FXで複利運用が激ムズな理由とは?複利と単利の違い

更新日:

はじネコ
FXで複利を使えば、少ないお金でもめっちゃ稼げるって聞いたんですが!
せんせえ
それは正解ではあるけど、少し補足が必要だね。
今回は複利とは何っていうところから、複利で実際にめっちゃ稼げるか?について見ていくよ。

複利とはなんだ?

「人間の発明した仕組みで最も驚くべきは複利である。」

これはノーベル物理学賞を受賞したアルベルト・アインシュタインの言葉です。

 

複利とは、元本と前についた利子を合わせた金額に対して利子がつく計算方法です。

つまり出た利益をそのまま再投資したとして計算する方法です。

例を出すと、100万円の元本があるとします。

年間利回りは30%とします。

すると1年後の資産は100+(100×0.3)の130万円です。

2年後の資産は130+(130×0.3)の169万円となります。

3年後の資産は169+(169×0.3)の220万円となります。

 

逆に、元本だけに利子がつく計算方法を単利と言います。

こちらも例を出すと、100万円の元本があるとします。

年間利回りは30%とします。

すると1年後の資産は100+(100×0.3)の130万円です。

2年後の資産は130+(100×0.3)の160万円となります。

3年後の資産は160+(100×0.3)の190万円となります。

 

複利と単利ではその差が220-190=30万円となります。

では仮に1日1%の利益を出したとして、それを続けるとどのようなことになるでしょうか。

 

複利と単利の違いが一目でわかる計算表

次の表は100,000円を元手に1日1%の複利で運用した場合を示しています。

経過日数(日) 複利運用の場合(円) 単利運用の場合(円)
100,000 100,000
1 101,000 101,000
10 110,462 110,000
20 122,019 120,000
60 181,670 160,000
120 330,039 220,000
240 1,089,255 340,000
480 11,864,773 580,000
620 47,780,616 720,000
695 100,775,458 795,000

運用1日目での資産1%増加は1,000円です。

運用1か月後の資産は22,019円増加の122,019円です。(1か月の取引日数を20日で計算)

これで1年間運用すると、資産は1,089,255円になります。

 

単利運用の場合、この時点での資産は340,000円ですので、複利運用と比べると約3倍の差がついたことになります。

この運用をずっと継続できると約3年4カ月で資産は1億円を超えることになります。

はじネコ
いやー、複利ってすごいですね!
せんせえ
すごいよ。でも実際やってみると難しいんだよね。

実際に複利でお金を増やすことは簡単なのか?

さて、「FXは複利で資産がどんどん増える!」と言う話を、FXでトレードしている方なら一度は見たり聞いたりしたことがあると思います。

しかしながら「私はFXの複利で資産をどんどん増やして大金持ちになりました☆」と言う人がほとんどいないと思いませんか?

おそらくゼロではないはずなので「ほとんどいない」と書きましたが、「FX 複利」で検索しても複利で資産が増える仕組の記事ばかりが目立ちます。

 

個人が情報を惜しみなくネット上に出せる時代ですので、本当に複利で稼げるのであれば実際に複利で稼げている人の情報が1つくらいあっても良さそうなものです。

それがなかなか出てこないと言うことは…複利に頼るにはそれなりのハードルがあると推測できます。

 

ちなみに、専業トレーダーとして生活している私の収入は次の記事をご覧ください。

FXだけで生活する!?専業トレーダーって実際どうなの?

FXをこれから始めようと考えている人は、FXの専業トレーダーを理想とすることが結構あるんではないでしょうか。 私はFX専業トレーダーとして長く生活していたので、ある意味で憧…

続きを見る

 

そこで今回は複利でお金を増やすために乗り越えなければならないハードルがなんなのかを考えてみます。

複利でお金を増やすのが難しいのはなぜなのでしょうか?

