150人の口コミと評判で分かった「外為オンライン」の真実

更新日:

LINEで送る
Pocket

大島優子さんが出演するCMでおなじみの「外為オンライン」ですが、その実態って気になりますよね。

このページでは、22のFX口座を使用してきた筆者が、150を超える外為オンラインの口コミと評判から見えてきたメリットとデメリットを紹介します。

良い口コミはSNSなどから実際に使用していると感じられるものを、悪い口コミは2chなど匿名掲示板でしか言えないであろう不満を紹介します。

その上で、私が実際に使用した感想を踏まえて独断で点数付けします。

外為オンラインの総評と特徴

外為オンラインの総評

総合 スプレッド スワップ 約定力
82 ★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
取引ツール 情報量 サポート
★★★★☆ ★★★★ ★★★
せんせえ
少額の1000通貨取引が可能なこと、iサイクルで自動売買ができること、などの利点はあるのですが、スプレッドが広めなのでデイトレードなどの短期取引にはあまり向かない業者です。ただ、スプレッドは全く広がらないので安定性の高さは抜群です。
はじネコ
取引ツールの使い方など説明が丁寧なこと、現地セミナーが定期的に開催されている、などFX初心者向けの情報やサポートは充実しています。勉強用のコンテンツを重視する人にはおすすめです。

ちなみに、総合力の高いメイン口座をお探しの人は次の記事をご覧ください。

外為オンラインの評判

FXの仕組みがわからない人向けのセミナーもあるし、iサイクルで自動でしてくれるので初心者にも安心して取引ができるようになっています。サポートも充実しているしトラブル対応も万全です。

ただ、がっつりFXする!って人向けではないですね。スプレッドは他社と比べても魅力な部分はあまりないです。気軽にしてみたい主婦や社会人の副業向けだと思います。

使いやすくシステムトレードも使えるので、初心者には絶対おすすめ出来る会社だと思う。スプレッドもほぼ固定なので、月曜日の朝の窓開けスタートの時など、他社がスプレッド開いてるときには、とても使える。裁量とシステムの併用をおすすめします。

スプレッド幅だけ見てもここをあえて使う必要な無いんじゃないかと思います。会員のみ見れる情報とかがあるようなので口座だけでも作っておくのは有りかと。

正直、他の証券会社と比べてメリットを感じるところが少ない。別に、ここにしなくちゃならない理由がある場合を除いて特段選ぶ必要も感じない。
不足はないけど、メリットは感じない。スワップも特に金額が高いわけじゃないので、長期で持つのであれば他の証券会社の方が良い。

出典:Kakaku.com

外為オンラインのスプレッド

スプレッドは高いが安定している

【スプレッド】他のFX会社と比べると、正直、スプレッドが広い。
【速度・安定性】指標発表の時も、スプレッドがあまり広がらず、スリッページがない。

出典:Kakaku.com

スプレッドは、米ドル/円が1.0pipsと、FX会社の中でも最も広いスプレッドです。他社であれば、「DMM FX」はドル円0.3pipsを実現しており、外為オンラインのスプレッドの広さはちょっと擁護できません。

その代わりに、早朝や経済指標発表時など他社のスプレッドが広がる時でもほとんど拡大することがありません

ドル円やユーロドルなど比較的スプレッドが小さめの通貨ペアを取引するならアリです。

外為オンラインとDMM FXのスプレッド
通貨ペア 外為オンライン DMM
米ドル/円 1.0 0.3
ユーロ/円 2.0 0.6
ポンド/円 3.0 1.1
豪ドル/円 3.0 0.7
NZドル/円 6.0 1.4
ユーロ/米ドル 1.0 0.5

外為オンラインの取引ツール

見やすいスマホアプリ

外為オンラインアプリ

会社員のため、パソコンをずっと見ていることができず、スマホで見やすく取引がしやすい会社を探していました。XMやcTraderなど外国の会社のものを使っていたこともありましたが、外貨オンラインは、それらと比較しても圧倒的に見やすく、操作のしやすいUIであったことから主に使うようになりました。結果としては満足しています。

他にGMOクリック証券を使っていますが、こちらの方がアプリの反応や売り買いまでの操作、残高確認のしやすさ、それからデザインなど気に入っており使いやすいです。パソコンソフトも表示切替えや売り買いまでの操作、反応ともに良く使いやすいです。

