RCIとは?使い方と手法

更新日:

RCIはチャート分析のテクニカル指標の中でも、とてもポピュラーで多くの投資家が参考にする指標です。

使い方は、FXでも株でも仮想通貨でも基本的に同じなため、一度覚えてしまえば他の投資対象でも利用することが可能です。

この記事では、RCIの使い方や手法をFX歴10年の専業トレーダーが解説します。

その他のテクニカル指標については次の記事で解説しています。

テクニカル分析の種類・基本編|FXチャート・為替レートの見方

RCIとは?

RCIはRank Correlation indexの略で日本語では順位相関係数などと訳され、主に相場の強弱を表し、反転などの相場の変化を判別しやすいオシレーター系テクニカル指標です。

DMM FXチャート ドル円1時間足 RCI)

rci

通常、RCIは1本のラインで表示されますが、チャートによっては初めから短期・中期・長期の3本のラインで表示されるタイプもあります。

相場の強弱を表すメモリは(+)1~0~-1、もしくは(+)100~0~-100と表示されます。

どちらの場合も使い方は同じで(+)100や(+)1に近いほど上昇の力が強く、-100やー1に近いほど下降の力が強い状態を表します。0(ゼロ)はその中間です。

 

RCIの使い方

RCIの使い方として、+80を下抜けたら売り、または逆に-80を上抜けたら買いという使い方が一般的です。

(メモリが(+)100~0~-100と表示されている場合)

このように基本は(+or-)100に近い値で推移していたところから反対方向へ向かおうとしている(または向かっている)時がエントリーポイントの目安となります。

短期・中期・長期のRCIがゴールデンクロス・デッドクロスするような形になります。

FX・株のゴールデンクロスとデッドクロス|見方や設定・だまし回避の方法

もし、含み益を抱えたポジションを持っている場合(+or-)、100に到達したところで決済の目安にも出来ます。

ただ、強いトレンドが出ている時など、見ている時間足によっては(+)100やー100の上下端に張り付いて横ばいに推移する様な状態になってしまいます。

そのため、変化がわかりづらく利益を伸ばせなかったり、エントリー(または決済)ポイントを見逃してしまいがちになるので、ベストな時間足を見つけて相場へ対応することが望ましいです。

また逆の話として、上下のどちらかに張り付いて推移していると言うことはその方向への強いトレンドが出ていると言えるので、そこから短期のラインが一旦離れ、また張り付いていた方向へ戻る動きは押し目や戻りを形成する可能性があるので注目するべき動きです。

さらに0(ゼロ)は中間に位置していることや、強弱の観点からすれば相場の力は弱いと捉えられる反面、この辺りから元の方向へ反転する動きがあれば押し目や戻りが形成されたと捉えることが出来るため、これも注目するべき動きです。

以上の様に、相場の強弱を意識しながらRCIの動きを見ることで、相場の変化を的確に把握し対応することが可能になります。

 

短期・中期・長期3本のRCI順張り手法

短期・中期・長期のRCIが3本とも上下端のどちらかに張り付いている状態から短期ラインだけ一旦離れ、再び中期ラインと長期ラインと同じ位置に戻って来るパターン。

これは押し目や戻りの典型的な形であり、勝率が高くわかりやすいエントリーポイントとして挙げられます。

DMMFXなどのチャートは、デフォルトではRCIが1本しか表示されないので、RCI3本でトレードする場合のおすすめ設定を記載します。

期間 パラメータ設定
短期 9
中期 26
長期 52

短期・中期・長期の3本のRCIをチャートに表示すると次のようになります。

RCI3本

ドル円8時間足 RCI9、RCI26、RCI52

中期、長期の方向から短期RCIが離れて再びトレンド方向へ戻っていくポイントを矢印で表示しました。

青矢印がRCIによる押し目買いポイント、赤矢印がRCIによる戻り売りポイントです。

また、RCIのラインがゼロラインから反転している時がよくありますが、これもわかりやすいエントリーポイントとして挙げられます。

 