 

複利でうまく資産を増やせない理由

複利でお金を増やし続けるということは、安定してFXで勝ち続けるということです。

それが初心者にとって簡単でないことをこれから説明します。

「勝てる手法」が見つかっていない

FXでトレードをするならまずは手法です。

どんな風に利益を出すかということですが、これがまず第一のハードルになります。

当たり前ですが勝てないとお金は増えません。

では勝つためにはどうしたらいいのでしょう。

 

まずは「必勝」を追わないことです。

勘違いしがちですが「勝てる=負けない」ではありません。未来永劫負けない方法などあるわけがないし、仮にあったとしても簡単に手には入らないでしょう。

そんな手法を探すことに時間をかけるのではなく、いかに「負ける」と上手に付き合うかが最終的に「勝つ」ことにつながってくるのです。

 

負けてもいいのです。

負けて当たり前です。

負けない方法などありません。

仮に負けない方法があったとしてもそう簡単に手には入りません。

 

「負けないように」ではなく「負け上等」くらいに考え方をシフトしてみてください。

「トータルで勝てる手法」なら見つかるはずです。

そして自分のライフスタイルに合った手法を採用しましょう。

継続して同じルールでトレードできない

「とても簡単なトレード手法なのに続かない・・・」

「勝てるのがわかっているのに、いつも途中でやめてしまう・・・」

そんな人は少なくありません。

せっかく見つけたトータルで勝てる手法なのになぜ継続ができないのでしょうか。

 

相場で勝ち続けている人は「ここでこんな風にトレードしたらトータルで勝てるのではないか」と気づき、長い時間かけてそれを検証をしてきています。

検証をしたからこそ「この取引ルールは勝ち負けにこういう傾向がある」と理解し、勝ち逃げしやすいルールや無理のない範囲でできるだけ負けを減らせるようなルールを作ることができているのです。

 

この「検証」と「傾向を知る」ことをせずにトレードしても続きません。

負けた時、連敗している時に必ず「このまま続けていて大丈夫…?」と不安になり継続が困難になります。

 

トレードを継続せずに負けで終わる、勝てる時が来ることを信じられないのです。

トレードを続けられるのはしっかりと検証をして、勝てる時がくることを知っているものだけ。

 

「続けていれば多分勝てる…?であろう」という、なんともフワフワした状態でトレードするのはどんな手法であったとしてもオススメできません。

このフワフワした状態こそが「エントリーポイントまで待たないでエントリー」、「無駄に早めの利確」、「無駄な損切り」を招くからです。

心理的に落ち着かなくてルールを守れなくなってしまうのです。

 

負けていても「大丈夫、検証ではこのあと何度も勝ててきた!」と思えなければその手法を続けることは困難です。

負けてお金が減るのが楽しい人などいませんし、いつまで負けが続くのか見当もつかないのにトレードし続けるメンタルの持ち主はそういません。

検証などを行っているから、いつまでどのくらい負けるのかがある程度把握できていて安心してトレードを継続することができるのです。

思ったように資産が増えていかない

FXの複利の記事を読むと「1日5pipsだけとればいい」「1日10pipsで終了すること」と、少ないpipsを獲得するだけでよくて簡単そうに見えるかもしれません。

特に、FXを始めてなかなか思うように稼げていない方にはものすごく魅力的に見えることでしょう。

 

しかしながら、複利の記事でよく見る途中からガンガン増えていくあの曲線グラフは全勝している場合のグラフであることが多いです。

全勝=負けないということ。

そんな方法は…?ありませんよね。

毎日同じだけ勝ち続けるというのはプロトレーダーでもできません。

実際に複利のグラフで思い描いているよりも、さらにゆっくりな曲線になると思っておいた方がいいでしょう。

金額が大きくなるとビビってしまう

取引ルールを守り、複利を使い順調に資産を増やすことができても、金額が大きくなるにつれて精神が不安定になってしまい、思うような取引ができなくなってしまいます。

金額の大小に揺さぶられない強い精神力があれば大丈夫ですが、ほとんどの人は指先一つで多くの金額が動く初めての体験に平常心ではいられなくなるでしょう。

これを克服しなければ複利で増やし続けることはできません。

 

