FXで元手1万円から成功して増やすのは99%無理な2つの理由

更新日:

最近では「約4,000円からの少額取引可能」「1,000通貨単位で取引可能」というFX業者が増えました。

この少額投資が可能になったお陰で、初心者にとってもFXの敷居が低くなったので「FXは資産運用」「初心者でも安心」「口座開設キャッシュキャンペーン実施中」の広告に魅力を感じて口座開設に踏み切る人も多いかと思います。

しかし、「約4,000円から少額取引可能」「1,000通貨単位で取引可能」は、あくまで「最低限の取引ができるだけ」です。

投資として考えると非常に非効率な方法で、少額から元手の資金を増やして億トレーダーなんてのはほぼほぼ夢物語なので現実を知りましょう。

少ない資金では利益が上がらない理由

「いやいや、大儲けする必要はなくて、毎月1万円程度ちょっとずつ儲かれば十分だよ」と、お小遣い稼ぎのつもりで考えている人もいるかと思います。

しかし、これは50万、100万の資金を投入できる余裕があり、低リスクでトレードした場合の話です。

少ない資金では利益があっても毎月数百円〜数千円がいいところでしょう。

それどころか逆にじわじわと資金を削られる可能性の方が高いです。

そして、その損失を取り戻そうと「少額入金→損失→資金不足→少額入金」を繰り返す最悪のパターンに陥ってしまいがちです。

できれば初期資金は10〜30万円以上はあった方が良いです。

ではなぜ少額取引が非効率なのか
なぜ10〜30万円以上の資金が必要なのか

その理由は、

  • 1,000通貨単位の取引利益の少なさ
  • 資金が少ないほど損をする確率が高い

以上の2点です。では、詳しく解説していきたいと思います。

理由1:1,000通貨の取引の利益の少なさ

FXでは、一度にどれだけの枚数を取引するかという取引数量の大きさで利益が変わる仕組みです。

1pips(1銭)あたりの利益と取引数量の関係は次のようになります。

取引数量 1pipsあたりの利益
100,000通貨 1,000円
50,000通貨 500円
10,000通貨 100円
5,000通貨 50円
2,000通貨 20円
1,000通貨 10円

1,000通貨のポジションを持つのに用意しなければならない資金(必要証拠金)は次のようになります。

最大レバレッジは25倍なので、米ドル/円の場合は1ドル100円とすると4,000円です。

1,000通貨×100円÷25倍=4,000円

4,000円用意すれば1ポジション保有できて、1pips(1銭)の値動きで約定すれば+10円か-10の損益になります。

つまり、短い期間で大きな利益を狙いたければ、取引数量を増やすか複数のポジションを持つ必要があるのです。

しかし、少ない資金で取引をしている人はこれができません。必要証拠金が足りないからです。

理由2:資金が少ないほど損をする確率が高い

取引数量を増やせば、1回あたりの利益が大きくなることがわかりました。

しかし、取引数量を増やすためには、それに応じた資金(必要証拠金)が必要です。

そこで、FXには少ない資金で取引を可能にできる「レバレッジ」という仕組みがあります。このレバレッジを大きくすると、少ない資金で大きな数量の取引が可能になります。

「レバレッジは25倍じゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、レバレッジには次の2種類あります。

最大レバレッジと実行レバレッジ
最大レバレッジ

通貨ペア毎の想定元本(本来の取引額)と必要証拠金(投資する金額)との割合のことで、FX業者が決めるもの

実効レバレッジ

全てのポジションの想定元本(本来の取引額)と有効証拠金(預託金+評価損益)の割合のことで、取引数量と預託金で調節可能なもの

最大レバレッジは、個人口座の場合は最大25倍までと規制されていて、FX業者が決める設定なので考えなくて良いです。

必要証拠金は時期や業者によって若干変わりますが、1,000通貨あたり4,300円〜4,500円程度と考えておけば大丈夫です。(2017年9月末時点)<最大レバレッジと必要証拠金についての詳細は後述>

FXをする上で常に気をつけなければならないものが実効レバレッジです。

実行レバレッジとは、
想定元本と預託金+評価損益(その時の利益または損失)の比率

(想定元本の例:米ドル/円の買ポジションであれば1,000通貨×その時の売レート)

