FXのレバレッジとは?設定はどうすればいい?初心者でもわかる解説

更新日:

この記事では、FX初心者がレバレッジで疑問に思う「一体どれくらいリスクがあるのか?」「何倍がいいのか?」といったことを説明します。

FXのレバレッジとは、「てこの原理」とも表される、少ないお金で多くの金額を動かせる仕組みです。

国内FX業者ではFX個人口座のレバレッジは最大25倍までと法律で定められています。

せんせえ
あなたの手持ち資金(証拠金)が10万円なら、その25倍の250万円の金額までFX取引ができるということです。

レバレッジに応じて必要な元手が変わってくる

まず基礎知識ですが、FXは両替という考え方をもとに取引を行う事になります。

そして外貨には、必ずレートがあるのです。

1ドル100円や1ユーロ120円など、通貨ごとに様々なレートがあります。

例えば、レバレッジ1倍で1万ドル購入する時は、単純計算で100万円が必要なのです。

もちろん1万ユーロなら、120万です。

でもそんなにお金はありません。

そこでレバレッジの出番です。

本来ならば上記のように100万円が必要なのですが、あくまでもそれはレバレッジ1倍の話です。

もし、レバレッジが10倍だったら、必要な元金は10万円になります。

もし、レバレッジが25倍だったら、必要な元金は4万円です。

レバレッジが高くなるにつれ、求められる元金も低くなります。

レバレッジ 1万ドル購入に必要なお金
1倍 100万円
3倍 33万円
5倍 20万円
10倍 10万円
25倍 4万円

実効レバレッジを変更する方法

はじネコ
レバレッジ25倍って怖いんで、10倍くらいに変更したいのですが。
せんせえ
レバレッジは「最大」25倍だから、それ以下の倍率には自分で調整できるんだよ。

FX初心者が一番気をつけなくてはいけないのは、「レバレッジの倍率」です。

現在、日本のFX業者は規制により最大25倍までと制限されていますが、実質的なレバレッジ倍率は口座の証拠金残高と取引額によって自動的に決まります

ドルを1万通貨買うとき(1ドル100円の場合)
証拠金残高 実質レバレッジ
100万円 1倍
33万円 3倍
20万円 5倍
10万円 10倍
4万円 25倍
はじネコ
あれ?さっきの表と同じじゃない?手抜き?
せんせえ
そうです!手抜きではありません。
レバレッジ10倍で取引をしたければFX口座に10万円入金して、1万通貨だけを買えばいいのです。
はじネコ
なるほど!ポジション量に応じて自動的にレバレッジは変わるんですね。

このようにレバレッジは資金額とポジション量で決まります。

レバレッジはリスクそのものですが、そのリスクがFXをするメリットでもあります。

リスクをとらなければその分ダメージも小さい、逆にリスクをとればその分リターンも大きくなります。

 

レバレッジが高いと借金になる?

はじネコ
レバレッジをかけすぎて借金になってしまわないですか?
せんせえ
含み損が大きくなると自動的にロスカットされるから基本的には借金にならないよ。

レバレッジをかけてリスクを取るほどリターンも大きくなると言いましたが、初心者の人が心配するのは「借金になるほどのリスクとなるか」ですね。

FXでは証拠金維持率が一定以下になると強制的にポジションを決済する「ロスカット」があるので、最大25倍までレバレッジを高めても借金になることはありません。

FXのロスカットとはどういう意味?計算方法や強制決済基準など

この記事では、FXをこれから始めよう、あるいは始めようかな?と考えている方に、超重要なキーワード「ロスカット」についてご説明します。 目次1 ロスカットとはどういう意味?2…

続きを見る

 

レバレッジは何倍くらいで取引するのがおすすめ?

まず、レバレッジを何倍くらいで取引するかは、どれくらいの時間ポジションを保有するのかで異なります

スキャルピング(数秒〜数分)、デイトレード(数分〜数時間)、スイングトレード(数日〜数週間)では、かけるべきレバレッジが違うのがわかりますね?

スキャルピングやデイトレードのような短期取引では多少高めのレバレッジをかけても大丈夫ですが、スイングトレードで高いレバレッジをかけると想定した動きになる前にロスカットされてしまう可能性が高まります。

ただ、短期取引の場合でも、初心者のうちは高くてもレバレッジ10倍程度までで抑えておく方が良いです。

長期トレードの場合は、レバレッジ5倍程度までで抑えておくのが良いでしょう。

 

ハイレバレッジのトレードとリスク

レバレッジの倍率によって、取引に必要な元手が変わってくることがわかりましたね。

高いレバレッジほど効率よく資金を動かせるので、一見するとメリットが大きそうに見えますがリスクが高い一面もあります。

例えば1ドル100円のタイミングで、1万枚の買い注文を行ったとします。

もし1ドル99円に下がってしまうと1万円の損失になります。

この時にハイレバレッジな取引ですと、かなりの損失率になる場合があります。

◆レバレッジ1倍の場合

1万通貨のドルを購入するのに必要な元手は100万円です。

損失が1万円だと、100万円の元手に対して1%の損失率となります。

◆レバレッジ10倍の場合

レバレッジ10倍ですと、求められる資金は10万になります。

それに対する1万円の損失ですから、実に10%の損失率になる訳です。

◆レバレッジ20倍の場合

レバレッジ20倍なら、レバレッジ10倍の2倍の損失率です。

レバレッジ1倍の場合と比較すると20倍の損失率です。

 

