GMOクリック証券(FXネオ)評判!実際に使ってわかった評価と特徴

更新日:

DMM FX、SBI FXトレードと比較

GMOクリック証券、DMMFX、SBIFXトレード比較

FX会社を選ぶ上で、GMOクリック証券FXネオの他に候補として挙がるのが「DMM FX」と「SBI FXトレード」です。この3社は人気FX会社ベスト3にランクインする常連です。

この3社をどう選び分ければいいのか比較してみましょう。

スプレッドは、3社とも原則固定の業界最狭水準でこれ以上狭くできないくらい狭いので文句ありません。

通貨ペア GMO
クリック証券
DMM FX SBI
FXトレード
米ドル/円 0.3銭 0.3銭 0.27銭
ユーロ/円 0.5銭 0.5銭 0.69銭
ポンド/円 1.0銭 1.0銭 1.19銭
豪ドル/円 0.7銭 0.7銭 0.77銭
NZドル/円 1.2銭 1.2銭 1.79銭
ユーロ/米ドル 0.4pips 0.4pips 0.48pips

スワップポイントはDMM FXが若干低いですが、その代わりに唯一買いスワップと売りスワップが同金利なので一概に劣っているとは言えません。GMOクリック証券とSBI FXトレードは少しだけ売りスワップの方が大きくなっています。

3社の買いスワップポイント比較

3社を比較した上での結論

他に、初心者がFX会社を選ぶ上で重要なポイントは、取引ツールの使いやすさ、1000通貨単位以下の少額でスタートできるか、といったところです。

それらを加味して、結論を書きます。

FX会社として総合的に優れているのは「DMM FX

取引ツールの使いやすさを重視するなら「GMOクリック証券

少額でトレードしたいなら1通貨単位4円から取引可能な「SBI FXトレード

DMM FXは約定力が高く、キャッシュバックも多いので、ある程度トレードに慣れた人には1番おすすめです。

GMOクリック証券FXネオは取引ツールの使いやすさが抜群なので、特に初心者や外出先からスマホでトレードしたい人に向いています。

SBI FXトレードは3社の中で唯一、1通貨単位の4円から取引ができます。まずFXがどういうものか知りたいという人におすすめです。

 

GMOクリック証券FXネオでよくある質問

強制ロスカットについて

GMOクリック証券FXネオでは、証拠金維持率が100%未満になるとロスカットアラートが発動して追加証拠金(追証)が要求されます。

証拠金維持率が50%未満になるか、追証を入金しなかった場合、ポジションは全て強制ロスカットされます。

手数料について

口座開設費用、維持費用、取引手数料、出金手数料はすべて無料です。

入金・出金方法について

入金には「即時入金サービス(クイック入金)」「振込入金」の2つがあり、即時入金サービスをご利用の場合は、GMOクリック証券と提携した金融機関の場合は手数料無料です。振込入金をご利用の場合の場合は、所定の銀行手数料がかかります。

入金方法は、会員取引ページやスマホアプリからも可能です。最低入金額は決められていないので、いくらでも好きな金額を入金することができます。

出金方法は、GMOクリック証券会員ページ【マイページ】-【入出金・振替】画面、もしくはモバトレ君から出金依頼をしてください。最低出金額は、全額出金以外なら最低1万円からです。出金日は、受付の翌営業日、もしくは翌々営業日です。

外貨両替(コンバージョン)や外貨出金は対応していません。

システムトレードには非対応

GMOクリック証券FXネオはシステムトレードなどの自動売買やMT4に対応していません。システムトレードで運用がしたい人は、インヴァスト証券の「シストレ24」を検討してみるのがいいでしょう。

取引時間について

GMOクリック証券FXネオの取引時間は、週明けの開始時間が月曜午前7:00、週末の取引終了時間が土曜午前7:00(月曜午前7:00〜土曜午前6:00/ 米国夏時間)です。

レバレッジは最大25倍

GMOクリック証券FXネオのレバレッジは最大25倍です。倍率の変更は不可能で、実質的なレバレッジは自分の口座資金額と保有ポジション量などから自動的に決定されます。

確定申告について

FXで利益が出た時、もしくは損失が出て翌年以降に繰越したい時は確定申告をする必要があります。その際に必要書類である年間取引報告書は、会員ページの【マイページ】-【電子書類閲覧】から確認ができます。

スキャルピングで口座凍結される?

GMOクリック証券FXネオの約款には、スキャルピングを禁止する文章は含まれていません。

サポートセンターに問い合わせをすると、「GMOクリック証券ではスキャルピングを規制していないし、過去にそのような通知をした事実もない」とのことでした。

公式でもスキャルピングは問題ないという見解のようです。

ただし、自動売買プログラムの使用には公式サイトで以下のように注意喚起がされています。

当社において上記のような自動売買ソフト等の当社で提供していないプログラムをお客様が使用される行為は、オンライントレード取扱規程第34条第1項第12号の禁止行為に該当します。自動売買ソフトの使用は他のお客様の迷惑となるだけなく、当社の正常な取引の提供を困難にさせ、当社に不測の損害を生じさせることになります。そのような行為を行われたお客様に対しては、法的措置を採る場合がございますので予めご了承願います。

参考:無登録の国内及び海外のFX、バイナリーオプション業者についてのご注意

秒単位のスキャルピングを何百回も繰り返していると、この自動売買と誤認識されてしまう恐れもあります。実際口コミには、警告が来たり、取引制限や口座凍結をされたという声もあります。

公式にスキャルピングを禁止していないとしても、過度に短時間のトレードを繰り返す行為は少し危険と思った方がいいでしょう。

GMOクリック証券FXネオの退会・解約方法

口座解約方法は、まず口座内の全資金を引き出した後、コールセンターに問い合わせするか、会員ページ【マイページ】-【お問い合わせ】から、口座解約の旨を連絡してください。

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

Pocket

次のページへ >

記事下

2017年版!最強FX口座ランキング

-GMOクリック証券

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額から始める入門講座|マネフル , 2018 AllRights Reserved.