ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析どっちがオススメ?

投稿日:

FXで勝つためには、為替相場の分析が不可欠です。自分の直感で取引しても勝つことはできません。偶然、勝てたとしても勘での取引ではいつか負けてしまうでしょう。

長期的に相場に勝つためには、分析方法を学ばなければなりません。

FXの分析方法にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。

今回はその2つの特徴を見てみましょう。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズは「経済の基礎的条件」と訳されます。

各国の経済指標から景気の強さや政策金利を分析して、その国の通貨は買われるのか売られるのかを分析することをいいます。

国の経済動向を示す経済指標

各国は市場の透明性と信頼性を高めて投資家に投資を促すため、経済指標を発表しています。

政策金利や失業率、GDPなど多くの指標があり、その指標にはその国の現在の経済動向が反映されています。

さらに総合的に指標を分析すると、その国の将来の経済動向が見えてきます。

通貨に大きな影響を与える政策金利

為替が動く要因の一つに各国の政策金利の差によるものがあります。

金利が高い通貨は買われ、低い通貨は売られる傾向があります。

米国の政策金利を左右するのは、失業率と物価の指標なので、指標発表時は注目をあつめます。

失業率が上昇すると金利を下げて景気を刺激したり、物価を示す複数の経済指標が上昇すると金利を上げたりして景気のコントロールを試みます。

ファンダメンタル分析によって、金利変化の兆候をつかむことができるのです。

テクニカル分析とは?

はじネコ
投資といえば、まず最初に思い浮かぶのがこういうチャートですね。

テクニカル分析とは、為替相場の値動きをチャートの上で分析する方法をいいます。

ファンダメンタル分析とは違い、各国の経済状況を考慮せずに、機械的に判断できる方法です。

チャートとは、過去の価格を視覚的に捉えるために図に置き換えたものです。値動きをチャートにあらわすことで、過去の価格に色々な情報が含まれていることがわかります。

価格の数字を図に置き換えたことで数多くの分析方法が生まれました。これらは、トレンド系とオシレーター系の大きく分けて2つの分析方法に分けられます。

トレンド系とは?

トレンド系とは、大きく一方向に動く相場を見つけることが得意な分析方法です。

方向感の無い相場は一度動き出したら、長期間にわたり大きな動きを見せます。この動きの兆候をつかむことで、収益を狙う方法です。

移動平均線やトレンドラインの分析方法が代表的です。

オシレーター系とは?

オシレーター系とは、相場の過熱感を見る分析方法をいいます。

今の価格が買われすぎているのか、売られ過ぎているのかを判断でします。

値動きがある一定の幅の価格をいったりきたりする、あまり動きの無いもみ合い相場に機能します。

ストキャスティクスやRSI、ボリンジャーバンドなどが代表的です。

2つの分析方法、どちらが有効?

FX取引ではテクニカル分析のほうが人気があるようです。

ファンダメンタルズ分析は多くの経済指標を分析するので、経済的な知識と分析する時間が必要です。そのことが敷居を高くしているようです。

2つの分析方法の特徴を比較すると、テクニカル分析は数日から数週間ほどの短期取引をするときの相場分析に強いといわれます。

逆にファンダメンタルズ分析は長期の相場分析に適しています

どちらか一方ではなく両方の分析方法の特徴を知り、場合によって使い分けていくことが収益を最大化するコツです。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FXの始め方

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.