ユーロ円スプレッド比較

更新日:

この記事では、FXのユーロ円について、スプレッド比較や最安値・最高値、直近10年の出来事や特徴など徹底解説します。

ユーロ円スプレッド比較!最安はここ

人気FX会社のスプレッドを一覧で比較しました。一度の注文数量によってスプレッドが変わる業者もあるためそれも合わせて記載しています。

ユーロ円スプレッド(原則固定)
FX会社 最小取引単位 1万通貨まで 10万通貨まで
DMM FX 10000 0.5
GMOクリック証券 10000 0.5
SBI FXトレード 1 0.39 0.49
マネックスFX 1000 0.5
YJFX! 1000 0.5
JFX 1000 0.5
ヒロセ通商 1000 0.5
外為オンライン 1000 2.0
マネーパートナーズ 100 0.7
FXプライムbyGMO 1000 1.3
外為どっとコム 1000 0.5
外為ジャパン 1000 0.5
FXTF 1000 0.6
楽天FX 1000 1.1
アイネット証券 1000 1.4

スプレッド最安ならSBI FXトレード

ユーロ円の取引なら、「SBI FXトレード」のスプレッドが0.39〜0.49銭で他社より一歩抜きん出た狭さです。

また最小取引単位が1通貨なので、1万円ほどの少額からでもFXをスタートすることができます。

少額から始められ、コストも最安なので、初めてFXをする人は「SBI FXトレード」を選べば間違いありません。

総合力はDMM FXとGMOクリック証券の2強

DMM FX」と「GMOクリック証券」の2社は、トレーダーから特に人気があるFX業者です。

全通貨ペアにおいてスプレッドの狭さと安定性、約定力、取引ツールの使いやすさなど総合力の高さが他社より優れています。

1万通貨を超えるユーロ円取引では、SBI FXトレードより0.01銭スプレッドが広いのですが、0.01銭は1万通貨でも損益たった1円の差なので気にする金額ではありません。

資金が30万円など、ある程度まとまった元手でスタートする人なら間違いなくこの2社を選ぶのが正解です。

 

ユーロ円の特徴

平均変動値幅と時間帯の特徴

2017円のユーロ円の変動幅は、高値134.29円(10月24日)、安値115.17円(4月14日)なので、変動値幅は19.12円です。

1ヵ月の変動幅は平均3.6円、1日の変動幅は平均1.4円です。

日本時間の日中にあたる東京マーケットの時間帯は変動率が小さいです。日本時間午前9時前後に少し変動率が大きくなりますが、その後の東京市場の価格変動は小さくなっています。

日本時間午後3時位からはロンドン市場の開場時間になるので、ヨーロッパやロンドンの投資家たちが入ってきます。そのため、価格変動率が大きくなってきます。

その後、ニューヨークオープンを迎え、日本時間午前0時ごろにむけてまた変動率が大きくなる特徴があります。

 

ユーロ円10年間の為替レート推移

ユーロはドルに次ぐ基軸通貨なので取引量が多い通貨です。現在ヨーロッパの25カ国で使われているEU単一通貨です。(イギリス、スイスは除く)

ユーロ円チャートの推移はドル円と似たところもありますが、少し違います。ユーロの特徴として、ギリシャ問題、Brexitなどヨーロッパに関する大きな出来事で相場が動いていることがはっきりチャートで見ることができます。

またヨーロッパ諸国の財政問題については重要です。イタリア、スペインなど財政問題が悪化すれば、ユーロの価値も下がります。EUの現状として、ドイツが経済大国として安定する一方で、周辺国間での格差問題が懸念されるところです。

さらに、イギリスのユーロ離脱はユーロにとっては正念場。イギリスのユーロ離脱プロセスは今後のEU存続において大変重要なポイントです。イギリスが事を有利に運んでしまえば、第二の離脱を招く危険性もあるため、EU結束力が損なわれてしまいます。

その他、EUは地理的にテロ問題に巻き込まれることが多いです。同時に移民問題もあるので問題が山積みとなっています。

このように、ユーロ円の取引には、ファンダメンタルズ分析はとても重要なポイントです。取引する場合、こうしたEUのニュースをしっかり確認し、相場の大きな流れを理解しておくことが大切です。

