FXの時間帯ごとの特徴や傾向、値動きをまとめました

更新日:

FXが24時間取引できるのは、常に世界中のどこかの市場が開いているからです。

今回は、いつどこの市場が開いているのか、時間帯ごとにどんな特徴や傾向があるのかをまとめました。

FXの取引開始時間と取引終了時間

取引開始時間と終了時間は各FX会社によって微妙に異なりますが、多くのFX業者で取引可能な時間は、次のようになっています。

米国夏時間 月曜07時00分~土曜05時50分
米国冬時間 月曜07時00分~土曜06時50分

米国のサマータイム(夏時間)は、3月第2日曜日~11月第1日曜日までです。

月曜の最も早く取引可能になるFX業者は「サクソバンク」で朝4時から開始します。

外国為替市場の取引時間帯

どの時間にどの市場が開いているのか、各市場の開始・終了時間を一覧にしました。

取引量は各市場の開始時と終了時が最も増加するためボラティリティが高くなります。そのため各市場の開始時間、終了時間は通常よりも値が動く可能性があるため注意が必要です。

また相場の流れも各市場の開始時、終了時に変化しやすい傾向があります。

市場 時間帯
オセアニア市場(ニュージーランド・オーストラリア) 5時~14時
東京市場(日本・香港・シンガポール) 9時~19時
欧州市場(ドイツ・スイス・フランス・イギリス) 17時~3時
ニューヨーク市場(アメリカ・カナダ) 22時~7時

外国為替市場は、株のように取引時間が厳密に決まっているわけではありません。

そのため、各市場の参加者がもっとも活発に取引をする時間帯を、それぞれオセアニア市場、東京市場、欧州市場、ニューヨーク市場と呼んでいます。

時間帯別の特徴と為替の傾向

外国為替市場には、「世界三大市場」と言われるところがあります。それが「東京」、「ロンドン」、「ニューヨーク」の3つです。

この3市場は非常に取引金額の規模が大きく、同じ時間帯に活動している他の市場よりも、特に活発な取引活動を行っています。

最も取引量が多いのはロンドン、次いでニューヨーク、最後に東京の順です。

東京市場・日本時間(9:00~)

日本人が株や為替などをもっとも活発に取引をする時間帯です。

株取引は開始9時と終了15時がもっとも取引量の増える時間なので、為替もその時間に合わせて値が動くことがあります。

9時55分頃は銀行の仲値を決める時間帯となり、その時間前後で流れがいったん変わることもあります。

ロンドン市場やニューヨーク市場と重ならないため、為替の値動きは比較的小さいです。

そのため、ヨーロッパやアメリカの重要な経済指標や要人発言などは基本的になく、為替相場を大きく動かす指標やニュースは少なくなります。

しかし、東京市場の時間帯は主にアジア全体が活発に行動する時間帯です。

中国は世界にも大きな影響力を及ぼすようになっており、チャイナショックは中国発で大きな下落相場をもたらしました。中国もメインの取引時間帯はこの東京時間になります。

また、しばしば北朝鮮の突発的なニュースが飛び出して、市場を混乱させることもあります。突然、北朝鮮がミサイルを発射した、などのニュースはたびたび起き、急な円高に振れることもあります。

イギリスのEU脱退を決めたブレグジット投票や、アメリカ大統領選の開票など、欧州・アメリカの重大なイベントが日本市場と重なることもあり、そうなった場合は、その日のうちのもっとも重要な時間帯となるでしょう。

欧州市場・ロンドン時間(17:00~)

欧州、イギリスが市場に参加することで、値動きは東京時間と比べ大きくなります。

ロンドン市場オープンとともに値動きが荒くなることが多くなります。

日本市場と同様に、欧州市場の開始時間と終了時間は値動きが活発になり、トレンドも一時的に変わりやすくなる可能性が有ります。

欧州市場の時間に行われるECB政策金利発表は、第二の基軸通貨と言われるユーロの政策金利を決めるものであり、しばしば市場に強いトレンドを発生させることがあります。

また、過去にはギリシャ危機など欧州発のリスクイベントも存在し、その日のトレンドを決めるもっとも重要な時間帯となる可能性もあります。

ニューヨーク市場・アメリカ時間(22:00~)

