NZドル円スワップポイント比較!金利の高いおすすめFX会社は?

更新日:

nzドル円スワップポイント比較

高金利通貨といえばトルコと南アフリカが人気ですが、以前はオーストラリア、ニュージーランドなどのオセアニア通貨が代表格でした。

オセアニア通貨は昨今の政策金利の低水準から、かつてほどの人気はなくなりました。それでも、ニュージーランドは主要国通貨の中で最も金利が高いため、まだまだ人気は健在です。

ニュージーランドはオーストラリアの隣に位置しているので、よくオーストラリアと同様に鉱物資源国であると誤解されます。オーストラリアは鉱物産業の輸出大国ですが、ニュージーランドには、こうした資源はありません。ニュージーランドは世界的な酪農大国で、輸出に占める酪農の割合は3割にものぼります。

今回は、これからNZドル円のスワップ投資を始めてみようという人のために、NZドル円のスワップポイントについて解説します!

ニュージーランドドル(NZドル)の特徴

NZドルは、通称キウィドルとして知られています。ニュージーランドは酪農業が中心の国なので、大きな経済力はありません。

そのためNZドル取引の全体量は少ないです。そうなると、機関投資家などによる大量注文が入った時に、値が大きく動くので、短期トレードには注意が必要です。

スワップ狙いの中長期的トレードであれば、そうした激しい値動きはあまり気にしなくてもいいので、スワップポイントで十分利益を期待できます

それでは、NZドルの特徴を項目別に見てみましょう。

ニュージーランド政策金利の推移

ニュージーランドの政策金利は、2016末から1.75の据え置きです。ニュージーランドの中央銀行にあたるニュージーランド準備銀行は、今後2年間の利上げは見込まないことを発表しています。

かつては8%前後あった政策金利も、世界的な金融緩和の流れの中、ニュージーランドも低金利で推移していく傾向がしばらく続きそうです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75 1.75
2016年 2.50 2.50 2.25 2.25 2.25 2.25 2.25 2.0 2.0 2.0 1.75 1.75
2015年 3.50 3.50 3.50 3.50 3.50 3.25 3.00 3.00 2.75 2.75 2.75 2.50
2014年 2.50 2.50 2.75 3.00 3.00 3.25 3.50 3.50 3.50 3.50 3.50 3.50
2013年 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50
2012年 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50
2011年 3.00 3.00 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50
2010年 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.75 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00 3.00
2009年 3.50 3.50 3.00 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50 2.50
2008年 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.00 8.00 7.50 6.50 6.50 5.00

また、高金利通貨といわれる国の政策金利を比較してみると、トルコや南アフリカに比べてかなり低いで。しかし、ニュージーランドは国債格付けも高く、国の信頼性、経済の安定性に魅力があります。

トルコ 南アフリカ オーストラリア ニュージーランド
政策金利 8.00 6.75 1.50 1.75

(2017年10月現在)

 

スワップポイントはいくらもらえかシミュレーション

それではNZドル円で毎日得られるスワップポイントはいくらになるか見ていきましょう。

まず最も高いスワップポイントでNZドル円のスワップを計算した場合のシミュレーション予測をしてみます。

例えば、店頭FXで最もスワップポイントの高い「ヒロセ通商」だと、1日のスワップポイント60円、取引通貨量を10万通貨とした場合、1日で600円の金利が得られます。

そして、一カ月後に18,000円、一年後に216,000円得られることになります。

また、年間利回りは、NZドル円を78円、スワップポイントを60円で計算した場合、約3.6%になります。

スワップポイント金利一日あたり60円、10万通貨運用した場合
運用日数 スワップ金利
1日 600円
1ヵ月 18,000円
1年 216,000円
3年 648,000円
5年 1,080,000円
10年 2,160,000円

 

NZドル円のスワップ、一番高いFX業者はどこ?

スプレッド、スワップポイント、最低取引通貨などの取引条件はFX会社によって違います。取引をする前は、それぞれポイントを押さえておきましょう。

FX会社 スワップポイント
(1日、1万通貨あたり)
スプレッド
(原則固定)
最低取引通貨 スワップ
引き出し
ヒロセ通商 60円 1.0 1,000通貨 ×
くりっく365 41円 4.0 1万通貨 ×
DMM FX 41円 1.2 1万通貨
SBI FXトレード 41円 0.99 1通貨
GMOクリック証券 42円 1.2 1万通貨
アイネット証券 40円 2.0~6.5 1万通貨
YJFX! 41円 1.2 1,000通貨

(2017年11月8日現在)
注:クリック365、アイネット証券のスプレッドは変動制

スワップポイントはヒロセ通商が60円と最も高いスワップポイントを提供しています。その他の会社は同程度です。

とは言え、スワップ狙いの長期トレードではこうしたわずかな違いでも、毎日の積み重ねによって大きな差異を生むことがあるので、できるだけ多い利益が得られる会社を選ぶべきです。

次に、月間のスワップポイントをランキング形式でみてみましょう。

月間スワップポイントランキング(2017年10月度)

1位:1,800円 ヒロセ通商

2位:1,538円 GMOクリック証券

3位:1,524円 くりっく365

4位:1,514円 YJFX!

