GMOクリック証券は1000通貨単位に非対応!いくらから取引できる?

更新日:

GMOクリック証券(FXネオ)」は、取引ツールの使い勝手が抜群で、スプレッドが狭い、約定力も高い総合力の高いFX業者です。

しかし、最低取引単位である1Lotの取引は1万通貨単位からとなっており、1000通貨単位での取引には非対応です。

今回は、GMOクリック証券FXネオでは資金いくらから取引ができるのかを説明します。

GMOクリック証券で1Lot取引するのに必要な資金

初回最低入金額について

GMOクリック証券では初回最低入金額が定められていません。

必要最低証拠金さえ入金していれば取引をすることができます。

Q. FXネオ取引の初回入金額はいくらですか?

A. 初回入金額に規制はありません。

お取引に必要な金額以上の、余裕を持った証拠金の預託をお勧めいたします。

出典:GMOクリック証券「よくあるご質問」

GMOクリック証券の必要証拠金について

まず、GMOクリック証券FXネオの最低取引単位について確認をしておきましょう。

公式サイトでは、売買単位は10,000通貨単位からと正式に発表されています。

Q. FXネオ取引の最低取引単位について教えてください。

A. FX取引における取引単位とは、FXで売買をする際の最小単位のことをいいます。

当社FXネオでは、取引単位は原則として1万通貨(南アフリカランド/円では10万通貨)が1取引単位となります。

出典:GMOクリック証券「よくあるご質問」

では、この1万通貨を取引するのにいくらの資金(証拠金)が必要かを見ていきましょう。

取引ツール「はっちゅう君FXプラス」の通貨ペア一覧で必要証拠金を確認できます。

この場合だと、米ドル円(USD/JPY)を1Lot取引するには「43,953円」が必要となります。

FXネオ取引の必要証拠金は、レバレッジを元に算出されます。

FXネオ取引のレバレッジは最大25倍なので、必要証拠金は取引金額の4%(レバレッジ最大25倍)に相当する日本円です。

例えば、1ドル=100円の場合、米ドル円を1万通貨取引するのに必要な証拠金は100円×10,000通貨×4%=40,000円となります。

つまり、4万円の資金があれば米ドル円を取引することができます

この必要証拠金目安は米ドル円のレートによって変わってきますが、大体40,000円〜50,000円の間です。

また、必要証拠金は通貨ペアによっても異なります。豪ドル円やNZドル円などは米ドル円よりも少ない証拠金で取引することができ、逆にユーロ円や英ポンド円は米ドル円よりも必要証拠金が高くなっています。

余裕を持った取引をするために必要な資金は?

ただ、注意してほしいのは、「じゃあ5万円あれば取引できるのか」と思わないでほしいことです。

確かに5万円あれば米ドル円のポジションを1Lot取ることができますが、その場合、必要証拠金ギリギリの金額なので証拠金維持率がかなり低くなってしまいます。

証拠金維持率が100%を割り込むと追加証拠金(追証)の発生やロスカットが執行されますので、米ドル円を1Lot取引するためには余裕を持って10万円は資金が欲しいところです。

デモトレードで練習するのもあり

GMOクリック証券FXネオでは本口座の他にも練習用のデモ口座も用意されています。

口座開設の申込みをしてから実際にトレードができるまで1〜3日かかりますので、その間にデモトレードで感覚を掴んでおくのも良いでしょう。

GMOクリック証券FXネオ
GMOクリック証券「FXネオ」デモ口座(バーチャル)の使い方

GMOクリック証券の「FXneo」にはデモ口座があります。デモ取引にかかる利用料は無料です。 GMOクリック証券は、FX取引高が5年連続世界第1位、FX預かり資産も国内第1位の業界でも…

続きを見る

GMOクリック証券のレバレッジは25倍固定

GMOクリック証券FXネオのレバレッジは25倍固定で変更はできません。

しかし、レバレッジが変更できないと言っても、実質的なレバレッジは資金額と取引通貨量によって変化します。

資金10万円で1Lot(米ドル1万通貨)を買いたい場合、10万円の資金に10倍のレバレッジをかければ100万円になるのでドル円1Lotが買える金額になりますよね。

その場合、実質的なレバレッジは25倍ではなく10倍になるのです。

資金100万円でドル円1Lotを買った場合、レバレッジはほぼ1倍となって外貨預金と変わらないくらいのローリスク・ローリターンとなります。

このようにレバレッジとは、自分の資金額に合わせて調整するものなのです。

また、レバレッジはロスカットシミュレーションで算出することも可能です。

テクニカル分析にこだわるならGMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

GMOクリック証券は、1,000通貨単位の取引こそできませんが、それ以外はとても総合力の高い業者です。

様々なテクニカル指標が利用できる「プラチナチャートプラス」と使い勝手抜群の「はっちゅう君FXプラス」は国内FX業者で一番使いやすい取引ツールです。

スプレッドは業界最狭水準、FX会社としても安定性の高いGMOグループなので、資金が10万円以上ある人、テクニカル分析に力をいれたい初心者の人におすすめです。

GMOクリック証券FXネオ
200人の口コミと評判でわかった「GMOクリック証券 FXネオ」の評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

1000通貨対応のおすすめFX会社

最近は1000通貨取引に対応したFX会社はかなり多くなってきました。

しかし、国内で1、2の人気を誇るFX会社「DMM FX」と「GMOクリック証券」はどちらも1000通貨非対応で1万通貨からの取引です。

本来、投資をするにあたって、最低1万通貨単位で取引できるくらいは資金がないとお話にならないのですが、学生・若者で投資をしてみたい人や初心者で相場に慣れたい人には1000通貨取引はあった方が良いシステムです。

そこで、1000通貨以下で取引をしたい人におすすめのFX会社は「SBI FXトレード」です。

SBI FXトレードは、1000通貨どころか1通貨単位に対応した国内唯一のFX会社です。4円から取引を始めることができるので練習にはもってこいです。

また、大手SBIグループのFX専門会社なので安心ですし、スプレッドなどの取引コストもとても安く設定されています。

低資金でのFXトレードには最もおすすめできる業者です。

800人の口コミと評判でわかった「SBI FXトレード」の評価

SBI FXトレードは、1通貨4円から取引可能でスプレッドも狭く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「SBI FXトレー…

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-GMOクリック証券

Copyright© FX初心者向け入門講座!投資の始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.