専業主婦の副業にFXはおすすめ!稼ぐコツと注意すべきリスクまとめ

更新日:

ニュースで専業主婦がFXの利益で数億円脱税したとか、専業主婦でもFXの利益が夫の収入よりも多い、という話をたまに耳にします。

実は、FXにおいて「専業主婦トレーダー」は人より有利な点が多いのです。

専業主婦の人は、利益にこそ差はありますが以下のような点で優れています。

  1. 「人より優位な投資環境」
  2. 「主婦ならではの金銭感覚」
  3. 「精神的な余裕」

つまり、FX初心者の中でも専業主婦は10年先も勝ち残れる可能性がとても高い方達なのです。

とはいえ、いろいろ疑問もあるかと思いますので、いかに専業主婦がFXに向いているのかを解説していきます。

FXが主婦に向いている3つの理由

1. 人より優位な投資環境

まず、専業主婦の人は、人よりも優位な投資環境にあります。

FXで取引をするにはそれなりの知識が必要です。

初心者がいきなり、大きな金額を取引するのはあまりにリスクが高すぎるため、少なくとも以下のような基礎を学んでから取引をすることが王道です。

  • 外国為替に関する知識
  • 取引方法に関する知識
  • 経済・マーケット情報の収集・分析に関する知識
  • リスクマネージメントに関する知識

なんだか難しそうですが、まずは基礎を学び少ない金額から始めて、少しずつ投資金額を増やしていくことが理想的です。

しかし、肝心なのは勉強や取引に当てる時間の捻出です。データ収集・分析をしたり、チャートと「にらめっこ」をしたりする訳ですから、なかなか片手間ではできません。

「専業主婦だって、そんなに暇じゃない!」

と、おっしゃりたい気持ちも分かりますが、少なくとも他のFX初心者に比べ、腰を据えて投資ができる環境にはあると思います。

一般的に、FX初心者というのは以下のような立場の人たちが中心です。

  • 専業主婦
  • 学生
  • サラリーマン
  • 自営業者
  • フリーター・アルバイト
  • 無職

学生・サラリーマン・フリーター・アルバイトの人は、本業において時間的な拘束があります。なかなかFXに集中できる時間を捻出することは難しいでしょう。

ただ、上記の人たちの中にも、根気よく続けた結果、FXで継続的な利益を上げることができる人がいることも事実です。

次に、専業主婦・自営業者・無職ですが、上記の人たちに比べ時間的な拘束が少ないため、FXに集中できる時間を捻出しやすい傾向にあります。

ただし、自営業者の人も業種・職種によっては時間的拘束があります。

そうなると、専業主婦・無職が有利になります。

「専業主婦は、家事、育児で忙しいから、結局は無職がいちばん有利では?」と思うかもしれませんが、一部の資産家や富裕層を除いた無職の人よりも精神的・金銭的に有利です。このことは「3. 精神的・金銭的な余裕」で触れます。

初心者が陥りがちなダメなパターンとしては、「十分な知識がないまま取引をして、たまたま小さな利益が連続して得ることができたため、大きな勝負に出てしまい、案の定、大きな損失を出してしまい資金が底をつき、FXからドロップアウトする」ことです。

「本業も忙しいことだし、普通に働いていた方が堅実だ!」という境地に至るのですね。

投資の世界では、このような人たちが出たり入ったりすることが「1割の投資家の利益=9割の投資家の損失」と言われる理由にもなっています。

専業主婦は他の人に比べ、じっくりと時間をかけて投資を学びながら取引できる環境が整っているので、FXの典型的な失敗パターンを経験しドロップアウトすることなく、着実に投資家としての道を歩みやすいと言えるのです。

2. 主婦ならではの金銭感覚

初心者がFX取引をする上では、専業主婦ならではの優れた金銭感覚が役に立ちます。

FXは大きくレバレッジをかけることで、ほんの少しの価格変動でも一瞬で大きな利益を得ることが可能です。

しかし、その分、予想と反対に相場が動いた場合は、一瞬で資金を失います。

しかし、基本的に「相場が上がるか下がるか?」は誰にも分かりませんが、「何の通貨にいくら投資するか?」は自分で決めることができるため、リスクは自分でコントロールできます。

専業主婦の人であれば、無駄な出費は極力節約させようとするはずですよね。

そのため、FXでも「ローリスク・ローリターン」のスタイルで取引がしやすいと思います。

FXで稼ごうとしている人の特徴や目的には、以下のような傾向があります。

  • すでに投資で大きな損失を抱えている
  • FXで生活できるようになりたい
  • 副収入を得たい
  • 大儲けしたい
  • 働きたくない、働けない
  • 趣味