(預託金の例:入金している口座資金10万円など)

なので、為替レートの動きと口座資金によって、最大25倍〜小数点以下の倍率まで変動します。

実効レバレッジが25倍に近いほど資金に余力がなくロスカットが近いことを意味し、25倍から遠いほど資金に余力がありロスカットが遠いことを意味します。<ロスカットについては後述>

少ない資金だと損をする確率が高くなる理由は、そもそも預託金が少ないのでハイレバレッジになりやすくロスカットされる確率が高いことが主な原因です。(ロスカット前に自分で損切りする場合も含めて)

最大レバレッジと必要証拠金について

必要証拠金とは「いくらの取引をしたければ(想定元本)いくら出してください」という金額。

この2つの比率のことをレバレッジと言いますが、個人口座は最大25倍(少なくても実際の取引額の4%以上の必要証拠金を用意させる)を超えないように決められており、最大レバレッジとも言います。

例えば、ヒロセ通商の米ドル/円の1,000通貨あたり必要証拠金は、前の週の最も高い終値を元に計算し翌週の1週間に適用します。

計算は100円未満は切り上するので、2.5円程度の値動きがなければ必要証拠金は更新されません。(計算例:最も高い終値110.5円×1,000通貨×4%=4,420円→4,500円)

ロスカットについて

ロスカット」は、資金以上の損失が出ないようにFX業者が設けている安全機能のこと。

必要証拠金(投資資金)と有効証拠金(預託金+評価損益)の割合で、一定のラインを下回ると損失を抱えたままポジションが強制決済されます。

一般的に、このロスカットライン(有効比率)は100%にしているFX業者が多いです。

例:口座に5万円入金して、取引数量1,000通貨×1ポジション(必要証拠金4,000円)を保有した場合、ロスカットが発生する条件は、

必要証拠金4,000円>有効証拠金(預託金50,000円+評価損益)

上記の例では、必要証拠金である4,000円が口座に残ってれば大丈夫なので、-46,000円(レートにすると-46円)の評価損までロスカットに耐えられるということです。

結論:資金には余力が必要!

FXで利益を上げるには、ロスカットに耐えられるだけの資金に余力が必要なのです。参考までに、預託金、取引数量が変わると資金の余力のどのように変化するかを表にしました。

分かりやすいようにポジションは1つ保有した場合でのみで計算していますが、2,000通貨1ポジションを1,000通貨2ポジションに分けても同じことです。

ポイントは次の4つ。

  • 預託金が少ないほど取引できる数量が少ない
  • 有効比率(ロスカットライン)が100%に近いほど資金に余力がない
  • 実効レバレッジが25倍に近いほど資金に余力がない
  • 資金に余力がないほど少しの値幅でロスカットされる

つまり、資金に余力を持ってロスカットに備え、なおかつ取引数量を多くし1回あたりの利益を上げる、またはさまざまな通貨ペアで複数のポジションを持ちリスクヘッジや柔軟性のあるトレードをするためには、預託金が30万円以上は必要だということが分かります。

取引条件

  • 最大レバレッジ:25倍
  • 有効比率(ロスカットライン):100%
  • 通貨ペア:米ドル/円
  • 売買:買
  • 売買レート:1米ドル100円
  • ポジション数:1
  • 評価損を抱えた場合の話

預託金10,000円の場合

取引数量 必要証拠金 有効比率 実効レバレッジ ロスカットの条件 余力
評価損益 値幅
100,000 必要証拠金不足のため注文不可
50,000
10,000
5,000
2,000 8,000円 125% 20倍 -2,000円 -1円 厳しい
1,000 4,000円 250% 10倍 -6,000円 -6円 ある程度ある

預託金50,000円の場合

取引数量 必要証拠金 有効比率 実効レバレッジ ロスカットの条件 余力
評価損益 値幅
100,000 必要証拠金不足のため注文不可
50,000
10,000 40,000円 125% 20倍 -10,000円 -1円 厳しい
5,000 20,000円 250% 10倍 -30,000円 -6円 ある程度ある
2,000 8,000円 625% 4倍 -42,000円 -21円 十分ある
1,000 4,000円 1250% 2倍 -46,000円 -46円

