FXブロードネットの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

更新日:

このページでは、22のFX口座を使用してきた筆者が、「FXブロードネット」を各項目ごとに口コミや評判を交えながら評価します。

FXブロードネットは、1993年9月に設立され20年以上に渡り外国為替市場に関するサービスを提供してきた歴史のあるFX会社です。

今回、さまざまな角度から分析を試み、以下にその特徴をまとめました。

結論から言うと、FXブロードネットは「自動売買トラッキングトレードを利用したい人、中長期トレードがメインの人におすすめです。しかし、約定が遅く、取引ツールの機能も物足りないので、短期取引メインの人や初心者の人には他のFX会社がおすすめ」です。

FXブロードネットの総評と特徴

FXブロードネットの総評

FXブロードネットは、どちらかというと中短期売買の取引をメインとした方へオススメするFX会社です。まず、以下の総評とメリット・デメリットをご覧ください。

総合 スプレッド スワップ 約定力
77 ★★★☆ ★★☆☆☆ ★★☆☆
取引ツール 情報量 サポート
★★★☆☆ ★★ ★★☆☆☆
せんせえ
スプレッドは狭い方ですが、約定が遅くて結構滑ります。スワップポイントはかなり安いので金利狙いの長期トレードには向きません。裁量で取引する人にはもっと良いFX会社がたくさんありので他社をオススメします。
はじネコ
リピート系自動売買のトラッキングトレードは使い方次第で利益を積み上げることができます。評判はまずまずなので、自動売買目的の人用ですね。

ちなみに、FX初心者向けにおすすめの口座は次の記事をご覧ください。

FXブロードネットのメリット

  • スプレッドが狭い
  • 1,000通貨単位の少額取引が可能
  • 自動売買トラッキングトレードが利用可能
  • FX会社として安定性がある
  • サーバーが落ちない
  • Macに対応している

FXブロードネットのデメリット

  • 約定力がイマイチ
  • 決定的なメリットに欠ける
  • 一部のスワップポイントが他社に比べ低く、マイナススワップも多い
  • 情報サービス不足、セミナーも単発ものが多い

特徴をまとめると

FXブロードネットは、FX会社として信頼性が高く、強力なサーバーによってシステムの安定性も高いと評判です。

コスト面も業界最高水準でスプレッドは狭く、1,000通貨単位から少額取引が可能なため、どちらかというと中短期売買向けと言えますね。

また、自動売買「トラッキングトレード」も利用できます。

一方、「どちらかというと中短期売買向け」と言ったのは、約定力・約定スピードに不安があるためです。

スプレッドは狭い反面、「滑る」「約定までに1〜4秒かかる」といった声もあるので極端なスキャルピングには不向きです。

取引ツールはMacにも対応しているのですが、操作性は好みが別れるところだと思います。チャートも決して高機能と言えず長期的な相場分析には機能不足です。

一部のスワップポイントも他社に比べ低く、マイナススワップが多いのも特徴です。そのため、長期投資向けではありません。

 

FXブロードネットの口コミ

FXブロードネットの良い口コミ

FXブロードネットは、自動売買のできるトラッキングトレードがあります。簡単な設定で売買を繰り返してくれるので、初心者の方や忙しくて時間のない方にもおススメです。

初めは仕組みがよくわからなかったので、無料のデモ口座でトラッキングトレードを試してみました。売買を繰り返していくうちに利益が積みあがっていって、想像以上の結果にびっくり。実際の口座でも試そうと思うきっかけになりました。

なかなか理解するのが難しいものに手を出すのは初めは勇気がいりますが、デモ口座で勉強できるので安心してスタートできました。また、口座開設キャンペーンで手数料がお得になる期間もあって有難かったです。セミナーもあります。

まだ参加はしていませんが、都合があえばぜひ積極的に活用したいと思っています。

出典:Kakaku.com

FXブロードネットの悪い口コミ

スマホアプリがとにかく不安定。画面のローディングがいつまでたっても終わらなくなって、その度に再起動しないといけません。使用していく上でこれは致命的では。

スプレッドは狭めですが、約定までに時間がかかりとにかくスリッページが多い。しかも良い方には一切滑らず、悪い方にしか滑らない。

人にはおすすめできません。成り行きは、画面クルクル回りで不利な方に滑るし、逆指値も入れた値では約定しない事の方が多い。通信エラーでアプリ強制終了しないといけない事も度々ある。 これでは利益が出た時も常にマイナス食っている感じ。マイナスの時は余計にマイナスです。

