FX両建てナンピン必勝法は嘘!両建てにメリットや意味がない理由

更新日:

まず、最初に知っておいて欲しいのは、両建ては、初心者には非常に難しい取引手法ということです。

凄腕トレーダーは、両建てを使って細かく利食いやリスクヘッジをしますが、これを初心者が真似するとただ損をするだけになってしまいます。

また、世の中には「両建て必勝法」なるものもあります。

買いと売りの両方のポジションを持つことで、高い勝率や必勝を目指すというものです。

FXを始めると、誰もが必勝法を探しますよね。当然みんな負けたくないし、勝ちたいわけです。すると、いくつかの必勝法と書かれた手法を発見して、その中の一つがこの「両建て必勝法」なのです。

はっきり言うと、この両建て必勝法は大嘘です。

この記事では、理想の両建て手法とその難しさ、両建て必勝法のデタラメをわかりやすく理論的に説明してきます。

ちなみにナンピンを利用した正しい勝ちかたは「FXで負けない正しいナンピン買い手法と戦略」をご覧ください。

両建てとは

両建てとは、同じ通貨ペアで買いと売り両方のポジションを持つことです。

米ドル円を100円の時に買ったら、同時に100円で売りのポジションも持ちます。これで買いと売り両方のポジションを持ったことになり、両建て成立です。

片方のポジションだけ別のレートで持ったり、持つ枚数を変えたり、両建てといっても多少人によってやり方は異なります。

両建てのメリット

両建てするメリットですが、はっきり言って両建てで数字上のメリットは一切ありません

ではなぜ皆して両建て両建てと言うのか?

それは両建てすることで自分を安心させているからに他なりません。

自分が買いポジションだけを持っていて含み損が出た場合、みんな損切りを嫌がりますよね?

そのまま持っていれば上がって元に戻るかもしれない。

でもこれ以上マイナスが増えるのも嫌だし、損切りもしたくない。

そんな時に初心者がすがるのが両建てです。

そこで同じ枚数の売りポジションを持てば、下がっても売りポジションは含み益になるので、それ以上損が膨らむことはありません。

両建てのメリット

はじネコ
安心してください。損固定ですよ。
せんせえ
しかし、今度は上がったら買いポジションは助かりますが、売りポジションが含み損になります。
はじネコ
だめじゃん。
せんせえ
今度はいつ買いポジションを外して、いつ売りポジションを外せばいいのかという悩みが出てくるわけです。結局のところ、両建てした時点で損益を固定しているだけなので、同じ地点で決済したのと数字上では意味は全く同じなのです。
はじネコ
両建てと決済はほぼ同じ意味なんですね。
せんせえ
損切りだと自分が納得できるように考えて切るよね。でも両建ては何も考えずに値幅だけですることが多いから余計にタチが悪いよ。

両建てのデメリット

メリットは精神的な安心感を得られるが、数字上のプラスは一切ないと書きました。しかし、両建てのデメリットは数字上で出てきます。

買いスワップより売りスワップの方が大きい

多くのFX会社では同じ通貨ペアで買いスワップと売りスワップの数字が異なります。そしてプラスのスワップよりマイナスのスワップの方が大きいです。

両建てをした場合、そのスワップの差額が毎日マイナスになっていきます。

値動きに関係なく、損益は両建てで一切プラスになりませんが、スワップ差は確実に毎日資産を減少させます

せんせえ
どうしても両建てをしたいならせめてスワップポイントが買いと売りで同額のFX業者を使いましょう。
はじネコ
ずっと両建てしてると確実に損していくってことかあ。

スワップポイントが売り買い同額のFX会社は多くありませんが、それが可能な業者ではDMM FXがおすすめです。

必要証拠金が買いと売りで両方かかる

両建てをすると、証拠金が買いと売りの両方で必要となります。

これの何が問題かと言うと、証拠金が圧迫される=レバレッジが高くなる=強制ロスカットが近くなるということです。

FX会社の中には両建て時の証拠金が片方のみ(MAX方式)のところもあるので、積極的に両建て戦略を使うなら、証拠金片方のみの業者を利用した方が良いでしょう。

FX会社  両建て時の証拠金 FX会社 両建て時の証拠金
SBI FXトレード 片方のみ DMM FX 売り・買い両方
FXプライムbyGMO 片方のみ 外為ジャパン 売り・買い両方
マネーパートナーズ 片方のみ GMOクリック証券 売り・買い両方
アイネット証券 片方のみ YJFX! 売り・買い両方
外為オンライン 片方のみ みんなのFX 売り・買い両方
ヒロセ通商 片方のみ 楽天FX 売り・買い両方

スプレッドが大きく広がる場面が危険

ショック相場のような急変動時はスプレッドが100pips以上も開く業者もあります。

両建てで証拠金が常に拘束されている場合は、損益を固定していたとしてもロスカットされてしまう可能性があります。

せんせえ
知っている中では、楽天FXは1500pipsスプレッドが広がりましたよ。両建てしてても即死です。ロスカットされても相場は自己責任です。
はじネコ
両建てと決済がほぼ同じ意味なら、ポジションは持っていない方が安心な気がしてきました。

 

理想的な両建て手法

はじネコ
でも手法と組み合わせ次第で有効にならないかな?

