「外為オンライン」を使ってみた!評価・評判・クチコミ

更新日:

「外為オンライン」は、特に初心者でも簡単に自動売買が可能な「iサイクル」とFXのスキルアップができる「会場セミナー」が人気です。

もともとはシステム開発の会社が前身で、そのノウハウを活かし手数料無料や狭いスプレッドを実現し、2007年〜2012年は5年連続年間取引高ナンバーワンを達成しています。(矢野経済研究所調べ)

現在の口座数は443,793口座、自己資本規制比率は653.7%(2017年2月時点)と、とても安定したFX会社です。

FX商品には、「外為オンラインFX」と「クリック365」があり、オリジナル性の高い商品とサービスが特徴で、他社との差別化を図っている会社です。

そのため、メリット・デメリットがはっきりしており、投資スタイルや目的によっては、その他のFX会社と使い分けることが必要であると言えます。

外為オンラインの公式サイトはこちら

初心者でも簡単に自動売買ができる「iサイクル注文」

「外為オンラインFX」「クリック365」では、自動売買取引に「iサイクル注文」と「サイクル注文」の2種類が用意されており、自動売買初心者にもオススメです。

公式サイトではこのようにパフォーマンスの良いiサイクル設定も公開されており、初心者でも簡単に自動売買を取り入れることができます

「iサイクル注文」

「i サイクル注文」とは、設定された条件にしたがって複数の新規注文と決済注文が繰り返し発注される注文方法です。

1回目は成行+OCO注文、2回目以降はIFDONE+OCO注文です。

IFDONE注文とは、いくらで買う(売る)という新規注文と、新規注文が成立したらいくらで売る(買う)という決済のレートを同時に指定する注文方法です。

OCO注文とは、指値注文(利食い)と、逆指値(損切り)の決済注文を、あらかじめ出しておける注文方法です。なお、指値注文または逆指値注文が約定すると、もう片方は自動的にキャンセルされます。

また、「iサイクル注文」にはさらに3種類の注文方式があります。

iサイクルの3つの注文方法

◆ランキング方式

シミュレーション結果をもとに、高い利益を獲得している注文内容がランキング形式でリストアップされており、その中から自分で選択する方式。

◆マトリクス方式

シミュレーション結果をもとに、高い利益を獲得している注文内容の全リストから自分で選択する方式。

◆ボラティリティ方式

売り/買いの選択、過去の変動幅(値動き)、対象資産を設定し自分オリジナルの自動売買設定で取引する方式。

「サイクル注文」

「サイクル注文」とは、設定された条件にしたがって複数のIFDONE注文が繰り返し発注される注文方法です。

「 i サイクル注文」「サイクル注文」ともに、新規約定した取引には、新規手数料と決済手数料の取引手数料が別途かかります。全通貨ペア1,000通貨あたり新規・決済ともに20円です。

