スローストキャスティクスの使い方と手法

投稿日:

スローストキャスティクスってどんなもの?

スローストキャスティクスは主に売られ過ぎや買われ過ぎを表し相場の転換点などを知る為に使われるオシレーター系テクニカル指標です。

スローストキャスティクスにはその名にスローと付く様にファストストキャスティクスと言うテクニカル指標もあるのですが、それは通常ストキャスティクスと呼ばれています。

そしてこのストキャスティクスは、%Kと%Dの2本のラインで表示され、メモリは通常0~100と表示されるものとなります。

%Kのラインについてですが、これはパラメータ(=ローソク足の本数)分の最高値と最安値の中で現在値のレベルを表示するものとなり、それは最高値に近ければ100に近い値となり最安値に近ければ0に近い値となります。

次に%Dのラインについてですが、これは%Kをパラメータ分の平均値で表示するものとなります。

最後に改めてスローストキャスティクスについてですが、これは%Dと%SD(%スローD)の2本のラインで表示されるものとなり、%SDはどんなものかを説明すると、パラメータ分の%Dの平均値を表示するものとなります。

結果、スローストキャスティクスはストキャスティクスを平滑化したものと説明する事ができます。

スローストキャスティクスの一般的な使い方

スローストキャスティクスは他のオシレーター系テクニカル指標と同じ様に、数値が高ければ買われ過ぎと判断され売り、数値が低いと売られ過ぎと判断され買いとなります。

具体的にはメモリが80以上のデッドクロスで売り、20以下のゴールデンクロスで買いと言う使い方が一般的です。

(図1)英ポンド/円1時間足

ショートポイントは赤丸印、ロングポイントは青丸印となります。

この様にスローストキャスティクスは%Dと%SDのクロスしたポイント、それも80以上20以下の範囲でエントリーする事で勝率を上げ損失を限定的にする事が可能なテクニカル指標の一つです。

しかしそのルールでエントリーしてもストップにかかってしまう事がある為、もう少しこのスローストキャスティクスを知る為にもそのメリットとデメリットについて知る事にしましょう。

メリットとデメリット

スローストキャスティクスのメリット

メリットとしてはやはりエントリーポイントがわかりやすい点が一番に挙げられます。

(図1ではスローストキャスティクスのメモリ80にピンク色、20に水色のラインを引いてあります)

この80より上、20より下のクロスでエントリーという、とてもわかりやすいエントリーポイントです。(図1)

それとスローストキャスティクスの性質上、逆張りや反転時をとらえやすいところからレンジ相場に適していると言えます。

これは使う時間足にもよりますが、トレンドが出た後や相場が大きく動いた後はレンジ相場になりやすく、また相場の7割程度はレンジ相場と言われる事もある事から、スローストキャスティクスの80以上や20以下のエリアに入ったところからローソク足との兼ね合いでレンジ相場に入る目安になりそうな値を判別しやすくなると言うものです。

またダイバージェンスのエントリーも有効である事(図2)が挙げられます。

(図2)

スローストキャスティクスのデメリット

デメリットとして一番に挙げられるのは反応が遅い点です。

(図3)英ポンド/円1時間足

図3は、青丸印の中は下ヒゲから反転なのでは、と思えるレベルまで戻っていますが、白矢印の差す部分はメモリ20くらいのところでデッドクロスしたままとなっています。

メリットとして逆張りや反転がわかりやすいと言う反面、この様に反応が遅い事があります。

ただ、この場面はとても興味深い状態です。スローストキャスティクスが反応していないのにローソク足が2本とも陽線となっているのはただの戻りかもしれません。

それなのでまたショート方向にトレンドが出る、または大きく動くかもしれないので注目するべき局面であると言えます。

もう一つのデメリットとして、トレンドが続くと、使っている時間足によってはラインが上下端のどちらかに張り付いてしまい動きをとらえづらくなる事(赤丸印)が挙げられます。

他のテクニカル指標と組み合わせて有効に使うには?

ボリンジャーバンドとの組み合わせで逆張り狙い

(図4)

この組み合わせの考え方としては

  1. ボリンジャーバンドの上下どちらかのライン越え
  2. スローストキャスティクスの80以上または20以下
  3. 2.の条件でのスローストキャスティクスのラインのクロス

を確認し、この3つの条件が揃った時に逆張りです。(赤丸印と青丸印は3つの条件の揃ったポイント)

ボリンジャーバンド、スローストキャスティクス共に逆張りに強いテクニカル指標である為にそれぞれの長所を生かした組み合わせであると言えます。

そしてこの組み合わせによって、より多くのエントリー理由が出来る事でエントリーするべき時にエントリーができるものと考えます。

RSIとの組み合わせで逆張り狙い

(図5)

この組み合わせの考え方はRSIの70か30のタッチとスローストキャスティクスのクロスでエントリーとなります。

赤丸印はスローストキャスティクスのダイバージェンスとRSI30のタッチと言う組み合わせとなります。今回はクロスと同じ様な変化とRSI30タッチで結果的に変化している事から載せてみました。

そしてこのRSIとの組み合わせですが、実際運用してみるとタイムラグがありクセのある使い方になってしまいますが、うまく使えれば大きめの利益が期待できます。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-手法

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.