ここまで両建ては効果がないということを見てきました。しかし、両建て手法というくらいなので、手法として色々組み合わせれば有効になるのではないか?

ここで理想的な両建て手法を紹介します。

上昇相場でも下落相場でも、常に一方的に動き続けることは少ないので、長期トレンドに乗りつつ短期の逆トレンドでも利益を出すというものです。

両建て

上記のチャート画像のように、長期的に下落し続けている相場で売りポジションを持ち続け、合間の反発である上昇に合わせて細かく新規の買いポジションを利食いしていきます。

文章で説明すると次のようになります。

米ドル円がアベノミクスで上昇相場だと仮定し、100円の時に買いを入れました。

100円 新規買い

そして105円のときにいったんの天井だと思い、売りを入れて両建てになりました。ポジションは100円買い、105円売りです。

100円 買い持ち越し
105円 新規売り

そしてうまく米ドル円が102円まで下がったので、売りを利益確定しました。100円の買いは持ったままです。

100円 買い持ち越し
105円 売り → 102円で決済 +300pips

そして上昇相場に乗って110円まで上がったところで、再びいったん天井だと思い、売りを入れて両建てになりました。ポジションは100円買い、110円売りです。

100円 買い持ち越し
110円 新規売り

予想通り天井で105円まで下がったので、110円の売りは決済しました。

100円 買い持ち越し
110円 売り → 105円で決済 +500pips

この方法で長期的な利益を伸ばし、両建てて逆の波も取って儲けましょう!

というような、絵に描いた餅が一般的な両建て手法です。

そう簡単に往復は取れない

はじネコ
うーん、そんなうまく買いも売りも取れるかなあ?

最初に105円の売りを入れた時点で、そのまま米ドル円が突っ切って115円まで行ってしまったら?

せっかく上昇すると思って買っていたのに、損益は105円の地点で全く上下しなくなっていますよ。売りポジションはすごい含み損になって、これはどうしたもんか、と頭を痛くするでしょう。

せんせえ
このやり方は相当にうまく流れに乗れる人じゃないと使いこなせません。少なくとも「FX 必勝法」とかで検索してる人がやっては失敗します。
せんせえ
両建て必勝法!と言わずに、売りを入れて損が出たら直ちに損切り。もしくは売りたいと思った時点ですべて決済して、再び下がったところで新規の買いを入れた方がいいです。

この理想的な両建て手法を使えるようになるためには、テクニカル分析を必死に勉強する必要があります。

相場の波を全て取るというのは難しいどころの話ではありません。小手先の技ではまず通用しないと思っておきましょう。

 

ナンピンとは(ドルコスト平均法)

ナンピン両建て必勝法の前にナンピンの説明をします。

ナンピンとは「ポジションを複数回に分けて購入ことで平均取得単価を平均化する手法」です。「ドルコスト平均法」とも言います。

例えば、ドル円を100.00円で1万通貨買います。

その後、為替レートが99.00円に下がったのでさらに1万通貨買い増しました。

すると平均購入レート99.50円で2万通貨の買いを持ったのと同じ意味になりますね。

枚数 購入レート 平均単価
最初の買い 1万通貨 100.00円 100.00円
ナンピン買い 1万通貨 99.00円 99.00円
合計 2万通貨 - 99.50円

ナンピンのメリット

相場の天井や底をドンピシャで当てることはベテランのトレーダーでも難しいです。

しかし、あらかじめナンピンを前提として少しづつ買い増していけば、より底値に近いところで買いを入れたのと同じ意味にできることがメリットです。

レバレッジを低く抑えて、ナンピンで取得単価を下げつつ、損切りしないでスワップをもらいながら長期投資をするなら、それだけで必勝法にかなり近づきます。

ナンピンは短期よりも長期トレードの方が有効性が高くなります。外貨を定期購入する「積立FX」はナンピンを利用して低リスクで資産運用する投資方法の一つです。

ナンピンのデメリット

ナンピンは最初からポジションを分割することを前提として行わないと、資金に見合わないポジション量を保有することになります。

初心者で非常に多い退場パターンは「無計画にナンピンをするもトレンドが変わらずロスカット」というものです。

ナンピンを有効に活用できる人は、資金管理とトレード手法を自分のものにできている人だけです。初心者は損するスピードを早めるだけなので、不用意にナンピンしない方が賢明です。

 

ナンピン両建て必勝法は嘘!

はじネコ
ナンピン両建ては必勝法と聞いたことがあるんですがどうですか?

