FXのロスカットとはどういう意味?計算方法や強制決済基準まとめ

更新日:

LINEで送る
Pocket

はじネコ
よく耳にするロスカットって怖いイメージなんですけど、どういう意味なんでしょう?
せんせえ
たしかにロスカット=損っていうイメージがあるけど、本来ロスカットは投資家を守ってくれるものなんだよ。
それを今から説明するね。

この記事では、FXをこれから始めよう、あるいは始めようかな?と考えている方に、超重要なキーワード「ロスカット」についてご説明します。

ロスカットとはどういう意味?

ロスカットは、急激に相場が変動した際に受ける損失をなるべく抑えるための仕組みです。

FX(外国為替証拠金取引)は、もともと元本保証されていません。

レバレッジを大きくかけることで、ばく大な利益を上げる可能性がある代わりに、どこまでも(証拠金の額を大きく超えて)損失を被る可能性があります。

この場合、預け入れた証拠金を全額失うばかりか、さらに損失額分のお金を支払わなくてはいけません。

そこで、ある程度の損失が出た段階で自動的にポジションの一部または全部を決済してしまいます。

これによって、「ある程度の損失」は確定してしまいます。

しかし、損失が一定額以上まで膨らむことを防ぎ、最低限の資金を残すことができます。

これがロスカットです。

はじネコ
なるほど!一発で再起不能にならないための制度だったんですね!
せんせえ
そういうこと。

ただし、あまりに急激に相場が変動した場合、急激すぎてロスカットを発動させる猶予すらないことがありますのでご注意ください。

この場合、残念ながら証拠金以上の損失が出て、追加証拠金(追証)を払う可能性もあります。

どんな時にロスカットされる?ロスカット率って何?

会社ごとに、ロスカットする基準を定めた「ロスカット・ルール」が存在します。

最初に預け入れた証拠金の金額に対し、ある程度の割合まで損失が出たら自動的にロスカットを行うルールです。

この時の「ある程度の割合」が「ロスカット率(ロスカット値、有効比率とも言う)」です。

せんせえ
証拠金がFX会社の定めるロスカット率を下回ったら強制決済されるよ。

例えば、証拠金が10万円で、1ドル120円のとき1万ドルを購入したとしましょう。

ポジションは120円×1万ドル=120万円となります。

これが1ドル100円となると、ポジションは100円×1万ドル=100万円に下がってしまいます。

損失額が20万円で、証拠金の額を超えてしまいました。

しかし、仮にロスカット率が50%に定められていたら、証拠金が5万円に減った段階で強制決済されます。80%であれば8万円の段階で、30%であれば3万円の段階で強制決済を行い、損失を確定させて証拠金を温存することができるわけです。

ちなみに、ロスカット率に近づくと、アラートを出してくれる業者もあります。

ロスカット率の基準はどれくらい?

ロスカット率は会社によって異なります。

数字自体が異なりますし、会社で一律なのか、ある程度投資家が変更できるか、といった違いもあります。

主な取引業者のロスカット・ルールをまとめました。

ただし、すべて個人口座限定です。

取引業者名 ロスカット・ルール
クリック証券 証拠金維持率が必要証拠金の50%を下回った場合、発注中の全注文をキャンセルし、建玉の反対売買を行います。
また、100%を下回るとアラートが出されます。
DMM.com証券(外為ジャパン) 証拠金維持率が60%以下となった場合、全ての未約定注文が取消され、全ての未決済ポジションを自動的に決済します。
YJFX! 【外貨ex】
証拠金維持率が50%を下回ったとシステムが検知した時点で、自動ですべてのポジションを決済。
また、100%を下回るとアラートが出されます。
【C-NEX】
証拠金維持率が100%になると、すべてのポジションを強制的に決済。
また、150%でロスカットアラート、120%で新規注文不可となります。
ヒロセ通商 有効比率が必要証拠金を下回った時点で、すべてのポジションを強制決済。
また、200%を下回るとアラートが出ます。
FXプライムbyGMO 【ロスカット】
一定間隔で取引口座の時価評価を行い、営業時間内で時価評価総額が使用中保証金の50%を下回る場合、保有している未決済ポジションのすべてを決済。
また、100%を下回る場合新規注文と新規注文訂正が不可となる。
【強制決済】
ニューヨーク時間17時(日本時間6時又は7時)に時価評価総額が使用中保証金を下回ると、その不足額が日本時間午前0時までに解消されないと強制決済。
外為オンライン 【L25 / L25mini コース】
取引証拠金が必要証拠金の20%を下回った場合、自動ですべてのポジションを決済。
これとは別に、一日一回の証拠金判定(こちらは100%でチェック)あり。
有効資金が取引証拠金を下回ると強制決済。
【L25Rコース / L25Rminiコース】
取引証拠金が必要証拠金の100%を下回った場合、自動ですべてのポジションを決済。
SBI証券 【ローレバレッジ1倍コース/3倍コース/5倍コース、スタンダードコース】
デフォルトだと必要証拠金が30%を下回った場合に保有している建玉を強制決済。
ロスカット率は30~90%の間で設定変更可能。
また、100%を下回った時点でWebサイトの口座画面にアラーム通知が出る。
【ハイレバレッジ25コース】
デフォルトだと必要証拠金が50%を下回った場合に保有している建玉を強制決済。
ロスカット率は30~90%の間で設定変更可能。
また、100%を下回った時点でWebサイトの口座画面にアラーム通知が出る。

