150人の口コミと評判で分かった「マネーパートナーズ」の評価

更新日:

このページでは、22のFX口座を使用してきた筆者が、「マネーパートナーズ」を各項目ごとに口コミや評判を交えながら評価します。

結論から言うと、マネーパートナーズは「PC取引ツールが充実してること、約定力が高いことからPCで短期トレードする人にはおすすめです。しかし、スプレッドが広がりやすいこと、スマホだと約定が安定しないこと、スワップポイントが低めなことから、それらを求める人にはニーズに合った他のFX会社がおすすめ」です。

東証一部上場企業である株式会社マネーパートナーズの「パートナーズFX」は、大々的に「約定拒否ゼロ」「スリッページゼロ」と広告をしており、約定力の高さにとても定評があるFX会社です。

また、各業界別市場調査で有名な矢野経済研究所調べによると8年連続第1位、2016年オリコン顧客満足度調査でも第1位に輝いています。

今回は、そんなパートナーズFXの評判・口コミと特徴をご紹介していきます。

マネーパートナーズの総評と特徴

マネーパートナーズの総評

総合 スプレッド スワップ 約定力
83 ★★ ★★☆☆☆ ★★★★
取引ツール 情報量 サポート
★★★★ ★★★ ★★★★☆
せんせえ
PCの取引ツールは使いやすいし、約定力もとても高いです。しかし、スプレッドが他社よりも不安定なのがマイナスです。また、スワップポイントも低いので金利狙いの長期トレードには向きません。一長一短あり、好き嫌いの別れる口座だと思います。
はじネコ
100通貨の少額から取引可能なnano口座がありますが、条件はパートナーズFX口座より悪くなるのでお試し用といった感じです。

ちなみに、総合力の高いメイン口座をお探しの人は次の記事をご覧ください。

パートナーズFXに関する評判

FXを始めた当初、少額からの試しでやりたかったのでマネーパートナーズを選びました。2,000~3,000円もあれば、投資が始められるので、初心者の方にとってはとてもやりやすいと思います。

パートナーズFXはとにかく約定が速く安定しています。スプレッドは少し広い目ですが、注文が滑って不利な価格で約定するくらいなら、このくらいの少し広いスプレッドでも全く問題ないと思っています。専用のツールも無料とは思えないぐらい、いろいろな使い方が出来て、そのツールを使うためだけに口座開設をして持っている人もいるくらいです。

結局はマネパに戻って来てしまうんだよな。ツールの安定性は国内でNO.1でしょう。取引ツールはHyperSpeedしか使ってないけど、これに慣れてしまったら他の業者はもう使えない。

出典:Kakaku.com

せんせえ
ここからは「スプレッド」「取引ツール」「約定力」「スワップポイント」「サポート」など各項目別のクチコミ・評判をさらに細かく見ていきましょう。

パートナーズFXのメリット

  • 約定力が高い
  • 取引ツールが充実しており高機能
  • 100通貨から取引可能
  • 半自動売買・完全自動売買など注文方法が多彩
  • 取引方法によっては約定拒否ゼロ・スリッページゼロ
  • キャッシュバックキャンペーンがある
  • カスタマーセンターの営業時間が長い

パートナーズFXのデメリット

  • スプレッドが広がりやすい
  • スワップポイントは平均的
  • 通貨ペアがそれほど多くない

特徴をまとめると…

パートナーズFXはメリットの方が圧倒的に多く、評判や口コミも好意的な意見が多く見受けられます。主に「約定力の高さ」と「高機能な取引ツール」が高評価です。

しかし、スプレッドの開きが気になることと、スワップポイントが平均的なので、短期的投資・長期的投資どちらにも一定のデメリットは存在しますが、初心者にも上級者にもオススメのFX会社です。

パートナーズFXとパートナーズFXnanoの違い

まず、パートナーズFXには「パートナーズFX(以下、PFX)」と「パートナーズFXnano(以下、PFXnano)」の2種類の取引コースがあり、取引経験・取引目的・保有資産によって選択できるようになっています。

ポイント!取引コースの選び方

  • 上級者が10,000通貨以上の大口取引や、スキャルピングをするのあればPFXが圧倒的に有利
  • 初心者が少額取引メインで練習をするのであれば、100通貨から取引可能なPFXnanoがオススメ
  • 高性能な取引ツール・チャート、自動売買などの注文方法を利用したいのであればPFX一択
「PFX」と「PFXnano」の主な違い