ニューヨーク株式市場は22:30(冬時間は23:30)から始まります。

ニューヨーク市場と欧州市場が重なる時間帯は、1日のなかで最も値動きが活発な時間です。

この時間帯に起きたトレンドがその後のマーケットの動きを決定付けることもよくあります。たびたび東京時間の動きとは逆方向の流れを作ることもあります。

21:30、23:00(冬時間は22:30、24:00)といった時間はアメリカの重要指標が多く発表されるため、予めスケジュールを確認しておく必要が有ります。

特に注目度の高い経済指標は発表された瞬間に100pips以上動くことも少なくありません。

参考記事FXのpips(ピップス)とは?1pipsはいくら?損益の計算方法

どんな指標が重要なのか、何時何分に発表されるのかは必ず覚えておくようにしてください。

【保存版】FX経済指標 重要度、カレンダーの見方など徹底解説

経済指標を知らずにFXしてると大火傷します! FXの重大イベントの一つである経済指標。 ここでは経済指標とはなんだ?というところから、どの指標が重要なのか、どう見ればいいの…

続きを見る

欧州市場が終わり、ニューヨーク市場だけになると値動きは比較的おとなしくなります。深夜2:00頃から値動きは縮小を始め、トレンド相場からのリバウンドやレンジ相場に転換する可能性が高くなります。

ニューヨーク市場が閉まる頃には、オセアニア市場が開き、再び東京市場へとバトンタッチされていきます。

もっとも早い時間から開くオセアニア市場

これまでに上げた世界三大市場ほどの値動きはありませんが、オセアニア市場には「もっとも早い時間から開いている」という特徴があります。

オセアニア市場のおかげで、為替レートは月曜日の4時から動き出します。といっても日本のFX会社では取引できない業者がほとんどなので、参考程度に見ておけばいいのですが。

土日を挟んでもっとも早く開く市場なので、時にはレートが大きく窓を開けて始まることもあるので注意が必要です。

窓

また流動性が非常に薄い時間帯なので、スプレッドが開いたり、値が飛ぶように動いたりします。

FX業者によって早朝のスプレッドの広がり方はかなり違います。

スプレッドが大きく拡大する業者だと、新規エントリーの機会損失になることはもちろん、すでに保有しているポジションの決済もしづらくなる(元に戻るまで待ってしまう)ので注意しましょう。

各業者の早朝のスプレッド拡大については人気FX会社9社で徹底比較した次の記事をご覧ください。

人気FX業者9社をスプレッドが広がる早朝、指標時で比較してみた

近頃は、どのFX会社も業界最狭水準のスプレッドを強みにしていますが、実際に使用してみるとやたらとスプレッドが拡大するんですよね。 ドル円0.3銭って聞いてたのに3.0銭に広が…

続きを見る

オーストラリアやニュージーランドの経済指標はこのオセアニア市場の時間帯に行われるので、オーストラリアドルやニュージーランドドルなどの高金利通貨を取引する人は注意しなければいけません。

また、日本のFX会社の多くは早朝メンテナンスに入り、取引ができなくなることも多いので、自分が利用している業者のメンテナンス時間は覚えておきましょう。

FXの取引時間帯でおすすめは?

FX取引をするのにおすすめの時間帯は、ロンドン市場の開始前後から終了までの時間です。

日本時間でいうと、16時〜翌2時頃までですね。

その時間帯は値動きが活発になり、ボラティリティが発生し、トレンドを作りやすくなるからです。

一日の各市場ごとの時間帯をざっくり色分けしました。

チャート下段のテクニカル指標はATRという為替の値動き平均を表示したものです。

欧州時間と米国時間が重なった時間帯はATRも上昇し、ローソク足のボラティリティも激しくなっていることがわかります。

では、東京市場の時間帯や深夜は取引に向いていないかと言うとそうではありません。

時間帯別の特徴に書いた通り、東京時間や深夜は値動きが縮小しがちな傾向があるため、レンジを狙った逆張りが比較的有効となりやすいです。

それぞれの時間帯ごとに特徴があるので、その特徴に合わせた取引手法を使っていくことが重要です。

FXの「順張り」と「逆張り」タイミングや手法まとめ

この記事では「順張り」と「逆張り」の意味、メリットとデメリット、エントリータイミングや手法を説明します。 FXの取引手法には大きく分けて「順張り」と「逆張り」の2種類があ…

続きを見る

マネフルFX編集部
「FXを始めたいけど失敗したくない!」という初心者の人に、FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などを一から順番に丁寧に解説します。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.