いくらになったらロスカットされるか計算方法が知りたい

はじネコ
必要証拠金とか証拠金維持率がFX会社によって違うのはわかりました。じゃあ具体的に、あとどれくらい損が増えたらロスカットされるんでしょうか?
せんせえ
今からロスカットまでの計算方法を教えるよ。

ロスカット基準額の計算方法

基本的にほとんどのFX会社が、「必要証拠金を何%下回ったらロスカット」というルールです。

そのためロスカット基準額の計算式は次のようになります。

ロスカット基準額 = 建玉必要証拠金 × ロスカット率

建玉必要証拠金が50,000円でロスカット率が50%の場合、次のようになります。

ロスカット基準額 25000円 = 50000円 × 0.5

あといくら含み損が増えたらロスカットされるか知りたい

含み損を耐えている時に、あとどれだけ損が増えたらロスカットされるのか気になりますよね。

ロスカットまであとどれだけの金額耐えられるかは次の計算で出せます。

ロスカットまで耐えれる金額 = 含み損を入れた現在の口座資産 - ロスカット基準額

ロスカット基準額が25000円で今の口座資産が30000円の場合、次のようになります。

耐えれる金額 5000円 = 30000円 - 25000円

 

そして次に、あと何pips逆行したらロスカットされるかの計算方法です。

ロスカットされるpips =  ロスカットまで耐えれる金額 / 1pipsで動く損益

ロスカットまで耐えれる金額が5,000円でドル円のポジションを1万通貨持っていた場合を上の式に当てはめると、ドル円の1万通貨は1pipsにつき100円損益が上下するので、

50pips = 5000円 / 100円

となり50pips逆行するとロスカットされることになります。

追証発生後にロスカットされる時間はいつ?

先ほどまでのロスカットは別に、口座維持率が一定を下回り追加証拠金(追証)が発生した状態で追証の解消をしないとFX会社から強制的にポジションを決済させられてしまいます。

その場合は、先ほど説明したロスカット基準額を下回らなくても強制的にロスカットされることになります。

強制ロスカットされる時間は各FX会社によりことなりますが、多くのFX会社で、追証が発生した翌営業日の早朝のメンテナンス明けに強制決済されます。

追証が発生すると、FX会社から通知のメールが来ますので、そのメールを見逃さないようにしましょう。

ほとんどの場合、追証通知メールの中に強制決済時間も記載されています。

ロスカット率は高い方がいいの?低い方がいいの?

これはロスカット率が高い場合も低い場合も、一長一短がありますので一概には言えません。

ロスカット率が高い場合のメリットは、損失が出た場合も最小限に食い止められる点です。

しかし、ロスカットの発動する可能性が高いので「もう少し我慢すれば相場が反転したのに…」と悔やむケースも出てきます。

ロスカット率が低い場合はこの逆です。

ある程度の損失が出ても、それを確定させずに耐えることができます。

その一方で、一度ロスカットされると大きな損失が出て、取引を続ける余力が実質的に残っていない…というケースも出てきます。

はじネコ
ロスカット率の高い方が資産が残るから再挑戦しやすいですね。
せんせえ
そうだね。でも何より重要なのは、ロスカットされてしまわない取引ルールを確立することだよ。

ロスカットされたらどうなる?取引は続けられるの?

自動的にロスカットされるということは、証拠金がある程度目減りしてしまったことを意味します。

しかし、証拠金がゼロになってしまったわけではないので、レバレッジ規制の上限25倍までは取引を続けることが可能です。

もちろん、できればロスカットは経験しないに越したことはありませんが、ロスカットされたからそこですべてが終わりだ!ということではありません。

まとめ

さてこれでロスカットのことがお分かりいただけたでしょう。

ロスカットは、含み損で資産が全てなくなってしまう前に強制決済してくれる仕組みなのです。

いつロスカットされるかの基準はFX会社により異なります。

しかしなにより、まずはロスカットされないように取引ルールを徹底するようにしましょう。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
LINEで送る
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX用語

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.