次は、両建にナンピンを組み合わせた手法を見てみましょう。

まず、米ドル円100円で買いを入れて、うまく上がらずに99円になってしまったら、そこで新規の売りを入れて両建てにします。

両建てナンピン必勝法はさらにここで買いも追加します。

ここから1円下がるごとに買いと売りを同時に追加していきます。

すると96円になるころには以下のポジションができています。

100円買い -400pips
99円買い -300pips
99円売り +300pips
98円買い -200pips
98円売り +200pips
97円買い -100pips

97円売り +100pips

ここで一番マイナスの大きい「100円買いの-400pips」と「99円売り +300pips」「98円売り +200pips」を一括決済すると、+100pipsが確定して次のポジションが残ります。

99円買い -300pips
98円買い -200pips
97円買い -100pips

97円売り +100pips

決済分の確定 +100pips

このあと相場が98円まで上昇したら、買いは既に持っているので売りだけを追加します。

99円買い -100pips
98円買い -0pips
98円売り +0pips
97円買い +100pips

97円売り -100pips

決済分の確定 +100pips

このあと為替レートが95円まで落ちたら次のようになります。

99円買い -400pips
98円買い -300pips
98円売り +300pips
97円買い -200pips

97円売り +200pips
96円買い -100pips
96円売り +100pips

決済分の確定 +100pips

ここでまた一番マイナスの大きい「99円買いの-400pips」と「98円売り +300pips」「97円売り +200pips」を一括決済すると、+100pipsが確定して次のポジションが残ります。

98円買い -300pips
97円買い -200pips
96円買い -100pips
96円売り +100pips

決済分の確定 +200pips

なんと!最初にポジションを整理した時と同じような建玉なのに確定利益は増えています。

これを繰り返せば確定利益は少しづつ増えていき、いずれ含み損を超える利益になる、というのが両建てナンピン必勝法です。

せんせえ
これ実はかなり危険です。どこの時点で危なくなるかわかりますか?

損切りなしの両建ては危険性(リスク)が高い

せんせえ
さっきのナンピン両建て必勝法で危険なポイントは「ポジションを一括決済した後」です。

99円買い -300pips
98円買い -200pips
97円買い -100pips

97円売り +100pips

決済分の確定 +100pips

はじネコ
これですね。
せんせえ
この後、為替レートが98円まで上昇して、買いを3ポジション、売りを2ポジションに調整したと仮定しました。しかし、このまま94円まで下がった場合、次のようになってしまいます。

99円買い -500pips
98円買い -400pips
97円買い -300pips

97円売り +300pips
96円買い -200pips
96円売り +200pips
95円買い -100pips
95円売り +100pips

決済分の確定 +100pips

はじネコ
上のポジションの含み損やばくない?

つまり、両建てナンピン必勝法はレンジ内でコツコツ取るだけの手法なので、一方的な値動きが出ると、含み損が膨らんでロスカットされやすいということです。

 

両建ての外し方のテクニック

私もそうでしたが、初心者はついつい両建てをしてしまい、外すタイミングがわからなくて困惑してしまいます。

両建てを外すタイミングというのは、損切りをするタイミング、もしくは新規エントリーをするタイミングと同じです。

なので、自分の損切りやエントリーのタイミングを思い出して、片方づつ外しましょう。

全く自信が持てないなら、もう思い切って両方決済しましょう。

そして、両建てではなくスパッと損切りするためにも、事前に適切な損切りルールを決めておきましょう。

損切りルールが決まっていれば、最悪、両建てであたふたしても上手く立ち回れる可能性が高くなります。

脱・損切り貧乏!損切りルールの適切な幅、目安、タイミングは?

はじネコ損切りっていつすればいいのかわからない…。ほっとけば戻ってくるかもだし。 せんせえその考えでは近いうち大ケガをするよ。これからどんな損切りルールが適切か見ていく…

 

まとめ

せんせえ
結局さ、思った方向と逆に行ったから両建てで固定って、本来損切りの1ステップだけで済むものを、両建ての買い売りをいつ外すかっていうさらに無駄なステップを踏まされてるだけなんだよね。

結局のところ、両建てをする=損切りをするとほぼ同じということがわかりました。

また両建てと損切りを比べた場合、両建てのほうがデメリットがあることもわかりました。

以上のことから、両建て必勝法を探して時間を無駄にするよりも、より正しくテクニカルやファンダメンタルズを理解することに時間を使いましょう。

ちなみにローリターンであればFXには必勝法がありますが、それは次の記事で紹介します。

FX初心者は必勝法を探すな!お小遣い稼ぎ程度に儲かる方法まとめ

普通のFXトレードに必勝法はありません。 日々、切磋琢磨して少しでもリスクとリターンの比率を良くしてトレード成績を向上させることが正攻法ですが、必勝法ではないですね。 こ…

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

記事下

2018年版!最強FX口座ランキング

-手法

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額投資から始める入門講座|マネフル , 2018 All Rights Reserved.