スマホでFXするならこれ!初心者おすすめアプリの比較ランキング

更新日:

はじネコ
スマホだけでFXってできますか?
せんせえ
今のスマホはパソコン並みの性能だから全然問題なくできるよ。

FXと聞くと、高性能なPCで何枚もディスプレイを並べたようなのでないと出来ないという印象をお持ちの人もいるかもしれません。

しかし最近はスマートフォン1台あれば十分にFXでトレードができます。スマホ、タブレット対応(iPhone/Android)のFXアプリも多くのFX会社が出しています。

スマホアプリならいつでも、どこでも、好きなときに、お手軽にトレードが出来ます。為替チャートやニュースの確認も出来ます。

スマホアプリは今や投資家にとって欠かせない存在となっているのです。

せんせえ
今回は、スマホでFXをするときに選んだ方が良いおすすめアプリと、スマホで取引をするメリット・デメリットをご紹介します。

FX会社のスマホアプリ性能比較(iPhone・Android)

各FX会社のスマホアプリ性能を比較してみました。

チャート上にトレンドラインやフィボナッチなどの描写が可能かどうか、利用できるテクニカル指標の種類数、の順番で上から表示しています。

FX会社 最大画面
表示数
チャート
見ながら注文
テクニカル
指標種類数
描写ツール ニュース数 入出金
SBI FXトレード 4 23 1
FXプライムbyGMO 4 18 2
GMOクリック証券 1 16 3
外為どっとコム 1 16 4
ヒロセ通商 4 15 2
JFX 4 15 2
YJFX! 1 12 1
マネーパートナーズ 1 17 × 3
外為オンライン 1 16 × 3
DMM FX 4 15 × 1
FXブロードネット 1 12 × 2
みんなのFX 4 7 × 2

FX初心者でも使いやすいスマホアプリランキング

1位:GMOクリック証券「GMO-FX DASH」

全てのスマホアプリを使用した上で、選ばせてもらうと「GMOクリック証券」が一番使いやすかったです。

特に評判の良かったスマホアプリ「FXroid」「iClick」に加えて、機能を強化した「GMO-FX DASH」も利用でき、スマホでの取引をメインにしているFXトレーダーにうってつけです。

私も実際に使用してみて、チャートを見ながら1タップで注文可能、動作が軽快、移動平均線やRCIなどメジャーなテクニカル指標だけでなく、平均足やスパンモデル、スーパーボリンジャーまで利用可能と、シンプルかつ利便性の高いものでした。

口コミも、FX初心者から上級者まで好評で、非常に信頼性は高いです。

投稿者:30歳 /会社員
FX歴:1年 ★★★★★

初心者でしたが、スマホやPCでのツールがとても使いやすいです。私は主にスマホアプリを利用していますが、全くストレスも無く詳しい解説もついているので安心して利用することが出来ました。また、24時間体制のサポートも充実しており他のサポートにありがちなつながりにくいこともなく、スタッフの応対も丁寧でした。

投稿者:32歳 /会社員
FX歴:8年 ★★★★☆

今やFXはパソコンから注文という時代ではなく、スマートフォンの普及により、アプリをダウンロードして操作・指示することが主流になっています。そのためアプリが使いやすさがその証券会社を選ぶ決め手になることもあります。
GMOクリックはその点が充実しており、起動の速さ、建て玉やチャートなど確認がスムーズだったことが口座を開く決め手になりました。実際使ってみて、すぐに注文が出せるのでいらいらすることがありません。またスワップポイントが多くつくので、長期保有にも向いています。

参考記事FX会社の評判・口コミ比較ランキング

GMOクリック証券FXネオ自体も、取引高世界1位、業界最狭スプレッド、高金利スワップと国内で1、2を争う優良業者です。

使いやすいFXスマホアプリをお探しなら選んで間違いのないFX会社です。また、デモトレードでもスマホアプリを試すことができます。

200人の口コミと評判でわかった「GMOクリック証券 FXネオ」の評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

2位:DMM FX

DMM FXスマホアプリ

使いやすさ2位は「DMM FX」のスマホアプリです。「GMOクリック証券」とどちらを1位にするか悩むくらいどちらも使い勝手は抜群です。

操作感はサクサクで文字サイズなど視覚的にも見やすく、チャートを見ながらの簡単注文にも対応しています。

テクニカル指標は主要なものを全て抑えており、チャートは4分割で表示可能、また経済指標結果や要人発言、売買比率などのマーケット情報もチェックできます。

ウィジェット機能でアプリを起動しなくてもホーム画面からレートが確認可能。

クイック入金や出金予約にも対応しており、このアプリ一つでFXに必要なほとんどのことが完結します。

トレンドラインの描写に対応していないことだけが欠点です。

数社のアプリを試しましたが、DMM FXのスマホアプリが最も見やすいです。相場のチェックは全てこれで行なっています。また、他社はスピード注文と言っても、2、3タップ必要でしたが、ここは本当に1タップでスムーズに注文ができます。スマホをメインに取引する人にはとてもおすすめです。