取引ルールを継続するためには

たんたんと自分の取引を継続するためには「検証をする・手法の勝ち負けの傾向を知る・ルールの重要さを知る」の3つの要素が必要になります。

次はこの3つの要素について見ていきましょう。

手法の検証をする

まず、まだ手法が定まっていない人は必死にテクニカル分析を勉強してください。

そして、優位性のありそうな手法を見つけ出してください。

参考記事FX初心者が絶対に覚えるべきテクニカル分析

「検証」とは、手法とルールを過去データに当てはめてみて、そこそこいい結果が出るかどうかをチェックする作業です。

検証する場合は、1ヶ月ごとに結果を出してみてください。

この時点では1年のうち3~4ヶ月くらいなら負ける月があっても問題ないです。

そして最悪どの程度負けが続く可能性があるのかを理解しておきましょう。

手法の勝ち負けの傾向を知る

「手法の勝ち負けの傾向を知る」とは、検証で一定の期間ごとにトレード結果を出していますので、その結果を見ていると手法の勝ち負けの傾向が見えてくるということです。

トレードの結果をチャートなどと照らし合わせてみていると、どういった時に負けやすい、という特色が見えてくるのでチェックしておきます。

そういったところをまとめておいて、明らかにパフォーマンスの悪い条件ではエントリーを控えるなどすれば、より精度は高くなります。

3年分くらいはデータがほしいところですので1〜2年分のデータと残り1年分はデモトレードや少額の資金でリアルトレードしながらデータを収集するのもいいですね。

ルールの重要さを知る

「ルールの重要さを知る」とは、その名の通りルールが役割を果たしているかを確かめるものです。

FXは、手法だけがあっても勝てないように罠が張られているのです。次の記事で詳しく解説しています。

参考記事FX初心者はメンタルを強化しないと勝てない理由

ルールを守るためには、そのルールがどれだけ重要なのかを知らなければ守りにくいです。

ルールの重要さがわからなければ目先の利益に惑わされてルールを破ってしまうものです。

ルールを破ってしまうと、1度は大きく勝つことができてもトータルで負けてしまいます。

「絶対守る!!」と、とにかく頑張るよりも、しっかり裏付けをして「過去データでは守らなければ負けている」と理解している方がルールを破らなくなります。

年間トータルでプラスであれば良し

全ての月でトータルで勝てるような完璧を目指さなくても大丈夫です。

1年トータルで勝てばいいと、月単位の負けを受け入れましょう。

負けない手法はありませんから。

 

ルールを守れないとFXは勝てない

「ルールを守る」ことは手法を探したり作ることよりももっと大変なことです。

どんなに優れた手法でも実際にトレードして稼げなければ意味がありませんし、実際にトレードして稼ぐためにはトレードルールを守らなければなりません。

 

どこで、どんな時に利確や損切りをするのか。

どんな時にトレードして、どんな時はトレードを見送るのか。

 

ルールを作ることは簡単でも、守るのは難しいものです。

FXではお金がかかっているので目先の利益に惑わされて余計にルールが守りにくくなっています。

 

ルールを守れるようになるためには時間をかけて、少額トレードからでもトレーニングするより他ありません。

デモトレードでもいいですが、あれは真剣さが全然出ないので恐らくトレーニングになりません。

初心者は1000通貨あたりで、経験と訓練を積むべきです。少額でトレード可能な業者は次の記事をご覧ください。

【1通貨、100通貨、1000通貨単位】FX会社おすすめランキング

この記事では「1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者」を教えます。 「少額でFXの練習をすること」や「情報コンテンツ量」などに重きを置いています。 すでに1万通…

続きを見る

 

複雑なルールになればなるほど継続が難しくなってしまうので、手法もルールも簡単なものにするべきでしょう。

ルールを守れなければ稼げない、つまり「複利でお金を増やす」という夢は崩壊します。

 

まとめ

一言で「複利で増やす」と言っても、実際にはそう簡単に増えないことがおわかりいただけたでしょう。

複利でお金を増やすことは全く不可能というわけではありませんが、それなりの努力と時間が必要なのです。

 

この結論を聞いて、そこでやめてしまうのはとても簡単なことです。

しかしながら、仕事の給料だけですべてを賄うのはなかなか難しい世の中になってきました。

給料一本ではなく、他にも収入口があった方がいいと私は思います。

 

お金を稼ぐのはどんなことでも楽ではありません。

それはFXでも同じことです。

FXは簡単ではありませんが、しっかりと抑えるところを抑えて継続すれば稼げる可能性は高くなります。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.