働きたくないけどお金は欲しい!就活が嫌でFXに手を出した結果…。

更新日:

満員電車

就職したくない…。投資ならもしかしたら働かずに稼ぎ続けることができるかも。

私がそう思ったのは大学3年生の時でした。

まだやりたい仕事も決まってなかったし、正直、朝早くから夜遅くまで仕事だけを続ける日々を送りたくなかったんです。

人生、まだ遊んでいたい。フリーターやブラック企業は嫌だ。

そこで頭に浮かんだのがFXのデイトレーダーでした。

家で一人でパソコンの画面を見ながら、それだけでお金が稼げるっていうイメージがあったんですね。

少なくとも大学を卒業するまでに、FXで稼いでいけるかを判断する必要があったので、すぐに口座を開設してトレードを始めました。

そして今では実際に、月100万円以上の収入を投資で稼いでいます。もちろんいつも同じではありませんが。

2015年の実際の期間損益報告書ですが、約2100万円のトレード利益がありました。

ここにたどり着くまでどのようなことがあったかを書いていきたいと思います。

学生時代に資金10万円でFXを開始するも失敗

大学生だったので資金はあまり多くなかったので10万円からスタートしました。また、10万円ほどの少ない資金で始められることが株ではなくFXを選んだ理由です。

FXでは10万円あれば、1日5000〜10,000円ほどの利益幅を狙えます

今はレバレッジ最大25倍ですが、当時は、レバレッジ200倍なんてのが普通でした。なので、10万円スタートで1日で10万円稼ぐことも全然可能でした。

大学4年生までに10万円を10倍の100万円にしました

これはいける!

そう思った3日後にほぼ全て溶かしてしまいました

当時の200倍というレバレッジは、増えるスピードは早いですが当然減るスピードも早いです。私の場合は、レバレッジが高いことは残念ながらプラスには働かずに、減るスピードを早めただけでした。

10倍にできたのは始めたばかりで、ただ運が良かっただけだったんです。ビギナーズラックっていうやつですね。

もうすでに大学4年生で就職活動を始めないと手遅れになってしまう時期でした。

正直FXにはすごく可能性を感じました。ただ今すぐに稼ぎ続けるのは明らかに実力が足りないことも痛感しました。

なので、とりあえず就職をして、同時に兼業トレーダーとして実力をつけて、いつかFXで自由な生活を手に入れてやる!と思ったのです。

サラリーマンになり副業でFXを続ける

就職活動は何社かエントリーをして、無事に就職先が決まりました。

そして兼業トレーダーとしての生活が始まったのです。

朝から夜までは会社で仕事、そして仕事が終わり家に帰ってきてからはチャートを開いてトレードを行い、FXの勉強をする日々でした。

平日は半分以上が仕事に時間を取られるので、土日はチャートが動いていませんがテクニカル分析の勉強は相場の分析などをずっとやっていました。

FXの良さは勉強すればするだけ自分の稼ぎとしてプラスになるところです。

サラリーマンでどれだけ勉強して、成果を出しても給料はほとんど増えることがないですよね。いつもの倍の仕事をこなしたからといって、給料は倍どころか消費税程度も増えません。

しかしFXは自分が実力をつければ、それがそのままトレード結果として反映されます。だから勉強することも全然苦じゃない、それどころかずっと楽しかったです。

私は別に頭が良いわけではありません。大学は平均的な偏差値のところですし、学校の勉強はとにかく嫌いで、参考書読んでも数ページで投げ出して漫画にチェンジしていました。