預託金100,000円の場合

取引数量 必要証拠金 有効比率 実効レバレッジ ロスカットの条件 余力
評価損益 値幅
100,000 必要証拠金不足のため注文不可
50,000
10,000 40,000円 250% 10倍 -60,000円 -6円 ある程度ある
5,000 20,000円 500% 5倍 -80,000円 -16円 十分ある
2,000 8,000円 1250% 2倍 -92,000円 -46円
1,000 4,000円 2500% 1倍 -96,000円 -96円

預託金300,000円の場合

取引数量 必要証拠金 有効比率 実効レバレッジ ロスカットの条件 余力
評価損益 値幅
100,000 必要証拠金不足のため注文不可
50,000 200,000円 150% 16.6倍 -100,000円 -2円 厳しい
10,000 40,000円 750% 3.3倍 -260,000円 -26円 十分ある
5,000 20,000円 1500% 1.6倍 -280,000円 -56円
2,000 80,00円 3750% 0.6倍 -292,000円 -146円
1,000 4,000円 7500% 0.3倍 -296,000円 -296円

月1万円の利益を出すために必要なpips数

参考までに、月1万円の利益を上げるには何回利益確定をしなければならないかを取引数量1,000通貨〜100,000通貨ごと、利幅1pips〜20pipsごとに表にまとめました。

取引数量 1pipsの利確 5pipsの利確 10pipsの利確 20pipsの利確
100,000通貨 10回 2回 1回 0.5回
50,000通貨 20回 4回 2回 1回
10,000通貨 100回 20回 10回 5回
5,000通貨 200回 40回 20回 10回
2,000通貨 500回 100回 50回 25回
1,000通貨 1000回 200回 100回 50回

これを見ると、1,000通貨、2,000通貨単位の取引で1万円の利益を出すことがいかに大変か分かると思います。

サラリーマンであれば毎日取引できる時間帯は限られますよね。

実際に2017年9月21日の21時から23時頃までの米ドル/円のチャートを見て取引をイメージしてみましょう。

この日は未明の重要指標発表後を終えて、少し落ち着きを取り戻したレンジ相場で、この時間の高値安値は40pipsほどの値幅です。

月20日取引できるとすると、この日のこの相場で利確しなければならない目安は、20pipsを2、3回、または10pipsを5回、または5pipsを10回、または1pipsを50回程度となります。

しかし、これを毎日継続することは難しいです。

月1万円の利益を出すのにも、元手10万円程度はないと厳しいのです。

FX初心者は最初は少額の取引で慣れた方が良い

少ない資金では「なかなか利益を上がらない」「複数のポジションを持てないためトレード手法を活用できない、リスクヘッジができない」といった特徴があります。

ただし、資金を十分に用意しても、FX初心者は取引数量を少なくして実効レバレッジは低くした方が良いです。

初心者の人は、口座資金を10〜30万円以上用意して、1,000通貨単位の少額取引から始めることがオススメです。

少額取引は利益が少ないのですが、その分、損失も少ないため精神的負担額が軽くなります。

最初に大きな損失を出してしまうと、肝心な時に怖くて投資ができないなどFXに重要な判断力が落ちてしまいがちだからです。

そのため、デモトレードで取引方法や相場観、テクニカル分析を学んでから実際の取引をしてみても良いかもしれません。

もし10万円の投資資金が準備できないなら、バイトをした方が「確実に」「大きな金額」を貯金できます。

バイトをしながら、余った時間で1000通貨の取引を行って相場に慣れていくようにすれば、ある程度の元手ができる頃には多少FXのことがわかるようになっているでしょう。

くれぐれも元手1万円から億万長者を目指すようなことは止めましょう。

1000通貨の取引が可能なおすすめFX業者は次の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

1通貨、100通貨、1000通貨単位比較!FX少額取引業者おすすめランキング

この記事では、1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者を教えます。 人気のFX業者を徹底比較し、現役トレーダー100人の口コミを元にランキング形式でご紹介します。 …

続きを見る

マネフルFX編集部
「FXを始めたいけど失敗したくない!」という初心者の人に、FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などを一から順番に丁寧に解説します。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-コラム

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.