ヒロセ通商(LionFX)を辛口評価!アプリの評判と口コミとデメリットも!

更新日:

ヒロセ通商とJFXを比較

JFXとヒロセ通商

JFX」はヒロセ通商の子会社で同様にFXサービスを行なっています。ヒロセ通商は自社の取引システムをJFXのマトリックス・トレーダーに提供しています。そのため2社の取引システムは非常に似たものになっています。

どちらもスプレッドは全く同じ、スワップポイントも全く同じ、取引システムやツールも同じです。そんな中で、ヒロセ通商とJFXの違いは大きく分けて3つです。

  1. JFXでは小林社長のマーケット情報が得られる。
  2. 食品などのキャンペーン内容はJFXとヒロセ通商で異なる。
  3. 取扱通貨ペア数がJFXは24、ヒロセ通商は50。

一番大きな違いは、小林社長のマーケット情報があるか無いかです。

JFXは、インターバンクディーラーとして活躍してきた小林社長が毎朝、毎晩、音声で相場情報を公開してくれており、それ以外でも何か動きがあれば都度ツイッターで情報を提供してくれています。

初心者でこれからFXの勉強をしていきたいと思っている人には、ほぼリアルタイムで配信してくれる元プロディーラーの分析は必ず役に立つはずです。

2点目のキャンペーン内容の違いは、内容を見て好きな方を利用すれば問題ないです。

どちらも食品やキャッシュバックのキャンペーンを常時行なっていますが内容が異なるので、自分が欲しい食品が貰える方を選択するのもいいでしょう。

3点目の取り扱っている通貨ペア数は、ヒロセ通商は50、JFXは24と異なりますが、24種類でもメジャー通貨は全て揃えており、FX会社の平均取扱ペア数より多いです。よほどマイナー通貨に魅力を感じない限り、通貨ペア数で選ぶ理由にはならないでしょう。

同グループだけあって両社はとても似ています。上に挙げた3点の違いから自分の好みにあった方を選べば大丈夫です。

はじめての方でも簡単!安心の取引!FXするならJFX!業界最狭水準のスプレッド、米ドル円0.3銭原則固定!一日の取引上限なし、スキャルピングOK
JFX評判|実際に使ってわかった評価と特徴

JFXは、狭いスプレッドでスキャルピング推奨を公言している数少ないFX業者です。 特に、親会社であるヒロセ通商よりも約定力が高く、スリッページが少ないという検証データもある…

ヒロセ通商のバイナリーオプション

ヒロセ通商にはLION FXとは別にLION BOというバイナリーオプションサービスもあります。

LION FXの口座を持っている人なら、PC取引ツールの【オプション取引】→【ログイン】から申込ができます。まだ口座を持っていない人は、先にLION FXの口座を開設する必要があります。

マネフルFX編集部 斉藤

専業トレーダー。月間最高利益2000万円。2007年にFXをスタート、CFD、日経225先物オプションなども取引する。一日に数回取引するデイトレードと長期のスイングトレードを得意とする。

次のページへ >

記事下

2018年版!最強FX口座ランキング

-ヒロセ通商

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方!少額投資から始める入門講座|マネフル , 2018 All Rights Reserved.