口コミと評判で分かった「FXトレード・フィナンシャル(FXTF)」の評価

更新日:

このページでは、22のFX口座を使用してきた筆者が、「FXトレードフィナンシャル(FXTF)」を各項目ごとに口コミや評判を交えながら評価します。

このページを読んでいただくだけで、FXTFの実態だけでなく、あなたがFXTFを使用すべきかどうかまでご理解いただけます。

FXTFは国内でも数少ない、MT4(MetaTrader4)を利用できるFX会社です。

TVCMをしていないので、一般的にはそれほど知名度が高くないFX会社ですが、MT4での取引に特化した総合力のあるFX会社です。

結論から言うと、FXTFは「最高の取引ツールMT4とオリジナルMT4ツールが利用できるので、テクニカル分析にこだわりたい人に向いています。しかし、スプレッドが不安定でスキャルピングは禁止、1000通貨取引は可能だがあまり待遇は良くないことから初心者には他のFX会社がおすすめ」です。

FXTFの総評と特徴

FXTFの総評

総合 スプレッド スワップ 約定力
79 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
取引ツール 情報量 サポート
★★★★ ★★★★ ★★★☆☆
せんせえ
MT4がWindowsでもMacでも利用できるのはかなり良いです。しかし、スプレッドが結構広がりやすいのと、スキャルピングにはかなり厳しい対応を取られるので、扱いに困ります。
はじネコ
キャンペーンが豊富なのと、無料で使えるMT4ツールが好評なので、それ目当てに口座開設してみるのもいいかも。

ちなみに、総合力の高いメイン口座をお探しの人は次の記事をご覧ください。

FXTFのメリット

  • 1,000通貨単位からの少額取引が可能
  • 注文執行条件やスリッページについての情報開示に積極的
  • 多少スリッページしてもシステム約定許容幅内であれば注文価格で約定してくれる
  • MT4がWindows/Mac共に利用でき、Windowsであれば自動売買も可能
  • MT4の無料オリジナルツールが豊富
  • 情報量が多く、無料オンラインセミナー・キャンペーンが豊富

FXTFのデメリット

  • 1,000通貨コースはストリーミング注文ができない
  • 10,000通貨コースはスプレッドが広い
  • スプレッド・スワップの変動が多い
  • スキャルピングをすると警告メールが届く
  • 会場セミナーがない
  • MacではMT4で自動売買ができない

FXTFの口コミ

世界中で愛用されている(らしい)トレードソフトウェアMT4。私は初心者の頃、他社ソフトウェアでトレードをしていた際、ストップロス(損切り決済注文)やテイクプロフィット(利食い決済注文)を入れるのに手間取って、ストレスを感じていました。そこで思い切ってMT4を使うために、日本のトレード会社でMT4に定評のあるFXTFと契約しました。

MT4では、ストップロス、テイクプロフィットなどはドラッグして離すだけ、思い通りにサクサク操作できます。更にテクニカル指標も充実、独自テクニカルも多く導入されています。

特に指標カレンダーは、時系列で視覚化されていて、重要指標発表時などのタイミングを逃すことがなく、大変重宝しています。

MT4は基本的に、テクニカルなども自分自身の好きなように、幾らでも組み合わせることが出来ます。最初は自分でインストールしてカスタマイズしていくことに少々手間取りましたが、この操作性を体験したら戻れなくなりました。お勧めします。

1000通貨コースが有る自動売買として使えることを、知人が勧めてくれたので申し込みました。

個人的には癖はありますが業界では有名なMT4という取引ツールのようでなれてくると結構便利でした。

個人的には、今後はメインのツールとして利用したいと思いますが1000通貨の条件をもっと緩和してほしいですね。

MT4だが、主要通貨ペアのスプレッドは狭い。
スワップは当日NYクローズ後まで不明であり、過去履歴も見れない。
また、数日で大幅変動(±の逆転等)が頻繁な通貨ペアもあり、スワップを考慮した中長期保有は避けたい。
マット氏の的確な分析や見通しは参考になる。
トレードバトルも開催しており、楽しめる。

