50人の口コミと評判で分かった「マネックスFX(プレミアム口座)」の真実

更新日:

LINEで送る
Pocket

このページでは、22のFX口座を使用してきた専業トレーダーの筆者が、50を超える「マネックスFX」の口コミと評判から見えてきたメリットとデメリットを紹介します。

結論から言うと、マネックスFXは「少額取引で米ドル円、豪ドル円を頻繁にトレードする人におすすめです。1万通貨までの取引に限り、国内で最も狭い米ドル円0.2pips豪ドル円0.5pipsのスプレッドを提供しているから」です。

しかしそれは少額の取引に限った話なので、ある程度まとまった資金でFXをしたい人には、より総合力の高い他のFX会社の方が向いています

マネックスFXの総評と特徴

マネックスFXの総評

総合 スプレッド スワップ 約定力
78 ★★★☆☆ ★★★ ★★★☆☆
取引ツール 情報量 サポート
★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
せんせえ
1万通貨以下の取引に限り、ドル円と豪ドル円のスプレッドが業界最狭なのです。しかし、それを超えるとスプレッドが広がるので、まとまった資金で取引する人にはおすすめしません。
はじネコ
少額取引ではコストが最安なのと、セミナー動画やウィークリーコラムもあるので初心者にはいいかも。

ちなみに、総合力の高いメイン口座をお探しの人は次の記事をご覧ください。

「マネックス証券」は、さまざまな金融商品を扱う東証1部上場の最大手企業であり、信頼できる証券会社としての実績があります。

特に、システムの安定性に定評があり、24時間365日の監視体制で、相場の動きが激しいときでも、安定した運用が期待できます。

豊富な資金が基盤としてあるため、狭いスプレッド、高機能な取引ツールが特徴です。

 マネックスFXの口コミ

FXを初めて間もなく確か2口座目に予備口座として開設した。大手だけあって口座開設手続きが簡単かつ早く2日ほどで取引開始できます。スマホでの取引が中心ですが、すごく操作性がよく感心します。取引履歴や入出金履歴、口座状況など見たい情報が一目で分かりやすくてみれてストレスを感じません。ただスマホからできるのですが、口座への入出金が一旦、WEB経由となるところが少し面倒といえば面倒です。トータルでみてスプレッドも安いですし特に私のような初心者にはお薦めです。

FX初心者でメインで使い続ける会社を模索中です。まず口座開設に書類のやりとりがあり手数が若干かかります。WEB上だけの方が便利。スプレッドが他社に比べて若干広いように思います。画面は見やすくシステムの速度や安定性に不安を感じたこたことはありません。大手の会社でセミナーなども開催しているようなので一度参加してみたいと思っています。

最近口座開設し、使い始めました。お試し取引中ですが、取引ツールや情報、速さ等については不満は無いのですが、米ドル・日本円のスプレッドが0.5銭なのが不満です。競合他社のように0.3銭まで下げてほしいと思います。継続して使っていくかはスプレッド次第かなと思います。

出典:Kakaku.com

マネックスFXのスプレッド

多くの業者がドル円スプレッド0.3銭なのに0.5銭は高い。1万通貨以下だと0.2銭ですが、そんな遊びみたいな金額ではトレードしないので意味ないです。

普通に取引する人はもっとスプレッドが狭い業者を選んだ方がいいと思います。

マネックスFXは、ドル円、ユーロ円、豪ドル円といった人気通貨ペアのスプレッドが国内でもトップクラスに狭いです。特にドル円0.2銭、豪ドル円0.5銭は他のFX会社では見たことがありません

ただし、スプレッドが狭いのは1万通貨までの取引だけなので、1万通貨を超える取引をする場合は「DMM FX」や「GMOクリック証券」の方が狭いスプレッドで取引できます。

参考記事FX会社のスプレッドを一覧で徹底比較

通貨ペア 注文数量に応じたスプレッド
1,000~10,000 11,000~
USDJPY 0.2銭 0.5銭
EURJPY 0.5銭 1.0銭
AUDJPY 0.5銭 1.0銭
NZDJPY 4.0銭 4.0銭
GBPJPY 1.3銭 2.0銭
CHFJPY 5.0銭 5.0銭
CADJPY 5.0銭 5.0銭
HKDJPY 2.8銭 2.8銭
SGDJPY 5.8銭 5.8銭
ZARJPY 4.0銭 4.0銭
EURUSD 0.005セント 0.01セント
GBPUSD 0.04セント 0.04セント
AUDUSD 0.03セント 0.03セント

マネックスFXのアプリとチャート

【速度・安定性】
安定性は抜群。新規申込み、決済もスムーズで、時間差を感じなかった。
【機能・ツール】
似たようなツールが多いなか、使い勝手は良かった。
【スマホ・モバイル】
使いやすく、取引は全てスマホで行っています。

知名度もあり、様々な場所で初心者にオススメだと書かれていたため、FXをはじめるにあたり一番最初に選らんだのがマネックスFXでした。
こちらは1000通貨から取引可能なので、まだFXに慣れていない私でも安心して取引をしながら勉強中です。WEB取引ツールも見やすいので、専門ツールを入れずにこちらを利用しています。

出典:Kakaku.com

取引ツールは、「マネックスFX」と同社の別サービス「FX PLUS」で同一システムを利用していますが、名称だけが異なります。以下に、取引ツールの特徴についてご紹介します。

