FXは土日できないの?

更新日:

FXは土日できないの?

FX取引ができるのは、基本的に各国の市場が開いている月曜日の早朝から土曜日の早朝までです。

FXは外国為替の取引ですので、為替市場が開いている時間でないと通貨の取引ができません。土日は、世界中の主要為替市場が休場のため取引をすることができなくなってしまうんですね。

FXは、常にどこかの国の市場が開いているおかげで24時間取引できるのがメリットですが、それはあくまでも平日の話となります。土日はニューヨーク市場、ロンドン市場、東京市場など、各主要市場が閉じていますので取引ができません。

土日に動いている市場はあるの?

各国の為替市場は、日本時間の午前4時からニュージーランドのウェリントン市場が開き、シドニー、東京、香港、シンガポール、、、と続いて、最後にニューヨーク市場が開き、終えるまで24時間、いずれかの市場が開いて取引されています。

しかし、土日に主要市場で開いているところはありません。

土日でも開いている市場は、イスラム圏である中東バーレーン市場などです。イスラム圏は金曜日が休日なので土日は休みではなく市場が動いています。月曜日の朝になると金曜日の終値からチャートが動いているのはこのためです。

ただし、国内FX業者で中東の通貨は扱われていませんし、土日の取引はできません。

ですが、一番最後に閉まるニューヨーク市場は土曜日の早朝まで開いているので、その時間までは取引が可能です。日本時間でおおよそ23時〜翌7時まで開いていますし、夏時間も22時〜翌6時まで開いています。

そのため、FX会社にもよりますが、日本時間の土曜日早朝6時〜7時までは米ドル円などのFX取引が可能です。

月曜何時からFXできる?

多くの国内FX業者が月曜日の7時から取引できます。

月曜日の朝は相場の窓ができることもあり、窓埋めが狙える可能性があります。そのため、月曜日は少しでも早い時間に取引を始めることが利益に繋がる場合もあります。

また、土日に突発的なニュースがあった場合など、早朝から取引することで収益チャンスを得れる可能性があります。

各国の為替市場は、日本時間の午前4時にニュージーランドのウェリントン市場が開き、その後次々と各国市場が開きます。

国内FX業者は基本的には7時から取引開始で、人気の高いGMOクリック証券、外為どっとコム、外為オンライン、SBIFXトレード、みんなのFXなども7時からのスタートです。

しかし、サクソバンク証券は早朝3時、IG証券は6時など、業者によっては月曜日の早朝から取引ができる場合もあります。

月曜日早朝の値動きが見られるサイトは?

月曜日の早朝の値動きを見たい場合は、「世界の株価」というサイトで早朝時間の値動きも確認できます。

http://sekai-kabuka.com/nikkei.html

また、基本的には7時から取引開始のFX業者が多いですが、7時前から取引できる業者もあります。これらの業者を利用することで、早朝時間のレートを確認できます。

ヒロセ通商のライオンFXは、アメリカが標準時間適用時は7時からの取引ですが、アメリカが夏時間適用時は月曜日の午前6時から取引でき、為替レートも確認できます。

サクソバンク証券FXは午前3時から、IG証券FXは午前6時から取引でき月曜日の早朝に値動きが見れます。

少しでも早い時間の値動きを見ることで、窓にも対応できます。場合によっては、東京市場が開く9時以降のトレンドの予測もでき、利益を得れる可能性があります。

月曜日の早朝の値動きを見ることでチャンスを得られる可能性があるのです。

週末持ち越しはどんなリスクがある?

FXは基本的に月曜から金曜までの取引ですので、土日は取引ができません。

ポジションを持ったまま週末持ち越しする場合は、スワップポイントなどのメリットもありますがリスクもあります。

例えば取引のできない土日に、アメリカなどで大きな事件や災害、テロ、大統領など要人の重大発言があることもあります。そういった時は、金曜日の終値から1円や2円の円高、もしくは円安でスタートすることもあります。

土日に各国に事象や何らかのアクションがあることも少なくなく、金曜日の終値と月曜日の始値にギャップが生まれることはよくあり、一気に大きな損失を抱えてしまうリスクがあります。

必ずギャップが生まれるわけではありませんし、大きな利益を得る可能性もありますが、週末の持ち越し自体にリスクがあるため、週末は持ち越しせず金曜日にポジションを決済しポジション調整を行うトレーダーは少なくありません。

週末持ち越しにはリスクが生じることを認識したうえでトレードをすることが大切です。

土日分のスワップはいつもらえる?

FXの特徴の1つでもある2国間通貨の金利差であるスワップポイントは、平日だけでなく土日分も受け取れます。

土日はFX取引はできませんが、ポジションを保有していれば土日分のスワップポイントがFX業者の指定曜日に受け取れます。

スワップポイントの付与される曜日はFX会社によって異なります。

例えばYJFX!やGMOクリック証券は水曜日、外為オンラインは土曜日、外為どっとコムは金曜日、ヒロセ通商ライオンFXは火曜日、SBIFXトレードは木曜日などバラバラです。

付与日が平日の場合は、当日分と土日分の3日分のスワップポイントが受け取れます。これをスワップ3倍デーと言います。

英ポンド円1Lotの買スワップが15円だとしたら、スワップ3倍デーの取引終了後には、15円×3日の45円のスワップポイントを受け取れます。

クリスマスや年末年始、祝日など暦に関係なく1年365日スワップポイントは受け取れますので、スワップポイント狙いで長期トレードやスワップ3倍デーにポジションを持つトレーダーもいます。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.