FXって最低資金いくら必要?初心者が5万円くらいでも始められる?

更新日:

はじネコ
FXっていくらから始められるんですか?
せんせえ
最近だと5,000円あれば始められるところが多いけど、そこのところ詳しく見ていこうじゃないか。

FXを始めたいのだけど、最低どれくらいのお金が必要ですか?

と、よく初心者の方に聞かれます。

最近は100通貨単位や1通貨単位でも取引が可能なFX会社も出てきて、以前よりも少ない初期資金でFXを始めることができるようになりました。

では実際のところ初期資金はいくらあればいいのかをこれから見ていきましょう。

FXを始めるには最低いくら資金があればいいの?

国内のFX会社で取引をする場合、たいていのFX会社は最低1万通貨からの取引になります。現在はレバレッジが25倍なので、もしドル円を1万通貨取引したいと思った場合、必要な証拠金はおよそ5万円になります。

これはその時のレートやレバレッジによって若干変わってくることがありますが、レバレッジが今の25倍の状態であれば、ドル円1万通貨は最低5万円あれば取引ができると思って問題ないでしょう。

はじネコ
どんなFX会社でも5万円あれば問題ないってことですね!
せんせえ
取引はできるけどそれだと心もとないね。

しかし、その場合、資金が必要証拠金とほぼ同額となり、全く余裕のない取引であると言えます。為替レートの変動で保有中のポジションが含み損となり、口座維持率が100%を割り込んでしまった時、多くのFX会社では追加証拠金が要求されます。

資金が5万円のときに、ドル円を1万通貨の買いポジションを持ったとします。1万通貨あたりの証拠金が5万円とすると、ポジションを持った瞬間に口座維持率は100%となってしまうのです。

はじネコ
始まった瞬間ピンチってことかあ。

これではポジションがたとえ100円ほどのマイナスでも、口座維持率は100%を割り込んでしまい、追加証拠金の要求、もしくはポジションの強制決済がなされます。

証拠金維持率が何%で追加証拠金の要求、もしくはポジション決済がされるかは各FX会社によって異なりますが、多くの会社が口座維持率100%を目安としています。

ですのでドル円は5万円から取引はできますが、余裕を持った取引を行うためには10万円で1万通貨の取引するくらいの感覚でいましょう。

はじネコ
皆どれくらいの金額でスタートしてるんだろ?

一般的には初回入金額は10万円〜100万円くらいでスタートする人が多いようです。自分の経済状況と照らし合わせて、なくなっても生活に困らない範囲の金額で入金をしましょう。

1万通貨の取引でどれくらいの損益になるの?

はじネコ
1万通貨って言われてもどんなもんかよくわかりません!
せんせえ
要は10000ドル(通貨)ってことだね。どれだけの損益が上下するか見てみよう。

初心者の方でまだ取引をしたことがない方は、1万通貨の取引と言われても、それでどれくらいの金額が上下するのかピンとこないと思います。次はその損益について説明します。

1万通貨での取引損益例

例えばドル円を100.00円で1万通貨買ったとします。

ドル円レートが上昇し、100.50円になったときに決済をしました。

 

この場合は以下のようになります。

10,000通貨 × 値幅0.5円 = 利益5,000円

 

もしドル円が1円動いたら、損益は1万円上下することになります。

 

初心者はより低リスクな1000通貨単位で練習しよう

1000通貨単位の取引ってどういうこと?

国内のFX会社の中には最低1000通貨から取引が可能な業者もあります。

1000通貨単位の取引では、必要証拠金は1万通貨の時の10分の1となります。つまり5000円あればFX取引が可能となります。1000通貨単位であれば、上下する金額も1万通貨の10分の1です。

はじネコ
1000通貨だとかなり安全な金額になりますね。

先ほど損益の計算の仕方で見たように、もし1000通貨でドル円が1円動いた時、損益は1,000円上下することになります。

ドル円で1円の値幅というのは、およそ1日の値動きの上限から下限目一杯くらいです。それで1,000円ほどの損益なので、取引の練習とするには丁度良いと言えます。

近頃は100通貨単位や1通貨単位でも取引できるFX会社もあります。

1000通貨単位以下で取引が可能なFX会社を一覧にまとめたので参考にしてみてください。

1通貨、100通貨、1000通貨単位の小額で取引できるFX会社まとめ

FXは基本的に最低取引単位が10,000通貨単位です。 わかりやすく言うと、最小単位の米ドル/円をトレードするためには約5万円の資金が必要です。 より低リスクでトレードの練習がしたいという人のために、 ...