出典:Kakaku.com

せんせえ
ここからは「スプレッド」「取引ツール」「約定力」「スワップポイント」「サポート」など各項目別のクチコミ・評判をさらに細かく見ていきましょう。

特徴をまとめると

FXTFは、通貨ペアも31種類と比較的多く、1,000通貨単位からの取引が可能です。

MT4による裁量取引はWindows/Mac共に利用可能で、さまざまなインディケーター、テクニカル指標を組み合わせてオリジナルの取引環境を作れることが便利ですね。

他社とは異なり、FXの取引ツールはMT4のみなので、MT4の取引環境に力が注げていることが伺えます。

情報量は比較的多く、オリジナルコンテンツや無料セミナーが利用できるのもメリットです。

そのため、トレーダーのスキルに関わらず、MT4による裁量取引や自動売買にとても適したFX会社と言えますね。

しかし、スプレッドや注文執行条件などが取引コースによって大きく変わり、「スプレッドやスワップポイントがよく変動する」、「スキャルピングに厳しい」との声もあるため注意が必要です。

また、「スキャルピングをすると警告メールが届く」、「Macで自動売買ができない」、「会場セミナーがない」といったデメリットもあるため、人によっては使いづらいFX会社と感じるかもしれません。

そのため、自分のトレードスタイルに合った取引が可能かどうかを見極めることが重要です。
では、さらに詳しくそれぞれの特徴を見ていきましょう!

取引コースの違いを比較

取引コースは、「1,000通貨コース」「10,000通貨コース」の2種類があり、単純に最小取引単位が異なるだけでなく「1注文の最大発注数量」「注文方式」「スリッページ設定の可否」「スプレッド」が異なる全く別物のFXと考えたほうが良いでしょう。

1,000通貨から取引可能だからと口座開設した人は特に注意してください。

項目 1,000通貨コース 10,000通貨コース
ロット単位 1ロット=10万通貨 1ロット=1万通貨
最小取引単位 0.01ロット(1,000通貨) 1.0ロット(10,000通貨)
1注文の最大発注数量 2.0ロット(20万通貨) 300ロット(300万通貨)
注文方式 カウントダウン注文 ストリーミング注文
約定優先 価格優先
スリッページ設定 不可
スプレッド 米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.6銭 米ドル/円0.8銭、ユーロ/円1.4銭

同じFX会社なのに、取引コースの違いによって結果が大きく変わってしまうこともあるので、相場に合わせて慎重に選択しましょう。

取引コースの変更方法

FXTFのスプレッド・スワップ

FXTFのスプレッドは、以下のように選択する取引コースによって異なり、1,000通貨コースよりも10,000通貨コースのほうが広く設定されています。(2017/6/9時点)

しかし、評判や口コミによると、実際はスプレッド・スワップ共に安定性があまり無く、相場によって大きく変動するとの声も多いのですが、公表しているスプレッド配信率は99%以上です。

また現在、USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPYの4通貨ペアはスプレッド縮小キャンペーン期間中であるため、通常は()内のスプレッドが適用されます。

しかし、このスプレッド縮小キャンペーンは、これまでドル円に関しては毎月実施されているので、これからも継続される可能性はあります。(対象通貨ペアが変更される可能性もあり)

クロス円のスプレッドとスワップポイント

通貨ペア スプレッド 売スワップ 買スワップ
1,000通貨コース 10,000通貨コース
USD/JPY 0.3銭(0.8銭) 0.8銭 -31 28
EUR/JPY 0.6銭(1.4銭) 1.4銭 12 -15
AUD/JPY 1.4銭 2.0銭 -35 32
GBP/JPY 2.0銭(2.4銭) 2.4銭 -4 1
NZD/JPY 2.4銭 3.0銭 -38 33
ZAR/JPY 5.0〜10.0銭 5.0〜10.0銭 -19 11
CAD/JPY 2.4銭 4.0銭 -13 8
TRY/JPY 15〜50銭 15〜50銭 -85 78
CHF/JPY 2.9銭 4.0銭 23 -28

クロスカレンシーのスプレッドとスワップポイント

スプレッドとスワップポイントを見る

FXTFの約定力

約定力は、選択した取引コースと注文設定によって、約定拒否やスリッページの発生条件が大きく変わります。

しかし、FXTFは注文執行条件やスリッページについての明確なルールを公表しているので、透明性は非常に高いと言えます。

FXTFの約定力に関する評判や口コミは「とても良い」「とても悪い」と極端に別れます。

これはどのような相場で、何の取引コースを選択し、どのような設定で取引をしたかによって約定力は大きく変わるため、いろいろな意見があるのは当然だと言えます。

では、詳しく見ていきましょう。

取引コースと注文方式

1,000通貨コースの注文方式は?

