岡安商事 FX取引(くりっく365)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

更新日:

岡安商事(くりっく365)」のサービスは他社と比較してどうなのか、口コミや評判はどんな感じなのか気になりますよね。

このページでは、22のFX口座を使用してきた筆者が、岡安商事を各項目ごとに評価します。

岡安商事「くりっく365」の総評と特徴

岡安商事の総合評価

総合 スプレッド スワップ 約定力
72 ☆☆☆☆ ★★★ ★★★
取引ツール 情報量 サポート
★★☆☆ ☆☆ ★★★★★
せんせえ
スプレッドがかなり広いのでスキャルピングやデイトレードといった短期取引には向きません。また、取引ツールも機能が最低限しかないので環境が良いとは言えません。本気でFXをするなら他の会社をオススメします。
はじネコ
スワップポイントの高さは強みですね。でも、1000通貨取引は未対応で、キャンペーンや情報量も乏しいので、初心者には向かないかも。
はじネコ
アドバイスを受けられるサポートコースがありますが手数料が高いので、それなら1000通貨の少額で始められる業者を選んだ方が良いと思います。

ちなみに、FX初心者向けにおすすめの口座は次の記事をご覧ください。

メリット

  • 透明性の高い「くりっく365」で取引できる
  • スワップポイントが高い
  • NYクローズまで電話注文が可能
  • 運用アドバイスを受けられる
  • セミナー開催回数が多い

デメリット

  • コースと注文方法によっては取引手数料がかかる
  • スプレッドが広い
  • 取引ツールの機能が乏しい
  • マーケット情報が少ない
  • Mac非対応

特徴

岡安商事は、商品先物取引・純金積立・「くりっく365」をメインに取り扱う金融業者であり、顧客に寄り添ったサポートを受けられる特徴があります。

しかし、あくまでもリスク分散のための投資商品としてFXを取り扱っている印象があるので、岡安商事でFXをする人は一定の層に限定されます。

「くりっく365」を取扱できるのは、東京金融取引所の厳しい審査を通過した限られた業者だけなので、取引環境や経営状況は安定していると言えます。

岡安商事の大きな特徴としては、セミナー開催回数が業界No.1というところです。

スプレッドは変動制で、スワップポイントは比較的高めです。

全取引コースでインターネット注文・電話注文が24時間可能ですが、それぞれ取引手数料が発生します。

専任担当者から運用アドバイスを受けられるコースもあり初心者も安心ですが、こちらは取引手数料が割高です。

このように、岡安商事はサポートの面では優れているのですが、取引コストがかかることや、マーケット情報が少なかったり、Mac非対応だったりと物足りなさを感じる部分も多いでしょう。

 

スプレッド・スワップポイント

スプレッド

スプレッドは変動制で、2017年8月7日10時23分時点のドル円は「くりっく365」が「3.0銭」、「くりっく365ラージ」が「0.8銭」です。

「くりっく365ラージ」の方が取扱通貨ペアが少ないなどの制限がありますが、その分、スプレッドが優遇されています。

どちらも「DMM FX」など業界最狭水準のドル円0.3銭(原則固定)と比べてスプレッドはかなり割高です。

参考記事250人の口コミと評判で分かった「DMM FX」の評価

スワップポイント

スワップポイントは他社と比べても比較的高い金利が提供されており、受取額と支払額が同一価格です。(画像は2017年8月3日適用分)

 

取引コースと手数料の違い

岡安商事のFX取引コースは「セルフコース」「サポートコース」「スタンダードコース」の3種類で、取引手数料とサポートの部分に大きな違いがあります。

東京金融取引所が扱う「くりっく365」自体には、取扱通貨ペア、スプレッド、取引手数料の違いから、「くりっく365」と「くりっく365ラージ」の2種類があります。

「くりっく365ラージ」は手数料が発生しますが(取扱業者により異なる)タイトなスプレッドで取引できます。

取引コースの違い「くりっく365」

取引コース ネット注文 代行注文(電話注文) 運用
アドバイス
通常(新規/決済) デイトレ(新規/決済) 通常(新規/決済) デイトレ(新規/決済)
セルフコース 0円 0円 1,080円 / 1,080円 1,080円 / 540円 なし
サポートコース 540円 / 540円 540円 / 270円 1,080円 / 1,080円 1,080円 / 540円 あり
スタンダード 1,080円 / 1,080円 1,080円 / 540円 あり

