FXを1000通貨単位でトレードするメリットとデメリット

更新日:

FXを始めたばかりの人は、どれくらいの取引枚数から始めるべきか悩みますよね。

最初から大金で行うのもいいですが、まずは1、100、1000通貨単位と少ない枚数でスタートするといいでしょう。

FXは数万通貨単位で説明されることが多いですが、1、100、1000通貨単位のように小さい単位でトレードできるFX会社も珍しくないです。

それなら小さい資金でもトレードを体験できるので、トレード初心者も安心できます。

1000通貨単位の取引だと利益や損失はいくらになるのか?

FXをしたことがない人だと、1000通貨は低リスクと言われてもそれでどれだけの金額が儲かる、損するのかはイメージしづらいですね。

1ドル100円で買って、101円で売った場合の利益

例えば、1ドル100円の時に買いポジションを持って、1ドル101円まで上がったとします。その時の利益は次のようになります。

1万通貨だと、10,000円

1,000通貨だと、1,000円

100通貨だと、100円

1通貨だと、1円

取引枚数が少ないほど、利益や損益も小さくなるのは明らかですね。

1000通貨だと1pipsはいくら?

先ほどの例だと、1ドル100円から101円まで上がるということは、100pips上昇したと言えます。

FXのpips(ピップス)とは?1pipsはいくら?損益の計算方法

FXを始めるとpipsという単語を割といろんなところで目にしますよね。 今回は、pipsの意味と、pipsをトレードに活かす方法を説明します。 目次1 pips(ピップス)とは?2 1pipsと…

続きを見る

1000通貨の取引だと、100pips上昇して儲けが1000円です。

つまり、1pipsの損益は10円となります。

1000通貨単位の必要証拠金はいくら?

1000通貨だと少額スタートが可能で、5000円あればFXができるというのはよく目にします。

必要証拠金は、為替レートとレバレッジと通貨単位で変わってきます。

米ドル円1000通貨をレバレッジ25倍で購入する場合

為替レートが1ドル100円のとき、

1000通貨(1000米ドル)を購入するには100,000円が必要です。

この場合、元手が4000円あれば、レバレッジ25倍をかけるとちょうど10万円になりますね。

4000円 × 25倍 = 100,000円

つまり、レバレッジ25倍なら4000円の資金があれば1000通貨を購入できることになります。

為替レートが変わると必要証拠金も変わる

先ほどはわかりやすく為替レートが1ドル100円の場合で計算しましたが、為替変動により1ドル110円になると必要証拠金も変わってきます。

1000通貨(1000米ドル)を購入するには110,000円が必要です。

この場合、元手が4400円あれば、レバレッジ25倍をかけるとちょうど11万円になりますね。

4400円 × 25倍 = 110,000円

つまり1ドル110円の時だと、レバレッジ25倍なら4400円の資金があれば1000通貨を購入できることになります。

このようにそれぞれ円高、円安の局面で最低必要証拠金は変わってきます。

実効レバレッジ25倍だとすぐにロスカットや追証がくる

資金が4000円あれば1000通貨の取引ができることがわかりましたが、

必要証拠金分しか資金がない=実効レバレッジ25倍

ということになります。

国内FX業者は金融商品取引法で最大レバレッジ25倍までと決められているので、それを超えるレバレッジになってしまった場合は、ロスカットや追証などの措置を行います。

FXのロスカットとはどういう意味?計算方法や強制決済基準など

この記事では、FXをこれから始めよう、あるいは始めようかな?と考えている方に、超重要なキーワード「ロスカット」についてご説明します。 目次1 ロスカットとはどういう意味?2…

続きを見る

ポジションが強制ロスカットで自分の意図しないところで決済されてしまうと、投資行動としては失敗です。

また、レバレッジが高くなるほど資金に対する損益の割合が大きくなるため、危険でリスクも高くなります。

推奨レバレッジは、スキャルピング、デイトレード、スイングなどトレード手法によっても異なりますが、とにかくFX口座資金には必要証拠金をある程度上回る金額を入金しておく必要があります。

