グランビルの法則とは?具体的な使い方と応用|FX・株・仮想通貨

投稿日:

グランビルの法則の使い方

グランビルの法則とは、チャート分析家ジョセフ・E・グランビルが考案した移動平均線を用いたチャート分析法です。

移動平均線を使う多くのトレーダーのあいだでは常識といってよいでしょう。元々株のチャート分析に使われていたものですが、FXでも十分に適用が可能です。

グランビルの法則は、売りと買い4つずつ、合計8つの法則から成り立っています。

法則を知っておくことで、移動平均線の向きとローソク足の関係からその後の値動きのパターンを想定することができます。移動平均線を使う方であれば是非とも知っておきたい法則です。

グランビルの法則のシグナル

グランビルの法則

画像の1〜4が買いシグナル、5〜8が売りシグナルです。

買いのシグナル

1番

移動平均線が下向きから横向きに推移して、ローソク足が移動平均線を下から上に抜けてきたとき買い。

ダブルボトムやヘッド&ショルダーのような底を表すチャートパターンを形成することが多い。

そのネックラインと移動平均線を上抜けてくることで強い買いシグナルになる。

2番

移動平均線を多少下回ってきても、移動平均線が上向きの時は押し目として買い。

1でネックライン・移動平均線を上抜けてきて、それらが重なる場合、強くサポートされることが多い。

しかし、下降トレンドの継続を狙った売りも入ってくるので、移動平均線を多少下抜けてくることもある。売り買い拮抗するため長いひげが出ることも多い。

買いは再度、移動平均線を上回ってきてからのほうが安心できる。

3番

移動平均線を下回らずに、ローソク足が横ばいか緩い下落を形成して再び上昇したときは押し目買い。

上昇トレンドが確定しているとあまり強い売りが出てこないので、チャートは横ばいになることが多い。

4番

ローソク足と移動平均線の乖離(離れ具合)が大きくなると、移動平均線に向かって戻っていくことが多い。

この時、水平線などのサポートまたはチャートパターンなどと組み合わせることで、より戻りの確率が高くなる。

逆張りの買いになるので、利幅を伸ばすことはあまり考えなくていい。

売りのシグナル

5番

上昇してきた移動平均線が上向きから横向きに推移して、ローソク足が移動平均線を上から下に抜けてきたとき売りシグナル。

上記の買いシグナル1の逆。

ダブルトップなどのチャートパターンを作り、ネックラインと移動平均線を抜けることで強い売りシグナルになる。

6番

移動平均線を多少上回ってきても、移動平均線が下向きの時は戻り売り。

5でネックラインと移動平均線を抜けてきたので、どちらかの戻りを狙っていくことになる。

しかし、この時点では左の上昇トレンドを崩していないので、すぐに逃げる準備もしておいたほうがいいポイント。頭の片隅にそういう動きも想定しておくことで、素早く値動きに対応できる。

7番

移移動平均線を上回らずに、ローソク足が横ばいか緩い上昇を形成しているときは戻り売り。

下降トレンドが確定している。

左の上昇トレンドも崩れているので、できれば利幅を狙いたいポイント。

8番

ローソク足と移動平均線の乖離(離れ具合)が大きくなると移動平均線に向かって戻っていくことが多い。

逆張り売りのポイントになる。

ボリンジャーバンドやチャートで意識されるレジスタンスと合わせてエントリーポイントを考えたい。

しかし、強く上昇トレンドが出ているときは、トレンドに逆らわずにトレードしたほうが、トータルで見るとよい結果が出る可能性が高い。

 

実際のチャートでのグランビルの法則の見方

実際のドル円日足チャート画像を使ってみていきます。

2017年のドル円日足チャート

赤い垂直線は2017年の1月~12月です。この期間内で説明します。

移動平均線

黒色:20EMA
水色:100EMA

日足の20EMAを5倍した100EMAは、週足の20EMAに該当します。

そして、下に表示されている波を打っているグラフがストキャスティクスというオシレーター系のインジケーターです。

ストキャスティクスは80%付近では買われすぎ、20%付近では売られすぎと判断します。レンジでの優位性は上限と下限にあるといわれており、この上限と下限の目安を知ることができます。