つまり、上記の人たちよりも「欲深くない人」ほど、FXでは上手くリスクマネージメントができる可能性があるのです。(個人差はありますが)

目的が趣味以外の上記の人たちは、比較的「利益は多ければ多いほど良い」という傾向があるので「ハイリスク・ハイリターン」の投資スタイルに陥りやすく、損失が出れば、それを取り戻そうと躍起になります。

専業主婦であれば、常に家計を意識しているため、「今月の生活費が5万円プラスになれば…」「1万円の利益が出れば、お小遣いに…」くらいの気楽な投資スタイルに抑えやすいかと思います。

「最低限の利益が出ればよし!」というこの発想が初心者のうちはとても役に立ちます。

3. 精神的・金銭的な余裕

FXに限らず投資で重要なことは、「冷静な判断」で「余剰資金」を使った資産運用ができるかどうかです。

そのため、トレーダーには精神的・金銭的な余裕が必要です。

FXを始める専業主婦の方というのは、ある程度、旦那さんに安定した収入があり、生活費に余裕がある方ではないでしょうか?(もしくは、独身時代の貯蓄を投資に回す人もいます。)

そのため、専業主婦の人は、金銭的には以下の点で人より有利です。

  • FXで生活費を稼ぎ一家を支えていく必要がない
  • ある程度、気楽にFXにチャレンジできる
  • 生活基盤(バックボーン)がしっかりしている

しかし、これはあくまでスタート時点での話。

金銭的に余裕がある状態でFX始めることができれば、精神的にも余裕があります。

しかし、その後、大きな損失を出した場合は、そんな余裕が無くなっていきます。FXで大切なことは、そんな時こそ「冷静な判断」ができるかどうかです。

主婦がFXを始める上で注意するべきこと

これまでのお話で、FXで失敗しないために重要なことは以下の点でした。

  • 情報収集・学習時間を確保する
  • 冷静な判断でトレードをする
  • 余剰資金を使う
  • 過度なリスクは取らない

さらに、専業主婦の方は以下の点にも注意する必要があります。

  • 旦那さん・家族・親族の理解を得る
  • 母親・妻としての役目を果たす
  • 生理周期に左右されない

まず、専業主婦としての役目を優先することです。

FXについて、周囲の理解が得られなければ大きなトラブルにもなりかねません。

「資産運用であること」「一時的に損失が出ることもあり得ること」を理解してもらい、決してギャンブルをしている訳ではないと知ってもらうことが大切です。

自分だけの資金を使っているのであれば内緒にしていても構いませんが、黙って家族の貯蓄を使うことはやめましょう。また、生活資金を使うことも絶対にしてはいけません。

また、特に女性の場合は、自分自身の生理周期の関係から精神的なリズムが乱れがちな時期もあります。そんな時には、一旦トレードを止めることも大切です。

何度も言いますが、FXで重要なことは精神面と金銭面の「余裕」です。

大損しても借金にはならない

FXと聞くと「大損して借金になるのでは?」という心配をする人もいますが、基本的にはそれはありません。

FXは、投資金額(証拠金)以上の損失が出ないような仕組みになっています。また、損失を抱えていても、相場の成り行き次第では一転して利益に変わることもあります。

しかし、損失を抱えたままの状態が続き、損失額が口座残高の一定額を超えるとロスカット(強制的に決済)され、資産を大きく目減りさせてしまうことにはなります。

参考記事FXのロスカットとはどういう意味?計算方法や強制決済基準など

FXで大きな失敗をすると、家庭内トラブル、離婚、生活苦になりかねません。

常に、家族の生活を意識して、FX口座に入金する資金は必ず余剰資金だけにしましょう。

利益が出たら扶養と税金に注意

これからFXをする上で、専業主婦の方に知っておいて頂きたい税金がらみの数字に「38万の壁」「130万円の壁」というものがあります。

FXの収入がこの金額を超えると、さまざまな税制上のデメリットが発生します。

よく言われる「103万円の壁」というものもありますが、専業主婦の人には関係がありません。

パート・アルバイトなど給与所得のある人に関係するもので、給与所得が103万円未満なら所得はゼロとみなされ、越えれば確定申告をして納税する必要があるという給与所得者自身に関わる話です。