マネーパートナーズの約定力

約定力に関する評判

スプレッドも優秀ですし、スワップは少し不安定な部分もありますが、約定力も申し分なしだと思います。

ここの最大の魅力だと思います。PCからのストリーミング注文ならほぼその値で約定します。

この会社のサーバーの特徴として、非常に約定力が高くスピードも速いため、いわゆるストリーミング売買もできますし、スプレッドが狭いためスキャルピングといった取引手法にもぴったりです。

出典:Kakaku.com

さて、「約定拒否ゼロ」「スリッページゼロ」の広告と、矢野経済研究所調べの約定力8年連続第1位とは、いかほどの実力なのでしょうか?

マネーパートナーズは、信頼性の高いサーバーを使用している事と、カバー先金融機関が19社と多いためか、約定力は多くのFX会社の中でもトップクラスに間違いはありません。

ただし、「約定拒否ゼロ」「スリッページゼロ」、つまり、表示されているレートをクリックし希望する注文価格で約定するためには以下の条件が必要です。

約定拒否ゼロ・スリッページゼロの条件

  • 取引コースはPFXのみ対象
  • PC取引ツールのみ対象(HyperSpeed NEXT、HyperSpeed、WEB取引サイト、クイック発注ボード)
  • ストリーミング注文、ASストリーミング注文時のみ対象

つまり、「取引コースがPFXnano」「スマホ・携帯で取引」「ストリーミング注文・ASストリーミング注文時以外の注文方法」の場合は、約定拒否・スリッページが発生するため注意が必要です。

しかし、約定力に関する口コミや評判もとても良く、信憑性・信頼性はとても高いと言えますね。

マネーパートナーズのスプレッド

通貨ペアはそれほど多くないですが、USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDなど、メジャーな組み合わせは揃っていて、また各通貨のスプレッドも広くないので、使い勝手は悪くないと思います。

それほど良いとは感じません。ただ流動性が低いときや重要指標後は広がりますのでそこはご注意。この会社の別システムであるnanoと使い分けるとよいかもしれません。

出典:Kakaku.com

スプレッドについてですが去年の8月くらいからか、ポジションを入れるチャンス、決済のチャンスいづれの時も毎回その時だけ広げられます、指標後や、何らかの大きな要因が発生したすぐ後は他の業者も開きますがそれ以外のときで1日に150回くらいスプが変動します。

7~8社使って来たけどマネーパートナーズが1番まともかもしれないです。スプレッドの頻繁な広がりさえ我慢出来たらストレスを感じることが他社と比べて少ないですね。

エントリーするまでは拡大しなかったスプですが、エントリーした瞬間からスプ拡大が連発に。

出典:FX比較ロボ

スプレッドは取引コースによって異なり、PFXの方が全体的にスプレッドが狭いです。また、一部通貨ペアのみが原則固定、その他は変動制です。

PFXはスプレッドが狭い分、通常の相場でも大きく広がる傾向があるのでご注意下さい。

クロス円 PFX PFX nano
USD/JPY 0.3銭 0.3銭
EUR/JPY 0.6銭 0.7銭
AUD/JPY 0.7銭 0.9銭
GBP/JPY 1.1銭 1.2銭
NZD/JPY 1.2銭 1.8銭
ZAR/JPY 1.2銭 1.9銭
CHF/JPY 変動制 2.4銭
CAD/JPY 3.8銭 2.4銭
TRY/JPY 2.9銭 取扱なし
HKD/JPY 2.8銭 取扱なし
SGD/JPY 3.5銭 取扱なし
クロスカレンシーのスプレッド一覧

マネーパートナーズのスワップポイント

トルコリラで長期スワップ狙い、情報に敏感なドル円で短中期スイング、そして、ボラティリティの大きいユーロやポンドでNYタイムにスキャルピング。3拍子揃ったFX会社だと思います。あとは腕を磨くのみです。

他社とくらべて、よくも悪くもない。

南アフリカランド建てでスワップ狙いで使っています。正直、スワップ狙いなら他にもっと金利が良い所があると思うのですが、いろいろ試してみてここに落ち着いています。
①決済注文するまで決済されない(値洗いなし)
②決済しなくてもスワップ金利を証拠金に組み込んだり引き出したりできる
③株式を担保にして取引できるの3点が揃っている会社は他にはありません

