RSIの使い方と手法

投稿日:

LINEで送る
Pocket

RSI(Relative Strength Index)とは?

RSIはオシレーター系テクニカル指標の代表的なものの1つで、市場の過熱感を表すテクニカルです。

買われすぎ、売られすぎが一目でわかるので人気のあるテクニカル指標の1つです。

日本語では相対力指数と言い、算出式は以下のようになります。

RSI = n日間の値上がり幅合計/
(n日間の値上がり幅合計+n日間の値下がり幅合計)×100

n:算出の対象とする期間
n=14を使うのを考案者のワイルダーは推奨しています。

一般的にRSIが30以下では売られすぎ、70以上では買われすぎの過熱した水準と言われています。

RSIのメリットとデメリット

RSIのメリット

  • レンジ相場には非常に有効に機能するため、短中期的な売買ポイントを明確にできます。
  • トレンド分析やパターン分析としても利用できます。

RSIのデメリット

  • トレンド発生時は、上下どちらかに張り付いてしまい役に立たなくなります。

RSIの売買シグナル

上の画像はRSIの期間14を設定したものです。

RSIが30以下もしくは70以上になったポイントに赤丸をつけています。

見てわかる通り、30以下もしくは70以上の過熱感をピークにレートは反転をしています。

レンジ相場では特に有効に機能しますが、トレンドが発生している場合は、RSIが30以下、70以上になってすぐに反転をするというわけではないので注意が必要です。

ダイバージェンスを発見する

ダイバージェンスとは、レートの上昇(もしくは下落)が続いているのに、テクニカル指標が下落(もしくは上昇)を示す逆行現象のことを言います。

ダイバージェンスが示現した場合、一般的には「トレンドが転換するサイン」 と見られています。

上のチャート画像で赤い線を引いている箇所がダイバージェンスの発生しているところです。

レートは下落(もしくは上昇)しているのに対し、RSIは逆に上昇(もしくは下落)しているのがわかります。

ただし、ダイバージェンスが発生したからといって必ずしもトレンドが転換するわけではありません。

ダイバージェンスを何度も繰り返して、高値・安値を更新し続ける場合もあります。

そのためダイバージェンスのみでトレンドの転換の判断をすると痛い目にあってしまう可能性もあるので注意が必要です。

RSIと他のテクニカル指標を組み合わせる

RSIはオシレーター系のテクニカル指標として、とてもシンプルかつ使いやすいテクニカルです。

そのため単体で使用するよりも、他のトレンド系テクニカル指標と一緒に使用されることが多いです。

次の記事では、RSIを他のテクニカル指標と組み合わせてどのように使用するかを説明しています。

MACDの使い方と手法

今回は、テクニカル分析において良く使われている「MACD」をご紹介します。 MACDはメジャーなテクニカル指標で、多くのFX会社のチャートで利用することができます。 目次1 MACDとは?2 MACD ...

続きを見る

スーパーボリンジャーの使い方と手法

目次1 スーパーボリンジャーってどんなもの?2 スーパーボリンジャーの一般的な使い方3 メリットとデメリット4 他のテクニカル指標と組み合わせて有効に使うには? スーパーボリンジャーってどんなもの? ...

続きを見る

また、次の記事では実際にRSIを組み合わせてどれくらいの利益を上げることができるかを検証しています。

テクニカル指標のおすすめ組み合わせ【ATR・RSI・ADX】

今回ご紹介するテクニカル指標の組み合わせは、トレンド系の「ATRバンド」と、オシレーター系の「RSI」の組み合わせによる “順張り”“逆張り”のシグナルを切り替えて売買する手法をご紹介します。 チャー ...

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
LINEで送る
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-手法

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.