38万円の壁

しかし、「38万円の壁」は、旦那さんの税金に影響する金額です。

専業主婦の人のFXの収入が38万円を超えると、旦那さんが配偶者控除を受けることができなくなり、旦那さんの所得税が増えます。

また、専業主婦の人自身も、確定申告をしてFXの収入分の税金を納めなくてはいけません。

130万の壁

「130万の壁」は、専業主婦の人自身が旦那さんの社会保険の扶養に加入できるかどうかの金額です。

FXの収入が130万円を超えると、「旦那さんの配偶者控除が受けられない」「確定申告をしてFXの収入分の納税が必要」に加え、さらに「自分で国民健康保険、国民年金に加入」しなければならなくなります。

130万円以上の収入は、個人事業主とみなされるためです。

また、どちらもFXの利益が中途半端な利益だと、FXの収入を追加の納税額が上回ってしまう場合があるので注意が必要です。

【2017】FXの税金がよくわかるまとめ(いくらから申告、経費、税率など)

FXを始めてみたはいいものの、税金っていくらからかかるの?、税率何パーセントなの?、経費は?などいろいろわからないことだらけですよね。 今回は、FXの税金についてまったく…

続きを見る

主婦が実際にFXで稼いだ手法

では、実際に主婦がFXで億単位の利益を上げた実例を2つご紹介します。

取引をした時期が異なるため、ご紹介する取引手法は現在の為替市場でそのまま通用するものではありません。

しかし、専業主婦がどのような経緯・手法で莫大な利益を上げたのかとても参考になります。

共通して言えることは、お二人とも「初めは初心者」「猛勉強をした時期がある」「得意なトレードスタイルがある」ことです。

「ミセスワタナベ」こと池辺雪子さん 7年間で推定8億円

2007年4月、「FXなどで4億円の利益を上げ、1億3000万円の脱税をしたとして、東京都世田谷区に住む主婦が東京国税局が告発した」というニュースが流れ、海外でも大々的に報じられました。海外では日本人の典型的な姓として「ミセスワタナベ」だとか「キモノトレーダー」と呼ばれていますが、実際の名前とは異なります。

告発を受けた背景は、まだ、FXの納税制度がしっかり整備されていない2000年〜20007年の時期であったため、「申告漏れ」ということでした。実際は、FXで上げた利益は7年間で8億とも言われ、最終的に支払った税金の額は五億円以上にも及ぶそうです。

初めは営業マンの勧誘を受けFXでの取引をスタートさせた普通の主婦でありFX初心者で、利益の上がる時もあれば同じ額の損失を出すこともありました。

そこで、営業マンの「いいなり」で取引してはダメだと思い、FXの猛勉強をして独自の相場観を身につけます。

トレード手法はというと、いわゆる「円キャリートレード」と、「RSIによるテクニカル分析」が有名です。

円キャリー取引

「円キャリートレード」とは、超低金利の円を売り高金利通貨を買い、そのポジションを長期間保有し続ける長期トレードのことです。

当時、高金利通貨であったオセアニア通貨を長期間保有し、莫大な利益を得たとのことです。

RSIによるテクニカル分析手法

「RSIによるテクニカル分析」は、短期RSI(13日)と長期RSI(42日)の2本を利用した短期トレードで、2本の乖離が20ポイント差以上広がった場合は相場が一時的に上昇または下降する特徴を生かしたトレード手法です。

DMM FXチャート ドル円日足 短期RSI、長期RSI)

主婦RSI手法

短期RSIが下がり長期RSIが上がり20ポイント差以上をつければ上昇するため「買い」、反対に短期RSIが上がり長期RSIが下がり20ポイント差以上をつければ「売り」を行います。

参考記事RSIの使い方と手法

証拠金は合計2,500万円程度で運用し、長期トレードはレバレッジ4〜5倍で利益の2/3を占めるそうです。

残りの1/3は、レバレッジを20倍程度にした短期トレードによる利益とのこと。

勝負どころを見極めてポジションを増やし、一気に勝負をかけるのがトレードスタイルだそうです。

扱う通貨ペアも時期によって変え、過去にはユーロ/円、ユーロ/米ドル、ニュージーランドドル/円、カナダドル/円で取引をしていましたが、現在は、米ドル/円、英ポンド/円、豪ドル/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円が中心だそうです。

「ボリ平」こと矢澤明美さん

ボリ平さんは3人の子どもを抱えるシングルマザーであり、現役の専業トレーダーです。

トレード手法の一つは、1取引あたり時間にすると数分、5pips、10pipsの利食いを繰り返すスキャルピングが中心です。

「1分足の平均足を表示」「一目均衡表の遅行スパンだけ表示(これをドラゴンと命名)」「ボリンジャーバンド(設定:1~3σ、センターラインは20EMA)」の3つをチャートに表示させ、売買シグナルが来るのを待ちます。

DMM FXチャート ドル円1分足 平均足、遅行スパン、ボリンジャーバンド)