出典:Kakaku.com

外為オンラインのアプリはスマホ(iPhoneAndroid)、タブレット(iPadAndroid)にそれぞれ対応しています。

画面がシンプルで、初心者でも買い方、売り方がわかりやすいと評判です。

スマホアプリは、取引に必要な機能やプライスアラート機能などは全て揃っており、動作は快適なのですが、デザイン・各機能の配置・入力方法が洗練されていない印象があります。

また、ウィジェットやカスタマイズ性がないため、人によっては不十分と感じる可能性があります。

PC取引ツールとチャートは初心者でも安心

チャートもいろいろなテクニカルツールもあって充実しています。約定もスムーズでストレスを感じたことは今までありませんでした。

チャート画面は四分割にできたりと複数通貨を持つ時や全通貨を確認する時などに便利かもです。

Mac使用ですが、Macでも使いやすく便利です。ツールやチャートの表示機能も種類が選べますし、見やすく初心者にも安心です。

出典:Kakaku.com

外為オンラインの取引ツールは、オリジナル性のある独自のツールで、見やすさ使いやすさで高水準ですが、動作や表示速度は若干もたつきます

PCの取引ツールのトップ画面には、レート情報、口座情報、ポジション状況、注文明細が表示されます。

各ウインドウは重ならないように「フィットボタン」でウインドウ位置とサイズが自動調整できます。また、口座状況は各要素がグラフ表示になっているので分かりやすいです。

チャートの種類は、ブラウザ版とjava版の2種類ありますが、java版のチャートは利用者のPC環境に左右されるため、ブラウザ版のほうが使いやすいです。

しかし、どちらも起動に時間がかかったり、動作がもたつく傾向があります。

また「ディールスコープ」では、通貨ペアごとの売買比率や出来高を知ることができて便利です。

チャートの機能としては通常チャートとハイブリッドチャート2種類あり、ハイブリッドチャートは外為オンライン独自の機能を搭載しています。

このハイブリッドチャートは、1枚のチャート画面上で 1分足から月足までを表示させ、過去から現在までの為替の動きをひと目で把握できます。

通常チャートは、15種類の描画ツールと26種類のテクニカル指標が利用できます。

利用可能なテクニカル分析指標

また、チャートの各機能・設定・描画ツールの使い方について、それぞれ「〜とは?」といった解説文が一緒に表示されるため、初心者向きです。

わざわざ、説明書やヘルプを見たり、ネットで調べる手間を省けます。

外為オンラインの約定力

外為オンラインの約定力は高い

色々なFXの会社使いましたが、最も使いやすかったです。
初心者から上級者まで、幅広く使いやすいと思います。
取引から約定までのスピードや、スプレットの小ささなども業界の中でもかなりサービス内容が高く、信頼性の高いものですね。

システムは安定していて、レスポンスも悪くないです。約定の時にすべることもあまりないと思います。大手ということもあり、安心して取引しています。

出典:Kakaku.com

最近は稼いだら約定拒否されることも無いみたいだしツール使いやすいしここも悪くないな

出典:2ch.sc

2016年頃までの外為オンラインは、クイックトレード(成行注文)の約定が遅い、滑る、約定拒否が多い、ひどい時はストップ狩りのような動きがある、と約定力に関する口コミ体験談は悪いものも見られました。

しかし最近はそういった評判は見られず、むしろ約定力に関しては高評価です。

注意点として、PC取引ツールで注文を確定させるまでに何度かクリックをする必要があるので、慣れていないと約定するまで若干のタイムロスが生じてしまいます。

また外為オンラインでは、ドル円などのレートが小数点以下2桁目までしか表示されません。

多くのFX業者は小数点以下3桁目まで表示していますので、他社から移ると違和感があるでしょう。

外為オンラインのスワップポイント

スワップポイントは普通だが選択肢が多い

【スワップ】それほど他より高いことはないですが、他ではもらえない通貨ペアで高めのスワップがもらえるのがよいと思います。(自分はマイナーすぎてその通貨には手を出していませんが)

【スワップ】マイナーな高金利通貨へのスワップは高いと思います。(メキシコペソなどは他社は売り買いともにマイナススワップだったりします)