スプ0.3銭と宣伝してますが、成行決済に三秒ほど時間が掛かり、そのあいだ値が変動すると高確率で最底値に約定します。FXをこの業者で始めて長年使い続けてきましたが、試しに他の業者で取引をしてみたところ、他業者のスムーズな約定スピードに驚愕し唖然としました。

特筆すべきは約定時のすべりやすさです。注文・約定のボタンを押し2~3秒通信しているように表示されてから約定します。そして9割がたは不利なレートで約定します。わざと不利なレートにしているのでは?と疑っています。

他の方も書かれていますが約定までに約2秒という今どき考えられないレスポンスの悪さで最悪値で約定します。
それどころかクリック後全く値が動かなかった時も提示していない値で約定します。

 

トラッキングトレード(自動売買)の評判

FXブロードネットでは、トラッキングトレードという自動売買が利用できます。

トラッキングトレードとは、設定した値幅でシステムが自動的にIFDO(イフダンOCO)注文を繰り返してくれるレンジ相場に適した自動売買です。

注文時の想定変動幅の設定は、システムが過去の値動きから参考値を提示してサポートしてくれます。

トラッキングトレードの特徴
  • レンジ相場で横ばいになることが多いFXの性質に適した売買戦略
  • 価格レンジの変動にも、自動でレンジを追尾してIFDO注文を繰り返す
  • 複数のIFDO注文を瞬時に割り出し、クリックひとつで一気に発注
  • システムが複雑なマーケット予測をするので、判断の難しい売買タイミングの予測などから解放

トラッキングトレードの評判

トラッキングトレードのデメリット

トラッキングトレードは当然、完全に放置するだけでお金が増えるような簡単な話ではありません。

レンジ相場には強いですが、強いトレンドが発生した場合は損切りが続いて資産を減少させる可能性が高くなります。

そのため、相場のトレンドに合わせて売り・買いどちらを選ぶか判断する、一方的な動きになりそうな場合はシステムを停止させる、といったトレード戦略もある程度必要になってきます。

トラッキングトレードの実績からわかる評価と評判!初心者でも儲かる?

目次1 「トラッキングトレード」とは2 トラッキングトレード実践検証している人たちの口コミ評判3 メリットとデメリット4 手数料・取引コストはやや高い5 必要資金、最低資金はい…

続きを見る

 

スプレッド・手数料

スプレッド

FXブロードネットのスプレッドは原則固定ではありません。スプレッドの目安は以下の通りです。

通貨ペア スプレッドの目安(変動性)
USD/JPY 0.3銭
EUR/JPY 0.5銭
GBP/JPY 1.0銭
AUD/JPY 0.6銭
NZD/JPY 1.3銭
スプレッドをもっと見る

スプレッドは業界でも最狭水準なのですが、南アフリカランド、スイスフランのスプレッドはとても広いです。この2通貨を頻繁に取引する場合は他社の方が良いでしょう。

参考までに、この2通貨のスプレッドを原則固定で提示している他社のスワップポイントもご紹介します。

FX会社 南アフリカランド スイスフラン
FXブロードネット 16.4銭 3.8銭〜17.0銭 
SBI FXトレード 0.99銭 2.39銭
ヒロセ通商 1.3銭 3銭
DMM FX 1.3銭 1.8銭
GMOクリック証券 1.3銭 1.8銭

手数料と取引単位

FXブロードネットでは、取引単位の異なる2種類のコースがあります。また、裁量取引は手数料無料ですが、トラッキングトレードには取引手数料がかかるため併せて解説します。​

項目 ブロードコース ブロードライトコース
取引単位 南アランド 100,000通貨単位 10,000通貨単位
南アランド以外 10,000通貨単位 1,000通貨単位
裁量取引手数料 ¥0 ¥0
トラッキングトレード手数料 ¥400 ¥40

自動売買のトラッキングトレードには、別途取引手数料がかかります。ブロードコースの場合は、新規注文¥200、決済注文¥200で合わせて往復¥400がコストとなります。