ボリ平ドラゴン式

売買シグナルは、「平均足が同じ色が揃う(売りが続く、買いが続く)」「ドラゴンが急角度で勢いよくボリンジャーバンドを突き抜ける」この条件が揃えば順張りでエントリーします。

また、その後ドラゴンの角度がカクンと落ちたら決済、これを理想的なパターンとします。

参考記事ボリンジャーバンドの使い方と手法

参考記事一目均衡表がよくわかる見方、使い方

しかし、なかなか都合よくチャンスが巡って来るものではありません。そのため、逆張り、損切りなどさまざまな売買シグナルのパターンもしっかり用意されています。

これが現在、とても有名になった超スキャルピング手法「ボリ平ドラゴン式」です。矢澤さんの場合、独自のトレード手法がそのままニックネームになったんですね。

ボリ平さんが扱う通貨ペアは、ユーロ/米ドルや米ドル/円、英ポンド/米ドルなど、誰もが取引する主要通貨ペアで、決して特別な取引をしているわけではありません。

主婦が初めてのFXで勝つために重要なこと

主婦の副業や資産運用にFXがおすすめとわかっても「FXって実際どうなんだ?リスクや儲けは?」と思うのが普通ですね。

あくまで、専業主婦は投資環境が人より有利というだけなので、いかにしてトレードスキルや相場観を磨けるかがポイントです。

そのため、利益もスキルアップも長いスパンで考えなくてはいけません。

FX会社が主催する無料セミナーなどは、平日の日中に開催されていることが多いので、専業主婦が参加しやすいのも特権です。

「スキルアップしたから」「知識が増えたから」といって、それに比例して利益が上がる訳ではありませんが、専業主婦ならではの強みを生かし、上手にFXで資産運用をしていきましょう。

次の記事では、FXの始め方や安全性、リスク・リターン、勝ち方など初心者でも全てがわかるようにわかりやすく解説しています。

これからFXを始める人は是非ご参考ください。

主婦におすすめのFX会社

国内には「FX専業」「外資系」「証券会社」「銀行」など数多くのFX会社が存在します。

当サイトでは、以下に掲載している全てのFX業者の強み・弱みを比較して、「初心者に本当におすすめのFX口座ランキング」を作成しています。

FX初心者で「どの業者が自分にベストなのかわからない」「何を重要視すればいいのかわからない」という人は是非とも参考にしてみてください。

参考記事FX口座おすすめランキング!プロトレーダー監修の初心者向け業者比較

初めてFXをする人やメイン口座をお探しの人には次のFX会社がおすすめです。

1.『DMM FX』:最も総合的に優れた国内口座数第1位のFX業者

2.『GMOクリック証券』:チャートと取引ツールの使いやすさでFX取引高世界1位

3.『SBI FXトレード』:1通貨4円の少額から取引可能な初心者向けのFX業者

DMM FX|初心者に一番おすすめのFX会社はココ

dmmfx

DMM FX』は、取引する上で重要な「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」の4つの要素全てが高水準です。

キャッシュバックやポイント還元など、取引をするほどお得なシステムも実施されており、初心者から資産1億円程度までのトレーダーなら間違いなくメイン口座にして良いFX会社です。

専業トレーダーの私もメイン口座として使っており、初心者が最初に開設する口座としておすすめです。

250人の口コミと評判でわかった「DMM FX」の評価

DMM FXは国内口座数第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 特にスプレッドの狭さと安定感は抜群のため「デイトレード」を中心に取引する人に向いています。 しかし、デメリ…

続きを見る

GMOクリック証券|テクニカル分析にこだわるならココ

GMOクリック証券』は、FX取引高5年連続世界第1位でDMM FXと人気を二分しているFX会社です。

特筆すべきは、豊富なテクニカル指標が利用できる「プラチナチャート」と使いやすさに定評のある取引ツール「はっちゅう君FX」です。

総合的に優れた業者で、特にテクニカル分析に力を入れたい初心者におすすめのFX会社です。

200人の口コミと評判でわかった「GMOクリック証券 FXネオ」の評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

SBI FXトレード|少額からFXを始めたいならココ一択

SBI FXトレード』の魅力は、国内FX会社で唯一1通貨4円から取引が始められることです。

特に、1万通貨以内の少額トレードではトップクラスのスプレッドが提供されており、初心者でリスクを抑えてFXトレードをしたい人におすすめの業者です。

800人の口コミと評判でわかった「SBI FXトレード」の評価

SBI FXトレードは、1通貨4円から取引可能でスプレッドも狭く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「SBI FXトレー…

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.