出典:Kakaku.com

全体的にスワップポイントは平均的です。通貨ペアによってはスワップスプレッドが極端に広いのも特徴です。

取引コースによってスワップポイントは異なり、PFXnanoの方が若干高めです。また、PFXでは2017年5月8日より、トルコリラの取扱もようやく開始しました。

スワップポイントのみの受け取りにも対応しています。

ポイント!取引コースの選択に注意

  • PFXnanoの方が全体的にスワップポイントが高め
  • しかし、PFXnanoでは高スワップ通貨の取扱が無い
クロス円 売スワップ 買スワップ
PFX PFX nano PFX PFX nano
USD/JPY -45 -28 12 25
EUR/JPY 1 5 -29 -10
AUD/JPY -65 -37 30 34
GBP/JPY -49 -6 5 6
NZD/JPY -65 -40 32 37
ZAR/JPY -28 -16 12 12
CHF/JPY 0 0 -45 -45
CAD/JPY -42 -42 3 3
TRY/JPY -119 取扱なし 109 取扱なし
HKD/JPY -9 取扱なし 0 取扱なし
SGD/JPY -39 取扱なし 0 取扱なし
クロスカレンシーのスワップポイント一覧

※上記の表はPFX、PFXnanoどちらも、2017/6/12における10,000通貨あたりのスワップポイントです。

マネーパートナーズの取引ツール

HyperSpeed NEXTは非常に使いやすいツールです。あとは自動売買ツールが充実すればいうことはないのですが。

専用のツールも無料とは思えないぐらい、いろいろな使い方が出来て、そのツールを使うためだけに口座開設をしている人もいるくらいです。

スマホで取引することがほとんどなのですが、チャートも見やすく、テクニカル分析なども比較的やりやすいので助かってます!これから始めようとしている方にはお勧めのFX会社です!!

直感的に使えるツールが良くて、ユーザが要望した機能もいち早く取り入れてくれるなどサービスが充実している。

出典:Kakaku.com

パートナーズFXの取引ツールは、PC専用ツールが「HyperSpeed NEXT」「HyperSpeed」「WEB取引サイト 」「クイック発注ボード」の4種類、スマホ・モバイル専用ツールが「HyperSpeed Touch」「モバイル取引サイト」の2種類です。

いずれも操作性と視認性の良さ、高機能が特徴です。

特に、HyperSpeed NEXTでは、売買ルールを設定したストラテジを作成する事で自動売買が可能です。作成したストラテジーは、実際の取引に利用する前に、過去の値動きを使ってバックテストもできます。

ただし、現在は移動平均線のみの提供で、その他ボリンジャーバンドやMACDなどは今後のアップデートで追加予定です。

PC取引ツール

PC専用ツール「HyperSpeed NEXT」では、26種類のテクニカル指標が利用可能です。

表示可能なテクニカル指標一覧
PC取引ツールの機能比較
自動売買設定画面

スマホアプリ

マネーパートナーズのアプリはスマホ及びタブレット(iPhone・iPadAndroid)に対応しています。テクニカル指標は10種類が利用可能です。

10種のテクニカル指標
スマホアプリ・モバイル専用ツールの機能比較

マネーパートナーズのサポート・情報量

サポートも比較的つながりやすく、私が問い合わせた時には即時に回答をいただけました。スタッフの教育もしっかりできていて、万が一の時に安心できますね。

オンラインセミナーも毎営業日1回以上開催されており、非常に役立っております。トレードレポートも(おそらく機械的な分析でしょうが)ある程度参考になります。

出典:Kakaku.com

顧客サポート

マネーパートナーズのカスタマーセンターは、フリーダイヤルの営業時間が長いことが特徴です。

営業時間:月曜7:00~23:00、火曜~金曜は7:30~23:00

24時間とまではいかなくとも、とても助かりますね。ただし、システム障害やサーバーダウン時の電話注文は受け付けていないので注意が必要です。

セミナー

セミナーは、会場セミナーを行っておらず、会員専用のオンラインセミナーのみですが、平日の月曜~金曜の毎営業日ごとに開催しています!