例えば、1万円の資金でドル円1000通貨を購入すると(1ドル100円)、実効レバレッジは10倍となり、余裕を持った取引が可能になります。

1000通貨単位で取引するメリット

  • とにかくたくさんトレード経験を積める
  • 損失が少ないためトレード手法の実践検証にもってこい

順番に見ていきましょう。

少ない枚数でトレードを繰り返すことで多く経験を積める

少ない枚数でトレードする最大のメリットは、生き残りやすいことです。

枚数が少ない方が安心して新しいことにチャレンジできます。

例えば、枚数が多くなるとエントリーできる回数が減りますが、少ない枚数だと資金を分割して複数回エントリーすることができます。

最小枚数でトレードを繰り返せば、小さい資金でも十分に経験を積めるため、初心者のレベルアップには最適です。

トレード手法の検証に向いている

枚数が少ないほど一回の損失が小さくなるため、自分で考えたトレード手法の検証がしやすくなります。

手法を検証するときは回数が多いほうが信頼できるため、少ない枚数で繰り返し行うほうがより精度の高いデータを取得できます。

トレード結果から手法の欠点や長所が把握しやすいので、自分の得意な手法を磨き上げるときに役立つでしょう。

長期間ポジションを保持するのも楽になるので、新しい手法を試すときに便利です。

もし、新しい手法を試したい人や、既存の手法を改良したいなら、少ない枚数で行うことをおすすめします。

1000通貨単位で取引するデメリット

  • 利益の金額が小さい
  • 金額が小さいことで、自分の手法よりも欲を優先しやすくなってしまう

順番に見ていきましょう。

利益の金額が小さい

少ない枚数で行うトレードでは、一回の保有ポジションが少ないため、利益が小さくなる傾向にあります。

マイナスのときは損失が小さくていいのですが、プラスのときは利益が出ても資金の変化が小さいことが多いでしょう。

成功しても一回のトレードで得られる金額が小さくなるため、回数を重ねるにつれ満足できない傾向にあります。

少ない枚数でトレードすると、資金の増減が控えめになるので、一気に資金を増やしたい人は物足りないかもしれません。

金額に満足できず枚数を増やしてしまいがちに

一回の利益が小さくなるため、つい枚数を増やしてしまうのも、少ない枚数でトレードするデメリットでしょう。

単位が小さいと必要証拠金も少なくなるので、追加でポジションを持ってしまうことも珍しくありません。

トレード初心者は感情を優先してしまうことが珍しくないため、自分の感覚で枚数を増やしてしまう傾向にあります。

ポジションを一気に増やすことは資金の増減が激しくなるので、精神的なプレッシャ−が強くなり、自分の取引手法が守れなくなります。

1000通貨単位のFX業者を選ぶ時の注意点

DMM FXとGMOクリック証券は最小取引単位が1万通貨

国内FX業者で最も人気のある「DMM FX」と「GMOクリック証券」は1000通貨取引には対応しておらず、最低でも1万通貨の取引からです。

特にデイトレードで利益を出していこうと思っている人には、この2社が最もおすすめのFX会社です。

1000通貨の取引に慣れて、資金が10〜30万円程度まで集まったら、これらの業者で取引してみるといいかもしれません。

DMM FXを辛口評価!アプリの評判と口コミ

DMM.com証券のDMM FXは国内口座数第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 特にスプレッドの狭さと安定感は抜群のため「デイトレード」を中心に取引する人に向いています。 し…

続きを見る

200人の口コミと評判でわかった「GMOクリック証券 FXネオ」の評価

GMOクリック証券はFX取引高世界第1位で総合力も高く初心者におすすめです。 しかし、デメリットがないわけではありません。 この記事ではプロトレーダーが「GMOクリック証券の評…

続きを見る

1000通貨取引だと取引手数料が発生する業者もある

多くの業者では1000通貨単位のトレードでも取引手数料無料ですが、中には取引手数料が発生する業者もあります。

取引手数料が発生することはトレードにおいては損なのですが、一概にダメとは言い切れません。

FXプライムbyGMO」は1000通貨の取引に片道30円の手数料がかかりますが、オンライン動画セミナーや情報コンテンツがとても充実しているので、初心者が取引しながら勉強するのにとても向いているFX会社です。

FXプライム
150人の口コミと評判でわかった「FXプライムbyGMO」の評価

FXプライム byGMOは20種類以上のマーケット情報や動画セミナーなど充実したサポート体制があり、FXを勉強したい初心者にはおすすめです。 また、トルコリラ円のスワップポイント…

続きを見る

この記事の最初で1000通貨取引の利益と損失について見た通り、はっきり言って1000通貨の損益などバイトの最低時給にすら全然届きません

1000通貨で取引する意味は、低リスクでFXの勉強をすることの1点だけです。

完全なFX初心者が優先することは、為替相場の取引に慣れること、情報コンテンツを積極的に活用して自分の分析に取り入れることです。

1000通貨の取引で手数料がかかるからといって、有益なコンテンツを提供しているFX業者を足切りするのは愚かな行為です。

1000通貨単位以下は初心者にオススメ!

1000通貨単位以下のトレードは、初心者の練習や取引手法の検証にすごく向いていることがわかりましたね。

「まずはFXトレードがどういうものかを知りたい」という人は、1000通貨以下の少ない枚数でトレードできる会社を選ぶといいでしょう。

おすすめの業者は次の記事でまとめているので参考にしてみてください。

1通貨、100通貨、1000通貨単位比較!FX少額取引業者おすすめランキング

この記事では、1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者を教えます。 人気のFX業者を徹底比較し、現役トレーダー100人の口コミを元にランキング形式でご紹介します。 …

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.