2008年9月、リーマンショック

アメリカのサブプライムローン問題を引き金に発生した2008年9月アメリカの投資銀行リーマンブラザーズの破綻。

この破綻により、世界の株価と為替が大暴落したので、ユーロ円も円高ユーロ安となりました。

2009年10月、ギリシャ債務問題

ギリシャは政権交代を機に財政赤字が公表値より大幅に悪いことが表面化し、マーケットではユーロ下落と世界中の株価暴落を招いた大事件でした。通称、ギリシャ危機と呼ばれています。

現在は、EUからの経済支援により財政立て直しが進み改善が進んでいるところですが、今後のギリシャにも注目です。

2013年、アベノミクス始動

日本の経済政策アベノミクスは、ドル円をはじめ、全てのクロス円で円安が進行したため、ユーロ円も上昇トレンドへ転換する契機となりました。

2016年6月、EU離脱のイギリス国民投票(brexit)

イギリス国民投票でEU離脱派が優勢との報道で、ボンド下落と同様、ユーロ円も下落。ユーロ円の下げ幅は5%、一時112円台の円高ユーロ安をつけました。

イギリスがEUを離脱すると、EU全体の景気の悪化が予想されるので、ユーロが売られることになりました。しかし、下落は一時的でその後は回復しています。

 

ユーロ円の最高値と最安値

最高値

ユーロ円の最高値は、2008年7月、169.93円。

最安値

ユーロ円最安値は、2000円10月、88.87円。

 

ユーロ政策金利の推移

ユーロの政策金利を決めているのはECB(欧州中央銀行)です。毎月発表。現在は、ゼロ金利が続いています。

ユーロ政策金利(単位:%)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
2011年 1 1 1 1.25 1.25 1.25 1.5 1.5 1.5 1.5 1.25 1
2012年 1 1 1 1 1 1 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75 0.75
2013年 0.75 0.75 0.75 0.75 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.25 0.25
2014年 0.25 0.25 0.25 0.25 0.25 0.15 0.15 0.15 0.05 0.05 0.05 0.05
2015年 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05 0.05
2016年 0.05 0.05 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2017年 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

トレードする上で要注目の経済指標

ユーロ円は、ユーロ圏の経済指標結果に対して単純な動きをすることが多いです。経済指標が悪かったらユーロが売られ、良ければ買われるということです。

ユーロ円トレードで最も重要な経済指標は、ECB(欧州中央銀行)政策金利発表、失業率、ZEW景況指数、生産者物価指数です。

ECB政策金利

最も注目されるのがECB(欧州中央銀行)の政策金利発表です。政策金利が引き上げられればユーロ買いでユーロ高、金利引き下げになればユーロ売りでユーロ安に動くのが基本的なシナリオです。

ただし、市場が織り込み済みであれば、セルザファクトとなるので、発表と同時に逆の流れが起こるので注意して下さい。いずれにせよ、マーケットの注目度は大きいので、相場が一気に動くことがあります。

また、政策金利発表後にあるECBドラギ総裁のコメントもまた影響力が大きいので要チェックです。

ユーロ圏失業率

ユーロ圏の雇用関連発表は注目度大です。ユーロ圏の失業率はだんだん改善していますが、まだ8.9%と高い水準となっています。※2017年11月時点

ユーロ圏GDP

ユーロ圏経済の状況を把握する上でGDPは非常に注目が集まります。GDPは好調で、右肩上がりを続けています。しかし、イギリスのユーロ離脱交渉があり、今後の展開はまだまだ不安要素を含んでいます。

ドイツの経済指標

EUの中でドイツは経済的に一強状態です。貿易収支、経常収支は大きな黒字となっています。ユーロ圏の指標より、ドイツの経済指標の方が相場を動かすことも多いです。特に気をつけた方がいいドイツ経済指標は失業率、貿易収支、GDPです。

アメリカの経済指標

その他ユーロ円の特徴として、アメリカの経済指標にも影響を受けることがあります。中でもドル円が大きく動かされるような経済指標発表(政策金利、雇用統計など)では、ユーロ円も連動することが多いので、アメリカの経済指標も要チェックです。

マネフルFX編集部

「FXを始めたいけど失敗したくない!」という初心者の人に、FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などを一から順番に丁寧に解説します。

Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.