取引コースの違い「くりっく365ラージ」

取引コース ネット注文 代行注文(電話注文) 運用
アドバイス
通常(新規/決済) デイトレ(新規/決済) 通常(新規/決済) デイトレ(新規/決済)
セルフコース 1,080円/1,080円 1,080円/540円 10,800円 / 10,800円 10,800円 / 5,400円 なし
サポートコース 5,400円 / 5,400円 5,400円 / 2,700円 10,800円 / 10,800円 10,800円 / 5,400円 あり
スタンダード 10,800円 / 10,800円 10,800円 / 5,400円 あり

いずれのコースでも、デイトレ(日計り取引:1日の取引時間中に新規建玉の取引とそれを決済する取引の両方を行い、損益を確定させる)の場合は、決済手数料が半額になります。

「セルフコース」のネット注文は取引手数料無料、「スタンダードコース」はネット注文ができず電話注文のみ、「サポートコース」「スタンダードコース」は電話による運用アドバイスを受けることができる、などの違いがあります。

お得意様手数料割引

お得意様扱者は、「セルフコース」または「スタンダードコース」の「くりっく365」の取引手数料が全て「無料」です。

また、コースに関わらず、お得様扱者は「くりっく365ラージ」全ての手数料が片道1,080円、デイトレ決済時540円となります。

ただし、お得意様扱者になるには以下の条件が必要です。かなり「お得意様」の条件は厳しいですね…

  • 岡安商事で取引10年目以上且つ70歳以上で「セルフコース」の人
  • 初回のご入金が5,000万円以上の人の「セルフコース」の人
  • 岡安商事で地球のめぐみ2年以上・先物及びFX各5年以上の取引且つ70歳以上で「スタンダードコース」の人

高齢者継続割引

80歳を越えて取引継続を希望する場合、所定の手続きと承認を受けることで高齢者継続割引が適用されます。

割引金額は「サポートコース」のネット注文以外は全て半額です。

「サポートコース」のネット注文は、「くりっく365」が388円(デイトレ決済は194円)、「くりっく365ラージ」が3,880円(デイトレ決済は1,940円)です。

「くりっく365」の取引手数料について

「くりっく365」は、2013年10月に取引振興策として、取扱業者の取引手数料が無料となる画期的な制度を導入しました。

その分、マーケットメーカーのコストが上がったため、提供される価格レートのスプレッドは広がりましたが、取引手数料無料化には多くのメリットがあるため、多くのFX業者で取引手数料無料化が進みました。

しかし、岡安商事FXでは現在でも手数料無料化には至っていません。

 

サポート体制は充実している

セミナー開催回数が多い

岡安商事はセミナー開催回数がかなり多いです。

以下のスケジュール表(東京)を見ても分かる通り、土日も含めほぼ毎日開催されていますね。東京以外の大阪、福岡、各地方都市でも、定期的に開催されています。

また、日時や参加者人数を指定して手作りのセミナーを開催することもできます。(条件あり、事前申込要)

定期開催セミナー

東京セミナー開催日程(2017年7月)

手作りセミナー

代行注文(電話注文)はNYクローズまで

いずれの取引コースでもNYクローズまでは電話注文が可能です。

普段、インターネット注文がメインの人でも、パソコンやネットワークトラブルの際に電話注文が可能なのは安心要素ですね。

現在、多くのFX業者ではオンライン取引がメインなので、この電話注文サービスは岡安商事の大きな特徴の一つです。

初心者も安心の運用アドバイス!