5位:1,272円 DMM FX

6位:1,207円 SBI FXトレード

注1:一万通貨あたりのスワップポイント
注2:アイネット証券はHPに記載がないため除外

1日に付与されるスワップポイントランキング1位のヒロセ通商が、月間スワップポイントランキングでも1位となっています。

くりっく365、DMM FX、SBI FXトレードは、1日に付与されるスワップポイントが41円でも、月トータルでは会社によって差が出ています。

例えば、同じ41円スワップのくりっく365とSBI FXトレードを比較すると、月間で317円も差が出ました。

スプレッドランキング

1位:0.99銭 SBI FXトレード

2位:1.0銭 ヒロセ通商

3位:1.2銭 DMM FX

3位:1.2銭 GMOクリック証券

3位:1.2銭 YJFX!

6位:2.0-6.5銭 アイネット証券

7位:4.0銭 くりっく365

注1:くりっく365、アイネット証券のスプレッドは変動制
注2:SBI FXトレードのスプレッドは期間限定、1万通貨まで

スプレッドランキングをみると、スワップポイントで一番低かったSBI FXトレードが最も狭いスプレッドを提供しています。

またアイネット証券とくりっく365は変動制スプレッドを採用しているので、取引の際は注意が必要です。

 

NZドル円スワップ金利が最も高いFX会社ランキング

第1位:ヒロセ通商

ヒロセ通商」はスワップポイントに大変力を入れているFX会社です。

NZドル円のスワップポイントは1日60円、月間で1,800円と断トツの1位です!スプレッドも1.0銭と業界最狭水準です。

オセアニア祭りというキャンペーンも行っていて、NZドル円取引高に応じて、最大10万円のキャッシュバックがあります。

さらにNZドル円スプレッドは原則固定で、1.2銭から1.0銭まで下がったところです。

このようにスワップポイント、スプレッドから検討しても、業界トップといっていいでしょう。短期トレードもスワップ狙いの長期トレードも、お得です。

ちなみに、ヒロセ通商の子会社である「JFX」でもほぼ同様の条件で取引できます。

ヒロセ通商
ヒロセ通商(LionFX)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

ヒロセ通商(LionFX)は、高い総合力と豊富なキャンペーンで初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「ヒロセ通商の…

続きを見る

第2位:GMOクリック証券

GMOクリック証券」は、特にキャンペーンはしていませんが、スワップポイントは業界トップレベルの1日あたり42円。

月間のスワップポイントも1,538円と、一位のヒロセ通商に次ぐ高水準となっています。

ヒロセ通商ではできない、ポジション未決済のままスワップポイントだけ引き出しすることも可能です。

スワップ狙いには大変おススメの会社と言えるでしょう。またスプレッドも1.2銭と狭いので、短期トレードにも安心です。

GMOクリック証券(FXネオ)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

第3位:くりっく365

くりっく365は、1日につくスワップポイントは41円、月間スワップポイントは1,524円となっているので、かなり良い条件です。スワップ狙いには十分です。

スプレッドの方は変動制ですが、公表値4.0銭なので、かなり広いのがネックです。

 

NZドル円10年間の為替レート推移

NZドル円チャート

NZドル円は2000年に財政悪化により史上最安値の41.94円を付けました。

しかし、その後は世界的な好景気とともにニュージーランド経済も回復。さらに豪ドルと同様に高金利通貨として人気がではじめたことも合わせて、2007年には100円目前まで上昇しました。

ところがその後、アメリカのサブプライムローン問題とリーマンショックをきっかけに下落。一時は史上最安値付近まで近づきました。

NZドル円は、世界経済のニュース、特にアメリカのニュースには大きな影響を受ける傾向があります。またオーストラリア、中国にも影響を受けるので要注意です。

リーマンショック後、少しずつ回復してきていますが、最高値を超える勢いはありません。NZドル円と相関性の高い豪ドル円も弱いので、場合によっては今後下落リスクもあるかもしれません。これは中国リスクが要因でもあります。