出典:Kakaku.com

米ドル、円、ユーロ、ポンド、NZドル、豪ドルなどメジャー通貨のスワップポイント(金利)は、他社と比べて低いです。

しかし通貨ペアは、「外為オンラインFX」が24種類、「クリック365」が25種類と比較的多くの取扱があります。

他社では取り扱っていないトルコリラやノルウェークローナなどのマイナー通貨でスワップ金利を受け取るのには向いています。

外為オンラインの取引通貨ペア一覧

外為オンラインのサポート

無料の会場セミナーとアナリスト分析が充実

はじめてFXを始めるうえで、教えてくれる人がいない場合は、セミナーに参加することをお勧めします。外為オンラインでは、無料セミナーを随時開催しており、私が参加した時には「FX投資の始め方」という本や、ボールペン、飲み物を頂き無料なのにお得な感じでした。
HPではその担当講師による今日のアナリストレポートで情報が得られたりとサポートが充実しています。

出典:Kakaku.com

「外為オンライン」では、「外為オンラインFX」「クリック365」ともに、無料の会場セミナーを頻繁に実施しています。

無料のオンラインセミナーであれば、どこも積極的に扱っているのですが、会場講座となるとコストもかかるため、開催しているFX会社は非常に少ないのが現状です。

内容は、超初心者向けの取引ツール操作セミナーが3種類(パソコン・iPhone・Android)、初心者の入門コースが2種類(FXの特徴・FXの基礎)、中級者向けの実践コースが1種類、中上級者向けセミナーが3種類(基礎・実践・テクニカル分析)、iサイクル注文セミナーが2種類(外為オンラインFX・クリック365)です。

会場は、「外為オンラインFX」が本社セミナールーム、「クリック365」が東京金融取引所で、いずれも東京駅すぐそばなのでアクセスはとても良いです。

開催頻度は、東京であれば、いずれも月3回〜4回と頻繁に開催されています。

全国セミナーは、大宮、横浜、名古屋、大阪、神戸で月1回程度の開催です。全国セミナーの内容は、上記のコースからランダムで開催されています。

また、会員専用のマーケットレポートとマーケット予想が充実しています。内容は専門誌と同等レベルであり、複数のアナリストによる信頼できる情報が頻繁に発行されています。

結論1:外為オンラインで口座開設した方がいい人

外為オンラインをおすすめする人

  • スプレッドが広くても、広がらない業者がいい人
  • 初心者向けの解説が丁寧なFX会社を選びたい人
  • 現地の無料会場セミナーで勉強したい人
  • iサイクル注文で自動売買をしたい人

「外為オンライン」は、スプレッドや手数料の面では、他社に比べ劣るものの、iサイクル注文、取引ツール、マーケット情報、無料セミナーといった独自のサービスがとても充実していると言えます。

スキャルピングやデイトレードを主に取引スタイルとする人には向かないのですが、他社にはない「外為オンライン」特有のメリットが多いため、他社との併用をオススメします。

現在は、FX会社の競争激化から、似たようなサービス、似たような商品が乱立し、違いといえば僅かな差でしかないことが多いです。

「外為オンライン」は、他のFX会社はないオリジナル性のある商品・サービスを追求した、FX会社の中でも独特の存在感を持ったFX会社と言えるでしょう。

今なら口座開設+取引で5000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。

外為オンラインの口座開設基準と審査

外為オンラインの口座開設審査は難しくありません。無職、大学生、専業主婦でも資産と年収が100万円程度あれば問題なく開設できます。

申込時には必要書類として、個人番号カード1点、もしくはマイナンバー通知カードと顔写真付きの本人確認書類の2点が必要です。

結論2:外為オンラインをおすすめしない人

  • メインの口座を探している人
  • スプレッドの狭い業者が良い人
  • 高いスワップポイントを求める人
  • 高機能な取引ツールでトレードしたい人

外為オンラインは、スプレッドが広く、スワップポイントも安く、取引ツールもテクニカル分析を駆使する人には物足りない内容です。

残念ながら、メインで取引する口座としては向いていないと言って良いでしょう。

FX初心者の人やメインの口座をお探しの人は次の記事をご覧ください。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
LINEで送る
Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-外為オンライン

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.