後ほどご紹介しますが、この手数料が無料または半額になるキャンペーンを実施しています。

 

スマホアプリ・PCツール・チャート

FXブロードネットの取引ツールはPC、スマホ、タブレット、携帯端末の4種類で利用可能ですです。

スマホアプリ

スマホアプリは、iPhoneAndroid共に対応しており、非常にオーソドックスなタイプのアプリです。またスマホだけでなくタブレット用(iPadAndroid)のアプリも利用できます。

EMA・ボリンジャーバンド・乖離率など12種類のテクニカル指標と、ローソク足の他に平均足も利用が可能です。

トラッキングトレードもスマホアプリで利用可能ですが、アプリ内ではなく専用WEBサイトにアクセスし、登録やデータ照会を行ないます。

ちなみに、スマホアプリメインでFXをする人は「スマホでFXするならこれ!初心者おすすめアプリの比較ランキング」の記事でおすすめを紹介しているので参考にしてみてください。

PC取引ツールとチャート

PCの場合、現在「ダウンロード型取引ツール」と「ブラウザ型取引ツール」の2種類が利用可能ですが、ブラウザ型取引ツールは2017年7月に終了したため、解説は省略します。

ダウンロード型取引ツールは、Windows/Mac共に対応しています。

各機能である「レート」「注文照会」「約定履歴」「ポジション」「チャート」「口座状況」などは、それぞれ個別のウィンドウで表示されるのですが、これは人によって好みが別れるところかもしれません。

PCで、レートやチャートだけ表示させて別作業を行うような人には向いているかもしれませんね。この操作領域全体を「ワークスペース」と言い、カスタマイズ・保存も可能です。

注文方法は、成行注文(クイックトレード)、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFDO注文、トレール注文、トラッキングトレード、クイックOCO、途転注文に対応しています。

チャートは必要最低限の機能しかないので、テクニカルにこだわりたい人にはちょっと機能不足です。

使用可能なテクニカル指標一覧

 

FXブロードネットの約定力

FXブロードネットは、カバー先金融機関が8社と少なく、併せてスプレッドが狭いことも影響してかスリッページが比較的多い印象です。

約定拒否は滅多にないのですが、約定まで1〜4秒かかるといった声もあります。

取引ツール自体はサクサク動作するのですが、サーバー側の処理速度に不安が感じられます。

そのため、約定力にこだわりたい人は、多少スプレッドが広くても約定力のある他社を検討した方が良いかもしれません。

約定力に関する口コミではかなり辛辣なコメントもあり、短期売買でもスイングトレード・デイトレードには良いかもしれませんが、スキャルピングには不向きとの意見が多いようです。

 

スワップポイント

以下の表は、FXブロードネットにおける通貨ペアごとのスワップポイントです。(10,000通貨単位、南アフリカランドは100,000通貨単位の1日の受取金額)

特徴としては、一般的にスワップポイントが高いとされるトルコリラの取扱がなく、豪ドル、NZドル、南アフリカランドのスワップポイントも他社に比べ低いことです。

また、マイナススワップも比較的多いことから、スワップポイント狙いの長期的なポジショントレードに関しては他社に軍配が上がることが分かります。

通貨ペア
USD/JPY 20 -23
EUR/JPY -20 15
GBP/JPY 8 -22
AUD/JPY 20 -25
NZD/JPY 18 -38
CAD/JPY 0 -10
CHF/JPY -24 19
ZAR/JPY 50 -130
スワップポイントをもっと見る

 

FXブロードネットのキャンペーン

新規口座開設をした人には、以下の3つのキャンペーンが適用されます。必須条件は、新規口座開設完了月を含む2カ月目末までに20万円以上を入金し、対象者判定時において口座残高が20万円以上の場合です。

①まず、上記の条件を満たすと¥2,000キャッシュバック。さらに、口座開設完了月を含む4カ月目末日以内に新規注文約定200万通貨以上の取引をすると、さらに¥10,000をキャッシュバック。

