FXの1Lot、1枚、1万通貨単位とはどういう意味?

投稿日:

この記事では、FXでは避けては通れない「Lot」「枚数」「1万通貨」という用語を解説します。

これは、FXでの利益と損失に直結する大切な言葉で「取引数量を表す単位」のことです。どちらかというとFXの用語の中では、比較的意味がイメージしやすいものだと思います。

しかし、1マイルが「歩いてどのくらい時間がかかるのか?」いまいちピンとこないのと同じように、FX初心者が1Lotや1万通貨の取引で「どのくらい利益を出せるのか?」は、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか?

一度覚えてしまえば日常の金銭感覚と同じように、FXの損益をイメージできるようになります。一つ理解できれば次の言葉の理解はとても早いので、あせらず一歩ずつ勉強していきましょう!

取引単位の種類(Lot、枚数、数量、通貨)

取引単位には主に次のような種類がありますが、FX業者で使っている単位はバラバラです。

取引単位 表示例
Lot(ロット) 1Lot、10Lot、100Lot
枚数 1枚、10枚、100枚
数量 数量1、数量10、数量100
通貨 1,000通貨、10,000通貨

上記の表を見ていただければわかると思いますが、「Lot」「枚数」「数量」は全て同じ意味と考えて大丈夫です。

そして「通貨」だけは全社共通の基本単位です。

つまり、単純に「一定の量の通貨」をひとまとめにして「1Lot」「1枚」「数量1」と便宜上呼ぶようしているだけなんです。

もちろん「通貨」しか取引単位を使わないFX業者もあります。

 

取引単位はこんな場面で必要になる

FXをするうえで、この取引単位は次のような場面で必要になります。

  • 通貨ペアの必要証拠金を確認する
  • 利益と損失をイメージする
  • 最小取引単位を確認する
  • 取引上限を確認する
  • 注文画面で取引数量を指定する

つまり、資金を用意して実際に注文を出すまでに絶対に必要な言葉であって、そのFX業者の「取引ルール」を理解するためには欠かせない言葉なんですね。

 

取引単位は各社で違う

では、代表的なFX業者の取引単位を見てみましょう。

FX業者 取引単位 最小取引単位
SBI FXトレード 通貨 1通貨
FXプライム 数量 数量0.1=1,000通貨
外為オンライン 数量 L25 mini・L25R miniコース:数量1=1,000通貨
L25・L25Rコース:数量1=1万通貨
GMOクリック証券 数量 数量1=1万通貨
インヴァスト証券 枚数 1枚=1万通貨
DMM FX Lot 1Lot=1万通貨
ヒロセ通商 Lot 1Lot=1,000通貨
外為どっとコム Lot 1Lot=1,000通貨
XM
(エックスエム)
Lot スタンダード口座:1Lot=10万通貨
マイクロ口座:1Lot=1,000通貨
AXIORY
(アキシオリー)
Lot 0.01Lot=1,000通貨

FX業者と通貨ペアによってバラバラですね。

SBI FXトレードは「Lot」などの概念はなく、素直に通貨数量を指定して注文が可能です。

そのほかのFX業者は、「Lot」「数量」「枚数」を指定して注文をしますが、トレードツールの注文画面には「×10,000」「〜万通貨」など表示されているところもあるので参考にしましょう。

また、代表的な海外FX業者であるXMとAXIORYは、日本のFX業者とはLotに対する考え方も最小取引単位もぜんぜん違います。

基本的に海外FX業者はオススメしませんが、もし今後、利用する機会があれば注意してください。

 

1万通貨に必要な資金と利益・損失

FXは「取引数量」に応じて、「利益と損失」が変わります。

FXの利益・損失は「為替損益」と「スワップポイント」の2種類です。

為替損益は通貨ペアの「価格変動」で変わります。

スワップポイントの金額は、通貨ペアごとにFX業者独自に定められていて、売買方向が売りか買いかによって受取るか支払うか変わります。

では、取引数量が利益と損失にどのように関係しているのか、もう少し詳しく見てみましょう。

具体的に以下の条件でリターンを計算してみます。

  • レバレッジ:25倍
  • 取引通貨ペア:米ドル/円
  • 売買方向:買い
  • 取引数量:1Lot(1万通貨)
  • 注文価格:1ドル100円
  • 決済価格:1ドル100.50円(翌日決済)
  • 値幅1pipsの利益:0.01円(1通貨あたり)
  • 1日のスワップ:買40円 売-40円(1万通貨あたり)

1万通貨の場合

  • 必要証拠金 4万円 = 取引数量1万通貨 × 注文価格100円 ÷ レバレッジ25
  • 為替差益 5千円 = 値幅50pips × 値幅1pipsの利益100円(1万通貨 × 0.01円)
  • スワップポイント 40円/1日

1万通貨の場合、レバレッジが25倍なので、4万円という少ない資金で1万通貨(1万米ドル分)の取引ができます。

そして、値幅1pipsで1通貨あたり0.01円の利益を得ることができるので、値幅50pipsで1万通貨の場合は5千円の為替差益と1日分のスワップポイント40円を受取ることができます。

1,000通貨の場合

  • 必要証拠金 4千円 = 取引数量1,000通貨 × 注文価格100円 ÷ レバレッジ25
  • 為替差益 500円 = 値幅50pips × 値幅1pipsの利益10円(1,000通貨 × 0.01円)
  • スワップポイント 4円/1日

1,000通貨の取引の場合は、レバレッジが25倍なので、先ほどよりさらに少ない4千円の資金で1,000通貨(1,000米ドル分)の取引ができます。

そして、値幅1pipsで1通貨あたり0.01円の利益を得ることができるので、値幅50pipsで1,000通貨の場合は500円の為替差益と1日分のスワップポイント4円を受取ることができます。

FX業者の取引ルールを知る重要性

先ほどの計算で、取引数量が1/10になれば、投資資金と利益・損失の金額も1/10なることがわかりました。

このことから、手持ちの投資資金と期待する利益のバランスを考えると、FX業者を選ぶときに「1Lotが何通貨なのか?」「最小取引単位が何通貨なのか?」をチェックすることがいかに大切なことかがわかりますね。

 

まとめ

初心者に人には、FXの用語ってちょっと難解なものが多いですよね。専門的な言葉になればなるほど取引をするうえで重要なものだったりもします。

資金に余裕があれば「やりながら覚える」でも良いのですが、そうではない人が理解しないまま取引を始めてしまうと、よくわからないまま大失敗して「FXから退場」なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、一歩ずつ投資家としての道を歩んでいきましょう!

マネフルFX編集部

「FXを始めたいけど失敗したくない!」という初心者の人に、FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などを一から順番に丁寧に解説します。

Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX用語

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.