次に水平線を引いていきます。

チャートに水平線を引く

水平線は必ず値動きに根拠あるポイントから引いていきます。

移動平均線は値動きあってのものなので、まずは値動きを考えて、インジケーターは補助的に使うほうがいいです。

1~7までの水平線を引いてみました。

  • 1:青四角のダブルトップのネックライン。
  • 2~4:高値更新中の押し目になったライン。(青丸)
  • 5~7:誰がみても同じように認識できる高値安値。

ラインをいつまで延長していくのか、という疑問もあるかと思います。これは、効かなくなったらラインは延長しないでおいたほうがいいです。

今回の場合では、3のラインが紫丸のポイントで下抜けしたのにレジスタンスとして機能せず再度上抜けてきているので、3のラインは延長しないでおきます。

5を引くタイミングは正直いつでもいいのですが、5の安値をつけた時点ではここが安値になることはわかっていません。移動平均線を上抜けてきて、戻りが入りそうになってからでいいと思います。

また、5の安値を実際使う場面としては、そこにもう一度戻ってきたときの赤四角のポイントなので、それまでの間に判断するのは簡単だと思います。自分の中でどの時点で安値として認定するのかのルールをつくっておくことで迷いなくラインを引くことができます。

6や7のラインも引くタイミングはそれぞれですが、誰がみても同じように認識できるかなと考えられるような形になってからでも遅くはありません。

以上で水平線が引けたので、パターン1のポイントを見ていきます。

買い1番

「移動平均線が下向きから横向きに推移してローソク足が移動平均線を下から上に抜けてきたとき買いのシグナル」

グランビルの法則買い1番

短期移動平均線を上抜けたら買い

まずは20EMAを見ていきます。

下向きから横向きに推移という言葉が非常にあいまいで、実際にチャートを見ていると間違いなく迷います。

ですので、ここではもっとシンプルにローソク足が短期移動平均線の下で推移したのち、確定足で移動平均線を下から上に抜けたところを買いでいきます。

  • エントリー:ローソク足が短期移動平均線の下で推移したのち、確定足で移動平均線を下から上に抜けたところを買い
  • 損切り:移動平均線を上抜けた足の安値の少し下
  • 利益目標:水平線

以上をチャートに当てはめると最初の画像のようになり最終的にプラスで終えることができます。

いろいろと改善点が思い浮かぶと思いますので、それを1つずつ自分のルールの中に落とし込むことで、もっと利益の出やすい手法になります。

このパターン一つだけで利益を出す必要はないので、すべてのポイントをとろうと思うのではなく、高い確率で勝てそうなポイントに絞り込み、機能しそうにないところではいかに静観していられるかが重要です。

次に水色の長期移動平均線(100EMA)でも見ていきましょう。

グランビルの法則買い1番

長期移動平均線を上抜けたら買い

移動平均線が横ばいの状態からローソク足が上抜けて行くポイントに青矢印をつけました。ルールは20EMAの時と同じです。

大きなレンジの時は、移動平均線も水平線のように上下を分ける目安として利用できます(青の丸印)。

 

買い2番

「移動平均線を多少下回ってきても移動平均線が上向きの時は押し目として買い」

グランビルの法則買い2番

短期移動平均線で反発したら買い

要はパターン1のあとの押し目買いです。転換初期の押し目なので深く入ることがあります。

移動平均線を多少下抜けても、再度上抜けてくれば買っていけるポイントです。

移動平均線が上向きの状態のときに移動平均線まで戻ってきて、反発ないしは下抜けたとしても再度の上抜けでローソク足が確定したら買い。

  • エントリー:移動平均線が上向きの時に、ローソク足が移動平均線接近から再度の上昇で買い
  • 損切り:反発した足の安値もしくは移動平均線の少し下
  • 利益目標:水平線