「サポートコース」「スタンダードコース」は、電話による運用アドバイスを受けることができます。

初心者が一人でFXをする上で、相談ができる人の存在は貴重ですね。

 

取引ツール

パソコン取引にはダウンロードタイプの「為替ライフ」を利用します。

操作性はよく、どの画面からでもワンクリックで注文が可能ですが、動作環境がWindowsのみです。

モバイル取引には、アプリではなくモバイルサイトを経由しての取引となるため、なるべくWi-Fi環境や通信状況の良いところで取引する必要があります。

スマホアプリメインでFXをする人は「スマホでFXするならこれ!初心者おすすめアプリの比較ランキング」の記事でおすすめを紹介しているので参考にしてみてください。

取引ツール タイプ 対応機種/OS
為替ライフ ダウンロード Windows
為替ライフ スマホアプリ iPhone/Android
為替ライフMobile モバイルサイト 各種携帯電話

スマホアプリ

スマホアプリは、iPhone・Androidに対応しています。利用可能な注文方法は次の8種類です。

  • 成行注文
  • 指値/逆指値注文
  • トレール注文
  • 時間指定注文
  • OCO注文
  • IF DONE 注文
  • IF OCO注文
  • ストリーミング注文

 

結論:岡安商事はFX初心者にはおすすめしない

まず、取引手数料が発生することと、Mac非対応が最大のネックです。

またスプレッドも基本的に高い、取引ツールの機能が物足りないため、短期取引では利益が出しづらいです。

スワップポイントは高いので、短期売買というより中長期向けです。

サポートが充実しているため、初心者がアドバイスを受けながら取引するには良い環境が整っていると言えるでしょう。

しかし、どちらにしても取引コスト、取引環境どれを取っても他社と比較して物足りなさを感じるかと思います。

これからFXを始める人やメインの口座を探している人は、より総合的なスペックの高い業者を探した方がいいでしょう。

初めてFXをする人やメイン口座をお探しの人には次のFX会社がおすすめです。

1.『DMM FX』:DMM.com証券は国内口座数第1位の最も総合的に優れたFX業者

2.『GMOクリック証券』:チャートと取引ツールの使いやすさでFX取引高世界1位

3.『SBI FXトレード』:1通貨4円の少額から取引可能な初心者向けのFX業者

DMM FX|初心者に一番おすすめのFX会社はココ

dmmfx

DMM FX』を運営するDMM.com証券は国内口座数第1位であり、それだけ多くのFXトレーダーから支持されていることがわかります。

取引する上で重要な「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」の4つの要素全てが高水準です。

キャッシュバックやポイント還元など、取引をするほどお得なシステムも実施されており、初心者から資産1億円程度までのトレーダーなら間違いなくメイン口座にして良いFX会社です。

専業トレーダーの私もメイン口座として使っており、初心者が最初に開設する口座としておすすめです。

※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

DMM FXの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

DMM FXを運営するDMM.com証券は国内口座数第1位※で総合力も高く初心者におすすめです。 特にスプレッドの狭さと安定感が抜群のため「デイトレード」を中心に取引する人に向いてい…

続きを見る

GMOクリック証券|テクニカル分析にこだわるならココ

GMOクリック証券』は、FX取引高5年連続世界第1位でDMM FXと人気を二分しているFX会社です。

特筆すべきは、豊富なテクニカル指標が利用できる「プラチナチャートプラス」と使いやすさに定評のある取引ツール「はっちゅう君FXプラス」です。

総合的に優れた業者で、特にテクニカル分析に力を入れたい初心者におすすめのFX会社です。

GMOクリック証券(FXネオ)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

SBI FXトレード|少額からFXを始めたいならココ一択

SBI FXトレード』の魅力は、国内FX会社で唯一1通貨4円から取引が始められることです。

特に、1万通貨以内の少額トレードではトップクラスのスプレッドが提供されており、初心者でリスクを抑えてFXトレードをしたい人におすすめの業者です。

SBI FXトレードの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

SBI FXトレードは、1通貨4円から取引可能でスプレッドも狭く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「SBI FXトレー…

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX会社の評判

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.