RCIの使い方と手法

投稿日:

RCIってどんなもの?

RCIはRank Correlation indexの略で日本語では順位相関係数などと訳され、主に相場の強弱を表し、反転などの相場の変化を判別しやすいオシレーター系テクニカル指標であります。

また、このRCIは1本で表示されるタイプが多いのですが、2本や3本のラインで表示されるタイプもあります。

それと1本のラインで表示されるタイプで相場の強弱を表すメモリは(+)1~0~-1と表示される事が多く、また2本、3本のラインで表示されるタイプの相場の強弱を表すメモリは(+)100~0~-100と表示される事が多いです。

どちらも使い方は同じで(+)100や(+)1に近い程上昇の力が強く、-100やー1に近い程下降の力が強い状態を表すものであり0(ゼロ)はその中間となります。

RCIの一般的な使い方

RCIの使い方としてはメモリが(+)100~0~-100と表示されている場合、+80を下抜けたら売り、または逆に-80を上抜けたら買いと言う様な使い方が一般的です。

この様に基本は(+or-)100に近い値で推移していたところから反対方向へ向かおうとしている(または向かっている)時がエントリーポイントの目安となります。

(図1)

また含み益を抱えたポジションを持っている場合(+or-)100に到達したところで決済の目安とする事も出来ます。

ただ、強いトレンドが出ている時など見ている時間足によっては(+)100やー100の上下端に張り付いて横ばいに推移する様な状態になってしまいます。

そのため、変化がわかりづらく利益を伸ばせなかったりエントリー(または決済)ポイントを見逃してしまいがちになるので、ベストな時間足を見つけて相場へ対応する事が望ましいと言えます。

また逆の話として、上下のどちらかに張り付いて推移していると言う事はその方向への強いトレンドが出ていると言えるので、そこから短期のラインが一旦離れ、また張り付いていた方向へ戻る動きは押し目や戻りを形成する可能性があるので注目するべき動きと言えます。

さらに0(ゼロ)は中間に位置している事や強弱の観点からすれば相場の力は弱いと捉える事が出来る反面、この辺りから元の方向へ反転する動きがあれば押し目や戻りが形成されたと捉える事が出来、これも注目するべき動きであると言えます。

以上の様に相場の強弱を意識しながらRCIの動きを見れば相場の変化を的確に把握し対応する事が出来る様になります。

メリットとデメリット

RCIのメリット

RCIのメリットとしてはエントリーポイントがわかりやすい点が挙げられます。

例えば3本のラインで表示されるタイプのRCIで3本とも上下端のどちらかに張り付いている状態から短期ラインだけ一旦離れ再び中期ラインと長期ラインと同じ位置に戻って来るパターン。

これは押し目や戻りの典型的な形であり勝率が高くわかりやすいエントリーポイントとして挙げられます。(図1)

次にダイバージェンス状態の時のエントリー。(図2)

さらにRCIのラインがゼロラインから反転している時がよくありますがこれもわかりやすいエントリーポイントとしてよくあるパターンとして挙げられます。

(図2)

RCIのデメリット

デメリットとしては強いトレンドが発生した場合、使う時間足によってはラインが上下どちらかに張り付き変化がわかりづらくなる点。

そしてそれによってエントリーのタイミングや決済の判断が遅れてしまうことです。

(図3)

それとレンジ相場中でも強い相場と表されてしまう事で判断しづらい時がある事やRCIだけでは判断しづらい点が挙げられます。

他のテクニカル指標と組み合わせて有効に使うには?

ボリンジャーバンドとの組み合わせで逆張り狙い

(図4)

基本的な考え方としてはボリンジャーバンドの上下端のラインとRCIの(+or-)80を越えたら逆張りです。

緑色の丸の中のチャートの動きは各ラインが上端付近から下降に転じています。RCIの動きとしては+80を割ってから-100付近まで伸びています。

ローソク足としては一旦戻りますが、高値を更新する事なく下降しボリンジャーバンドをはみ出るまでの大きな陰線になり強い下げとなっています。(白矢印部分)

改めて逆張りの観点から見ると白矢印が差す陰線が出来た時にショートと判断するのがベストとなります。

RCIの短期ラインはその前の段階で上端から離れているので、この二つの事実があれば判断も難しくない事と思います。

次に先に述べた押し目のエントリーと同じやり方でRCI3本のライン共に上端にいる状態から短期ラインのみ一旦離れ下降、反転し元へ戻ろうとしているポイントは勝率の高いパターンと言って過言ではありません。(図4の青矢印の差すポイントがそのポイントとなります)

以上この様にRCIは逆張りと相性のいいボリンジャーバンドを併用する事で相場の動きや変化がさらにわかりやすくなり勝率を上げる事に繋がると考えます。

MACDとの組み合わせで順張り狙い

(図5)

MACDとRCIを重ねて表示すると(図5)の様になりそれぞれのゼロラインが概ね同じ位置になります。

そしてこの組み合わせでのルールとして、

ゼロラインより上の位置でMACDの白い縦ラインの先端付近にあるMACDの赤ラインとRCIのデッドクロスでショート。

ゼロラインより下の位置でMACDの白い縦ラインの先端付近にあるMACDの赤ラインとRCIのゴールデンクロスでロング。

としてこのルールでの主なエントリーポイントを白の矢印で表示しました。

その中には損切りになりそうな場面もあり勝率はそこそこと言ったところではありますが、使い方によってはとても有効な使い方だと思います。

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-手法

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.