック証券)という具合です。

つまり、この自己資産が審査を通過する上で非常に重要ということが言えます。最低でも100万円以上と書けるように準備したほうがいいでしょう。

FX会社が、実際にお客さんの銀行口座を調べたりはしませんので、サバを読んで申し込みをすることも可能ではあります。しかし投資は余裕資金で行うべきですので、自己資産があまりない人はしっかりと貯蓄するところから始めましょう。

初回振込予定額

初回振込予定額はそれほど重要ではありません。先ほど選択した自己資産の額を超えてしまわないように選択しましょう。

「15万円以上〜50万円未満」あたりを選択しておけば大丈夫です。

「投資目的」「投資経験」は重要

投資目的

投資目的は多くの人が「短期売買」「中長期運用」「為替差益重視」「金利・配当重視」のいずれかになるでしょう。ここは特に重要ではないのでどれを選んでも大丈夫です。

ただ、あまりに安定志向の選択をすると

私はいつも「短期売買」「中長期運用」「為替差益重視」あたりを選択しています。

取引の動機

ここも重要ではありません。

「当社ホームページ」「テレビCM」などで問題ありません。

投資経験

投資の経験は豊富な方が有利ですし高評価です。「投資や金融商品のリスクを正しく理解しているからFXをさせても安心だな」と思われるからです。

しかし、投資経験ゼロで未経験だからといって審査に落とされるとか、口座開設ができないわけではありません。誰でも最初は未経験なわけですから。

投資未経験でも口座開設できますが、経験はあるに越たことはないです。

はじネコ
友達が、「審査落ちする可能性を減らすために、勉強期間やデモトレードの期間も入れて申告した!」って言ってました。
せんせえ
まあ仮に経験ゼロでも、それが審査に致命的というわけではないからね。

これで申込に必要な記入は終了です。

 

本人確認書類とマイナンバーの提出

あとは免許証やパスポートなどの本人確認書類とマイナンバーを送信すれば、無事に口座開設できます。

必要書類は前述の「本人確認書類とマイナンバー」で解説した通りです。

必要書類の送信方法は次の4種類があります。

  • アップロード
  • Eメール
  • FAX
  • 郵送

WEBからアップロードするのが一番簡単で審査も早いですが、ネットだとセキュリティが心配な人はコピーを郵送することも可能です。

また必要書類を写メで撮影するときは、画像のピントを合わせて、書類全体が写っていなければいけません。

写真や文字が不鮮明だと、写真の送り直しを要求されて審査に時間がかかってしまいます。

また、ここで本人確認書類に書かれている住所と申込で記入した住所が正しく一致していないとダメなので、申込時は間違いがないかよく確認しましょう。

必要書類を提出して、審査内容に問題がなければ、記入した住所へFX会社のログインIDとパスワードが記載された郵便物が届きます!

 

審査にかかる時間・日数一覧

審査に必要となる時間は、申し込みから2~3営業日としている取引会社が多いです。営業日で数えますので、土日祝を挟むとその分よけいに時間がかかります。

もし申込から1週間待っても全く連絡がない場合は、FX会社のサポートに状況を確認してみましょう。

FX会社によっては遅い時間の申込でない限り、その日のうちに審査結果が出て、すぐにIDやパスワードなどの必要書類を郵送してくれる場合もあります。

私がメインで使用しているDMM FXなら最短即日開設が可能なのですぐにでも始めてみたい人にオススメです。

実際に、申し込みから口座開設までにかかった日数を次にまとめました。

SBI FXトレードは審査結果連絡が遅い!時間・日数の目安

SBI FXトレードは18歳から口座開設が可能で、資産・年収の審査が比較的やさしいので人気があります。

しかし、審査結果が出るのが他社より遅いので、少し気長に待つ必要があります。

実際に口座開設してみたところ、申込受付から口座開設完了まで4営業日かかりました。

sbi fxトレード審査結果

審査に落ちてしまった場合

もし審査に落ちてしまっても再審査を受けることができます。

ちなみに私も一度審査落ちした後に、再度申し込みをして無事に通過したことがあります。

再審査を申し込む前に、何が問題だったか、他に審査が簡単なFX会社はないのか、など一度見直しをしてから再審査に臨みましょう。

審査落ちする原因の多くは「資産・年収が基準に満たなかったから」です。

実際に無職で審査を通過した時に入力した資産・年収は「無職、学生がFX会社13社を審査落ちゼロで口座開設した方法」にまとめていますのでご参考ください。

口座開設通知
無職、学生がFX会社14社を審査落ちゼロで口座開設した方法

FX口座開設の審査は、専業主婦や学生、無職(ニート)、フリーターでも問題なく通過できます! しかし中には、審査に落ちて新規口座開設できなかったと言う人もいますので、どう…

 

よくある質問

最後に、FXの口座開設の際によくある質問をまとめています。

口座開設費や維持費はかかりますか?