続きを見る

デモトレードより実際のトレードで練習すべき

さてここまで、FXトレードをするのに最低いくらのお金が必要か、またどれくらいの損益が発生するのかを見てきました。

実際にFXの勝負勘を鍛えるためにはデモトレードよりも実際のトレードで練習をしたほうが上達は早いです。1万通貨での値動きが怖ければ、先ほど見たように1000通貨での取引をしましょう。そうすればお小遣い程度の金額で取引が可能です。

はじネコ
なんでデモトレードより実際のトレードのほうが上達するんですか?

なぜデモトレードより実際のトレードを薦めるのか?デモより実際のトレードを薦める理由は、精神的なプレッシャーが全く違うからです。

デモトレードというのは自分のお金ではないので、何も考えずに自由に取引をしてしまいがちです。含み損になってもそこまで精神的プレッシャーは少ないし、バシバシ損きりもできるでしょう。含み益が出た時はのんびり利益が伸びるのを見ていられるかもしれません。

せんせえ
実際のお金じゃなければゲーム感覚で取引できてしまうね。

しかし実際のトレードではなかなかそうはいきません。

含み損で自分のお金が減っていくと胃が痛くなってきますし、いつか戻るのでは、となかなか損切りにも踏ん切りがつきません。含み益が出ても、早く確定しないとせっかくの利益が元に戻ってしまうのではないかという焦りがでてきます。

デモトレードと実践トレードは自分の精神状態が全く異なってくるのです。デモトレードの位置付けとしては、あくまでFX会社の取引システムに慣れるためのものとして考えてください。

せんせえ
最終的には常に冷静でいられる精神力が一番重要なんだよ。

またデモトレードでは押した瞬間に取引がサクサク約定しますが、実際のトレードでは約定までに少し時間がかかったりします。

これは、デモではシステム上だけの仮想トレードですが、実際のトレードではFX会社は顧客の注文を受けて自社でも市場にオーダーを出したりするので、デモよりも約定までに通るプロセスが増えてしまうからです。

デモの感覚で慣れてしまっていると、実際のトレードだとなぜかうまくいかない、といったことの原因にもなります。

はじネコ
本番環境とテスト環境は違うんですね。

なにより実際に自分のお金がかかっているということは、真面目に集中して相場の勉強をする強い動機になります。ですので1000通貨単位などの小さな取引単位からでも少しづつ実践に慣れていくようにしましょう。

初心者は少額の資金から取引を始めるべき

はじネコ
よし!さっそく有り金全部入金してくる!
せんせえ
待たれい。それは絶対にしてはいけない。

先ほどはデモトレードよりも実際のトレードで経験を積むべきだと書きました。ここに更に追加補足をすると、「FXトレードは絶対に少額の資金から始めたほうがいい」です。

少額から始めるべき理由

これは何故かというと、始めたばかりで右も左も分からない初心者はまずまともに利益を上げ続けることができないからです。

どんな有名なトレーダーも、資金を大きく目減りさせることなく増やし続けたということはありません。世界的に成功しているトレーダーでも何度も資産を溶かし破産をしているのです。

始めから全ての資産を投資に回すことは絶対にしてはいけません。運よく一時的に増やせたとしても、すぐに全て吐き出して最初以上に資産を減らすことになります。

せんせえ
まずは資産を減らさないことを第一に考えよう。

投資の世界はかなり経験がモノを言います。

10年に一度と言われているようなショック相場が毎年のように起きていたこともあります。そんなときに相場を始めたばかりの初心者がまともに立ち回ることができるでしょうか?

