画像で見る「ダウ理論」のFXでの使い方

投稿日:

トレンドの考え方「ダウ理論」

ダウ理論とは?

ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論です。

先物や株式投資や為替の成功法則として相場の世界では非常によく知られています。

ダウ理論は6つの基本法則から構成されていますが、その中から特に重要な3点を以下に挙げています。

1.平均はすべての事象を織り込む

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれます。

市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言えます。

2.トレンドには3種類ある

ダウ理論では、価格変動の分析においてトレンドを重視します。そのトレンドを以下の3つに分類しています。

主要トレンド:1年~数年のサイクル。
二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。
小トレンド :3週間未満のサイクル。

これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられます。

3.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとします。

トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しくなります。

トレンドの見極め方

ダウ理論で特に大事なことは3です。

トレンドの判定方法は、最高値と最低値が連続で上昇するときは上昇トレンド傾向になり、連続して下降するときには、下降トレンド傾向となります。

つまり、

主要な高値・安値が、ともに切り上がっていたらアップトレンド

主要な高値・安値が、ともに切り下がっていたらダウントレンド

ということになります。

上昇トレンドの見極め方

  1. 上昇トレンドは必ず直近の安値を割ることなく、直近の高値を超えていく。
  2. 直近の高値を超えられず直近の安値を割り込んだ時点で下降トレンドへ変換する。
  3. 直近高値を超えられず、ダブルトップもしくは直近高値手前で失速(二番天井)となった場合、下降トレンド転換を警戒する。

下降トレンドの見極め方

  1. 下降トレンドは必ず直近の高値を超えることなく、直近の安値を割り込む。
  2. 直近の安値を割らず直近の高値を越えた時点で上昇トレンドへ転換する。
  3. 直近安値を割り込めず、ダブルボトムもしくは直近安値手前で失速(二番底)となった場合、上昇トレンド転換を警戒する。

トレンドの判断ができたら「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」の各トレンドに合わせた手法に従ってエントリーします。

もし「上昇トレンド」「下降トレンド」と判断できない場合はすべて「レンジ」となります。

このダウ理論は、新規エントリーや利食い、損切りポイントなどトレードのあらゆる面で利用できます。

ダウ理論を意識することで、「どこで損切りすればいいのかわからない」といったことはなくなるはずです。

画像でわかるダウ理論

では具体的にチャート図でダウ理論を説明します。

次のチャート図はとある日のユーロ/ドル1時間足です。

1番~8番までは、主要な高値・安値がともに切りあがっており、ダウ理論の定義通りの上昇トレンドとなっています。

しかしその後、8番の高値で上値を抑えられて、高値を更新することができなくなります。

そして9番で7番の安値を更新し、ダウ理論のアップトレンドの定義が崩れてしまい、下降トレンドへの転換となります。

このようにトレンドの形が崩れる時がトレンドのなくなる時となり、ポジションを保有していたら手じまいを考えるタイミングとなります。

まとめ

現在のトレンドを正しく把握することはFXで勝つために重要です。

ダウ理論はトレンドの考え方としてとてもわかりやすく、一般的にもよく利用されています。

相場の流れを知る上で役に立つので、覚えておくようにしましょう。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-チャート分析

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.