ただし内容は、その日のマーケット状況の分析と質疑応答で、時間は15分程度と短めではあります。

情報量

情報量は、多くもなく少なくもなく、一般的といったところでしょうか。情報源はMarketWin24、フィスコ、グローバルインフォ24です。

  • 各国通貨ペア情報
  • 経済指標カレンダー
  • FOMC政策動向
  • 日銀介入状況
  • 各国政策金利
  • スワップポイントカレンダー
  • 売買比率
  • FXコラム

マネーパートナーズのキャンペーン

マネーパートナーズでは、主に以下の3つのキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

3つのキャッシュバックキャンペーン
口座開設キャンペーン
お取引応援キャンペーン
今すぐもらえる1,000円プレゼント

結論1:マネーパートナーズで口座開設した方がいい人

マネーパートナーズをオススメする人

  • 主にPCで取引し、値動きが激しい時でも約定力を優先したい人
  • スキャルピングをする人

マネーパートナーズは、約定力を重視し、特にPCで取引する人には向いています。

また、取引約款に、数秒単位の取引を禁止する条文が記載されていますが、あくまで目安であり、スキャルピングは一概に禁止されていません。

そのため、多少スプレッドが広くてもスキャルピングで約定力を優先したい人にはオススメのFX会社です。

マネーパートナーズの口座開設基準と審査

口座開設の際は本人確認資料として個人番号カード1点、もしくはマイナンバー通知カードと顔写真付き本人確書類(運転免許証、パスポートなど)の2点が必要です。

他のFX会社と同様に審査は厳しいわけではなく、無職や学生でも年収と資産があれば問題ありません。

結論2:マネーパートナーズをおすすめしない人

  • 主にスマホで取引し、値動きが激しい時でも約定力を優先したい人
  • 長期的投資が目的でスワップポイント狙いの人

マネーパートナーズで約定力が保証されているのはPCでの取引のみです。主にスマホで取引する人には向いていません。

また、通貨ペアの数、スワップポイントも他社の方が好条件なので、長期的な投資目的には適していないと言えます。

初めてFXをする人やメイン口座をお探しの人には次のFX会社がおすすめです。

1.『DMM FX』:最も総合的に優れた国内口座数第1位のFX業者

2.『GMOクリック証券』:チャートと取引ツールの使いやすさでFX取引高世界1位

3.『SBI FXトレード』:1通貨4円の少額から取引可能な初心者向けのFX業者

DMM FX|初心者に一番おすすめのFX会社はココ

DMM FX』は、取引する上で重要な「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」の4つの要素全てが高水準です。

キャッシュバックやポイント還元など、取引をするほどお得なシステムも実施されており、初心者から資産1億円程度までのトレーダーなら間違いなくメイン口座にして良いFX会社です。

専業トレーダーの私もメイン口座として使っており、初心者が最初に開設する口座としておすすめです。

250人の口コミと評判で分かった「DMM FX」の真実

タレントのローラが出演していることでお馴染みのDMM FXですが、その実態って気になりますよね。 このページでは、17のFX口座を使用してきた筆者が、250を超えるDMM FXの口コミと評判から見えて ...

続きを見る

GMOクリック証券|テクニカル分析にこだわるならココ

GMOクリック証券』は、FX取引高5年連続世界第1位でDMM FXと人気を二分しているFX会社です。

特筆すべきは、豊富なテクニカル指標が利用できる「プラチナチャート」と使いやすさに定評のある取引ツール「はっちゅう君FX」です。

総合的に優れた業者で、特にテクニカル分析に力を入れたい初心者におすすめのFX会社です。

GMOクリック証券FXネオ
200人の口コミと評判で分かった「GMOクリック証券FXネオ」の真実

「GMOクリック証券」と言えば、新垣結衣ちゃんのこの可愛いCMが話題になりましたね。 このページでは、17のFX口座を使用してきた筆者が、200を超える「GMOクリック証券」の口コミと評判から見えてき ...

続きを見る

SBI FXトレード|少額からFXを始めたいならココ一択

SBI FXトレード』の魅力は、国内FX会社で唯一1通貨4円から取引が始められることです。

特に、1万通貨以内の少額トレードではトップクラスのスプレッドが提供されており、初心者でリスクを抑えてFXトレードをしたい人におすすめの業者です。

800人の口コミと評判で分かった「SBI FXトレード」の真実

このページでは、17のFX口座を使用してきた筆者が、800を超える「SBI FXトレード」の口コミと評判から見えてきたメリットとデメリットを紹介します。 良い口コミはSNSなどから実際に使用していると ...

続きを見る

マネフルFX編集部 斉藤
専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。
Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-FX会社の評判

Copyright© マネフルFX|FX初心者の入門サイト , 2017 AllRights Reserved.