レバレッジ1倍だと安全だが利益も少ない

逆にレバレッジを全くかけなければ、FXはほとんど損をしないし利益も出ません

低いレバレッジで取引することには別々な2つの目的があります。

  1. 少額取引でFXの練習をするため
  2. 外貨預金感覚で長期投資するため

少額取引でFXの練習をするため

レバレッジをほとんどかけなければ損失率も小さいことがわかりました。

そのためローレバレッジでの取引は初めてFXをする人の練習に最適なのです。

でもレバレッジ1倍だと、1万ドル購入に100万円も資金が必要で、いきなりそんなお金は用意できません。

そこで便利なのが1000通貨から取引ができるFX業者です。

ドルを1000通貨買うとき(1ドル100円の場合)
証拠金残高 実質レバレッジ
10万円 1倍
1万円 10倍
4千円 25倍

このように1000通貨だとかなりお手軽な金額でFXの練習をすることができます。

全てのFX業者が1000通貨単位で取引できるわけではありませんので、気になる人は次の記事をご覧ください。

1通貨、100通貨、1000通貨単位比較!FX少額取引業者おすすめランキング

この記事では、1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者を教えます。 人気のFX業者を徹底比較し、現役トレーダー100人の口コミを元にランキング形式でご紹介します。 …

続きを見る

外貨預金感覚で長期投資するため

長期投資の場合は、レバレッジをかけすぎない方がいいと説明しましたね。

その場合、為替差益とスワップポイントの2つの利益を狙ったポジション取りをするのが良いでしょう。

低レバレッジでも長期投資であれば、低リスクで年利5%〜程度の安定したリターンを求めることが可能です。

参考記事レバレッジ1倍のFXを資産運用初心者におすすすめする理由

また、最大レバレッジが3倍で定期的に外貨を積み立てる「積立FX」も資産運用初心者に人気がありおすすめです。

ローリスク・ローリターンですが、安全性を重視する人には向いています。

「積立FX」を辛口評価

積立FXは、外貨預金よりも圧倒的に安いコストで定期的に外貨購入ができるサービスです。 この記事では、積立FXのメリット・デメリットだけでなく、実際に運用した場合のシミュレ…

続きを見る

 

個人口座、法人口座、海外口座のレバレッジ上限の違い

これまで見てきたように、個人口座のレバレッジは最大25倍ですが、法人口座や海外口座は違います。

個人口座のレバレッジ規制

日本では2010年からレバレッジ規制が行われ、現在、個人口座のレバレッジは最大25倍までとなっています。

法人口座のレバレッジ規制

法人口座はレバレッジ規制の対象外だったのですが、2017年にとうとう規制が入り、レバレッジは最大65倍程度までとなりました。

法人口座のレバレッジは、各週毎に調整され通貨ペア毎によっても最大レバレッジが異なります。

FX法人口座の開設方法
FX法人口座の作り方とレバレッジ比較【2017年8月版】

以前は国内FXでも法人口座ならレバレッジ最大400倍などで取引可能でしたが、ついに2017年からは法人にもレバレッジ規制が入りました。 この記事では、FX法人口座のレバレッジ、メ…

続きを見る

海外口座のレバレッジ

FX会社は海外にもあります。

海外では日本国内のルールは通用しませんから、もっと高いレバレッジで取引できる場合があります。FX会社によっては、それこそ800倍近いレバレッジで取引可能です。

ただし、海外業者は全て金融庁の許可なく営業しており、出金できないなどのトラブルが多発しています。

まともな投資を考えているなら絶対に利用は避けましょう。

口座 レバレッジ上限
個人口座 25倍
法人口座 約65倍
海外口座 上限なし

個人口座のレバレッジが最大10倍までに規制される?

2017年9月27日、突然、金融庁でFXのレバレッジを最大10倍程度まで引き下げる案が有力だというニュースが出されました。

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力だ。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内の取引高は約5千兆円に上る一方、FX業者への規制は銀行などに比べ緩い面がある。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。

金融庁はFXの業界団体、金融先物取引業協会と規制見直しに向け協議を始めた。早ければ来年にも内閣府令を改正して実施する可能性がある。

引用:日経経済新聞 電子版

これについて、実際にどうなるかはわかりませんが、もしレバレッジが最大10倍までになると、ドル円1万通貨の取引に10万円超の証拠金が必要となってきます。

証拠金維持率に余裕を持つなら、ドル円1万通貨の取引につき15〜20万円程度の元手が必要です。

今まで中長期でトレードしていた人はレバレッジ10倍以下で取引をする人がほとんどだと思いますが、それでも25倍の時のような余力はなくなり、多少の逆行は耐えるという行為ができなくなります。

短期でレバレッジを強くかけて取引をしていた人は少し物足りなくなってしまうでしょう。

マネフルFX編集部
「FXを始めたいけど失敗したくない!」という初心者の人に、FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などを一から順番に丁寧に解説します。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX用語

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2017 AllRights Reserved.