1,000通貨コースは、ストリーミング注文ができずカウントダウン注文のみです。

トレーダーが希望した注文価格と、その注文指示がシステムに届いた時点の受注価格にズレが生じた時は受注価格の方で処理されます。

最小取引単位1,000通貨から取引可能な反面、スリッページが発生する約定優先のコースです。

10,000通貨コースの注文方式は?

10,000通貨コースは、ストリーミング注文が可能です。

また、通常のストリーミング注文におけるスリッページ設定の他に、あらかじめシステム約定許容幅というものが設けられており、多少滑っても注文価格で約定することができる価格優先のコースです。

システム約定許容幅とは?

注文方式と約定力

10,000通貨コースのストリーミング注文は、「スリッページ設定をしたかどうか」によって約定パターンが変わります。

注文価格優先のコースであるにも関わらず、希望する価格で約定できなかったり、約定拒否が発生するため注意が必要です。

約定パターンの違い
スリッページ設定をしなかった場合
スリッページ設定をした場合

FXTFの取引ツール

FXTF MT4は、PC版インストール型(Windows対応)・PC版ウェブトレーダー型(Windows/Mac対応)・スマホ版(iPhone/Android対応)・タブレット版(iPad対応)の4種類です。

この内、自動売買はPC版インストール型のWindowsでしか取引ができないので注意が必要です。

PC版取引ツールは2種類

PC版は、「PCのスペック」「PC環境がMacか?」「自動売買を利用するか?」によって「インストール型」「ウェブトレーダー型」を使い分けましょう。

それぞれの特徴は次のとおりです。

インストール型MT4の特徴

  • 自動売買が可能。EAやインディケータのバックテスト機能も搭載
  • 30種類以上インディケータを標準搭載、さらに外部のインディケータやEAを追加してカスタマイズ可能
  • 注文方法が充実しており、トレンドラインで決済、指定の損益額で決済等、裁量取引に嬉しい機能が多数搭載されたミニターミナル、トレードターミナルが利用可能
  • 1クリックトレードが可能
  • 複数のチャートを並べて表示可能
  • カスタマイズ性が高く、インディケータの色や線の太さまで細かい設定が可能
  • 豊富な描画機能で水平線、トレンドライン、並行チャネルはもちろん、フィボナッチまで網羅

ウェブトレーダー型の特徴

  • 自動売買ができない
  • インストール不要で、インストール版よりPCに負荷がかからない
  • 自動でバージョンアップ
  • MACでも利用可能
  • ダウンロード型の操作性をほぼ再現

スマホ版取引ツールはシンプルで高機能

スマホアプリはとてもシンプルですが、高機能で操作性がとても良いです。設定画面では各種カスタマイズも可能です。

MT4を利用できるFX会社で同じアプリを利用しているため、初期設定でFXTFの口座登録が必要となります。

FXTFの独自サービスとキャンペーン

豊富なキャンペーン

FXTFでは、現在7つのキャンペーンを実施しています。他社と比較してもキャンペーンの数が豊富なのも特徴ですね。

内容もとても充実していて、キャッシュバック・プレゼント・スプレッド縮小・トレードバトルによる賞金などです。

FXTFのキャンペーン
MT4トレードバトル
石原順さんDVDプレゼント
Mac対応MT4取引で1,000円相当のビットコインプレゼント
MT4大口取引限定キャッシュバック
MT4スタート&カムバックキャンペーン
FXTF MT4スプレッド縮小キャンペーン
マーフィー スパンモデル基本マスター会員限定プレゼント

FXTF MT4オリジナルツール

FXTF MT4のPC版インストール型のみ、FXTFオリジナルの「インディケーター」「定番チャート」「スクリプト」「EA」「ミニターミナル」が無料で利用可能です。

標準のMT4には含まれていないFXTF独自のもので、以下の種類のものがあります。それぞれの種類で用意されているツールの数はかなり豊富です。

  • テクニカルチャート
  • チャート操作ツール
  • 情報表示ツール
  • 注文・ポジション管理ツール
  • ミニターミナル関連ツール

特にテクニカルチャートの種類が多く、有名トレーダーが作成したものを利用できます。情報開示ツールも種類が豊富でトレードに役立ちます。

このFXTF MT4のオリジナルツールを目的として口座開設しても良いかもしれません!