難しいと思います。

初心者は初期資金を分割してトレードを開始しよう

もしあなたが今100万円を投資に回そうとしているのなら、まずは10万円の資金から取引をスタートしてみてください。

仮にその10万円が失敗してなくなったとしても、まだ90万円が残ります。同じようにあと9回挑戦できるのです。

これがもし最初から100万円でスタートしていたら、一度の失敗で100万円を失うことになり、もう二度と相場の世界に戻ってくる気が起きなくなるかもしれません。

はじネコ
1回でゲームオーバーより10回挑戦できる方が上達するよね。

たった10万円だと全然大きな利益にならないじゃないか!そう思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

投資には複利というものがあります。元手に利益をどんどん足していって、元手とともに利益も雪だるま式に大きくしていくというものです。

あなたは投資をすることで、今後将来的にずっと相場から利益を出していきたいと考えているのではないでしょうか?

もしそうであれば実は開始資金が10万円でも100万円でもそんな大きな差はないのです。

複利を利用しどんどん元手を大きくしていこうとするには、トータルでは常にプラスの結果を出し続ける必要があるのです。トータルで勝ち続けることができれば、目標の金額に到達するために必要な時間は初期資金がいくらでもそこまで変わりません。

となると本当に必要なのは、すぐに大きな利益を求めることではなく、まず勝ち続けられる方法と経験を手に入れることではないですか?

そのためには何度も挑戦をして経験値をためられるように、初期資金を分割して一度の失敗で退場しないことは必須なのです。

せんせえ
重要なのは最初の資金額ではなく、いかに減らさずに増やしていけるか。

トレードの世界は素人もプロも皆同じフィールドで戦います。初心者はネギを背負ったカモにならないように、少しづつ経験を積んで上手くなるしかないのです。

稼ぎたい目標金額から資金額を設定しよう

さて先ほどは、複利を利用すれば少額からでも大きな金額を得ることができる、と書きました。

複利でいずれ大金持ちとかじゃなくて、単利で毎月20万円くらいコンスタントに稼ぎたいんだけど?という人もいるかもしれません。

その場合は、稼ぎたい目標金額から資金額を設定しましょう。

トレードで毎月5%のリターンが得られるとすると、20万円を稼ぐためには400万円の資金が必要になります。

そんなに必要なのか!と驚く人もいるかもしれません。しかし毎月5%の利益という数字でも、恐ろしくいい数字なのです。周りの金融商品で安定して月利5%も出せるものがあるでしょうか?ありません。

もちろんFXでは10万円を一ヶ月で20万円にすることもできます。その場合、月利100%です。

しかしそのためにはかなり高いリスクを取り続けなければならず、毎月コンスタントに稼ぐという目標からはほど遠くなるでしょう。

単利、複利どちらを利用する場合でも、まずは相場で安定して勝つことが必須条件なので、初心者のうちは少ない資金額からトレードを開始するようにしましょう。

FX会社からお金を貰ってトレードする裏技とは?

FX会社の中には口座を開設するだけでキャッシュバックをしてくれるキャンペーンを行っているところがあります。複数のFX会社のキャッシュバックを利用すれば、ほぼノーリスクで投資の元手となる金額を集めることができるのです。

現在は専業トレーダーの私も、FXを始めた頃はこのキャンペーンで元手を増やしてトレードに当てていました。

また実際にいくつかの口座を試してみることで、FX会社ごとの強い点がわかります。

例えば、この通貨ペアはこの会社が一番スプレッドが狭い、約定スピードが早くて滑らない、など自分でその口座を使う理由も見つけることができます。

ほとんどのFX会社は口座開設費用や口座維持費が無料です。とりあえず開設だけでもしておいたほうが、使いたい時にすぐ使えて便利です。

やって得することしかないので、積極的にキャンペーンを利用していきましょう。

-FXを始める前に知っておくこと

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方 , 2017 AllRights Reserved.