レバレッジとは?1倍、25倍、100倍ではどんな違いがある?

更新日:

LINEで送る
Pocket

FXには、レバレッジという概念があります。その数字が大きければ、小さめな金額で大きなお金を動かせるのです。

一気に大きなお金が動きますから、レバレッジが100倍ともなるとかなりリスクも大きくなってきます。

せんせえ
レバレッジは「てこの原理」とも表される、少ないお金で多くの金額を動かせる仕組みだよ。

元金とレバレッジの関係

例えば1ドルが110円という状況で、1万ドルを購入したいとします。

本来そういう時には、単純計算で110万円が必要になるでしょう。110に1万を乗じれば、その数字が算出できます。

ところが実際には、FXにはレバレッジと呼ばれる概念がある訳です。レバレッジは、必ず数字で表現されます。

1倍や5倍や25倍など、様々な数字があります。一般的には、25倍程度に設定されるのです。

それで倍数に応じて、購入できる元手が変わってきます。

本来ならば上記のように110万が必要なのですが、あくまでもそれはレバレッジ1倍の話です。2倍の時は、55万になります。

どこから55万という数字が出てきたかというと、110を2で割ったからです。

同様の計算は、他のレバレッジにも当てはまります。

例えば10倍でしたら、求められる元金は11万円になる訳です。

また100倍であれば、11,000円といった具合です。

数字が高くなるにつれ、求められる元金も低くなります。

レバレッジ 1万ドル購入に必要なお金
1 110万円
10 11万円
25 4.4万円
100 1.1万円

個人口座、法人口座、海外口座のレバレッジ上限の違い

それでレバレッジにも、実に様々な数字があります。

一般的に10倍以下の数字ですと、ローレバレッジと表現されるのです。数字がとても小さいからです。

上述の通り一般的なレバレッジは25前後ですが、中にはかなり高いレバレッジで取引している事例もあります。

そもそも上記の25というのは、あくまでも個人トレーダーの話です。

法人ですと、現時点では最大100倍のレバレッジで取引できます。

また25という数字は、あくまでも日本国内のFXに適用されます。

FXの会社は、海外にもあるのです。海外では日本国内のルールは通用しませんから、もっと高い数字で取引できる場合があります。会社によっては、それこそ800倍近いレバレッジで取引可能です。

そして上記でも触れた通り、レバレッジの数字は元金に関わってくる訳です。

ですから海外のようなハイレバレッジですと、少ない元金で取引する事は可能です。

逆にローレバレッジになりますと、求められる元金も大きくなります。まずこの点が、各レバレッジの違いの1つです。

口座 レバレッジ上限
個人口座 25倍
法人口座 100倍
海外口座 上限なし

レバレッジが高いとリスクも高い

それと各レバレッジは、リスクに関する違いもあります。

もう一度上記の110円のレートに戻りますが、仮にそこで買った場合は、108円になった時には2万円分の損失が生じる事になります。ちなみに1万ドル購入した時の話です。

1倍のようなレバレッジならば、110万という元金に対して2万円という損失になります。それに対して10倍ですと、11万に対する2万円の損失なのです。

ですからレバレッジが高くなるにつれて、元金に対する損失の割合が大きくなってしまう訳です。

これを考慮しますと、各レバレッジはリスクに関する違いがある事も明らかです。

ハイレバレッジでは大きな資金は動かせますが、その分リスクも高めになる点は注意を要します。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
LINEで送る
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX用語

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.