なぜFXで勝てないのか?初心者が負ける本当の理由

更新日:

LINEで送る
Pocket

はじネコ
FXを始めて、はや1年。
相場には慣れてきたけどお金がドンドン減ってます…。
せんせえ
ふむ、君が勝てないのには理由があるのだよワトソン君。

相場で勝つためには、決められたルールとそのルールを遵守する鋼鉄の意思が必要なのです。

具体的に、初心者がFXで勝てない理由を見ていきましょう。

相場は思い通りに動かないことを理解しよう

はじネコ
ぬあああ!いつも買った瞬間下がるぞ!監視されてるううぅ!
せんせえ
落ち着きなさい。誰もあなたのことなんて監視してないよ。

相場はあなたの思い通りに動きません。

まずそれを理解しておく必要があります。

仮に相場が上昇中であり、あなたが買いのポジションを取ったとします。

するとポジションを取った途端、動きが反転し見る見るうちに下落していきました。

あなたはまるで誰かに監視されているような錯覚に陥るかもしれません。

その後も相場の動きが自分の取ったポジションとはことごとく逆行していく。

「なんだこれ!ふざけるな!」と画面に向かって叫びます。

買いのポジションを持ったら、どんどんレートは下落していく。

頭に血が上って、細かい値幅で買いポジションのナンピンを入れていく。

気づいた時には許容できない額のポジションと含み損が・・・。

多くのFXトレーダーは同じ経験があるはずです。

このような心理状態では冷静にルールなんて守れるはずもありません。

そうなってしまわないためにも、ポジションを取る前から、相場は自分の思い通りには動かないということを理解しておかなければいけません。

為替レートの値動きはあなたの取ったポジションを考慮なんてしません。

自分のとったポジションが為替レートを反転させる、というのは思い上がりです。

ドル円の為替レートを1pips動かすためには何百億円も必要だといわれています。

「上がれ!上がれ!」と言って買いポジションのナンピンを積み増していって、為替レートは本当に上がるのでしょうか。

上がりません。

一個人投資家にそのような力はありません。

そのことを理解しましょう。

熱くなってしまう前に、もう一度冷静になってチャートを見返しましょう。

相場が逆行しても、ルールを厳守し冷静に対応できるようにしてください。

FX初心者がはまってしまうプロスペクト理論とは?

さらにFX初心者が勝てない理由の一つとしてプロスペクト理論があります。

はじネコ
なんとか理論とか超苦手なんで勘弁してください…
せんせえ
大丈夫です。簡単に言うと「損大利小」ダメってことです。

プロスペクト理論とは、

人間は利益を得る場面ではリスク回避を優先し、反対に損失を被る場面では損失を可能な限り回避しようとする傾向があるという心理学理論です。

すごくわかりやすく言うと、

FXでは「損小利大」、つまり損を小さく利幅を大きくすることが望ましいですが、心理的にはその全く逆「損大利小」になってしまいがちな傾向があるということです。

この心理に陥ってしまうとどのようなことになってしまうでしょうか。

 

買いポジションに少し含み益が出た。

はじネコ
下がってきて利益が減ると恐いからすぐに利益確定させよう。

買いポジションに少し含み損が出た。損はまだ少ない。

はじネコ
損を出したくないし、まだ戻るかも知れないから損切りせずに放っておこう。

買いポジションに大幅な含み損が出た。

はじネコ
損切りをするとマイナスが確定してしまう。損したくないから戻るまで待っていよう。

 