スマホアプリはパソコンよりもシンプルで直感的にわかりやすく操作性もよかった。また証拠金維持率のシミュレーションなどパソコンじゃないとできないようなこともできるので非常に助かる。FXの経験がなくても安心して使うことができる。

DMM FXは国内口座数第1位で、業界最狭スプレッド、充実したサポート、豊富なキャッシュバックなどとても人気の高いFX業者です。

取引ツールはスマホ(iOS・Android)、PC共に使い勝手が良く、初心者なら選んで間違いがないFX会社です。

DMM FXを辛口評価!アプリの評判と口コミ

DMM.com証券のDMM FXは国内口座数第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 特にスプレッドの狭さと安定感は抜群のため「デイトレード」を中心に取引する人に向いています。 し…

続きを見る

スマホFXチャートのおすすめアプリ2選

先ほどはFXスマホアプリとしての総合力の高さでランキングを決めましたが、「スマホで取引はしないけど、高機能なチャートで相場を分析したい」という人のためにアプリのチャート機能のみにも焦点を当ててみました。

スマホアプリチャートの評価

人気のFX会社7社のスマホアプリチャートを実際に使用しました。

「操作性」「デザイン」「カスタマイズ性」「テクニカル分析の数」をそれぞれ評価すると次のような感じです。

A:快適 B:普通 C:不満

GMO
クリック証券
DMM.com
証券
FXプライム
byGMO
ヒロセ通商 YJFX! SBI FX
トレード
外為
オンライン
FX DASH DMM FX プライム
アプリS
LION FX Cymo
操作性 B B A B A C C
デザイン A A B B B B B
カスタマイズ性 C C B B B B C
テクニカル分析 B B B B B A C

▼チャート比較のより詳細な内容はこちらをご覧ください。

参考記事FXスマホアプリのおすすめチャートソフトを徹底比較!初心者必見!

テクニカル指標18種、ぱっと見テクニカル FXプライムbyGMO

チャート分析なら「FXプライムbyGMO」のスマホアプリがおすすめです。

FXプライムの特徴は、他社アプリでは利用できないポイント&フィギュアを含む18種類のテクニカル指標に対応、相場予測ツールの「ぱっと見テクニカル」を内臓など、テクニカル分析機能が充実していることです。

チャートを見ながらのハイスピード注文、チャート4分割表示、トレンドラインの描写やフィボナッチの自動描写も可能です。

全20種類の最新マーケットニュースの閲覧やスマホでの入出金にも対応しており、プライスアラートなどの通知機能も完備されています。

アプリの出来は良く、スマホからもエントリーしやすいです。速度やレスポンスも高く満足しています。ぱっと見テクニカルというツールで初心者でもテクニカル分析が簡単にわかるのでおすすめです。

スプレッドはまずまずで、取引通貨ペアは主要なものがそろっている。特に、情報量とキャンペーンの内容は国内トップレベル。スマホアプリもレンポンスが良く、ストレスなくトレードできる。これから初めてFXをする人、他社からの乗り換えを検討されている人にオススメできるFX会社だと思う。

FXプライムは、セミナー動画やマーケット情報がとても充実しており、FXを勉強しながら取引したい人に特にオススメです!

また公式で約定力100%を掲げており、荒れた相場に強いのも特徴です。

スプレッドやスワップポイントは他社の方が有利ですが、上記の点で初心者のサブ口座としてはとても向いています

FXプライム
150人の口コミと評判でわかった「FXプライムbyGMO」の評価

FXプライム byGMOは20種類以上のマーケット情報や動画セミナーなど充実したサポート体制があり、FXを勉強したい初心者にはおすすめです。 また、トルコリラ円のスワップポイント…

続きを見る

テクニカル指標数最多の23種類 SBI FXトレード

冒頭での比較表からわかる通り、「SBI FXトレード」はテクニカル指標の数は23種類と一番多く、トレンドラインなどの描写ツールも兼ね揃えています。

多機能なPCチャートとほとんど遜色なく使用することができます。

チャートも同時に4種類が表示可能で、チャートを見ながらの注文も対応しています。

しかしその反面、アプリはやや重く、操作性が他社よりも悪いことが難点です。

初心者の私にとってもチャートは見やすく、必要証拠金、証拠金維持率、口座残高も正確に示されていたので取引に集中する事ができました。分析手法等も豊富でメール配信でその日の経済指標を教えてもらう事も出来たので無駄な情報を仕入れてしまう必要もありませんでした。

出典:Kakaku.com

SBI FXトレードはFX会社としてとても優秀です。FX会社で唯一1通貨単位4円からの取引が可能で、初心者でもリスクを抑えたトレードができます。

米ドル/円のスプレッドは0.27銭で業界最狭水準、約定力にも定評があります。短期トレーダーに必要な要素がしっかり備わっています。

スワップポイントも業界最高水準で、長期のスイングポジションも問題なく構築することができます。

800人の口コミと評判でわかった「SBI FXトレード」の評価

SBI FXトレードは、1通貨4円から取引可能でスプレッドも狭く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「SBI FXトレー…