それでも自分のお金がかかってるからFXの勉強は必死でした。おそらく熱心に競馬やパチンコ情報誌を読む人と似たような感じなんでしょうかw

会社を辞めて専業トレーダーとして独立

サラリーマン兼業トレーダーとしての毎日を過ごして、FXの成績はもちろん順調だったわけではありません。

増えては溶かし、を繰り返していましたが、それでも確実に知識は増えているという実感はありました。

そりゃあ勉強すればするだけ知識となって自分にプラスされていくわけですからね。

FXを始めて3年が過ぎた頃、FXの収入が仕事の収入の3倍になりました。月100万円の大台もその頃に超えるようになりました。

ちょうどそれくらいの時期に仕事の方ですごくストレスを受けることが多くなってきました。

毎朝満員電車に揺られ、夜遅くまで残業は当たり前、人間関係のゴタゴタで受けるストレス、上がらない給料。

「これ以上、誰かに管理されて仕事をしていくのは嫌だ!これからは自分で稼いでいく!」

と思い、勤めていた会社を退職し専業トレーダーとなりました。

脱サラした時のFX独立資金は?

脱サラをして専業トレーダーになった時の貯金額は800万円ほどでした。

仕事は半分勢いで辞めてしまったところもあったので、FX専業として考えるとあまり大きくない金額だと思います。

もっと小さな資金で独立する人もいますが、もし今、他の人に「独立するために最低いくら必要か?」と聞かれたら、最低でも1000万円は必要と答えるでしょう。

そのあたりのことは次の記事に書いているので参考にしてみてください。

FXだけで生活する!?専業トレーダーって実際どうなの?

FXをこれから始めようと考えている人は、FXの専業トレーダーを理想とすることが結構あるんではないでしょうか。 私はFX専業トレーダーとして長く生活していたので、ある意味で憧…

続きを見る

FXで脱サラして失敗しないためには

FXで脱サラして失敗しないためには、まず兼業で年間を通して安定して利益が出せていることが絶対条件です。

FXで一時的に勝つことは簡単です。結局のところ上がるか下がるかの二択なんですから。

しかし、重要なのは安定してずっと勝ち続けることです。

専業投資家として独立したけど資金を溶かして、結局サラリーマンに出戻りしたという人も多く知っています。

そのため「兼業でちょっと勝てているから専業になったらもっと勝てる」などと考えず、年間でちゃんと利益が出ていることを確認してから独立しても全然遅くありません。

むしろ、独立せずに兼業で億トレーダーを目指すくらいの方がいろんな意味でリスク管理ができていると思います。

私がFXをオススメする理由

私は専業トレーダーになりましたが、全てが順調というわけではありません。

トレードは常に予想通りになるわけではありませんし、損が出るとストレスを感じます。

しかし学生の時に思い描いていた、自由な生活、他の人よりも多い収入、そして結果的にFXがやっていて楽しい仕事になりました

FXはゼロサムゲームなのに、素人もプロも同じフィールドで戦って勝てるわけない!と言う人もいます。

この意見はやらない人の言い訳です。

だって未成年のうちから投資を勉強してる人なんてほとんどいませんよね?ほぼみんな大人になってから始めています。

医者やプロ野球選手なんて大人になってから目指そうと思っても手遅れなんですよ。

それに比べ、FXはスタートラインが大人になってからなので差はほとんどついてないんです。

これで差がつくのはもう必死にやるかやらないかでしょ。今からでも遅くないですよ。

男も女も関係なく、やればやるだけ家にいながら実力で稼ぐことができる

こんな仕事あまり他にないと思います。

もし、悩んでいるなら、まずは始めてみることをオススメします。やって後悔することなんてありません。

10万円くらいの少額で始めればリスクも少ないです。

いきなり脱サラしてFXで稼ごうと思うと失敗する可能性が高いので、他と兼業しながら少しづつ投資に慣れていってください。

そして、もしFXを始めようと思うなら、次の記事に口座を選ぶ上で本当に重要なことを書いていますので、参考にしてみてください。

FX口座おすすめランキング!プロトレーダー監修の初心者向け業者比較

この記事では「FX初心者がデイトレードで利益を上げるために最もおすすめの口座」を教えます。 スワップ派や自動売買派の人は参考程度に見ていってください。 まずは、実際に月2,…

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの失敗談・体験談

Copyright© FX初心者向け入門講座!投資の始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.