1、100、1000通貨単位トレードのメリットとデメリット

投稿日:

FXを始めたばかりの人は、どれくらいの取引枚数から始めるべきか悩みますよね。

最初から大金で行うのもいいですが、まずは1、100、1000通貨単位と少ない枚数でスタートするといいでしょう。

FXは数万通貨単位で説明されることが多いですが、1、100、1000通貨単位のように小さい単位でトレードできるFX会社も珍しくないです。

それなら小さい資金でもトレードを体験できるので、トレード初心者も安心できます。

例えば、1ドル100円の時に買いポジションを持って、1ドル99円まで下がったとします。その時の損失は次のようになります。

1万通貨だと、10,000円

1,000通貨だと、1,000円

100通貨だと、100円

1通貨だと、1円

取引枚数が少ないほど、損益も小さくなるのは明らかですね。

1、100、1000通貨単位で行うメリットとは

少ない枚数でトレードするメリット
  • とにかくたくさんトレード経験を積める
  • 損失が少ないためトレード手法の実践検証にもってこい

順番に見ていきましょう。

少ない枚数でトレードを繰り返すことで多く経験を積める

少ない枚数でトレードする最大のメリットは、生き残りやすいことです。

枚数が少ない方が安心して新しいことにチャレンジできます。

例えば、枚数が多くなるとエントリーできる回数が減りますが、少ない枚数だと資金を分割して複数回エントリーすることができます。

最小枚数でトレードを繰り返せば、小さい資金でも十分に経験を積めるため、初心者のレベルアップには最適です。

トレード手法の検証に向いている

枚数が少ないほど一回の損失が小さくなるため、自分で考えたトレード手法の検証がしやすくなります。

手法を検証するときは回数が多いほうが信頼できるため、少ない枚数で繰り返し行うほうがより精度の高いデータを取得できます。

トレード結果から手法の欠点や長所が把握しやすいので、自分の得意な手法を磨き上げるときに役立つでしょう。

長期間ポジションを保持するのも楽になるので、新しい手法を試すときに便利です。

もし、新しい手法を試したい人や、既存の手法を改良したいなら、少ない枚数で行うことをおすすめします。

1、100、1000通貨単位で行うデメリットとは

少ない枚数でトレードするデメリット
  • 利益の金額が小さい
  • 金額が小さいことで、自分の手法よりも欲を優先しやすくなってしまう

順番に見ていきましょう。

利益の金額が小さい

少ない枚数で行うトレードでは、一回の保有ポジションが少ないため、利益が小さくなる傾向にあります。

マイナスのときは損失が小さくていいのですが、プラスのときは利益が出ても資金の変化が小さいことが多いでしょう。

成功しても一回のトレードで得られる金額が小さくなるため、回数を重ねるにつれ満足できない傾向にあります。

少ない枚数でトレードすると、資金の増減が控えめになるので、一気に資金を増やしたい人は物足りないかもしれません。

金額に満足できず枚数を増やしてしまいがちに

一回の利益が小さくなるため、つい枚数を増やしてしまうのも、少ない枚数でトレードするデメリットでしょう。

単位が小さいと必要証拠金も少なくなるので、追加でポジションを持ってしまうことも珍しくありません。

トレード初心者は感情を優先してしまうことが珍しくないため、自分の感覚で枚数を増やしてしまう傾向にあります。

ポジションを一気に増やすことは資金の増減が激しくなるので、精神的なプレッシャ−が強くなり、自分の取引手法が守れなくなります。

1000通貨単位以下は初心者にオススメ!

1000通貨単位以下のトレードは、初心者の練習や取引手法の検証にすごく向いていることがわかりましたね。

特に「まずはトレードとはどういうものかを知りたい」という人は、少ない枚数でトレードできる会社を選ぶといいでしょう。

【1通貨、100通貨、1000通貨単位】FX会社おすすめランキング

この記事では「1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者」を教えます。 「少額でFXの練習をすること」や「情報コンテンツ量」などに重きを置いています。 すでに1万通…

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.