また、スマホアプリには自動売買の専用機能がなく、アプリ内のメニューから、WEBブラウザを開き、「iサイクル注文専用WEBページ」で発注する必要があります。

少々面倒ではありますが、一度設定しておけばあとは勝手に取引を繰り返します。

独自機能が光る取引ツール

PC取引ツール

「外為オンライン」の取引ツールは、オリジナル性のある独自のツールで、見やすさ使いやすさで高水準ですが、動作や表示速度は若干もたつきます。

PCの取引ツールのトップ画面には、レート情報、口座情報、ポジション状況、注文明細が表示されます。

各ウインドウは重ならないように「フィットボタン」でウインドウ位置とサイズが自動調整できます。また、口座状況は各要素がグラフ表示になっているので分かりやすいです。

チャートの種類は、ブラウザ版とjava版の2種類ありますが、java版のチャートは利用者のPC環境に左右されるため、ブラウザ版のほうが使いやすいです。

しかし、どちらも起動に時間がかかったり、動作がもたつく傾向があります。

チャートの機能としては通常チャートとハイブリッドチャート2種類あり、ハイブリッドチャートは「外為オンライン」独自の機能を搭載しています。

このハイブリッドチャートは、1枚のチャート画面上で 1分足から月足までを表示させ、過去から現在までの為替の動きをひと目で把握できます。

また、描画ツールは基本的な機能は取り揃っています。

また、チャートの各機能・設定・描画ツールの使い方について、それぞれ「〜とは?」といった解説文が一緒に表示されるため、初心者向きです。

わざわざ、説明書やヘルプを見たり、ネットで調べる手間を省けます。

スマホアプリ

スマホアプリは、取引に必要な機能は全て揃っており、動作は快適なのですが、デザイン・各機能の配置・入力方法が洗練されていない印象があります。

カスタマイズ性もないため、人によっては不十分と感じる可能性があります。

無料の会場セミナーとアナリスト分析が充実

無料の会場セミナー

「外為オンライン」では、「外為オンラインFX」「クリック365」ともに、無料の会場セミナーを頻繁に実施しています。

無料のオンラインセミナーであれば、どこも積極的に扱っているのですが、会場セミナーとなるとコストもかかるため、開催しているFX会社は非常に少ないのが現状です。

内容は、超初心者向けの取引ツール操作セミナーが3種類(パソコン・iPhone・Android)、初心者の入門コースが2種類(FXの特徴・FXの基礎)、中級者向けの実践コースが1種類、中上級者向けセミナーが3種類(基礎・実践・テクニカル分析)、iサイクル注文セミナーが2種類(外為オンラインFX・クリック365)です。

会場は、「外為オンラインFX」が本社セミナールーム、「クリック365」が東京金融取引所で、いずれも東京駅すぐそばなのでアクセスはとても良いです。

開催頻度は、東京であれば、いずれも月3回〜4回と頻繁に開催されています。

全国セミナーは、大宮、横浜、名古屋、大阪、神戸で月1回程度の開催です。全国セミナーの内容は、上記のコースからランダムで開催されています。

アナリストによる分析が充実

また、会員専用のマーケットレポートとマーケット予想が充実しています。

内容は専門誌と同等レベルであり、複数のアナリストによる信頼できる情報が頻繁に発行されています。

取引可能な通貨ペアが多い

通貨ペアは、「外為オンラインFX」が24種類、「クリック365」が25種類と比較的多くの通貨ペアの取扱があります。

「クリック365」ではノルウェークローネ/円、香港ドル/円、スウェーデンクロナ/円、ポーランドズロチ/円、トルコリラ/円などのマイナー通貨の取扱があるのが特徴です。

外為オンラインの取引通貨ペア一覧

4種類の取引コースから選択できる

「外為オンライン」では、「L25」「L25 mini」「L25R」「L25R mini」という、4種類の取引コースが用意されており、申込時に設定します。

それぞれのコースで、以下のように取引通貨単位、ロスカットルールが異なります。

コース ロスカット 取引通貨単位
L25 証拠金の20% 各通貨10,000通貨単位(ZAR/JPY は100,000通貨単位)
L25 mini 証拠金の20% 各通貨1,000通貨単位 (ZAR/JPYは10,000通貨単位)
L25R 証拠金の100% 各通貨10,000通貨単位 (ZAR/JPY は100,000通貨単位)
L25R mini 証拠金の100% 各通貨1,000通貨単位 (ZAR/JPYは10,000通貨単位。)

ロスカットとは別に、「L25」「L25 mini」では、1日1回早朝にも証拠金判定が行われ、口座有効証拠金がその時点の取引証拠金に満たなかった場合には強制決済がされるので注意が必要です。