2017年9月に行われた総選挙で政権交代が決まると、大きく下落しました。しかし、今後の見通しはニュージーランド経済が安定しているので、中長期的に見ると上昇するのではないでしょうか。このように、関係国からの影響で為替が不安定なのがNZドルです。

2008年9月、リーマンショック

アメリカのリーマンブラザーズが破綻した、いわゆるリーマンショックでは、NZドル円は40円台まで急落しました。

5割以上もの下げ幅をつけた原因は、先進国の主要通貨に比べて流通量、取引量が小さいからです。このようにNZドルは何か大きなニュースがあれば、値動きが荒くなります。

2013年、アベノミクス始動

日本の経済政策アベノミクスは全てのクロス円で円安が進行したため、NZドル円も上昇しました。

2015年8月、チャイナショック

2013年からアベノミクスが始まり、NZドル円は上昇を見せていましたが、2015年のチャイナショックの影響を受け、下落へ転じていきました。

ニュージーランドの最大貿易相手国は隣国オーストラリアです。オーストラリアは中国との貿易が活発なので、このチャイナショックで豪ドルが暴落。それに連動してNZドルが売られる結果となりました。

2016年6月、EU離脱のイギリス国民投票

この日は全面的にリスクオフで円が買われたので、NZドル円も下落しました。しかし、その後レートは回復しています。

基本的にはNZドルはイギリスより経済大国アメリカの影響の方が大きい傾向にあります。

 

NZドル円の最高値と最安値

最高値

NZドル円の最高値は、2007年7月、97.76円。

最安値

NZドル円の最安値は、2000年10月、41.94円。

 

NZドル円を運用する上での注意点

経済指標発表について

NZドルの取引に注意が必要な経済指標は次の通りです。

  • 国内総生産(GDP)(3、6、9、月上旬)
  • 消費者物価指数(CPI)(1、4、7、10月下旬)
  • 貿易収支(毎月下旬)(毎月下旬)
  • 生産者物価指数(PPI)(2、5、8、11月下旬)

特に、輸出大国なので貿易収支は重要です。

主な指標は日本時間の早朝に発表されることが多いです。この時間帯は取引量も少ないので、こうしたニュージーランドの指標によって大きく動くことがあるため、経済指標には注意が必要です。

オーストラリアドルとの相関性

NZドルの値動きは、隣国オーストラリアドルと相関性があると言われています。

オーストラリアは、ニュージーランドにとって最大の貿易国です。よって、オーストラリアの経済指標でNZドルがダイレクトに影響を受けることがあります。

また、オーストラリアの最大貿易相手は中国です。中国の経済指標がオーストラリアに影響を与えるので、結果としてニュージーランドにも影響が及んできます。

そのため、中国の経済指標にも注意が必要になるという、まさに板挟みの通貨がNZドルなのです。

 

NZドル円取引のリスクは?

日本時間の早朝から午前にも大きく動く

ニュージーランドの経済指標は日本時間の早朝に発表されることが多いので、この時間の値動きが大きくなることが多いです。

また、NZドル円は流通量が少ないので、突発的にボラティリティが大きくなる傾向があります。万が一、指標結果が悪ければ、一気に下落するという単純な動きをします。

スワップポイント狙いでのトレードであれば、短期トレーダーほど敏感になる必要はありませんが、レバレッジをかけている場合には資金管理に十分な注意が必要です。

コモディティ価格に影響される

また、ニュージーランドは酪農業が中心なので、コモディティ価格と相関性があります。コモディティの価格変動に影響を受けやすいというリスクがあります。

コモディティ(commodity)とは、原油やガスなどのエネルギー、金・銀・プラチナなどの貴金属、小麦・大豆・とうもろこしなどの穀物、銅・アルミといった非鉄金属などのことです。

このように、ニュージーランドドルの価格を動かす要因は多岐にわっています。

また、ちょっとした出来事や、大口の取引が行われた際に大きく相場が動いてしまうというリスクがあります。

NZドル円のトレードには、こうしたリスクを念頭に余裕を持った資金管理でのぞみましょう。スワップ狙いで長期保有するのであれば、NZドル円はおススメです!

次にこちらの記事が読まれています

FX会社のスワップポイントを一覧で徹底比較

目次1 スワップポイントは高いほうが絶対に良い2 スワップポイント比較一覧表3 トルコリラ円のおすすめ業者は「FXプライムbyGMO」4 豪ドル円、NZドル円のおすすめ業者は「ヒロセ…

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-スワップ金利

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.