続きを見る

スマホだけでFXをするデメリット

PCと比べてチャートの自由度が低い

スマホアプリのチャートは各FX会社によって異なりますが、基本的にパソコン版と比べると少し自由度が低くなります。

といってもパソコンを100とすると、スマホは80くらいのものでしょう。

具体的には、スマホのチャートは1画面では同時に4チャートまでの表示しか出来ませんが、パソコンだと表示しようと思えばいくつでも表示出来ます。また表示できるテクニカル分析やラインもパソコンの方がマイナーなものまで揃っています。

しかし、スマホアプリでも移動平均線やRSIなど有名なテクニカル指標は標準装備しています。むしろアプリに無いマイナーなテクニカル指標には大した有用性は無いと思うので、マイナスポイントにはならないでしょう。

忙しいトレードには向かない

短時間で多くの情報を処理するような忙しいトレードにはスマホFXはあまり向いていません。

何枚も同時にチャートを表示させて、ニュースを常にチェックしつつ、頻繁にトレードをするようなスタイルの場合、スマホの1画面だけでは表示しきれないので、思ったような取引が出来ません。

スマホでのFXは、ある程度シンプルな取引ルールで時間に余裕を持ったトレードが向いています。

通信環境が悪いと危険

スマホでFXをするのにそこまで速い通信速度は必要ありません。また通信パケット量も小さなものです。

ただ、いくら通信量が小さいと言っても24時間常にチャートを表示していたら、月1〜2GBほどになります。そのためデータ容量の上限が小さなプランに加入している人は、知らずのうちに通信料金が上がってしまうかもしれません。自宅などwifi環境のあるところでは、wifi接続にしていた方が無難です。

また、外出先などで電波の状態が悪く、途切れ途切れになるような時は危険です。通信がまともに出来ないとまともに取引は出来ません。通信状態が悪いと、正常なときと比べて約定拒否やスリッページが発生しやすくなります。

スマホのみのFXでおすすめのトレード手法

FXのトレード手法には、大きく分けて「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」の3種類があります。

手法ごとの目安
手法 トレード時間 トレード回数 利幅
スキャルピング 数秒〜数分 数十回/日 1〜10pips
デイトレード 数分〜数時間 数回/日 10〜100pips
スイングトレード 数日〜数週間 数回/月 100〜500pips

スマホトレーダーにはデイトレードをおすすめします。

私はスキャルピング、デイトレード、スイングの全ての手法を使い分けますが、スマホでは基本的にスキャルピングはしません。

スキャルピングは早いと数秒で決済することもある手法なので、為替レートの反映速度と自分の反射神経・判断力で大きく利益が変わります。

PCと比べるとスマホアプリではどうしても為替レートの更新頻度や、注文までのタイムラグが発生しやすくなるので、超短期の取引には向いていないと言わざるを得ません。

スイングトレードはスマホでも問題なく使える手法ですが、そもそも初心者が長期分析の予測を立てるのは難しいのでおすすめできません。

そのためスマホでは20〜50pips程度を狙うデイトレードが、一番環境に結果が左右されづらく利益を出しやすいトレード手法だと感じます。

デイトレードはFXの基本とも言える手法で、投資家のことを「デイトレーダー」と呼ぶくらいにメジャーな取引スタイルです。

スマートフォンとPCでおすすめのFX会社は違う

せんせえ
実は、スマホとPCではおすすめのFX会社が違います。画面サイズの大きさが全然違うからです。

PCではディスプレイの画面サイズが大きいので、1画面内に複数のFX会社のチャートや注文画面を表示させることができます。

私は実際に、GMOクリック証券のプラチナチャートを見ながら、トレードはDMM FXで行なっています。一番使い慣れたチャートを表示させながらも1クリックで一番環境の良い会社で取引できるのがPCの強みです。

でもスマホは一画面に1つのアプリしか表示させられないので、PCみたいな操作はできません。チャートと取引会社が別のFX会社だったら、タスクを切り替えてる間にレートは結構変わってしまってるんですよね。

実際にチャートを見て、ここだ!というタイミングでタスクを切り替えて、レートをもう一度確認するまでに早くても10秒ちょっとかかります。スマホがフリーズしたり、アプリが落ちてしまうことだってあります。

数十秒タイミングがずれると10pips以上レートが変わっていることもあります。10万通貨で取引をしていたら、すでに1万円損したのと同じなのです。

なのでスマホで重要なのは、FX会社のスペックが優れていて、なおかつ1アプリ内でチャートの確認から注文まで高水準でできることです。

それを考慮した結果、スマホFXで一番おすすめのFX会社は「GMOクリック証券」です。

スマートフォン対応のおすすめFX業者はGMOクリック証券

スマホアプリで取引をするなら、FX取引高世界1位の使いやすい取引環境でFXができる「GMOクリック証券」がおすすめです。

スプレッドが業界最狭水準で、スワップポイントも高水準、取引ツールはPC、スマホ共に使いやすいです。

FX初心者はGMOクリック証券を選んでおけば、まず間違いありません。

  • FX取引高世界第1位、預かり証拠金残高国内第1位
  • 全19通貨ペアでスプレッド業界最狭水準
  • 取引ツールの使いやすさで多くのトレーダーに支持
  • スワップポイントが高水準でトルコリラも取引可能
マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.