申込時に設定した取引コースは、いつでも変更・追加が可能です。

「L25」「L25 mini」は資金が証拠金の20%を割り込むまでロスカットされないので資産ギリギリまで耐えることができます。

しかし逆に言うと、ロスカットされると致命傷となってしまう可能性が高いので、「L25R mini」がオススメです。

「外為オンライン」の不安な点

他社に比べスプレッドは悪条件

スプレッドは、米ドル/円であれば1pipsと、FX会社の中でも最も広いスプレッドです。

他社であれば、「SBI FX」は0.27pips、「DMM FX」は0.3pipsを実現しており、今のFX業界はスプレッドを極限まで縮小することがトレンドです。

しかし、「外為オンライン」では今のところスプレッドを縮小するつもりはないようで、他社とは無料セミナーやサポートなど、別のサービスで差別化を図っていると言えます。

電話サポートが24時間ではない

電話サポート窓口の営業時間は、平日9:00〜17:00と24時間体制ではありません。夜間の取引の際は、少々不安な部分もあります。また、電話取引は一切行っていません。

しかし、フリーダイヤルは携帯・PHSからでも無料で、対応もとても良いです。

過去の失敗からの改善

「外為オンライン」は、以前、新日本通商時代に、システムダウンに関して金融庁より行政処分を受けたことがあります。

内容は証券取引等監視委員会より「電子情報処理組織の管理が不十分な状況等」として勧告がされたもので、プログラムミス、通信機器障害、データベースダウンによって顧客へ損失が発生したためでした。

時期は「外為オンライン」のサービスが開始された、2006年から2007年です。サービス開始当初のため、まだシステムに不十分な点が多かったことに起因するようです。

しかし、その失敗の反省から、「外為オンライン」はシステムの強化に努め、2007年〜2012年は5年連続年間取引高ナンバーワンを達成し、現在も非常に安定したシステムを運用しています。

口コミでも、約定力は以前より良くなったとの評価を得ています。

「外為オンライン」は口座開設だけでもしておくべき

以上のことから、「外為オンライン」は、スプレッドや手数料の面では、他社に比べ劣るものの、iサイクル注文、取引ツール、マーケット情報、無料セミナーといった独自のサービスがとても充実していると言えます。

スキャルピングやデイトレードを主に取引スタイルとする人には向かないのですが、他社にはない「外為オンライン」特有のメリットが多いため、他社との併用をオススメします。

現在は、FX会社の競争激化から、似たようなサービス、似たような商品が乱立し、違いといえば僅かな差でしかないことが多いです。

「外為オンライン」は、他のFX会社はないオリジナル性のある商品・サービスを追求した、FX会社の中でも独特の存在感を持ったFX会社と言えるでしょう。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

「外為オンライン」のクチコミは?

FX投資歴:~1年
スマホアプリが見やすくて使いやすく満足しています。
FX投資歴:5~7年
スプレッドが広くて正直スキャルピングには向いていないです。
FX投資歴:1~3年
色々な会社を使いましたが最も使いやすく、約定速度やスプレッドなどのサービスも高いです。
FX投資歴:7~10年
スプレッドは他社と比較しても合格ラインだし、スマホアプリも使いやすく初心者でも安心だと思います。
FX投資歴:~1年
中長期の取引なら問題ないですが、短期の取引にはスプレッドが広くて向いていないと思います。
FX投資歴:5~7年
スプレッドは他社と比べると広いが、指標発表時でもあまりスプレッドが広がらずスリッページが起きない。
FX投資歴:5~7年
長年使っていますが特に不都合もないし、大手の有名な会社なので安心して取引できています。
FX投資歴:~1年
チャートにトレンドラインが引けるようにしてほしい。
FX投資歴:3~5年
操作方法がわかりやすく、テクニカルツールも豊富で全体的に使いやすい会社です。
FX投資歴:~1年
初心者向けのセミナーがあるし、iサイクルで自動売買もできるので初心者に向いていると思います。
FX投資歴:3~5年
とにかく安定性が高いので、大きなお金でもストレスなくトレードできています。

-FX会社の評判

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方 , 2017 AllRights Reserved.