レンジ相場とは?判断方法と利益を上げる手法

投稿日:

レンジ相場とは

レンジ相場とは、一定の値幅を上下に行ったり来たりを繰り返している相場のことです。

反対に、トレンド相場というのはレートが上がったり、下がったりする展開なので、上下どちらかに向かって方向感があります。しかし、レンジ相場にはそのような方向感はなく、どっちつかずの均衡状態が継続します。

トレンド相場とレンジ相場

相場はトレンド相場(上昇、下降)とレンジ相場で作られていますが、レンジ相場が約7割を占めると言われています。

たとえば、レートが上がり始めたから上昇トレンドだと思ってロングを注文したとします。もし予想通り上昇のトレンド相場であれば、その後レートが上がります。しかし、もしレンジ相場であればすぐに戻されて損失になります。

トレードをする場合は、トレンド相場かレンジ相場か、相場環境を見極めることが重要です。その判断にはテクニカル指標が役に立ちます。

 

レンジ相場の特徴

レンジ相場は、売りと買いがどっちつかずの均衡状態で、ある一定の値幅の中で上下に動きます。この値幅は広いものや狭いものがあります。

基本的には上下に水平線を引き、その範囲内での値動きとなります。

しかし、レンジ相場もいずれ終わりがきます。上下どちらかの水平線をブレイクすると均衡が崩れ、一方向に一気に動き始めます。レンジ内でトレードをしていたトレーダーのロスカットも巻き込むので、その動きは非常に大きくなります。

レンジブレイクの判断は慎重にしなければなりません。「だまし」も頻発するので、ブレイクした時は、常に「だまし」の存在を念頭に入れておきましょう。

 

レンジ相場とトレンド相場の判断

レンジ相場

レンジ相場を知るには、上下に水平線を引きます。

上の線をレジスタンスライン、下の線をサポートラインといいます。その範囲内で上下にレートが動いていればレンジ相場です。またはBOX相場と呼ぶこともあります。

水平線の上下ラインに合わせてレートがピッタリと行き来するとは限りません。ラインに到達する手前で引き返すこともあります。

また、水平線ではなくトレンドラインで三角形を作り、その範囲内で行き来するレンジ相場もあります。これは三角保ち合い(ペナント)といいます。

これもブレイクするまでは、ラインの範囲内を行き来することになります。三角保ち合いの代表的なパターンをご紹介します。

三角保ち合い

2本のトレンドラインによって三角形をつくるレンジ相場。この場合、レンジブレイクは上下どちらかの方向にブレイクします。

上昇三角形

高値はレジスタンスラインで抑えられ、安値は切り上げるパターンです。この場合、上方向にブレイクすることが多いです。

下降三角形

このパターンでは、安値はサポートラインで支えられ、高値は切り下がっています。レンジが終わると、下方向にレンジブレイクすることが多いです。

上昇フラッグ

安値高値を切り下げながら、最後に上方向にブレイクします。

下降フラッグ

安値高値を切り上げながら、最後に下方向にブレイクします。

トレンド相場

トレンド相場とは、ある程度の傾きと勢いをもって、一定方向に進んでいく相場です。トレンドには上昇トレンドと下降トレンドの2種類があります。

上昇トレンド

上昇トレンドは、高値と安値を切り上げながら、上方向へ進んでいきます。

下降トレンド

一方、下降トレンドはその反対で、高値と安値を切り下げながら、下方向へ進んでいきます。

 

レンジ相場とレンジブレイク

ブレイクと騙し

相場はレンジとトレンドを繰り返します。レンジの後はトレンドが発生しやすいです。レンジでは多くの市場参加者の資金が溜まっており、その後にブレイクするのを待ち構えています。ブレイクしたら一斉にその方向に乗っていくので、トレンドが生まれやすくなっています。

たとえば、以下の図のようなブレイクは、一旦ブレイク後に押し目を作ってトレンドに入るパターンです。これは理想的なレンジブレイクですが、中には押し目を作らずそのままトレンドに流れてしまうこともあります。

また上方向にブレイクするときは、以下の図のようにレンジ内で安値を切り上げていくこともあります。つまり、レンジ内の中で、すでにトレンドの初動が始まっているわけなので、このような動きになります。

レンジブレイクと判断するのは大変注意が必要です。なぜなら、相場ではよく「だまし」が発生するからです。この「だまし」がクセ者です。

たとえば、以下の図を見て下さい。レンジ相場でレジスタンスラインを一度越えたので、上方向にブレイクすると思いきや、また中にくぐって結局下方向へブレイクしたパターンです。

これも実際の相場ではよく起こります。つまり一度レジスタンスラインを抜けたのは「だまし」だったのです。つまり、ラインを抜けたからと言ってすぐにレンジブレイクしたと判断するのは時期尚早なのです。できれば、あと数本のローソク足の動きを確認してからの方がいいでしょう。

「だまし」という言葉はあまりいいイメージがないかもしれませんが、実はとても役に立つのです。もしライン抜けが「だまし」であると判断できれば、次は逆方向へ向かっていくので付いていけばいいのです。つまり「だまし」は最強のサインというわけです。

レンジ相場で取るべき手法

レンジ相場での手法はたくさんありますが、ここでは基本的な手法をご紹介します。

サポレジライン

2本の水平線ラインの上線(レジスタンスライン)に届いたら売り、下線(サポートライン)に届いたら買いを注文するという手法です。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドを使ってレンジ相場にエントリーするには、まずボリンジャーバンドの形状に注目しましょう。バンドがエクスパンションしていればトレンドが発生しているということになります。レンジ相場の時は、バンドは比較的平行になっています。

エントリーポイントは、±σ2付近で、反転したのを確認してエントリー。イグジットポイントは、反対側の±σ2あたりに到達した時点です。

中には場合によっては±σ3まで表示させている方もいらっしゃると思います。そうした場合は、±3σも注意してみて下さい。

RSI

RSIは70%以上なら買われ過ぎ、30%以下なら売られすぎということになるので、それぞれのラインを越えてからエントリーする手法です。

トレードの見送り

相場の大部分はレンジ相場です。ですから、レンジでトレードができると、トレードチャンスが格段に増えます。

しかし、レンジ相場のトレードは少し注意が必要です。次のような場合は、トレードを見送った方が無難です。

  1. 重要な経済指標や要人発言の前
  2. レンジ相場とトレンド相場の区別が難しい場合
  3. レンジ内の動きに勢いがある場合
  4. レンジがあまりにも長くなっている場合

特に、③のレンジ内の動きに勢いがある場合というのは、レンジブレイクが近い、もしくは既にトレンドが始まっているという可能性もあるわけです。基本的にレンジ相場は均衡状態なのでゆっくり動くことが多いのです。

このように、相場にあるレンジ相場とトレンド相場の2種類をしっかり見分けられるようになりましょう。また、チャートは見ている時間足によっても異なる形状を作っています。一つの時間足だけを見続けないで、何種類か同時に見ておいたほうがいいでしょう。

レンジ相場とトレンド相場を見極めることは、トレーダーの第一歩です。しっかりチャートをみて、いろいろな線を引きながら試してみましょう。

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-チャート分析

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.