いわゆる「損大利小」という状態になってしまいます。

心理的には利益を伸ばすのは難しいのに、損を伸ばすのはすごく簡単になってしまってますね。

このような状態が続けば資産は確実に減少していきます。

FX初心者のほとんどはこの心理状態に陥ってしまいますし、誰もが経験あることでしょう。

ではそれを克服するためにはどうすればいいのでしょうか。

金額ではなくpipsで考えるようにしよう

はじネコ
一瞬で10万円マイナス…。ご飯がノドを通らない…。

「損大利小」となる一番の原因として金額を意識しすぎてしまうことが挙げられます。

年収が300万円の会社員が100万通貨のドル円の買いポジションを持ったとします。

ドル円の為替レートが1円上下しただけで、100万円の損益が上下します。

1円の値幅が年収の1/3に匹敵するのです。

その金額を見て、果たして冷静でいられるでしょうか。

冷静でいることはなかなか難しいです。

相当な焦りや高揚感を感じることでしょう。

常日頃から大金に慣れ親しんでいる人は別ですが、そうでない人は日常で使う以上の金額をFXで運用することになると冷静でいられなくなるのです。

そうならないためには普段から取引の際は、金額ベースで利益を考えるのではなく何pipsの利幅を獲得したかというpipsベースで考える必要があります。

私の場合、常にポジションの「評価損益」は見ずに「pips損益」のみを見るようにしています。

これにより金額ベースで損益を見た場合と比べて、非常に落ち着いた心理状態で取引に挑むことができます。

金額ベースで考えた場合は、資産の増加に比例してその数字も増加していくため、金額が心理の許容範囲を超えた時に冷静でいられなくなります。

pipsベースで考えた場合は、どれだけ資産が増加しても常に同じ指数を見ているため、より冷静に現在の状況を把握することが可能です。

勝てない理由の全てが詰まっているギャン理論

はじネコ
またなんとか理論ですか…。
せんせえ
これも難しい話ではなく、相場には28個の取引ルールがあるよということ。
勝てない人は絶対に見るべきです。

ウィリアム D. ギャン (1878-1955)という偉大なトレーダーの残した28のルールがあります。

ギャンは商品相場を得意としたため、為替にはそのまま適用できないものもありますが、これらは現代の相場においても非常に重要です。

FX初心者が勝てない理由はほぼ全てここにあると言ってもいいでしょう。

この28のルールを紹介します。

第1条 資金管理・損失管理

資金配分を厳密にすること。売買に用いる総資金を10等分し、1回の売買における損失限度は総資金の10分の1にすること。

第2条 ストップロスは必須

損失限度を計算した上、ストップ・ロス・オーダーをあらかじめ決めておくこと。

第3条 オーバーポジション厳禁

資金配分を厳守し、過剰な取引を決してしないこと。

第4条 トレーリングストップ

利益を確保した後は損失とならないように、ストップロスを変更すること。

第5条 トレンドフォロー

トレンドに逆らわないこと。トレンドに確信が持てないときは売買しないこと。

第6条 迷いは禁物

迷った時は手仕舞うこと。迷った時はポジションを持たないこと。

第7条 流動性とボラティリティ

値動きがあり、売買も活発な市場で取引を行うこと。

第8条 リスク分散

リスクを分散し、資金の集中を避けること。

第9条 指値注文の禁止

指値をしてはならない。売買の価格を決めず、成り行きで売買すること。

第10条 手仕舞いルール

確固たる理由なしに手仕舞いしないこと。

第11条 余剰資金

実現利益は別枠で蓄積すること。

第12条 小利益売買の禁止

わずかな利益狙いの売買をしないこと。

第13条 難平(ナンピン)禁止

ナンピンは決してしてはならない。これはトレーダーがするかも知れない最悪の失敗の1つである。

第14条 待つことの重要性

我慢できずに手仕舞いしたり、待ちきれずにポジションを持たないこと。

第15条 利小損大の禁止

小さな儲けと大きな損は避けること。

第16条 ストップロスキャンセルの禁止

ストップロスは決してキャンセルしてはならない。

第17条 頻繁売買の禁止

過剰に頻繁な売買は避けること。

第18条 ショート(売り)の活用

ロング(買い)だけではなくショート(売り)も活用すること。

第19条 値頃感の禁止

決して値頃感で売買してはならない。

第20条 ピラミッディングのタイミング

ピラミッディング(買い増し、売り増し)のタイミングに注意すること。

レジスタンス・サポートをブレークしてから買い増し、売り増しをすること。

第21条 ピラミッディングの選択

買い増しするときは強い上昇トレンドを示すもの、

売り増しするときは強い下降トレンドを示すものを選ぶこと。

第22条 ヘッジの禁止

同業種他銘柄、あるいは他限月の反対売買等のヘッジ行為はしてはならない。

第23条 理由とルールに基づいた売買

明確な理由なしにポジションを変えないこと。

明確な理由のもと、明確なルールに従って売買を行うこと。

第24条 利益確保後の売買禁止

利益を確保した後は、頻繁な売買を避けること。

第25条 天底に憶測の禁止

相場の天底に関して勝手な憶測を行わないこと。

第26条 不確かな助言による売買の禁止

確実な情報でなければ信用しないこと。

自分より優れた人の場合を除き、他人の助言に基づいた売買は行わないこと。

第27条 損切り後の資金縮小

損切りを行ったら、取引量を減らすこと。決して増やしてはならない。

第28条 不適切なポジションメークと手仕舞い禁止

不適切な買い、売りと手仕舞いを避けること。

まとめ

FXで安定して勝つためには、期待値がプラスの手法と、徹底した資金管理と、それを遂行する鋼鉄の意思が必要です。

ここではFX初心者の勝てない理由として、手法や資金管理以前のメンタル面についてお話ししました。

これらはどこまでいっても確実に必要なものです。

常に意識して自分のトレードが曲がってしまわないように気をつけましょう。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
LINEで送る
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの失敗談・体験談

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.