これだけのルールですが、プラスになっています。

次に水色の長期移動平均線でのポイントを見ていきます。

長期移動平均線で反発したら買い

上昇トレンドでのはじめの押し目のポイントです。ルールはおなじです。

 

買い3番

「移動平均線を下回らずにローソク足が横ばいないしは、緩い下落を形成して、再び上昇したときは押し目買い」

グランビルの法則買い3番

方向感が定まった後の買いなので、上昇しやすいことがわかります。

横ばい・緩い下落の定義があいまいなので、次のようなルールでトレードします。

  • エントリー:陰線を含んだ押し目を形成後、移動平均線を下回らないで、ローソク足で陽線が確定したら買い
  • 損切り:押し目最安値の少し下
  • 利益目標:水平線

 

買い4番

「ローソク足と移動平均線の乖離(離れ具合)が大きくなると移動平均線に向かって戻っていくことが多い」

グランビルの法則買い4番

もう少しルールを具体的にすると、

  • エントリー:移動平均線を下回っていて移動平均線からの乖離があること。かつ、水平線でサポートされて足が確定したら買い。
  • 損切り:サポートされた足の安値より少し下
  • 利益目標:移動平均線

逆張り(下げているときに買う)で入っていくので、ストキャスティクスを使っていきます。

青の垂直線で示したポイントでは、ストキャスティクスが20%付近にありますね。売られすぎと判断できるので買っていくことができます。

このポイントでは乖離+移動平均線+水平線+ストキャスティクス20%の買い根拠があります。

このように小さな優位性を積み重ねることにより勝てる可能性をある程度まで上げることができます。

 

売り5番

「上昇してきた移動平均線が上向きから横向きに推移してローソク足が移動平均線を上から下に抜けてきたとき売りシグナル」

グランビルの法則売り5番

  • エントリー:ローソク足が短期移動平均線の上で推移したのち、確定足で移動平均線を上から下に抜けたところを売り
  • 損切り:移動平均線を下抜けた足の高値の少し上
  • 利益目標:水平線

このようなルールでも最終的には利益が残ります。

次は水色の長期移動平均線で見ていきましょう。

同じように上で推移したのち下抜けで売っていきます。ここでは、大きくマイナスが出ます。

しかし、よく見るとエントリー後ほとんどの場合順行しています。

利益を確保できるようなルールを作ってあげればプラスにすることが可能です。

この辺もバランスが必要で、利益を確保しすぎると、大きく取れる相場なのに小さい利益で振り落とされてしまうこともでてきます。

 

売り6番

「移動平均線を多少上回ってきても移動平均線が下向きの時は戻り売り」

グランビルの法則売り6番

転換初期の戻り売りです。

2度目の売りエントリーでは、直近でサポートとなるラインがないため、ストキャスティクスの20以下からの反転で利益を確定します。

トレンドフォローでは、サポート・レジスタンスになるラインが見つからないことも出てきますので、その際はオシレーターの買われすぎ・売られすぎで決済するのも一つの方法です。

水色の長期移動平均は横ばいと考えたほうがいいので、こちらでのエントリーポイントはなしです。

 

売り7番

「移移動平均線を上回らずにローソク足が横ばい、ないしは緩い上昇を形成しているときは戻り売り」

グランビルの法則売り7番

  • エントリー:戻りを形成して移動平均線を上回らず、陰線で足が確定したら売り
  • 損切り:戻りを形成した足の高値少し上
  • 利益目標:水平線、もしくはストキャスティクス20からの反発

 

売り8番

「ローソク足と移動平均線の乖離(離れ具合)が大きくなると移動平均線に向かって戻っていくことが多い」

グランビルの法則売り8番

移動平均への戻りを利用して逆張りの売りで入っていきます。

  • エントリー:移動平均線を上回っていて、乖離があってかつ、水平線で上値を抑えられた足が確定したら売り
  • 損切り:上値を抑えられた足の高値より少し上
  • 利益目標:移動平均線

ストキャスティクスも使っていきます。

1つ目の売りポイントでは、ストキャスティクスが80%付近、水平線の上値抵抗もあるため、売りエントリーをします。利益目標は移動平均線です。

2つ目の売りポイントでは、エントリーポイントの少し前から小さなダイバージェンスが発生しています。売りに優位性があると判断ができ、ここから売りエントリーをします。

 

よくある質問

移動平均の設定は何日がいい?