取引ツールは、PCが「ブラウザツール」「MonexFX SPEED Lite」「MonexFX SPEED」の3種類、スマートフォンが「MonexFX SPEED for smartphone」1種類、フィーチャーフォン(携帯)が1種類です。

PCはインストール型のツールではなく、いずれもブラウザ型となります。各ツールの特徴と、機能の比較は、以下のようになります。

「ブラウザツール」の特徴

「ブラウザツール」は、取引ツールの中でも最もシンプルなもので、メイン画面では、通貨ペア一覧 簡易チャート ストリーミング注文 建玉サマリーと一括決済の画面が表示されます。

チャートはあくまで簡易チャートなので、本格的なJavaチャートを別画面で表示することが可能です。初心者は、まずこのブラウザツールから始めることをオススメします。

ブラウザツールのみの設定・機能

「MonexFX SPEED Lite」の特徴

メイン画面のチャートが「ブラウザツール」よりも大画面で表示されるツールです。

メイン画面では、通貨ペア4種類 大画面チャート ストリーミング注文 建玉照会・注文照会・約定履歴一覧が表示されます。

こちらはタブレットでも利用可能、ワンクリック注文も可能なため、スキャルピング、デイトレードにもオススメです。

「MonexFX SPEED」の特徴

最も高機能な取引ツールで、チャートから直接注文が可能であり、細かくカスタマイズが可能なツールです。

Windows・Macどちらにも対応しています。上級者に必要な機能は全てあるといって良いでしょう。

画面レイアウトは自由にカスタマイズでき、レイアウトのパターンを複数保存することもできます。そのため、お気に入りのレイアウトをいつでも再現可能です。

また、機能を個別に別ウインドウで出し分けが可能なため、必要に応じて、さまざまな機能を組み合わせて表示することが可能です。

「MonexFX SPEED for Smartphone」の特徴

スマホツールも使いやすいです。リアルタイムで為替レートやマーケット情報が見れる機能もあり、すばやく為替情報を確認できることもとても便利です。

出典:Kakaku.com

スマートフォンアプリ(iPhoneAndroid)は、PCの取引ツールの機能はほぼ搭載しており、操作性は抜群です。チャートも4分割まで可能となっています。

他社のアプリでは、数値を入力する場合、テンキーで入力したり、ドラム式のドラムロールで選択したりと少々面倒なのですが、「マネックス証券」のアプリの場合、数値の場所には「+」「―」ボタンがついています。

そのため、注文数量を入力したり、スリッページ幅を入力する場合、数回タップするだけなのでとても簡単です。

画面も全体的にダークな色使いとなっており、目に優しく見やすいです。

取引ツールの機能比較と注意点
取引ツール機能比較一覧
取引ツールの使い分けと注意点

マネックスFXのスワップポイント

マネックスFXのスワップポイントは全体的に高めに設定されています。特にドル円のスワップポイントは業界内でもかなり上位です。

他にも豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円などはトップクラスでは無いですが、高めのスワップ金利となっています。

最新のスワップポイントはこちらから確認できます。

参考記事FX会社のスワップポイントを一覧で徹底比較

マネックスFXのスワップポイント

マネックスFXの約定力

マネックスFXプレミアムの一番の魅力は高い約定力にあると思います。注文の際にほとんどすべらない感じがします。スプレッドは他社と比べると狭いとは言えませんが、約定力を考慮すると通貨次第では十分価値があります。

出典:Kakaku.com

「マネックス証券」では、スリッページもほとんどなく、高い約定力と、約定スピードを実現していると評判です。サーバーが落ちることもほとんどなく、安定した取引が期待できます。

その理由としては、最大手証券会社としての基盤である、サーバーとネットワーク回線の維持・管理が徹底されているためです。

マネックスFXの高い安全性
24時間365日の監視システム
システム障害時の対応

結論1:マネックスFXで口座開設した方がいい人

マネックスFXをおすすめする人

  • 米ドル円、豪ドル円で1万通貨以下の取引をする人
  • 高いスワップポイントを求める人

以上のように、「マネックスFX」は、少額の取引は低コスト、高いスワップポイント、安定したシステムが特徴です。

また、口コミでも「スリップしにくい、約定力がある、サーバーが優秀」といった評価が多く、相場の急落急騰時、経済指標発表時などに比較的高い約定力・約定スピードが期待できるFX会社と言えるでしょう。

現在は、取引のスプレッド分を全額キャッシュバックするお得なキャンペーンも実施されています。

マネックスFXでの口座開設と審査

口座開設の際には審査がありますが、無職や学生でも一定以上の資産・収入があれば問題なく開設ができます。

口座開設の申込には必要書類として、個人番号カード1点、もしくはマイナンバー通知カードと本人確認書類の2点が必要です。

必要書類は申込時にWEBからアップロードで提出が可能なので事前に準備しておくといいでしょう。

口座開設費、維持費、年会費などは全て無料です。

結論2:マネックスFXをおすすめしない人

  • 総合力の高いFX会社を探している人
  • 狭いスプレッドで取引したい人

マネックスFXでは、1万通貨を超える取引ではスプレッドが広がってしまうため、より総合力の高いFX会社を選んだ方がコストが安く抑えられます。

総合力の高い、おすすめFX口座は次の記事をご覧ください。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
LINEで送る
Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX会社の評判

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.