FXTFをおすすめする人、おすすめしない人

FXTFをオススメする人

  • MT4で裁量取引・自動売買をしたい人
  • 無料のMT4オリジナルツールを利用したい人
  • 情報収集・セミナー・サポート・キャンペーンが充実した口座を探している人
  • 明確な注文執行条件の元、取引をしたい人

情報収集・オンラインセミナー・サポートは比較的充実しているので初心者には安心ですね。

欲を言えば、10,000通貨コースは1,000通貨コースと同様の狭いスプレッドを実現して欲しいこと、1,000通貨コースもスリッページに対するストリーミング注文ができたりシステム約定許容幅を設定してくれることを期待します。

この取引コースのバランスがもう少し改善されれば取引環境としては申し分ないように感じます。

FXTFをオススメしない人

  • スキャルピングをする人
  • 1,000通貨単位の少額取引でストリーミング注文をしたい人
  • 安定したスプレッド・スワップポイントで取引をしたい人

スキャルピングには最悪口座凍結などの措置も考えられるため、スキャルピングは他社を利用したほうが良いでしょう。

普通に取引する分には問題はないのですが、2つの取引コースの違いをしっかり理解して取引する必要があります。

また、1,000通貨単位の少額取引については他社の方が好条件です。

初めてFXをする人やメイン口座をお探しの人には次のFX会社がおすすめです。

1.『DMM FX』:最も総合的に優れた国内口座数第1位のFX業者

2.『GMOクリック証券』:チャートと取引ツールの使いやすさでFX取引高世界1位

3.『SBI FXトレード』:1通貨4円の少額から取引可能な初心者向けのFX業者

DMM FX|初心者に一番おすすめのFX会社はココ

DMM FX』は、取引する上で重要な「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」の4つの要素全てが高水準です。

キャッシュバックやポイント還元など、取引をするほどお得なシステムも実施されており、初心者から資産1億円程度までのトレーダーなら間違いなくメイン口座にして良いFX会社です。

専業トレーダーの私もメイン口座として使っており、初心者が最初に開設する口座としておすすめです。

250人の口コミと評判で分かった「DMM FX」の真実

タレントのローラが出演していることでお馴染みのDMM FXですが、その実態って気になりますよね。 このページでは、17のFX口座を使用してきた筆者が、250を超えるDMM FXの口コミと評判から見えて ...

続きを見る

GMOクリック証券|テクニカル分析にこだわるならココ

GMOクリック証券』は、FX取引高5年連続世界第1位でDMM FXと人気を二分しているFX会社です。

特筆すべきは、豊富なテクニカル指標が利用できる「プラチナチャート」と使いやすさに定評のある取引ツール「はっちゅう君FX」です。

総合的に優れた業者で、特にテクニカル分析に力を入れたい初心者におすすめのFX会社です。

GMOクリック証券FXネオ
200人の口コミと評判で分かった「GMOクリック証券FXネオ」の真実

「GMOクリック証券」と言えば、新垣結衣ちゃんのこの可愛いCMが話題になりましたね。 このページでは、17のFX口座を使用してきた筆者が、200を超える「GMOクリック証券」の口コミと評判から見えてき ...

続きを見る

SBI FXトレード|少額からFXを始めたいならココ一択

SBI FXトレード』の魅力は、国内FX会社で唯一1通貨4円から取引が始められることです。

特に、1万通貨以内の少額トレードではトップクラスのスプレッドが提供されており、初心者でリスクを抑えてFXトレードをしたい人におすすめの業者です。

800人の口コミと評判で分かった「SBI FXトレード」の真実

このページでは、17のFX口座を使用してきた筆者が、800を超える「SBI FXトレード」の口コミと評判から見えてきたメリットとデメリットを紹介します。 良い口コミはSNSなどから実際に使用していると ...

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX会社の評判

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.