RCIのメリット

エントリーポイントが明確

RCIのメリットとしてはエントリーポイントが視覚的にわかりやすい点が挙げられます。

3本のRCIの位置関係から簡単にエントリーポイントを割り出すことが可能です。

RCIのダイバージェンス

RCIと為替レートのダイバージェンスもエントリーを判断できるポイントです。

ダイバージェンスとは、

  • 為替レートの上値切り上げ・オシレーター(RCI)の上値切り下げ
  • 為替レートの下値切り下げ・オシレーター(RCI)の下値切り上げ

のどちらかが当てはまった状態のことを言い、相場反転のサイトとして広く知られています。

ダイバージェンスについては次の記事で詳しく解説しています。

ダイバージェンスとは|オシレーター系を使ったトレンド転換の見つけ方

 

RCIのデメリット

デメリットとしては強いトレンドが発生した場合、使う時間足によってはラインが上下どちらかに張り付き変化がわかりづらくなる点。

それによってエントリーのタイミングや決済の判断が遅れてしまうことです。

3本のRCIが天井・底に張り付いている

3本のRCIが天井・底に張り付いている

また、為替レートがほとんど動いていないようなレンジ相場中でも、RCI上では強い相場・弱い相場と表されてしまいます。

RCIだけを見ていては状況が判断しづらいため、必ずローソク足の値動きなどと合わせて相場確認するようにしてください。

相場は横ばいだがRCIは大きく波打っている

相場は横ばいだがRCIは上下に波打っている

 

他のテクニカル指標と組み合わせて有効に使う

ボリンジャーバンドとの組み合わせで逆張り狙い

基本的な考え方としてはボリンジャーバンドの上下端のラインとRCIの(+or-)80を越えたら逆張りです。

逆張りの売りエントリー

緑色の丸の中のチャートの動きは各ラインが上端付近から下降に転じています。RCIの動きとしては+80を割ってから-100付近まで伸びています。

ローソク足としては一旦戻りますが、高値を更新する事なく下降しボリンジャーバンドをはみ出るまでの大きな陰線になり強い下げとなっています。(白矢印部分)

改めて逆張りの観点から見ると白矢印が差す陰線が出来た時にショートと判断するのがベストとなります。

RCIの短期ラインはその前の段階で上端から離れているので、この二つの事実があれば判断も難しくないでしょう。

押し目での買いエントリー

次に、前述した押し目のエントリーと同じやり方です。

RCI3本のライン共に上端にいる状態から短期ラインのみ一旦離れ下降、反転し元へ戻ろうとしているポイントは勝率の高いパターンでしょう。(青矢印のポイント)

この様にRCIは逆張りと相性のいいボリンジャーバンドを併用する事で、相場の動きや変化がさらにわかりやすくなり勝率の向上が期待できます。

MACDとの組み合わせで逆張り狙い

DMM FXチャート ドル円1時間足 RCIとMACD)

RCIとMACD

MACDとRCIを表示すると、上のチャートの様になります。

この組み合わせでのルールは以下です。

  • MACD線(赤)がゼロラインより上の位置、かつRCIが80を割り込んだらショート
  • MACD線(赤)がゼロラインより下の位置、かつRCIが-80を超えたらロング

このルールでの主な買いエントリーポイントを青の矢印、売りエントリーポイントを赤の矢印で表示しました。

その中には損切りになりそうな場面もあり、勝率はそこそこと言ったところですが、使い方によっては有効な使い方になるでしょう。

記事下

 

2018年版!最強FX口座ランキング

2018年人気No1のFX口座はこちら

TOPページへ戻る

 

はじネコ
最新の相場分析情報を配信してるのでフォローしてね!
  • この記事を書いた人
マネフルFX編集部

マネフルFX編集部

マネフルは、FX歴11年のトレーダーが監修するFX初心者向けメディアです。FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などをゼロから解説します。

-テクニカル分析

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2018 All Rights Reserved.