結論からいうと何日でもいいと思います。実際にチャートで見ていきましょう。

見にくいかもしれませんが、以下のメジャーな移動平均線を入れてみました。

  • 黒:20日
  • 青:25日
  • 紫:75日
  • 水色:100日(週足の20EMA)
  • ピンク:200日

機能しているポイントに青丸をつけました。

効いているときもあれば効いていない時もあります。自分の基準にしたがって使えばどれでもいいと思います。

しかし、日数が多くなればなるほど、チャンスは減っていきます。

移動平均線でもラインでも一緒ですが、1回目で反応すると2回目はより反応しやすくなります。安全に行きたいときは、まず反応を確認してから次に入っていくという戦略を取りましょう。

移動平均線はSMAかEMAどっちがいい?

これもどちらでもいいのです。

EMAのほうが直近のローソク足の動きに反応しやすくなっています。だからといってEMAのほうがいいというわけでもなく、自分に使いやすいほうを選ぶか、わからなければ適当にどちらかを選んで大丈夫です。

チャートに両方を入れてみましょう。

SMAとEMAを表示

SMA(黒)とEMA(ピング)を表示

黒がEMA、ピンクがSMAです。黒のほうが直近のローソク足についていく動きが早いですよね。

これも、良い面もあれば良くない面もあるので自分の好きな方を使いましょう。

時間足はどれが有効?

大きな時間軸で今の相場環境を認識することをお勧めします。

具体的には日足と4時間足で環境の認識をして、15分足でエントリータイミングを計っていくのがお勧めです。

時間軸が小さくなればなるほど、だまし(下に行くと見せかけて上に行くなど)の動きが多くなってきます。

だましをできるだけ回避するためにも日足・4時間足での環境の認識が必要です。

乖離率の目安は?

乖離率が何%という数値を設定した場合、移動平均線の日数のときと同じように、どの乖離率でもうまくいく時もあればいかない時も出てきます。

乖離率○%と決めてもいいのですが、他の要素と組み合わせるほうが優位性を積み重ねることができます。

たとえば、乖離率〇%のときに水平線でサポートされたときに買っていく。とか乖離率○%の時にダブルボトムを形成したら買っていくなど、他にもいろいろとあると思います。

チャートでどのくらいの乖離率で推移しているのかを見ると参考になるかもしれません。

ドル円の日足チャートと乖離率

ドル円の日足チャートと乖離率

赤の波線が20EMAに対する乖離率のグラフになります。

上下4%の範囲内にほぼ収まっています。通常であれば上下2%以内、また大きく動くときであれば上下3%~4%です。

青の垂直線が4%付近、赤の垂直線が-4%付近です。4%を超えてきたときに逆張りして売っていたらひどい目にあいそうです。

しかし、-4%付近での逆張りの買いは成功しそうな感じです。それもそのはずで、大きく見れば上昇トレンド中だからです。

このように、どんなインジケーターを使うときでも大きな流れを把握することが大切になってきます。

記事下

 

2018年版!最強FX口座ランキング

2018年人気No1のFX口座はこちら

TOPページへ戻る

 

はじネコ
最新の相場分析情報を配信してるのでフォローしてね!
  • この記事を書いた人
マネフルFX編集部

マネフルFX編集部

マネフルは、FX歴11年のトレーダーが監修するFX初心者向けメディアです。FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などをゼロから解説します。

-テクニカル分析

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2018 All Rights Reserved.