②紹介キャンペーンとして、紹介先の人が口座開設完了月を含む4カ月目末日以内に新規注文約定200万通貨以上の取引をすると紹介元の人に¥3,000キャッシュバック。

③口座開設完了月を含む4カ月目末日以内に、トラッキングトレードで新規注文約定50万通貨以上の取引をすると¥5,000をキャッシュバック。

トラッキングトレード90日間手数料無料キャンペーン

新規口座開設をした人には、開設日から90日間トラッキングトレードの取引手数料¥400(10,000通貨あたり 新規注文¥200/決済注文¥200)が無料になるキャンペーンを実施しています。

期間限定なので、トラッキングトレードの取引ツールの使い方などは、口座開設前にデモ口座で確認しておくと無料期間に取引に集中できるので、手数料無料期間を有効活用できますね。

トラッキングトレード 手数料半額キャンペーン

期間限定で、トラッキングトレードの取引手数料の内、決済注文分を無料にした実質手数料半額キャンペーンを実施しています。

 

FXブロードネットでの口座開設をオススメする人

  • 自動売買トラッキングトレードをしたい人
  • 1,000通貨単位の小額取引をしたい人
  • 取引コストをできるだけ抑えたい人
  • スイングトレードやデイトレードなどの中短期投資が目的の人

このように、FXブロードネットはどちらかと言うと「中短期投資」「取引コスト節約」「少額取引」「自動売買」を目的とした人に合っています。

ただ、通常の裁量取引において他社より秀でている点はあまりありません。

「トラッキングトレード」を利用した自動売買がしたい人向けのFX会社と言えるでしょう。

 

FXブロードネットをオススメしない人

  • FX初心者の人
  • スマホで取引する人
  • スキャルピング目的の人
  • スワップポイント狙いの長期投資が目的の人
  • 約定力の高いFX会社で取引したい人
  • 情報収集・セミナー・サポートのための口座を探している人
  • 高機能チャートを利用したい人

約定力に不安があるため、スキャルピングなど短期取引には向きません。

また、スワップポイント狙いの「長期的投資」「高い約定力」「高機能取引ツール」「情報収集・セミナー・サポート」などを目的とした人も、少々物足りなさを感じるかと思います。

初めてFXをする人やメイン口座をお探しの人には次のFX会社がおすすめです。

1.『DMM FX』:DMM.com証券は国内口座数第1位の最も総合的に優れたFX業者

2.『GMOクリック証券』:チャートと取引ツールの使いやすさでFX取引高世界1位

3.『SBI FXトレード』:1通貨4円の少額から取引可能な初心者向けのFX業者

DMM FX|初心者に一番おすすめのFX会社はココ

dmmfx

DMM FX』を運営するDMM.com証券は国内口座数第1位であり、それだけ多くのFXトレーダーから支持されていることがわかります。

取引する上で重要な「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」の4つの要素全てが高水準です。

キャッシュバックやポイント還元など、取引をするほどお得なシステムも実施されており、初心者から資産1億円程度までのトレーダーなら間違いなくメイン口座にして良いFX会社です。

専業トレーダーの私もメイン口座として使っており、初心者が最初に開設する口座としておすすめです。

※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

DMM FXの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

DMM FXを運営するDMM.com証券は国内口座数第1位※で総合力も高く初心者におすすめです。 特にスプレッドの狭さと安定感が抜群のため「デイトレード」を中心に取引する人に向いてい…

続きを見る

GMOクリック証券|テクニカル分析にこだわるならココ

GMOクリック証券』は、FX取引高5年連続世界第1位でDMM FXと人気を二分しているFX会社です。

特筆すべきは、豊富なテクニカル指標が利用できる「プラチナチャートプラス」と使いやすさに定評のある取引ツール「はっちゅう君FXプラス」です。

総合的に優れた業者で、特にテクニカル分析に力を入れたい初心者におすすめのFX会社です。

GMOクリック証券(FXネオ)の評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

SBI FXトレード|少額からFXを始めたいならココ一択

SBI FXトレード』の魅力は、国内FX会社で唯一1通貨4円から取引が始められることです。

特に、1万通貨以内の少額トレードではトップクラスのスプレッドが提供されており、初心者でリスクを抑えてFXトレードをしたい人におすすめの業者です。

SBI FXトレードの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

SBI FXトレードは、1通貨4円から取引可能でスプレッドも狭く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「SBI FXトレー…

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX会社の評判

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2017 AllRights Reserved.