当サイトで紹介しているFX会社は全て、口座開設費、維持費、年会費など無料です。

職場などに電話確認がかかってくる?

サラリーマンなどは職場などの勤務先に電話確認が来ないかを気にする人が多いです。会社で副業を禁止されていてバレるとまずい等、理由は様々です。

安心してください。職場などの勤務先に在籍確認の電話がかかることはありません

たまに在籍確認を恐れて、サラリーマンなのに「無職」と書いたりする人がいますが絶対にNGです。

自ら審査に落ちる可能性を高めてしまいますし、虚偽の内容を記入してしまうことになるので、そんな嘘を書くのは止めておきましょう。

マイナンバーを提出して、そこから職場にバレたりしない?

これもよくある質問ですが、大丈夫です。

FX会社は、顧客のマイナンバーを税務署向けの支払調書に記載するだけなので、そこから勤務先の会社に連絡がいったり、バレたりすることはありません。

FXと関係ないところに利用されることはまず無いから安心してください。

参考記事FXの口座開設にマイナンバーが絶対必要な理由

マイナンバーが不要な証券会社はないの?

現在、金融庁の許可を受けた国内FX会社は全てマイナンバーの提出が必要です。

ブラックリストに載ってても審査に通る?

ブラックリストに載っていてもFX口座開設の審査は問題なく通ります。安心して申込してください。

「ブラックリストに載る」とは、クレジットカードの支払いが滞った時や破産した場合などに、事故情報や延滞情報として金融機関の個人信用情報に登録されることです。

FXの口座開設では、その人がブラックリストに載っているかどうかの確認はありません。もしブラックリストの人で審査に落ちたら、それは収入や資産額など他の原因で落ちた可能性が非常に高いです。

FX口座開設の審査に借金は関係ない?

銀行やサラ金から借金がある場合でも、口座開設やFXをすることは可能です。

なぜかというと、FX会社が銀行やサラ金から借り入れ状況を調査することは一切ないからです。

過去に自己破産をしていても同様にFXをすることができます。

しかし、借金をしてまでFXをすることは非常に危険なのでオススメしません。

家族に知られずにFXをするには?

基本的に、FX口座開設は申込から本人確認書類送信まで、ネット上のやり取りで全て完結します。ですから、申し込みのやり取りで家族にばれることはありません。

しかし、口座開設の申し込みが終わり、審査に通るとIDとパスワードが郵送されてきます。その郵送物を見られて家族にばれてしまうという可能性はあります。IDとパスワードはこの郵送物でしか確認ができないので、必ず受け取らなければなりません。

どうしても家族に知られたくない場合は、口座開設完了のメールを受けてからは、極力家にいて郵送物をすぐに受け取れる体勢でいましょう。

銀行員ですがFXの口座開設はできますか?

銀行員で以下の項目に当てはまる人は口座開設ができません。

FX会社自体は銀行員からの申込を断っているわけではないため、まずは現在の勤務先の規定でFX取引が許可されているかどうかを確認し、問題がなければ申込が可能です。

金融商品取引業者や登録金融機関(銀行・保険会社等)の役職員である場合は、投機的利益の追求を目的として有価証券の売買その他の取引等を行うことが禁止されています。

(金融商品取引法第38条第6号、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第12号)

日本証券業協会に加入している金融商品取引業者(FX業者等)や登録金融機関(銀行・保険会社等)に勤務し、金融先物取引業務に従事している人は、勤務先が取り扱っている金融先物取引を行うことが禁止されています。

(金融先物取引業協会「金融先物取引業務に従事する従業員等の服務に関する規則」第4条)

マネフルFX編集部

「FXを始めたいけど失敗したくない!」という初心者の人に、FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などを一から順番に丁寧に解説します。

記事下

2018年版!最強FX口座ランキング

-口座開設の審査

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2018 All Rights Reserved.